2017-06

クリンソウの里

火曜日、趣味の会の集まりはお休みの人がおりましたので、参加者3名で津別町上里のクリンソウを見に行きました。
先週土・日はクリンソウまつりで混み合ったことでしょう。
今日平日は訪れる人もあまり多くなく、ゆっくり散策できました。

クリンソウの里は雲海で有名な津別峠に入るすぐ近く。
嘗てはスキー場もあり賑やかな時代を経ています。
唯一のリゾートホテル「ランプの宿」は、宿泊・温泉・ランチなど憩いの処です。
野鳥も多く、冬はエゾテンが訪れます。

DSCN0462_20170620182305221.jpg
みどりにつつまれて



扨て、クリンソウは見ごろでした♪
深い緑の中に、鮮やかな紅色のお花です。
段々に咲いて仏閣の九輪に似ているところから、九輪草と云われているようです。
九輪とは、釈迦を暑さから守るための傘と言われているようで、仏閣の塔で見かけます。

DSC_1776_2017062018251669d.jpg

DSC_1753.jpg

CSC_1838.jpg

CSC_1839_20170620183100943.jpg

DSC_1782_20170620183436024.jpg
四輪まで咲いています



心地よい小川のせせらぎを聴きながら、遊歩道を進みます。
昨年の台風の影響でしょう、大木の針葉樹林の倒木が目立ちました。
やはり北海道では、厳しい台風であったのですね。

DSCN0470_20170620182518fa9.jpg

DSC_1771_20170620183103163.jpg

DSC_1784_20170620183853468.jpg

DSCN0482_20170620183853c68.jpg

DSCN0484.jpg

DSCN0490.jpg



クリンソウと共に、カラマツソウ・エゾレイジンソウ・ヅタヤクシュなどいろいろな山野草も楽しめます。

DSC_1759.jpg

DSC_1788_20170620184425219.jpg

DSC_1786_20170620184423a9b.jpg



暑いくらいに気温が上がっていましたが、ここで見かけるアゲハチョウはあまりいなかったです。

CSC_1835_201706201843304be.jpg



小川の流れを入れたくて、手持ちでのスローシャッターはブレブレですね。

DSC_1741_20170620184331474.jpg

DSC_1812_201706201901166f8.jpg

DSC_1794_20170620190113311.jpg


ぐるり遊歩道を廻ってクリンソウ草の里を楽しんで参りました。



スポンサーサイト

山野草盆栽展

市内緑のセンターで行われていた園芸市と山野草盆栽展を覗いてみました。
近年は園芸市も縮小傾向です。

お若い方の新築住居敷地は、全面アスファルトが多いですし、歳を重ねると庭仕事も大変になって行きますし・

IMG_1776_201705241151082be.jpg

IMG_1773.jpg

IMG_1775.jpg



センター内の、山野草盆栽展を覗いてみました。
まぁ、見事に育てた自慢の一鉢なのでしょう。
見応えあります。

IMG_1758_20170524170842f57.jpg

IMG_1757_201705241708406a3.jpg




IMG_1760_20170524171104209.jpg

IMG_1769.jpg
ヒナトクサ

IMG_1767_20170524170932f55.jpg

IMG_1765.jpg
八角連という初めて見たお花


白花エゾルリソウは珍しいですね。
一緒に見えるのはアポイアズマギク。

IMG_1763_2017052417092842c.jpg

IMG_1762_20170524170845b09.jpg

IMG_1761.jpg


ヒメマイズルソウというのがあるのですね。
小さくてかわいらしい集団です。

IMG_1759.jpg

斑入りのスズランなんてあるのですね。

IMG_1766_20170524173010956.jpg
ドイツスズラン


見たことのないお花も結構ありました。
素晴らしかったです。



今週は低温雨傾向で、お花の開花がLaw paceになりました。
それでも潤いを受けて、我が家の庭も緑がモクモクです。
雑然とした庭は、雑草も多い^^:

DSCN9807_20170525045349dfd.jpg

DSCN9814_2017052504543219d.jpg
ワサワサとチゴユリ

DSCN9813_20170525045352d12.jpg
クロユリはあと一息


園芸市で、冬の寒さに耐えられなかったのか、枯れてしまった鉄線を一株買い求めました。
耐寒性はあるはずなのですが・

野菜の苗はズッキーニを2株調達。
ズッキーニは、上手く実を結ぶと優秀な野菜です。


DSCN9809_20170525045351faa.jpg

ネコ額の菜園にも、野菜が育ってきました。

DSCN9808_20170525045351410.jpg

草取りは腰が痛くなるけれど、緑が多いのは嬉しいことです。



ワッカ原生花園の花・鳥たち

雨の後気温が高くなると、若葉が急に繁り出します。
野鳥たちには、良い隠れ蓑となります。
声はすれども、お姿はさっぱりです。

遺跡の森を散策してみました。

DSC_1086_2017051808094257a.jpg

DSC_1094_20170518080907507.jpg

DSC_1038_20170518081848e4f.jpg

DSC_1073_20170518080905c7b.jpg
新緑が心地良い


オオカメの木が白い花を付けています。

DSC_0841_20170518081353601.jpg


足元にはアイヌタチスボスミレ、レンプクソウ、ツバメオモトが群れております。

DSC_1058_20170518081852245.jpg

DSC_1067_20170518081853dc8.jpg

DSC_1054_20170518081850e7c.jpg


センボンヤリ、オクエゾサイシンといった、変わった名前の花も群れて咲き誇っております。

CSC_1110.jpg

DSC_1061_20170518082318911.jpg
オクエゾサイシン
DSC_1052_20170518081850ecd.jpg


竪穴住居で暮らしていた太古の人々も、この自然の花たちを愛でていたのでしょうか・

DSC_1056_20170518082610456.jpg


野鳥たちも賑やかな森です。
歩いていると、カラたちが追いてきます。

CSC_1104_20170518083219461.jpg

CSC_1106_20170518083221900.jpg


囀る雄は良く見かけるアオジですが、番いのようで雌を見ることができてラッキー!


CSC_1111.jpg


CSC_1113.jpg


CSC_1112.jpg
巣造りの相談?


ハシブトガラは巣穴を出入りしていました。

CSC_0838_20170518084025af8.jpg


食事をねだるシジュウカラがいましたので、既に雛が育っているのですね。



ワッカ遊歩道では夏鳥さんが賑やかです。
喉に赤い涎掛けのノゴマが、声高らかに唄う!唄う!

CSC_1133.jpg
ここはソングポスト♪
CSC_1132_20170518084406c21.jpg


ヒバリはピーチク・パーチク、囀りながら高く舞い上がります。

CSC_1119_20170518084807eb0.jpg

CSC_1117.jpg

CSC_1115.jpg

CSC_1122_20170518084809fb0.jpg


他にも、ノビタキ、オオジュリン、ベニマシコ、ホオジロ、ハクセキレイなどなど、きれいな囀りがあちこちから聴こえます。
夏鳥さんが揃ってきました♪

CSC_1124_20170518085125f68.jpg
ノゴマ

CSC_1125_20170518085126b80.jpg
オオジュリン

CSC_1134.jpg
ホオジロ


遊歩道では白いハマハタザオが満開!
初夏の花も咲きだしています。

DSCN9763_20170518085636591.jpg

DSCN9765_2017051808584272f.jpg
ハマハタザオ

DSC_0944_20170518085634a19.jpg
キジムシロ

DSC_0941_20170518085632951.jpg
フデリンドウ

DSCN9767_201705180856385f2.jpg
センダイハギ


若草を美味しそうに食む牛さんたちと、規則正しく育ってきたビートの苗などを見ながら、ノンビリの帰路でした。

DSCN9667.jpg

DSC_1100_20170518090149391.jpg

久しぶりの雨

黄砂の影響でしょうか・
少し幕が掛かったような陽の出でした。

その後…
9時になり雨が降り出しました。
時間通り、予報100%的中!
恵みの雨ですね♪
欲を言えば、もう少し降ってほしかった…


今頃、タイヤ交換です ^^;
夏タイヤの慣らし運転で、浜の辺りまで行ってきました。 
雨はあちこちで、降ったり止んだり。

4日前に行った時より、ずい分季節が進んで驚きです。
緑々してきました

DSCN9510.jpg


山野草ロードでは、二輪草がたっぷり花を咲かせています。

DSC_0619_201705081950548cc.jpg

DSC_0629_20170508195121fa4.jpg

DSC_0639_20170508195126ad5.jpg

DSC_0635_20170508195125625.jpg


若葉が繁ってきましたね。

DSC_0645_2017050819523813e.jpg

DSC_0653_20170508195241255.jpg
桂の葉っぱはきれいです
DSC_0647_201705081952402b9.jpg

      ♪さわやかな みどりよ
         あかるい みどりよ
            とりいをかこみ わらやをかくし
               かおるかおる わかばがかおる♪
                                -わかばー

            ・・・こんな歌を口ずさみたくなる・・・




落葉松の花を見つけました。
今年も少ないです。
落葉松はパインツリーと云われているのを納得。

DSCN9517.jpg

RSCN9539.jpg

RSCN9541.jpg



雨が止むと、小鳥たちの囀りが賑やかです。
今日は、ツツドリが近くで啼いていました。
少しハスキーな声です。
葉っぱで、お姿は見えず.。


囀りで聴き分けられたのは20種近く。
夏鳥さんが多くなってきました。

CSC_0659.jpg
アオジ  インパクトのあるお顔

CSC_0552_201705082004428e7.jpg
ヤブサメ  

歳を重ねると、一定以上の高音が聴き取りづらくなるそうで、シシシシ…というヤブサメの高い囀りが難題です。
私はまだ聴き取れるのでありがたいです。



蕗がずいぶん大きくなっていましたので、少し頂いてきました。
ゴマ油でピリ辛炒めに。
旬の香りもご馳走です!
戴いたコゴミでお浸しも。

DSCN9538.jpg



帰り路も、あちこちでスコール!
市内に入ると晴れてきて、東の空に大きな虹の橋が架かっていました。

DSCN9524_201705082007091eb.jpg


百花繚乱

今日5日は「立夏」
当地は昨日は30度、今日は27度と真夏並みの気温が続きました。


気温の上昇と共に、桜の花が一気に咲き、庭で・公園で街路樹でと街中がピンク色に染まっています。
更に加えて、エゾムラサキツツジ・スイセン・芝桜・チューリップも咲きだしまさに百花繚乱!
先月はまだ雪があったと云いうのに、華やかな季節になりました。




DSCN9448.jpg

DSCN9445_201705051633361d4.jpg

DSCN9348_2017050516481355d.jpg


芝桜
DSCN9450_20170505163610a3d.jpg


水仙
DSCN9371.jpg


レンギョウ
DSCN9444_201705051639091a3.jpg

エゾムラサキツツジ
DSCN9475_20170505163734836.jpg

DSCN9455_20170505163731113.jpg


ヒヤシンスムスカリ・オダマキなど
DSCN9461_201705051715395cc.jpg
DSCN9483_2017050517141600d.jpg
DSCN9480_20170505171415fd8.jpg



ナナカマドの葉が驚異的な成長です!
今年も花芽がたくさん着いています。
秋の実りは豊作が期待できますね。


DSCN9477.jpg



小さき菜園では・
DSCN9479_201705051714140af.jpg

DSCN9478_20170505171413444.jpg

育ってきたアスパラ・シイタケを、夕餉の惣菜といたしましょう。




今日の花

みどりの日4日の花は、ハナミズキ。
花言葉は「返礼」

返礼という言葉がつけられた由来は、
1912年、当時の東京市長・尾崎行雄氏が、米国ワシントンD.Cへ桜を贈ったお礼としてハナミズキが送られたことから。


当地では昨日の暑さで、山桜が咲きました。
眩しい朝陽と共に、本日「みどりの日」は30度まで気温が上がりる予報。


DSCN9346_2017050406120985f.jpg
陽の出 04:15


咲きだした山桜。
この暑さで、今日にも満開になりそうですね。

DSCN9348_20170504061209a6c.jpg

DSCN9353_20170504061211261.jpg



ハナミズキの開花は、北海道ではもう少し先になります。
我が家の庭にはハナミズキはありませんので、タペストリーで楽しんでいます。

DSCN9368_20170504062725780.jpg




早朝、庭に珍客来訪です。
尻尾の先が緋色の緋連雀が2羽やってきました。


CSC_0534_20170504061250ade.jpg

CSC_0533_201705040612490af.jpg




水芭蕉 ー網走湖畔ー

雨の予報は12時から。
朝は良いお天気でしたので、午前中はお天気はもつだろうと、呼人へ水芭蕉を見に行ってきました。


遊歩道が昨年の台風の影響で通行できませんので、道路傍からの観察です。
水芭蕉は満開状態でした。
このあと気温が高くなると、もうお仕舞いと云ったところです。

DSC_0294_20170427201544a8a.jpg

DSC_0278_201704272015151b7.jpg

DSC_0287_2017042720153964c.jpg

DSC_0289_2017042720154173b.jpg

DSC_0290_2017042720154226a.jpg



網走湖畔で、北辛夷が咲き始めていました。

DSC_0299_2017042720384615f.jpg

CSC_0321_20170427201442c3a.jpg
青空に映えます

CSC_0320_20170427201440324.jpg




空を飛び交うカモ類の群れが賑やかです。
車を止めてはあちこちで観察です。

DSC_0254_20170427201731bff.jpg

DSC_0249_201704272015099a1.jpg

DSC_0251_201704272015118e7.jpg
降り立ったのはヒドリガモの群れでした



北へ還るのでしょうか・
こちらは雁の群れです。

DSC_0316_2017042720173316f.jpg




能取湖には最終組の白鳥が見えます。
遠くですが、鴨たちも交じってノンビリです。


DSC_0308_2017042720173269b.jpg



先日たくさんいた、サロマ湖の白鳥たちはどうでしょう・
ちょっと廻ってみます。
西の方から、空模様が怪しくなってきました。

まぁ、まだたくさんいますね。
いつ還るのでしょう・
居心地が良いのでしょうか。

DSCN9248_20170427201652201.jpg

DSCN9252_20170427201655a8c.jpg



お天気の崩れは早く、11時前からスコールに遇いました。
蒔き付けたけなわの農家さんにとっては、邪魔な雨ですこと。

DSCN9256_20170427201711a88.jpg








スプリング・エフェメラルの代表花

春の儚い花の代表と云えば、カタクリ。
当地方では貴重な花です。

陽が射していた午前、里山散歩でカタクリに出逢いました。
2週間前に歩いた時はまだ雪があったのに、すっかりなくなっています。
なかなか気温が上がらない日も多かったですが、気温が高い日は急速に季節は進むようです。


遠くからもピンク色の可憐な花たちが見えます。

DSC_0199_20170426144720e4e.jpg

DSC_0198_20170426144601530.jpg

DSC_0204_201704261446218a8.jpg


DSC_0208_201704261446026ad.jpg

DSCN9226.jpg

CSC_0234.jpg



近くには福寿草もたくさん咲いたようで、もう短い命を終えようとしています。

DSC_0190_20170426144721c02.jpg



若葉も芽吹きだし、オホーツクは爽やかな季節を迎えました。

DSC_0225_20170426145940edb.jpg


アズマイチゲはどうなったでしょう・

土・日は風は強いものの、暑いくらいの本当に良いお天気に恵まれました。
日曜日、茶道春季研究会を終え、夕方近くなって女満別方面に出かけてきました。

冬の間に工事が行われていた湖畔道沿いの、アズマイチゲが気になっていました。
日中の強風は、夕方にかけ少し治まってきたようです。

アズマイチゲが大きくなっていますね。
陽射しがなくなっていましたので、花は閉じられています。

DSCN9056.jpg

DSCN9057_201704171523178bb.jpg


傍を流れる小川の川幅を広げる工事が行われたようです。
川幅が、以前の倍くらいになった感じです。

DSC_1352_20170417154402faa.jpg

DSCN9053_20170417152311acd.jpg

樹木が間引きされ少なくなり、道路側の岸がすこし狭くなりました。

DSCN9055_20170417152314301.jpg

掘り返された処は、来年以降お花たちが回復すると良いですね。



平地の雪もすっかり消え、畑作業が始まっています。

DSCN9064_2017041715235167f.jpg

DSC_1359.jpg
きれいな畝です 春蒔き小麦かな?



空には雁の連なる姿が見えます。

CSC_1471_20170417154400ad9.jpg


青々とした小麦畑に、ヒシクイの群れがいます。
湖沼の近くの畑には、渡り途中の鳥が採食に集まりますね。

DSC_1369_20170417152205c00.jpg

DSC_1371_20170417152242ca6.jpg


拡大してみますと、ヒシクイのなかにマガンが混じっています。
野鳥の見分けはなかなか難しいですが、同じ仲間は行動を共にすることが多いようです。

CSC_1472_20170417152202436.jpg
鼻の先が白く見えるのがマガン


この後、夕暮れの女満別湖へ行き、水辺で寛ぐ鳥たち、
きれいな夕陽を見ることができました。



春の儚い花たち

気温が上がった14日。
午後からの茶道研究会準備の前に、サロマ湖岸を散策してきました。

暖かな陽射しを受け、春の儚い花たちの饗宴でした。
みんなお陽さまに向かってニコニコしているようです。


白い清楚なアズマイチゲが一面に咲いています。

DSCN9023.jpg

DSC_1273_20170414205123033.jpg

DSC_1281_20170414205127121.jpg

DSC_1279_201704142051263ce.jpg

CSC_1339.jpg

CSC_1343.jpg




エゾエンゴサクの空色は爽やかです。

DSCN9020_201704142053102ef.jpg

DSCN9029.jpg



小さな黄色い花、エゾアマナも健気です。

DSCN9030_20170414205314989.jpg

DSC_1304.jpg



こんな山野草も。
もう少し大きくなってから 頂いてきましょう ^ ^

DSCN9019_20170414205243960.jpg




サロマ湖の氷はすっかり落ち、碧色が戻ってきました。
北へ還る水鳥たちの、ひと時の休憩地となります。

DSCN9001_2017041420523801a.jpg

CSC_1341_20170414205032fdc.jpg

DSCN9039.jpg



エネルギーを蓄えるのでしょう。
水辺を見つめる若いオオワシたちが、あちこちにいました。

CSC_1344.jpg

CSC_1337_20170414205028604.jpg

DSC_1312_201704142052373db.jpg



ヒバリが空高く囀り、長閑な春です。

CSC_1346.jpg



«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます