FC2ブログ

2019-03

北帰行

週末は荒れ模様のお天気。
雪も降り寒い日になりました。
それでも当地は日中は陽が射していました。

日曜日は所用で早朝から紋別でした。
山間部は処々アイスバーンとシャーベット状の雪道。
ちょっと緊張運転です。
午後遅くには路面も乾いて快適運転でした。

IMG_8693.jpg


帰り道、久しぶりなコムケ湖に寄ってきました。
コムケ湖は、糊口付近から解水面が広がっています。
糊口の橋梁が工事中のようで、これを避け遠くで白鳥やカモたちが寛いでいます。

DSC_0973_2019032518574621a.jpg

DSC_0965_20190325185744b1a.jpg

DSC_0984_201903251857505da.jpg


今回の寒波で紋別地方は30㎝を越える大雪でしたね。
路面の雪は既に解けていますが、辺り一面真っ白糊口付近は酷い悪路でした。

IMG_8687_20190325190323063.jpg


午後遅く、採食を終えた白鳥たちが水辺に戻ってきたようです。

DSC_1000_20190325190603a86.jpg
うす青い空に真っ白な白鳥たちがきれいです



夜行性のキタキツネはこれからご出勤の様子。

DSC_0993_20190325185912595.jpg

CSC_1008.jpg
冬毛がふさふさ暖かそう!



家に着いた夕刻、遠くからクォ~”クォ~”と啼き交わす声が聴こえ
空を見上げますと北へ向かう白鳥たちの群れです。

北帰行ですね。
長い旅に備え先ず、オホーツクの湖沼で羽を休めて行くのでしょう。


CSC_1006_2019032519060614f.jpg

CSC_1005_20190325190605951.jpg



スポンサーサイト

読書

彼岸荒れとはよくあることで、この度も雪と寒さの寒波に見舞われました。
当地は降雪は少なかったですが、寒い日になりました。
路面状態も悪く、外出は金曜日の茶道稽古のみ。



少しの慌ただしさから解放され、本を読む時間が持てました。
最近読んだ本。

柚木裕子著   「朽ちないサクラ」  
長岡弘樹著   「赤い刻印」  
横山 秀夫著   「ノースライト」

先日TVで、岩手出身の「柚木裕子さん」が故郷を訪ねる特集を見ました。
3,11でご両親を亡くされた想いなど心の内をいろいろ語られ、このことが執筆著書に現れているのかなぁ~と思いました。
これまで数冊の本を読んでいますが、単なる事件・サスペンスでは終わらず、深い心が感じられるものです。

フアンの「横山秀夫さん」の本は6年ぶりの著ということで、かなりワクワクと期待度を持って読みました。
425頁と長編の前半は回りくどくなかなか進展がなく、つい結末を読みたくなってします。
後半は一気に読み進むことが出来ホッとした感じでした。
今までのサスペンス事件物とは少し違う、人情的なものを感じる小説でありました。
横山秀夫さんのフアンの人は、この本を読んで「ブルーノ・タウト」の椅子が欲しくなるのでは?



風の春

弥生三月は風の春。
今日・19日は頬に感じる風も暖かく、この時季の風・雨は雪解けを促進させてくれます。
気温も10度を越えていたようです。

庭の雪解けが進んだところから、チューリップの芽がポツポツと出てきました。
例年より半月くらい早い感じがします。

IMG_8655.jpg




今日消化する用事も早く終わり、雪も少ないようなので墓参に行ってきました。
南に面した斜面の墓園周辺は、雪が殆どなくなっています。
風はそよそよ、とても爽やかです。

IMG_8633.jpg

IMG_8654.jpg

IMG_8638.jpg
街を一望


霊園の丘からは緑ヶ丘の散策路に繋がっています。
時間も早いことですし、ちょっと散策に行ってみましょう。
こちらも多くの人が散策しているようで、良い路が着いています。
歩き固まっているので沈まず歩けます。

IMG_8643_201903192116580a3.jpg


トドマツが多く、幼木もびっしりで青々した散策路です。

IMG_8645_201903192116593d1.jpg



電波塔が建つ丘の頂周辺からは、木立ちが繁って街並みは良く見えません。
今日は昨日より霞んでいます。

IMG_8647_20190319211458636.jpg

IMG_8649_20190319211700e71.jpg



野鳥の囀りを聴きながら散策路を進んでいますと、楢の木が立ち並ぶ辺りを素早く横切る何かの姿。
眼で追いますと、エゾリスのリンリンちゃんでした~ ^^*
素早く楢の木を駆け上り枝で固まっています。

CSC_0957_20190319211933897.jpg

CSC_0953_20190319211927c81.jpg

CSC_0952_20190319211927330.jpg


何か木の実を咥えているようです。
ドングリかな・と思いましたが、トリミングしてよっく見るとまんまるなプラタナスの実のような。

CSC_0954_20190319211928dc8.jpg


この実はリスの強力な歯でも、歯が立たないと思いますが・
先日、家の庭の雪の上にプラタナスの実が落ちていました。
カラスか何かが、食べられず落として行ったのでしょう。




夕刻、空を紅く染めて真っ赤な夕陽が沈んで行きます。

IMG_8662.jpg




鳥見散策

18日、春の彼岸の入りは暖かな日となりました。
”暑さ寒さも彼岸まで”のお彼岸はお天気が崩れそうです。
足踏みしながらも春になって行くのですね。


真っ青な空を見ていると、つい誘われて外へ出たくなってしまう・
野鳥の囀りも高らかになってきましたので、鳥見散策に出かけてきました。

午前は市内の丘散策です。
強い陽射しが、樹木の影の縞々模様を雪面にくっきりと描いています。
早春ならではの風景です。
散策雪道は固まって歩きやすいです。
午後はきっと気温が上がると、抜かるんでくるかもしれません。

IMG_8625.jpg

IMG_8611.jpg

IMG_8609.jpg


高い梢からカラ類の囀りが聴こえます。
遠くでヒヨドリなども・
かなり遠くて、姿を捕えるのは至難です。

IMG_8605.jpg



先行の方と尾根筋で行き交わしました。
適度な散策路として、冬も多くの方が楽しんでいるようです。
尾根筋はずい分土や草が出ています。
東屋で少し休憩です。
天敵のハンノキの穂が立派!

IMG_8604.jpg

DSC_0825_2019031917574770b.jpg


無数の野生動物たちの足跡が雪の中に着いています。
鹿はずいぶん抜かるんで歩きずらそうな・
早朝はカタ雪(日中融けた雪が夜に冷やされて硬くなる)になるので、小動物たちは沈まずに雪の上を駆け巡っているようです。

IMG_8613.jpg

IMG_8617_20190319174503510.jpg


第二東屋からは、対面の仁頃山がきれいに見えていました。
仁頃山まだまだ雪深そうです。

IMG_8618.jpg

DSC_0834_20190319175745be7.jpg


ひと回り散策してきましたが野鳥の収穫はなし。
川辺の樹立ちにオジロワシが一羽止まっていました。

DSC_0832_201903191757452f9.jpg



通り道の公園に寄ってみました。
池の氷は落ち白鳥やカモたちが寛いでいます。
こんな小さな水辺にも鳥たちは集まってくるのですね。

IMG_8630_20190319174509e3c.jpg


鳥目当て、餌目当て、お互いに近寄っているのかも知れません。

DSC_0841_201903191803306ff.jpg

DSC_0848_20190319175841af0.jpg



お昼を挟んで午後は浜の町へ出かけてきました。
こちらは、畑に撒かれた融雪剤の縞々模様がみごとです。

IMG_8631.jpg


サロマ湖の解水面が広がっていました。
白鳥が羽を休めています。

DSC_0856_20190319180526150.jpg

DSC_0861_201903191805285f7.jpg

CSC_0915.jpg


鷲たちは漁の時間帯です。

CSC_0921_2019031918083072e.jpg


湖岸の繁みにジュリジュリと囀りが聴こえ、シマエナガが群れておりました。
動きが速いのと小枝の陰で、ピント合わず撮影は難儀。

CSC_0916.jpg

CSC_0917_20190319181221719.jpg

CSC_0918_201903191812215b2.jpg

CSC_0919.jpg

CSC_0922_20190319181224226.jpg



魚屋さんで春漁の鰊を買い求め、帰り道すがら蕗の薹をちょっぴり頂いてきました。
農家さんのビニールハウスでは、玉ねぎやビートが青々と芽を出しているのが見えます。

氷の落ちた川岸に、大鷲が数羽おります。
雪解けで水が増えていますが、獲物は見えるのでしょうか・
健気ですね。

DSC_0913_20190319181227ee6.jpg

DSC_0912_20190319181226721.jpg

CSC_0914.jpg



夕食は、海の幸・山の幸の初物を美味しく頂きました。

DSCN9815_20190319181549fc4.jpg

煮魚が好きなので、鰊は煮付けで。
蕗の薹のてんぷらと彩りに、にんじんのかき揚を。



アザレア展

市の温室「緑のセンター」で開催されたアザレア展を覗いてきました。
温室は久しぶりに訪ねました。

まだ外は雪で、温室の鮮やかな花たちは新鮮です。

IMG_8448.jpg

IMG_8432_201903161029151ce.jpg

IMG_8433.jpg

IMG_8434_20190316102918c6a.jpg


IMG_8443.jpg

IMG_8441.jpg

IMG_8445.jpg




ミカンがあちこちに生っていて食べた~い!

IMG_8437.jpg

IMG_8438_20190316102924aff.jpg



蕾状態のアザレアをひと鉢買い求めました。
その鉢が一週間経ち、少しずつ花開いてきました。

IMG_8593.jpg

こんな色合いだったのですね~



公民館まつり

市の公民館主催で、いろいろな趣味の講座を受講している方々の発表会が、この時期に行われます。
友人たちが大正琴・茶道・習字・パッチワークなどでご活躍で、観覧に行って参りました。

朝イチの大正琴の演奏は、華やかな衣装で素晴らしかったです。
演奏曲目が2曲と云うことで、もっと聴きたかった~
舞台発表のサークルも多く、時間が制約されるのですね。

IMG_8393_20190316001007a3e.jpg

IMG_8391.jpg
みなさんお譲さまにみえますよ~



お茶席の合間に、お花・パッチワーク・書道・絵画など展示を見て廻りました。
みなさん趣味の域を超えた、素晴らしい作品です。

IMG_8398.jpg

IMG_8402_201903160025310fd.jpg

IMG_8407_20190316004201fb5.jpg

IMG_8411_201903160042019e7.jpg

IMG_8408_2019031600415955e.jpg

IMG_8417_20190316001026077.jpg



今回の茶席は表千家さんの担当で、サークルのお仲間と寄せて頂きました。
私たち裏千家とは所々異なる所作に、興味深く拝見させて頂きました。
お点前は制服での女子中学生で、とても初々しく微笑ましいですね。

IMG_8429.jpg

無題


春らしい桜色のお饅頭と、一服のお抹茶を美味しく頂いてまいりました。

IMG_8428.jpg



趣味の講座を受講している方々はある程度の年齢の女性が殆どで
齢を重ねても生き生きと趣味を楽しむパワーを感じました。

私も歳など考えず、好きな事を楽しんで行こうとあらためて思いました。




水鳥たち

氷が少しずつ融け出し、水鳥たちが戻りはじめ賑わってきました。
高台から見えるサロマ湖は、薄青く水の色が見えています。

DSC_0614_20190313182020054.jpg


湖面の氷の開いたところには、オオワシたちが数羽見えます。

DSC_0626_201903131825482d1.jpg

CSC_0771_20190313181815ea8.jpg

CSC_0773.jpg
逆噴射でタッチダウン!


この時間帯、来ているはずの白鳥が一羽も見えません。
何処へ行ったのかな?

と、車を走らせていると、いましたいました。
一番に出てきた、秋蒔き小麦畑に集合しています。

DSC_0642_2019031318181923f.jpg

DSC_0644_201903131818219fa.jpg

DSC_0646_20190313181823ea9.jpg
もう春漁の船が出ています。



夕暮れも近づき網走湖畔で水鳥たちが寛いでいます。
ホオジロガモ・カワアイサが群れております。

DSC_0727_2019031318182792c.jpg

DSC_0755_20190313181835f96.jpg

DSC_0724_20190313181826a41.jpg

CSC_0765_20190313181808f6a.jpg


水辺が夕陽に照らされキラキラきれいでした~

DSC_0734_20190313181830fe7.jpg

DSC_0744_2019031318183310a.jpg

CSC_0770_20190314061334f86.jpg


2羽の白鳥はコハクチョウ?のような感じです。

CSC_0769_20190314061333835.jpg

CSC_0768_20190314061937898.jpg


オジロワシが一羽、夕陽に紅く染まって水辺を見つめています。

DSC_0757_201903131818367ee.jpg

DSC_0759_20190314061939412.jpg


穏やかな夕暮れでした。

DSC_0758_20190314061939ba7.jpg




3,11

もう8年にもなるのですね。

10日の夕暮れは、雲ひとつない空がとてもきれいでした。

IMG_8504-001.jpg
網走湖


IMG_8518_2019031108352732f.jpg
大空町メルヘンの丘



巡りくる岬の春

啓蟄も半ばとなり、一段と暖かな日々となっております。
雪融けが急速に進みそうです。

今朝の新聞に「帯広で福寿草」、との話題が載っておりました。
当地北見市でも、日向斜面で「キタミフクジュソウ」が咲き始めております。
今年も巡り合えた春一番の花ですね。
例年より早い開花です。

CSC_0775_20190310215133b7e.jpg

CSC_0777_20190310215136298.jpg


10日(日曜日)は予報通り午後から青空が広がり暖かく、能取岬にはきっと咲いているだろう福寿草を見に行ってきました。
山間では小川の流れも戻り、畑の雪解けがずい分進んでおります。

DSC_0610_20190310221924260.jpg

DSC_0648_20190310221926975.jpg


海岸線へ出ました。
流氷は遠のき、岬へ通ずる道々もすっかり春の様相です。

DSC_0673_201903102229254f7.jpg

DSC_0670_20190310223011c4e.jpg

DSC_0651_20190310223920b8e.jpg



雪融けの進んだ斜面に、福寿草が花を開いています。

DSC_0649_201903102237077f5.jpg

DSC_0656_201903102237093bf.jpg

DSC_0667_201903102237114aa.jpg


岬へ下りて行きます。

DSC_0681_20190310224451eef.jpg

IMG_8463.jpg




岬のあちこちに福寿草が花開いていました。

DSC_0683_20190310224452d81.jpg

DSC_0700_20190310224455a36.jpg

DSC_0690_20190310224536bb9.jpg

IMG_8479_20190310224658ce9.jpg

IMG_8477.jpg

IMG_8495.jpg



春らしい霞んだ、長閑な岬からの眺望です。

IMG_8467.jpg

DSC_0711_20190310230022519.jpg

DSC_0697_20190310231303f8a.jpg


福寿草がたくさん見られて、楽しいドライブでした。
嵐の前、暖かく青空で風もなく良い日和です。
帰りは日没(17時過ぎ)に合せて、女満別メルヘンの丘を通って行きましょう。



内視鏡検査

昨年11月末、軽い風邪を引いて胃の調子が悪くなり病院を受診した時、内視鏡検査を勧められました。
結構酷い胃痛が続きましたので、暫く内視鏡検査もしていなかったので承諾し予約を入れました。
乳腺のガンをしている人は、大腸がんにもなる確率が高いと云うので、大腸内視鏡もすることにしました。
その検査が3ヶ月ほど後の、今月始めでした。
先週5日、9日と、大腸・胃の内視鏡検査が続き、行事や茶道もあってちょっとヨレヨレです。

40代初めころ、風邪の菌が腸に入って、超脱水状態の大変な目に遇って以来の体重減少。
いつもは冬は少し増える体重も今冬は減少傾向。
ベスト体重は45㎏くらいかな・と思っていますが、これから2㎏減るとやはり疲れがとれない状態。
夜起きてられず早く寝ると、未明から眼が覚め起きるには早すぎる時間。
グズグズそんな感じが続いてすっきりしない状態です。
運動不足かな?と思いつつも、野外へ出るともう花粉攻めで何とも辛い。
”弱り目に祟り目”…だな。

そんなこんなで昨日両検査が終了。
この病院では鎮痛剤投与で行いますので、眠ている状態で検査をしますので苦痛を感じなく終了します。
1時間ほどして覚醒してから結果を伺います。
結果は腸・胃とも全く異常なしでした。
同時に行った血液検査も全て標準値内。
血糖とか肝臓の数値は結構低い。
私、内臓は結構丈夫なんだ(笑)と思いました。
安心してビールが呑める ^ ^;

2年後くらいにまた検査をしましょう”との医師のお話でした。
が・2年後はもう70歳を超えるし、あちこち病気が出ても当然の歳。
検査はこれで終了しても良いかな・
まぁ、何処か不都合が出ればその時のこと。
そんなことを考えながら午後、ふらつきながら病院を後にしました。


家に帰ると、先週土曜日のお誕生会以来のおちびさん家族が来て、夕食を一緒にしました。
急でしたのでお鍋にして、私も久しぶりに普通の食事をした感じ(笑
若い人たちはお米もりもりですけれど、私はお米抜きで一週間断酒していたビールでそこそこ健康?であることに感謝 ^ ^;


箸休めの一品は、ゴーヤーのお浸し。
削り節をたっぷりと!

DSCN9812_20190310053321e04.jpg

若い人たちは”苦い”とか言ってあまり箸が進まなかったですが。
この苦みが身体に効きそうで、私は好きですね~


明日から久しぶりな荒れ模様とか・
今日(日曜日)は予定もく、鰊が獲れているというので浜の方へ行ってみましょうか・



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に オカメインコと2人?暮らしです(セキセイインコはお星さまに)
茶道が主になりつつも 広く浅く 好きなことを楽しんでいます
ブログは日々の備忘録として

興味のあること
☆お茶(茶道裏千家)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・
☆低山歩き・冬は歩くスキーなど・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます