2017-07

緑陰の中を歩く

19日は夏土用の入りなのですね。
季節の変わり目、土いじりなどは避け「う」のつく物を食べて体調を整えましょう、と云うことなのでしょう。

雲の多い晴れ、気温もそこそこ上がってきました。
仁頃山で夏のお花を楽しんで参りました。


登山道はいよいよ緑濃く、緑陰の中を歩きます。

DSCN1176.jpg

DSCN1174.jpg

DSCN1149.jpg


夏のお花が咲き誇っています。

DSCN1207_201707191749168b9.jpg ヤナギラン

DSCN1155.jpg クルマユリ

DSCN1145_20170719174232f1c.jpg ウリの木

DSCN1137.jpg キンミズヒキ

DSCN1135.jpg イケマ

DSCN1169.jpg キオン

DSCN1150.jpg キツリフネソウ
キツリフネソウは通称おこりんぼ”種は触るとはじけます


クルマユリ、ヤナギランがたくさん咲いて、登山道が華やかです。
虫たちは、お天気になったので忙しく働いています。
ヤナギランにたくさんの蝶が群れています。

DSCN1160.jpg

DSCN1156.jpg

DSCN1204_201707191804404a9.jpg
>

DSCN1165.jpg

DSCN1166.jpg

DSCN1147_201707191803224d2.jpg ウリの花に蜂

                                               サビタの花にも・
DSCN1206.jpg

DSCN1141_20170719180320f7f.jpg クワの実にカメムシ

私も黒くなったクワの実、クサイチゴを頂いてきました。
美味しかったです^^

DSCN1138_20170719181224be5.jpg

DSCN1183.jpg



イチゴを食べている間に後続の方に置いて行かれる^^;

DSCN1186.jpg
オニシモツケのチリチリがきれい!


山頂上空は蒼い空です。

DSCN1189_2017071918143268b.jpg


遠くは雲が多く霞んでいます。
秋蒔き麦の黄金色が目立ってきました。

DSCN1196_2017071918143428b.jpg

DSCN1192.jpg


サビタの花が咲いて夏が過ぎて行きます。

DSCN1199.jpg



少し休憩して管理車道を折り返します。
木立ちの間からの陽射しは眩しいです。

DSCN1215.jpg


早い時間に下山です。
暑かったので、麓のせせらぎが心地よいです。

DSCN1227_20170719181921357.jpg


朝方の雲が取れ、爽やかな夏空が広がります。

DSCN1228_20170719181917020.jpg


「緑陰・木漏れ日・清流・夏雲」
夏の風物詩を堪能した山歩きでした。




スポンサーサイト

五郎丸選手出場のラグビー観戦

17日、当地合宿中のラグビートップリーグ強化試合を観戦。
五郎丸選手見たさに・

キックをするヤマハ五郎丸選手(15番)
存在感ありました。

DSC_2067_2017071715580738c.jpg




前日の猛暑大雨から一転、霧雨肌寒い日になりました。

DSC_2080_20170718205649e82.jpg
試合会場モイワスポーツワールド




サックスブルーが五郎丸選手所属のヤマハ発動機ジュビロ 、エンジ色は近鉄ライナーズ 。

DSC_2047.jpg

DSC_2050_20170718210722bb9.jpg

DSC_2051_20170718210724b2a.jpg

DSC_2054_20170718210725ea3.jpg



後半戦に出場した五郎丸選手(15)は大活躍。

DSC_2065.jpg

DSC_2072.jpg

DSC_2067_201707182110311a6.jpg

DSC_2074.jpg

DSC_2075.jpg

DSC_2078_2017071821130759a.jpg


近鉄に大差で勝利!
寒さを忘れる楽しい観戦でした。


香りゃんせーハーブ公園

当地夏祭り(ぼんち祭り)に合わせてハーブ公園で行われる、「香りゃんせフェスティバル」に行ってみました。
予報通り、お昼頃から烈しい雷雨でした。
屋外イベントは中止になったでしょうね。

午前中は結構暑かったですが、ハーブ公園・青年部お茶席・子供サンバなど見てきました。

市民参加のハーブ園は花盛りで、淡いハーブの花がきれいです。

DSCN1106_201707170555544bf.jpg

DSCN1102.jpg

DSCN1107.jpg

DSCN1113.jpg



実用的な、ズッキーニ・ルバーブ・紫蘇・ニンニクなども育てられています。

DSCN1110.jpg


公共施設の大型公園のダイヤーズカモミールがなくなって、オレガノ畑になっていました。
ダイヤーズカモミールは黄色いお花がきれいなのですが・・
雑草に負けてしまったのでしょう。

DSCN1116.jpg



公園ではフェスティバルン準備が進んでいます。

DSCN1125.jpg

DSCN1131.jpg



DSCN1122_20170717055726445.jpg

DSCN1127.jpg

DSCN1121.jpg


ハーブウエディングが予定されていますが、雨が心配ですね。

   ※ 雨の中行われたようです



こちらから街中の一角に設けられた、裏千家青年部の茶会席に寄ってきました。
例年、お祭りに合わせ、街行く人々へ浴衣で一服のおもてなしです。

IMG_2221_20170717074327f02.jpg

IMG_2228_20170717074329064.jpg


若々しい華やかなお席にて、一服を美味しく頂きました。

IMG_2224.jpg

IMG_2230_20170717074209d61.jpg



エアコンの効いた茶席からの外はけっこう暑い!
メイン通りでお子たちのサンバフェスティバルが始まるところでした。
高校生のブラスバンドが通り過ぎ、会長挨拶なんかがあったり、小さなお子たちがじっと待つのは辛いですね。

IMG_2236_20170717074210dda.jpg

IMG_2241_20170717075421454.jpg


暑い中、一生懸命踊って、かわいかったです。

IMG_2248_20170717074212f96.jpg

IMG_2261_20170717074229c6f.jpg

IMG_2259.jpg


メイン通りから、一丁外れるとだぁれもいない。
お昼近く家に戻ると、予報通りスコールです!
大雨が夜まで続きました。

IMG_2265.jpg

IMG_2269.jpg



海の日

17日は「ハッピーマンデー」で「海の日」祝日です。

ちょっと検索してみました。
1996年に国民の祝日として制定された海の日は「海の恩恵に感謝し、海洋国家日本の繁栄を祝う」という趣旨なんですね。
この日はその昔の7月20日、明治天皇が東北巡幸を終え「明治丸」という船で、横浜港に無事に帰着されたことを記念したことからというものです。




当地方、15日の超猛暑日から一転、この連休は生憎の雨空になりそうです。
お天気の良かった15日、海(サロマ湖ですが)へ行ってきました。
水辺は少し涼しく、爽やかな風に吹かれてきました。



曳き潮の水辺でアオサギが採食中です。

DSC_2008.jpg



原生花園では鮮やかな彩のハマナス・ユリから、淡い色合いのエゾカワラナデシコ・エゾカワラマツバ・ホタルサイコ・マルバトウヒなどが謳歌しています。

DSCN1051.jpg
エゾカワラナデシコ・エゾカワラマツバ

DSCN1067_20170716075828f04.jpg
マルバトウヒ

DSCN1056.jpg オトギリソウ

DSCN1080.jpgホタルサイコ

DSCN1055.jpgキタノコギリソウ


暑い中、観光馬車を曳いてお馬さんが帰って来ました。

DSCN1088.jpg

DSCN1091.jpg


労をねぎらって、好物のニンジンをプレゼント!
美味しそうに食べてくれました^^v

DSCN1093.jpg



帰りにオホーツク海の幸ホタテを求め、一段と進んだ畑作地帯を通って暑い当地へ。
秋蒔き小麦が良い色合いの黄金色になってきました。

DSCN1013_201707160800018c6.jpg

DSCN1016_2017071608343759e.jpg


酪農家さんでは牧草の刈取りです。
コロコロ牧草ロールは、この時季の風物詩ですね。

DSCN1026.jpg

DSCN1039.jpg


夕方から汗だくで炭を起こし、焼き肉でした。


暑中お見舞い申し上げます

                   暑中お見舞い申し上げます

                      お暑い日々 みなさまご自愛くださいませ

DSC_2008.jpg
                                    2017, 盛夏  サロマ湖にて







またしても…

暑い!

残念!


IMG_2220_201707140707410f5.jpg

今年は期待して申し込んだのですが…  全敗です



猛暑の中、茶道稽古です。
部屋の気温35度

涼を呼びながら。


「瀧」 

DSC_0302-001.jpg


「水音」

IMG_2218-001.jpg
T さん 格調高い荒磯模様の浴衣で


茶杓銘を「石清水」

IMG_2214_20170714073712762.jpg




雲ひとつない夕陽の入り。
14日は暑さも一入となりそう。

DSC_0306_2017071407225862f.jpg







マウレ山荘 ハーブガーデン

月曜日、雨になりそうな空模様です。
・・・・午後から夕方はスコールでした。

火曜日、予報通り夕方から大雨。
この雨の中、親戚の通夜のため紋別往復は緊張運転でした。
気温が高いので、夜は靄の掛かった雨で凄く見ずらかったです。
お天気が良ければ、海に沈む夕陽を見ながら”なんて思っていましたが残念!
また日をあらためて。



月曜日は、妹を誘ってマウレ山荘へ温泉ランチでした。
ハーブガーデンを見るのが主たる目的ですが・
旬のじゅんさいを求めようと行った丸瀬布道の駅は、月曜定休日でした_ _;



ハーブガーデンのお花は咲いたでしょうか・

DSCN1003.jpg

DSCN1004.jpg

DSCN1001.jpg

DSCN0994.jpg

DSCN0988.jpg


DSCN0996.jpg

DSCN0993.jpg

DSCN0990.jpg

DSCN0999.jpg

カラーを抑えたレイアウトがステキなガーデンです。

春に花を見たマルメロが実を着けています。

DSCN0997_20170711075332e34.jpg

熟したころまた来てみましょう^^♪



虫も多いのでそこそこに切り上げ、温泉で寛ぎ美味しいランチを戴きました。
家では殆ど食べないハンバーグランチ。
デミグラスソースが美味しかった~♪


夕方から結構な雨になりました。
蒸し暑いです。
わが家の庭では、夏椿がたくさん花を着けいています。

DSCN1007.jpg


羅臼湖トレッキング

8日も暑くなりました。
予てから申し込んでおりました知床の秘境、高層湿原羅臼湖トレッキッグツアーに行って参りました。

暑くなりそうですが、雲もなく良いお天気でラッキー!
朝6時郊外の原野は朝霧につつまれて幻想的です。

DSCN0848.jpg



行きは海岸線廻り、穏やかな海は気持ちが良いです。
知床は久しぶりです。

DSCN0853_20170709081633236.jpg
網走鱒浦


羅臼岳が霞の中に浮かび上がっています。

DSCN0854_20170709051036a9d.jpg

DSCN0856.jpg


良いお天気の中、朝漁の船が行き交います。

DSCN0860.jpg


宇登呂が近づき、雪解け水を集めて、オシンコシンの瀧の流れは力強かったです。

DSCN0872.jpg




羅臼湖は、約3000年前に天頂山の噴火により、知西別川(ちにしべつがわ)が溶岩によってせき止められてできた周囲約6kmの堰き止め湖です。標高740m、知西別岳の下に広がります。晴れた日は羅臼岳の山頂から羅臼湖が見えるでしょう。

知床峠を羅臼側に少し下った辺りから、標高差はあまりない往復5㎞、3時間半くらいのトレッキングコースです。
近年はトレッキングの方も多いのでしょう、コースは良く整備されていました。



DSCN0881.jpg
知床峠 羅臼岳に残雪は殆どありません


10時、羅臼湖に向けて登山道に入ります。

DSCN0890.jpg


足元に咲くゴゼンタチバナや、ミツバオウレンなどを見ながら進んで行きます。

DSCN0902-001.jpg


間もなく二の沼です。
羅臼岳がくっきり見えます。
残雪が涼しげです。

DSCN0897_201707090553148e8.jpg


高層湿原の羅臼湖、どこの沼にもワタスゲがゆらゆら、赤いモウセンゴケ、ウコンウツギがきれいです。

DSCN0898_20170709055316033.jpg

DSCN0921.jpg

DSCN0977-001.jpg


また進みますとほどなく三の沼です。
こちらは羅臼岳が水面に映って、景観よくきれいですね。

DSCN0919.jpg


拡大していきますと、バンビちゃんがお母さんと寛いでいます。
かわいいですね。

DSCN0913.jpg

DSCN0914.jpg


私たちもこの沼はゆっくり鑑賞です。

DSCN0923_20170709060952411.jpg


この辺りから低木ハイ松帯になり、陽射しが強いです。
残雪に涼をもらい進んで行きます。


DSCN0926.jpg

DSCN0975.jpg
帰り路雪解け水でクールダウン



DSCN0927_201707090624084f6.jpg


平たんな木道湿原に出ました。
前方には知西別岳が見え羅臼湖が近づきます。

DSCN0931.jpg



DSCN0935_20170709062411ec9.jpg
ワタスゲがゆらゆら


石段の組まれた少し急な路を登ります。

DSCN0938_201707090635229a7.jpg

DSCN0937.jpg
赤いツルリンドウの実がきれい!


視界が開け四の沼です。

DSCN0939_20170709063525132.jpg

花季の終わったミツガシワに、ルリイトトンボが爽やかです。
この辺りは大きくなった水芭蕉の葉、アキノキリンソウも花咲く準備を始めていました。

DSCN0944_20170709064705dae.jpg

DSCN0945_2017070906444366e.jpg


更に進んで五の沼を越えます。

DSCN0951_2017070906470828a.jpg

DSCN0953_20170709064710d90.jpg


少しの樹林帯を越えますと、広々知西別岳の麓に羅臼湖が広がります。

DSCN0955.jpg

DSCN0958_20170709065605576.jpg

DSC_0295-001.jpg


ここからの羅臼岳は、少しだけ頭が見えます。

DSCN0962.jpg
緑の山に小さく岩場の頭


丁度12時、お昼ごはんにおにぎりを食べてゆっくりです。
ガイドさんが氷入りのレモネードや羊羹などを用意してくださり、暑かったので冷たいレモネードはとっても美味しかったです。

お天気も良くて最高の日和となり、秘境羅臼湖を満喫でした。
ガイドさん、大阪からという同行者さん、楽しい一日をありがとうございました。


羅臼湖の湿原にはワタスゲがたくさんゆれていました。
笹の中に高山のお花、チシマキンバイ・チシマフウロ・ハクサンチドリなどが咲いていました。

DSCN0967-001.jpg

DSCN0968.jpg

DSCN0969.jpg



帰りは斜里岳を見ながら、馬鈴薯の花咲く畑総地帯を抜けて、夕刻には暑い当地に着きました。

DSCN0982.jpg




七夕茶会は浴衣で

朝方ザ~~っと雨!

6日の茶道サークルは、七夕に合わせみなさん浴衣でお稽古です。
蒸し暑い日になり浴衣が涼しげです。

IMG_2195_20170707052634057.jpg



7月の七夕はまだ梅雨の時季でもあり、お月さまも輝き旧暦の8月がベストなのでしょうね。
今年の旧暦は5月が閨月で、7日はまだ5月14日になっています。
七夕は新暦では8月末になってしまいますね。
やはり新暦7月7日が解りやすくて良いです。


七夕と云えば、葉蓋のお点前。
水指の蓋に、葉っぱを使います。
裏千家十一代玄々斎の創案 で、七夕の茶会に末廣籠の受け筒に梶の葉を蓋替わりに使ったのが始まりということです。
棗は 九星を意匠化したもので亀蔵棗を。


蓋替わりの葉っぱは、小さく折りたたんで、建水にポトン!

IMG_2210_201707070535032dd.jpg

IMG_2201_20170707053500664.jpg


IMG_2212_2017070705350401b.jpg
年配の方はシックな竺仙の浴衣
IMG_2199.jpg


IMG_2202_20170707053502443.jpg
お若い方は少し華やかな浴衣



ホタルブクロが咲きましたので、矢筈芒などと入れて楽しみました。

IMG_2204.jpg


お菓子は梅の実が入った爽やかな餅菓子です。
糸巻茶碗を 織女星に、朝顔のお茶碗を牽牛星に見立てて、一服を美味しく頂きました。

IMG_2206.jpg

IMG_2200.jpg

IMG_2209_20170707053600b06.jpg


7日は、私の師事している師匠宅でのお稽古。
極めて暑い日になりました!


サロマ湖ワッカ原生花園は花盛り

曇天雨空が少しずつ解消されて来ているようです。
3日月曜日は午後から晴れる予報でしたので、サロマ湖ワッカ原生花園へ出かけてきました。

ワッカ原生花園は、サロマ湖とオホーツク海を分ける長さ20㎞にも及ぶ砂州が続きます。
今回はネイチャーセンターから右のルート(下の図赤い矢印方面)で、湖の右端っこまで行ってきました。
ネイチャーセンターから5~6㎞くらいでしょうか・
左の先は「ワッカの聖水」があります。

IMG_2193_201707052318326d7.jpg



快適気温のママチャリドライブです。

DSCN0815.jpg


浜茄子は最盛期を過ぎたようで、枯れ花が目立ちましたが。
丁度エゾスカシユリが見頃で、たっぷりと見応えありました。

DSCN0805.jpg

DSCN0786.jpg

DSCN0748_20170706203221bcc.jpg

DSCN0745_20170706203220ffd.jpg


サロマ湖を見ながら、オホーツク海を眺めながらお花たちを堪能です。

DSCN0799.jpg

DSCN0765.jpg

DSCN0807.jpg

DSCN0771.jpg


砂州が続いています。

DSCN0770.jpg

DSCN0778_20170706205318efc.jpg



湖の東側端っこです。

DSCN0779_20170706201841bba.jpg


以前はこの辺りが、外海とつながっていたのですね。
今はアイスブーム(防氷堤)もある、第二糊口でつながっています。

DSCN0783_2017070620184307e.jpg
旧サロマ湖口の碑文があります


牡蠣の養殖場でしょう。
浮き球が無数に。
浜茄子がきれいです。

DSCN0797.jpg



遠くに鳥の影。
オジロワシでした。

DSCN0780_20170706202637687.jpg

DSCN0782.jpg


ノゴマが唄う。

DSCN0802_20170706202636586.jpg



砂州遊歩道では、エゾフウロソウ・カワラナデシコ・ナミキソウ・カワラマツバ・ハマヒルガオなども花盛りです。

DSCN0824.jpg
DSCN0826.jpg
DSCN0830.jpg
DSCN0829.jpg
DSCN0831.jpg




秋蒔き小麦が少し黄金色になってきました。
馬鈴薯もきれいに花を咲かせています。

DSCN0834_20170706205321e75.jpg

DSCN0837_201707062053220e1.jpg



浜からの頂きものは、解禁になったサロマ湖の北海シマエビ。
美味しく頂きました。

DSCN0841.jpg



«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます