2018-06

白い花咲く仁頃山

仁頃山歩きは桜の時季以来と、またまたお久しぶりなのです。
長男家族が土曜日から泊まりに来ていましたので、山へは帰った日曜日の午後遅くにでかけました。
陽も一番長い時季ですから、帰るまではまだまだ明るいでしょう。


急ぎ準備をして登山口15時です。
日曜日の好天で登山の方が多かったのでしょう。
駐車場にまだ、7~8台の車がありました。


麓を流れる心地よいせせらぎを聴きながら登山道に向かいます。
すっかり葉は繁って緑のトンネルになっています。
蝦夷春ゼミが賑々しく鳴いていますので、気温は20度近いでしょう。

IMG_4694.jpg



オトシブミがたくさんお仕事をしていますが、管理車道なので工事車両に曳かれたのでしょうか・
潰れたりしています。

IMG_4697.jpg



梶の葉のようです。
七夕ですね~

IMG_4696.jpg


情緒豊かな自然界です。



白い花が登山道に咲き誇っています。

DSC_0947_20180611074814876.jpg
シャク


札幌よさこい祭りのころに咲くオドリコソウも、祭り終了と共に終盤。
山頂近くではまだまだ元気です。

DSC_0901_20180611074732477.jpg

IMG_4707.jpg




DSC_0903_2018061107473370f.jpg

DSC_0908_20180611074734a90.jpg

DSC_0909_201806110747352cc.jpg

DSC_0910_2018061107473701b.jpg

DSC_0911_20180611074738195.jpg

DSC_0912_201806110747472d9.jpg

DSC_0913_20180611074749e6b.jpg

DSC_0914_2018061107475093d.jpg


カラマツソウに季節の流れの速さを感じます。

DSC_0915_201806110747525ec.jpg


DSC_0918_201806110747557f9.jpg


ゴゼンタチバナを見ると、高山に登った感じがします。
仁頃山は829mですが、ゴゼンタチバナが咲く辺りは800m近くでしょうか。

DSC_0919_20180611074756b6b.jpg


唯一の紅色、ベニバナイチヤクソウが彩を添えます。
きれいですね。

DSC_0916_20180611074753e02.jpg





時々下山してくる方と行きかわします。
私と同時に出た方がいて心強いなと思っていましたら、4合目で引き返して行きました。
この時間帯、登ってくる方は他にいませんでした。

IMG_4699.jpg



写真を撮りながら登り進んで山頂です。。
丁度下山する最後のお二人がいました。
初めての仁頃山と云うことで、たくさんのお花を堪能していたようです。

IMG_4717.jpg


わが家から朝はすっきりと見えていた遠くの稜線ですが、360度見渡せる仁頃山頂からは少し霞んでいます。
気温が上がったのですね。
でも薄墨絵のようできれいです。
山頂は11度くらい、涼しく気持ち良いです。

IMG_4708.jpg

DSC_0927_201806110656513f1.jpg

DSC_0929_20180611065653616.jpg

DSC_0926_20180611065650be3.jpg



マルバシモツケがもう咲く始めています。
すっかり夏です。

IMG_4713.jpg




後続の方もいなさそうで、少し休憩して戻りましょう。


山頂近くでは賑々しくツツドリの鳴き声。
この辺りがお気に入りなのですね。
他にも多くの野鳥の囀りは聴こえますが、お姿は深い緑の中です。


ツツドリ・アオバト・ヤブサメ・センダイムシクイ・キビタキ・コゲラ・カラ類など聴きなしました。

野草のお花や樹木の花を見ながら下り進んで行きます。
ミズキ・朴ノ木・ナナカマド・ミツバウツギなど、樹木も其々に白い花を咲かせきれいです。
ツルアジサイも間もなく花開きそうでした。

DSC_0933_201806110740309c8.jpg

DSC_0936_201806110740321ef.jpg

DSC_0939_20180611074033386.jpg

DSC_0944_20180611074035def.jpg

DSC_0946_20180611074258d45.jpg
葉を白くして虫たちを誘うマタタビ

DSC_0945_201806110742575f9.jpg

IMG_4695.jpg





5合目辺りで最後に下山した方に追いつき、お先をさせて頂きました。
下山時は気温10度と涼しく、快適です。


駐車場には私の車の他に、下山中の方の車が一台。
時間は17時、山はもう夕暮れです。
今日の山滞在、2時間10分でした。


帰り路のダム湖に差し掛かった時、浮玉の上に何やらきれいな鳥たちが見えましたので望遠で覗いてみました。
オシドリの男子組が寛いでいました。
もう繁殖時期を過ぎお役御免と云ったところでしょうか・
オシドリ男子は子育てに参加しませんので、男子だけで次の繁殖時期まで過ごすのですね。
まだ飾り羽の綺麗な状態でした。
オシドリの男子集団を見たのは初めてです。

DSC_0966_2018061107235994b.jpg

CSC_0969_20180611072354f85.jpg




その近くの岸に、白黒の鳥が見えました。
私の望遠でははっきりしませんがヤマセミのようです。
鳴き声がヤマセミでしたね。

DSC_0952_20180611072356bed.jpg

CSC_0973.jpg


おもしろいツーショットを見つけて、ウキウキの帰り路でした。




スポンサーサイト

西別岳は ”超~ 暑かった”

4日(月曜日)はお天気も良さそうなので、西別岳登山を予定に入れておりました。
確かに青空が広がり良いお天気!
でも、ちょっと暑すぎました。
夏山シーズン初めの山登りでバテマシタ_ _:


朝から気温が高そうです。
遠くは気温のせいか霞んでいます。
順調に走って弟子屈を抜けて間もなく、牧草地の向こうに西別岳がくっきりです。

DSCN9280.jpg



林道に入ってから登山口までの5~6㎞は、ボコボコの砂利道です。
西別岳の林道は砂利ガごつごつでいつも走行注意です。
8時半登山口到着、3~4台の先行車あり。
既に暑いです。

準備をして登山道に入って行きます。
丁度同時に登る方がいましたので、山頂まで着かず離れずで追いて行きました。

針葉樹林帯の道はナワシロイチゴの白とミヤマキンバイの黄色がきれいです。

DSCN9285.jpg



低木広葉樹林帯ではウグイスの合唱団です。
なかなかお姿は…

IMG_4624.jpg

少しずつ急坂になって行きますので休み休み。


遮るものがない急登のがまん坂。
亀足で何とか進みます。
暑くて!暑くて!

DSCN9288_20180604211017159.jpg
空が蒼い!




足元にはチシマフウロ・ミヤマスミレがたくさん咲いています。

DSCN9341_2018060421250761e.jpg



がまん坂を何とか過ぎてダケカンバの低木帯に入ります。
ミヤオダマキの薄紫がきれいです。

DSCN9291_20180604211422b95.jpg

DSCN9304_201806042122423eb.jpg




お花畑が近づき、ハクサンチドリがあちこちに咲いています。

DSCN9297_20180604212240786.jpg



エゾムラサキツツジもまだ辛うじて。
気候が良いので、お花の進みが早いです。

DSCN9302_20180604213747438.jpg



期待していた千島桜はもう散っていました。

DSCN9338_2018060421270239d.jpg



エゾユキワリコザクラももう終盤。
辛うじてて数個。

DSCN9333_201806042128569d0.jpg



高度が上がって、広々根釧原野・斜里岳・阿寒方面が一望です。
山頂方向の空も雲ひとつなくすっきり!

DSCN9292_201806042137462ab.jpg

DSCN9337_20180604213232d29.jpg


DSCN9314_201806050503243ec.jpg



尾根筋にはミヤマキンバイがたくさん咲いてきれいです。

DSCN9306_2018060505032324b.jpg


DSCN9328_201806050458140ef.jpg

DSCN9339_20180604212859fc2.jpg



ウコンウツギ・イソツツジなどが咲き出しています。

DSCN9330_20180604212851ed4.jpg

DSCN9316_2018060504581656e.jpg
イワウメ

他にも終盤ながらミネズオウ、コケモモ・ツマトリソウ・フデリンドウなど愉しませてくれます。



足を進めますと、摩周岳の麓に摩周湖が空を映して碧々と目に入ります。
ツツジは終盤です。

DSCN9324_20180605050904396.jpg



あとひと登りで山頂。
行き交う人はみんな”暑いですね~”が挨拶言葉。
頑張って行きましょう。

DSCN9317_20180605051118e36.jpg



1時間40分もかかってやっと山頂です。
ヤレヤレ! 疲れました。
スポーツドリンクや水だけで、食欲なし。

IMG_4618.jpg



山頂標識辺りに凄い虫の数。
煩くてゆっくりできません。

IMG_4622_201806050513289b3.jpg

IMG_4621.jpg



早々に下山します。
帰りはさらに暑く、水分を補給しながら歩きます。

IMG_4623.jpg

ザックにつけた寒暖計は30度近くになっています。
それでも帰りは速い!



がまん坂辺りに登ってくるパーティーが見えます。
地元の小中学生とか。
若人も暑さで難儀しておりました。
11時過ぎですから、益々気温が高くなる時間帯です。

DSCN9340.jpg
終日蒼い空が広がった西別岳



11時半、何とか無事に下山。
また砂利の林道を慎重に引き返します。

砂利道を無事に抜けて、登ってきた西別岳をかえり見ます。
パンクしなくて良かった~
根釧の牧草地が広がります。
間もなく牧草の一番刈。
牧草ロールコロコロの風景が広がるでしょう。

DSCN9344_20180605051947cde.jpg

DSCN9342_20180605051945607.jpg



思い立って、帰りは清里峠に出ました。
1、2台しかすれ違わなかった山道を越え、裏摩周にちょっと立ち寄り。

DSCN9345_20180605055014cd4.jpg

DSCN9347_201806050548059b6.jpg
静かな湖面の摩周湖


後ろに斜里岳が霞んで見えます。

DSCN9348_20180605051950b74.jpg



緑温泉で汗を流していきます。
貸切でした~
露天風呂は陽射しが暑すぎです。
43度のお湯はこれまた熱い!


温泉から出ても汗が噴き出る。
この暑さではアイスだね。


浜小清水の新設モンベルを覗いて、帰りましょう。
帰り着いた当地は、32度とか。



藻琴山にて千島桜を愛でる

藻琴山の千島桜がそろそろ咲いているころでしょう。
前回の偵察から6月に入り2週間程が過ぎています。

朝イチと思っていたのですが、外を見るとあまりすっきりしないお天気。
”てんくら”で確認。
ん…、雨雲が通過しそう。
近いですし、晴れになる午後にしましょう。

と云うことで、午前は庭の草を取ったり苗(トマト・胡瓜)の定植です。
6月末くらいまで、気温の低い時はビニールで囲っておきます。
寒さに弱い野菜です。


午後の晴れマークを信じて、12時過ぎ家を出ます。
結構気温が上がってきた感じです。
予報通り青空になってきました。
登山道近くの道路がぬれていましたので、通り雨だったようです。




「ハイランド725」登山口には3~4台の車があり登山者がいるようです。
準備をして13時半登山道に入ります。

登り進みますとハイ松帯の登山道に、ミツバオウレン・コミヤマカタバミが小さな花を咲かせています。
山頂近くまで足元を楽しませてくれます。

IMG_4503.jpg

IMG_4598.jpg
 ミツバオウレン

IMG_4570_201806030528353aa.jpg ミヤマカタバミ

DSC_0820_201806030522293fe.jpg

DSC_0795_201806030522266eb.jpg ヒメイチゲ




ハイ松帯を過ぎ尾根筋に入って行きますと、千島桜が見えてきました。
天涯の桜が咲いています。

IMG_4504.jpg

IMG_4600.jpg

IMG_4505.jpg



藻琴山々道は千島桜満開です。
低木ですから、目線で桜を楽しむことが出来ます。
白い色や濃いピンクなど、とてもきれいです。

IMG_4555.jpg

IMG_4507_20180603060710cef.jpg

IMG_4537.jpg

IMG_4556.jpg

IMG_4579_2018060306405665f.jpg

IMG_4554_201806030550351d3.jpg

IMG_4529.jpg

IMG_4587.jpg

DSC_0817_20180603054620d7c.jpg



今日の眺望は霞んでいます。
不安定なお天気がまだ回復していないのですね。
気温も20度超えて高めです。

IMG_4535_20180603053700cf6.jpg

IMG_4590.jpg

IMG_4566_201806030537056e4.jpg

IMG_4521_20180603061702f38.jpg



オオカメの木がガ白い花を咲かせています。
ガクアジサイのような感じです。

DSC_0812_20180603060445048.jpg

IMG_4512.jpg

DSC_0814_2018060306044705c.jpg


コヨウラクツツジも小さな釣鐘のような花を咲かせています。
あちこちに、たくさんありました。

IMG_4523.jpg

IMG_4530.jpg

IMG_4580.jpg



屏風岩付近では、ハクサンイチゲがこれまた白いお花が清楚です。
写真を撮っていますと後続の方が4、5人登ってきました。

IMG_4540_20180603073508c63.jpg
屏風岩

IMG_4543_20180603061700aee.jpg

DSC_0776.jpg

DSC_0776.jpg

DSC_0786_20180603061954a26.jpg

DSC_0806_2018060306234744f.jpg


”青空になってきましたね~”とお若い女性にお声かけましたら
”てんくら”を見てきました”と。
”同じですね”と笑いあって、お花の話に進みました^^


山頂直下の桜はまだ蕾のものが殆どです。
週明けにはきれいに花開くでしょう。

DSC_0797_201806030538555e2.jpg

DSC_0796_20180603053854d71.jpg



1時間ほどで山頂です。
山頂から美幌峠~津別峠へのトレッキングコースの計画案があるとか。
どうなるでしょう・遠そうです^^;
霞んだ山頂からの眺望を見て折り返します。

IMG_4559.jpg

IMG_4561_20180603063255979.jpg



お天気も良く、後続の方もおりますのでのんびりと下山します。
午後も回り、誰もいないと急いで下りたかもしれない。
立派なアゲハ蝶を見つけました。

DSC_0801_2018060305385748f.jpg

CSC_0825_2018060306412218f.jpg



ウグイスがあちこちで美声をあげていますので、暫くお姿を狙ってみましたが振られました。
のんびりし過ぎて登山口に着いたのは16時近く。
でもまだまだ陽は高く、夕焼けまでは待てなく帰路に着きました。
半月足らずの間に、畑の作物が一段と大きく成長して驚きでした



藻琴山

21日は24節季の「小満」
草木も花々も、鳥も虫も獣も、すべての命が満ち満ちていく季節です。


登山道の雪はほぼ消えているという情報で20日曜日、藻琴山を歩いてきました。
久しぶりに稜線がよく見えている朝です。
気温が下がったようで、早朝は空気がひんやりして気持ちが良いです。



6時、田畑を見ながら藻琴山に向かいます。
田圃には水が入り田植えが始まりそうです。

CSC_0091_20180520165910753.jpg


畑作物も大地に根付いて畝がきれいです。

DSC_0018_201805201659134d7.jpg

DSC_0016_20180520165913da8.jpg



先行者は車2台、7時登山道に入って行きます。
登山口にわずかに雪が残っています。

DSC_0023_20180520165917310.jpg


知床連山・斜里岳の稜線がすっきり見えています。

DSC_0020_2018052016591561e.jpg

DSC_0024_20180520165917ebb.jpg


登山道は日陰部分にところどころ雪がありました。
お花はまだ少なく、ヒメイチゲが可憐に花をさかせています。

IMG_4395.jpg


尾根に出ますと眼下には屈斜路湖、阿寒・大雪方面の稜線、オホーツク海、知床方面と360度の景観が広がります。
今朝は稜線がきれいです。

IMG_4389_201805201849501cc.jpg

DSC_0042_20180521043048d5e.jpg

DSC_0046_20180520185125ed1.jpg

IMG_4430.jpg


樹木は芽吹きを始めたといった感じ。

IMG_4422_20180521043256056.jpg

IMG_4391.jpg


チシマ桜の花芽が膨らんで、間もなく花を咲かせそうです。

DSC_0050_201805201851262bc.jpg

IMG_4425.jpg



山頂は風が強く冷たかったです。
朝はシバレタのでしょう。
霜柱ができています。

IMG_4416_20180521043935952.jpg

IMG_4410.jpg

IMG_4409_20180521044407749.jpg


野鳥たちも賑やかで、ホシガラス・カラ類が至近に出てきました。
ウグイスはお声だけ、なかなかお姿を見せてくれません。

CSC_0087_2018052018512321b.jpg

CSC_0085_20180520185121655.jpg


下山時は多くの人が登ってきます。
下山は9時近く、駐車場の車が増えてきました。

IMG_4440.jpg



帰り路に通った女満別町では、田植えが行われていました。

DSC_0064_2018052104483905b.jpg


先日咲き始めたエゾノウワミズザクラは、満開を過ぎ散り始めています。
季節は急速に進んでいます。

DSC_0068_20180521044842ea4.jpg

DSC_0071_20180521044837129.jpg



藻琴山を望む麓の町中に「乳酪館」という乳製品工房があります。
今日はここでミルク味の濃いソフトクリームを頂きました。

DSC_0062_20180521044838b28.jpg

IMG_4442.jpg

蜂蜜を買い求めました。
呼人「関 養蜂場さん」の桜の蜂蜜は美味しくて一番好きです。

IMG_4444.jpg



皐月半ばの仁頃山

気温も上がった土曜日、早春以来の仁頃山歩きです。
もう初夏になろうと云うのに…
この分ですと四季ごと年4回くらいしか仁頃山を歩くことが出来ないかも。
もう少しガンバロウ・



連休明けて久しぶりに良いお天気になり、多くの人が山歩きを楽しんでいました。
早い時間に行ったつもりですがもう、かなりの人が行き交っていました。
登り始めから20度近くあり暑いです。

IMG_4307_20180513132800038.jpg

IMG_4318_20180513132835af2.jpg



ヤチブキ・ニリンソウ・ミヤマエンレイソウなどたくさん花を着けていました。

DSC_1460.jpg

IMG_4321_201805131328365e0.jpg

雪のなくなった半年ほどの間に、生物は花を咲かせ次世代を残し大忙しと云ったところですね。



ウグイス・アオジ・センダイムシクイ・ツツドリなど、夏の鳥たちも声高らかに囀っています。
高い梢ではカメラも届きませんし、声はすれどなかなか姿も見つけられません。
囀りを楽しみながら足を進めます。

DSC_1451_20180513132757321.jpg

IMG_4309.jpg



登山道はほぼ夏道になっていました。
7合目馬の背と、頂上直下に残雪あり。
暑かったので、雪に触れてヒンヤリ気持ちの良いこと。

IMG_4310.jpg

IMG_4316_2018051313305288c.jpg





ヨレヨレしながら山頂です。
山頂も大賑わいです。

IMG_4313_20180513132801e0d.jpg

IMG_4315.jpg



吹き抜ける風が気持ち良いこと。
遠くは霞んでいましたが、大雪方面の残雪峰が見えています。

IMG_4314_20180513132803849.jpg

DSC_1464_20180513133818531.jpg



少し休憩して花たちを見ながら下りて行きます。
今日の山滞在2時間半。
駐車場が混んでいます。

IMG_4323_2018051313283859e.jpg



気温が低い山中のダム湖周辺は、まだ桜が満開です。
碧空も見えてきれいな桜でした。

IMG_4334.jpg

IMG_4340.jpg

IMG_4333.jpg

IMG_4342.jpg



4月1日は仁頃山へ

年度替わって昨年初冬以来、実に4ヶ月ぶりの仁頃山歩きでした。
つかれた~!


たま~に起きるのですが、登り始めて少ししてから低血圧になるようです。
生あくびが出て足が進まなくなる”
急激な血圧低下でしょう。
2合目で少し休みました。
出だし、ゆっくり歩いていたはずなのですが・
運動不足です__ _;
5合目くらいで撤退かナ”と思いつつ、何となく頂上まで歩いてきました。

IMG_3930_2018040215334293c.jpg
日向では雪解けが進んでいます

IMG_3933_20180402153343fd2.jpg

IMG_3940.jpg


IMG_3935_20180402153241197.jpg
「元気の木」の元気がなくなってきたみたい!
枝が傷んで老齢になってきた・ 私と同じだ・

IMG_3943_201804021532427b0.jpg
今冬は最も積雪が少なかった

IMG_3945.jpg
山頂の鉄塔が見えると足が進む!



薄曇りですが、風がないので意外と暖かでした。
気温は5~6度。
眺望は良くありません。

DSC_0472_20180402153221cf6.jpg

DSC_0474_20180402153223c7d.jpg

IMG_3953.jpg



登山道は雪道ですが、固まっていて意外と歩きやすかったです。
少し緩んだ下山時も、踏み抜くことはありませんでした。
帰りはショートカットの直線ルートを下って速い速い!
登りの半分の時間で下山(笑
日曜日にしては登山者あまり多くなかった感じです。
年度替わりの日ですものね。

IMG_3956.jpg
直滑降で短縮路を下る 

IMG_3941.jpg
横を向くと結構な急斜面



登山口付近で福寿草や蕗の薹が出て、山の春は進んでいますね。
山頂の空気を吸い、小鳥の囀りを耳に、山歩きを楽しんできました。

DSC_0482_20180402153226ac0.jpg

DSC_0481_20180402153225ced.jpg

DSC_0480_201804021532237ce.jpg
山歩きを楽しむファミリー


山の三月

3月最終日曜日25日は、当地市議会議員選挙でした。
市議会選挙のみでしたので淡々と過ぎた感じです。

私は珍しく朝イチで投票に。
開けはなしの会場の、広い体育館では寒いでしょう。
長い時間の事務作業、立会人もご苦労なことです。

IMG_3830_201803260915407b9.jpg




気温が上がってきた午後、丘歩きに行ってみました。
融けかかってきた雪を踏み抜くので、カンジキを付けて歩きます。
山の3月、そよ風も心地よく春がたくさん生まれています。

IMG_3835_20180326092213bc1.jpg


シマシマの樹木の影、根明けの様子など面白いものです。

DSC_0022_201803260916379c0.jpg

IMG_3838_20180326091643f57.jpg

DSC_0042_20180326091639cd6.jpg


尾根筋では土が出て春が進んでいますね。

IMG_3850.jpg

IMG_3836.jpg

IMG_3848.jpg
沼が開いています


小鳥たちは囀り高らかに、活発に動き回っています。

CSC_0069_20180326092922d17.jpg
コゲラ

CSC_0068.jpg
イタヤの樹液を求めてシジュウカラ


シマエナガたちが巣作りの準備を始めていました。
木の皮を咥えて運んでいます。
小さな体で健気です。

CSC_0064_2018032609274740f.jpg

CSC_0070.jpg

CSC_0065_20180326092748d09.jpg

CSC_0067_20180326092749f29.jpg

CSC_0066_20180326093227e01.jpg


鳶も空高く鳴き交わしています。

CSC_0059.jpg



北辛夷・蝦夷山桜の花芽も目覚めたでしょうか・

CSC_0062.jpg

IMG_3845_20180326094050eb9.jpg



14時半ころ、天敵(花粉症)のハンノキの陰に薄く半月が見えています。

DSC_0027_201803260951111d5.jpg


立派な花穂です!

DSC_0025_20180326095113f90.jpg


真っ蒼な空に航空機が一機飛んでいます。

DSC_0033_20180326094511b16.jpg


春が生まれている山の三月でした。




大寒

1月20日。
二十日正月とも言われています、そして一年で一番寒い時季24節季の大寒。
当地今朝はマイナス20度近くまで下がり冷え込みました。
冷え込むと日中は蒼空が広がります。



風もなく穏やかで歩くスキーに出かけてきました。
今日は郊外のモイワスポーツワールドです。
こちらはクロカンのコースが整備されています。

DSCN9196_20180120170755f23.jpg

DSCN9193_2018012017075352a.jpg




スキーの会の方はクロカン大会( 2/25 )に向けて練習に励んでいます。
私は毎年応援のみ。

DSCN9241_20180120171118428.jpg

DSCN9245_20180120171150e83.jpg



一周3キロのコースに出てみます。

DSCN9204_20180120170758c46.jpg

DSCN9200_20180120172401157.jpg
ここは長い坂道でらくちん♪



途中遊びながら…、
お陽さまに雪の結晶がキラキラ輝いてきれいです。

DSCN9206_20180120170905f60.jpg

DSCN9211_20180120170909a00.jpg

DSCN9220.jpg

DSCN9213_2018012017091048d.jpg

DSCN9215_20180120170940ad4.jpg


DSCN9208_20180120170907833.jpg



広々パークゴルフコースです。

DSCN9231.jpg

DSCN9234_20180120171021058.jpg

DSCN9233_20180120171030470.jpg



ゴールに戻ってグラウンドを一周。

DSCN9240_2018012017111619c.jpg

DSCN9239_20180120171115326.jpg

DSCN9236_20180120171112653.jpg



午前11時でも気温はマイナス10度近くですが汗だくです。
お天気が良くて爽快です!

DSCN9238_201801201711138c7.jpg



原野の中に食料を求めてキツネがいました。
時々こちらを見ています。

DSCN9250_20180120170534603.jpg


RSCN9258.jpg

RSCN9260.jpg


暖かいので、雪の中で日向ぼっこ・

RSCN9259.jpg





歩くスキーに

フワフワ真っ白な雪にお陽さまが眩しい朝です。
寒の入りの5日は、久しぶりに15度くらいまで下がりました。


雪がふわふわきれいでしたので、運動公園へ歩くスキーに行ってきました。
雨で固くなった後20㎝くらい積もった雪は、フワフワして転んでも痛くない!(笑

DSCN9005_20180106064018135.jpg

DSCN9006_201801060641282a0.jpg
雪の結晶がそのまま


一周700mのコースを歩きます。

DSCN9008_201801060643168b7.jpg

DSCN9017_20180106064931afe.jpg


コースを歩いている人が少なそうです。
2本の筋が続いているだけでした。

DSCN9009_20180106064130f09.jpg

DSCN9004_20180106064127406.jpg

DSCN9003.jpg


私以外はシニアのおじさま2人・
マイナーなスポーツだなぁ~

DSCN9016_20180106064319ccd.jpg

DSCN9015_20180106064317dee.jpg

DSCN9002_20180106064125e15.jpg


地味に5周4㎞ほどを歩いて終了です。
気温はマイナス6度くらいですが汗が出ます。
近くのリゾートホテルで汗を流してきましょう。



スキー客で賑わっていたホテル併設のスキー場。

IMG_3464_20180106074443537.jpg


温泉は貸切状態で、露天風呂から松の緑と蒼空が爽やかです。
[金の湯]と云うけれど、泥水_ _;

IMG_3462.jpg

IMG_3463.jpg


帰路、真っ直ぐな雪道の農道は走りやすくきれいで快適です。

DSCN9027_20180106072301361.jpg


すっぽり雪に覆われた大地。
遠く稜線が美しいことです。

DSCN9026_20180106064549eb5.jpg

DSCN9024_201801060645485ee.jpg


 冬嶺秀孤松  (とうれい こしょうひいず)  -陶淵明詩集より-



初歩くスキー

まだ雪がサラサラしていた昨日、市内の運動公園にて歩くスキーを楽しんできました。
今冬初歩くスキーです。

冬になるとスケートリンクになっていた運動公園に、別地に新しくスケート場が移転したので歩くスキーコースができました。
陸上競技場ですから平らです。
数人の方が歩くスキーを楽しんでいました。

私はその外周の樹林の中を歩いてきました。

DSCN8936_20171225190923570.jpg

DSCN8926_20171225190849e00.jpg

DSCN8925_20171225190848334.jpg





樹木の冬芽を見たり、野鳥の囀りを聴いたり、木立ちの中を歩くのは退屈しません。

RSCN8944.jpg
スズカケ(プラタナス)の実

DSCN8932_20171225190921ba6.jpg
赤実のヤドリギ

DSCN8940_20171225190941540.jpg
桜は春に備えて冬眠中
DSCN8937_20171225190939375.jpg


ヒヨドリ・ツグミがナナカマドの実を啄んでいます。
今年は街路樹などにも豊富に実が着いていますから、まだまだ食料は大丈夫そうです。

RSCN8945.jpg



DSCN8929_20171225190918186.jpg

筋肉痛になりそうで一時間ちょっとで切り上げです。


今回の低気圧、オホーツクは気温が高く雨でした。
猛吹雪は免れたものの、今時の雨は厄介です。
道路はザクザクの轍、歩道は明日は凍ってスケートリンク状態になるでしょう。

いやなお天気です。



«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に オカメインコと2人?暮らしです(セキセイインコはお星さまに)
茶道が主になりつつも 広く浅く 好きなことを楽しんでいます
ブログは日々の備忘録として

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・
☆低山歩き・冬は歩くスキーなど・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます