2017-06

サロマ湖100㎞ウルトラマラソン

雨の日が続きます。
25日(日曜日)は終日雨でした。
晴耕雨読とはいかず、風は無くて暖かな雨でしたので、小清水原生花園での探鳥会、サロマ湖100㎞ウルトラマラソンの応援?取材?に行ってまいりした。

6月最終日曜日は、オホーツクウルトラ級3大イベントの一つ、「サロマ湖100㎞ウルトラマラソン」が行われます。

mainvisual_07.jpg


網走方面は風は無く17度と暖かでしたが、サロマ湖周辺は5度ほど低く、風が冷たい感じでした。
今年も荒天になりました。
マラソンルートの、ワッカ原生花園を散策しながらの応援です。

DSCN0667.jpg



スタートから5時間過ぎ、トップランナーが花咲く砂州を走ってきました。
力強い走りを遠くから応援していました。
100㎞を走り抜くとは凄いことです。

DSC_1974_2017062517364274f.jpg
100㎞トップランナー

DSC_1980_201706251740454b2.jpg

DSC_1979_2017062517404378a.jpg


花咲く砂州を折り返すと、ゴールは間もなくです。

DSC_1964.jpg



沿道では、雨の中みんな応援!

DSC_1968_20170625174042d78.jpg

CSC_2003.jpg

CSC_2005.jpg




サロマ湖岸を力走!

DSCN0649_201706251713195e6.jpg

RSCN0675.jpg



多くのボランティアの皆さんが支えております。

DSC_1958_20170625174040313.jpg

DSC_1982_20170625173638a81.jpg



エゾスカシユリ・ハマナス・エゾシシウドが花開き、華やかです。
エゾフウロ・カワラナデシコも咲き始めてきました。
晴れると夏満開のお花畑になりそうです。

DSC_1950_20170625173640645.jpg



DSC_1969.jpg
エゾフウロソウ

DSC_1954_20170625175053baa.jpg
クサフジ

DSC_1940_201706251750517c5.jpg
ウミミドリ



雨の多いこの時季、ヒオウギアヤメも花盛りです。

DSC_1952.jpg


野鳥を観察しながら、2時間ほどの応援散策でした。



ビニールクロスに包まれた牧草ロール、黄色味をおびてきた秋蒔き小麦、花を着けてきた馬鈴薯、山道では、ハシドイ(和製ライラック)が花を咲かせようとしています。

DSCN0661.jpg

DSCN0663.jpg

DSCN0672_2017062517100413b.jpg


季節の流れを感じながら、雨の日も楽しい外歩きでした。

DSCN0670_2017062517100247b.jpg
ハシドイ




スポンサーサイト

牡丹まつり

巡り合わせなのでしょうか。
週末になると雨、、、
5月から3連続です。
今週末は兎に角寒い雨です。


11日(日曜日)は、市内個人所有地にて牡丹まつりが行われました。
生憎冷たい雨になり、予定していた裏千家担当の野点は中止になりました。
事前に準備したお菓子・抹茶などの経費の精算に、牡丹園事務局に出向いてきましたので、雨の中牡丹を数枚写真に収めて参りました。

野点以外のイベントは行われていたようです。
フルートの演奏が雨の中流れています。

DSCN0055_20170612054235b07.jpg

DSCN0057_201706120540523cb.jpg


イベントに合わせて、牡丹は彩とりどり華やかに開いています。
雨粒をたっぷり含んで重たそうですが、きれいでした。

DSCN0036_20170612054530570.jpg

DSCN0063_2017061205471622a.jpg

DSCN0049_20170612054638be2.jpg

DSCN0059_20170612054644922.jpg

DSCN0060_20170612054713eff.jpg

DSCN0035_20170612054527caf.jpg

DSCN0040_20170612054556f6c.jpg

DSCN0039_201706120545307cd.jpg

DSCN0061_2017061205471525b.jpg

DSCN0066_20170612054718c73.jpg


牡丹以外の花もたくさん咲いていて、クリンソウ・ミヤコワスレ・ワスレナグサなど満載です。

DSCN0069_20170612055824c03.jpg

DSCN0031_20170612055822ce0.jpg

DSCN0029_20170612055821ff1.jpg


この公園一帯は大木も多く、エゾ松の上でアオサギが営巣しています。
もう、幼鳥が育って賑やかでした。
カラ類の幼鳥もチチ・・とかわいく囀っています。

白雲木の白い花が清楚です。
雨で香りが届いてこななかったです。

DSCN0024_2017061205581966e.jpg


街路樹のニセアカシアも白い花を着け始め、”夏に至る”と云うところですね。
花たちが輝く、お天気の回復が待たれます。



アザレア展へ

5日は24節季の啓蟄。
冬ごもりしていた虫が姿を現しだすころ。

3月は風の春とも申しますが、このところ風が強いです。
まだまだ冷たい風ではありますが・


4日、例年この時季に緑のセンターにて開催される、アザレア展を覗いてみました。
温室はごずい分無沙汰しておりました。

風はあるものの雪は降る様子もなく、蒼空が広がっております。
朝はしばれたので、固雪になっていました。
3月下旬のような感じで、少し季節が進んでいますね。

DSCN9670.jpg


外はまだ雪の世界、温室は南国です。
バナナやパパイア系の果物が生っています。
キンカンが美味しそうでした^^;

DSCN9683.jpg

DSCN9684.jpg

DSCN9686.jpg


華やかにアザレアの鉢が並べられています。
きれいですね~

DSCN9673_20170306161915c4a.jpg
DSCN9681.jpg

DSCN9674.jpg

DSCN9675_2017030616182263d.jpg


今年は花がかなり開いている鉢が多いです。
寒い年は花があまり開いていないのです。
その年の気候によって花の状態が違いますね。
今年は暖かだと云うことでしょう。

DSCN9677_20170306161823891.jpg

DSCN9679.jpg


多くの人が花を求めて来場していました。

DSCN9671.jpg

DSCN9678.jpg


私は白いアザレアを買い求め。

DSCN9692.jpg




第10回日本ミックスダブスカーリング選手権大会

弥生3月と共に、春がきたのかしら・と思えるような陽気です。

今日から「 第10回日本ミックスダブスカーリング選手権大会」が、常呂 アドヴィックスカーリング場で始まります。
ミックスダブスカーリングは余り馴染がないですが、TVでお馴染の選手が出るというのでちょっと覗いてみましょうか・
と云うことで、浜の町へ出かけてきました。
カーリング試合開始は午後でしたので、午前は浜小清水まで足を延ばしてきました。

DSCN9569_20170302060338d3e.jpg


流氷はこのところの南西風で沖合に遠ざかってしまいました。 
知床連山がきれいに見えています。

DSCN9602.jpg


置き去りの流氷が岸辺に打ち上げられています。

DSCN9574_20170302061922a45.jpg


クリオネを掬っている方がおりました。

DSCN9578.jpg


イッコ掬ったようです。
クリオネの食糧のミジンウキマイマイも掬ったようで、見せて頂きました。。
どちらも漁場が潤うプランクトンですね。

RSCN9668.jpg

RSCN9667.jpg

RSCN9666.jpg
ミジンウキマイマイ


浜は風も無く暖かでとても良い気持ちです。

DSCN9610_201703020619243e3.jpg



もう海明けでしょうか・
この先も気温は高めに経過の予報です。


海に流れ込む河口付近は氷がかなり広く開いてきました。
水鳥たちも暖かで楽しげです。

DSC_0810_20170302062331d56.jpg

CSC_0839_2017030206250099a.jpg


ホオジロガモたちの行動が活発になってきました。

CSC_0837_201703020630272f5.jpg

CSC_0840_20170302062501d63.jpg

CSC_0841.jpg
海にはシノリガモたち


鷲たちは北へ還る時季がやってきましたね。

CSC_0838_20170302062458bad.jpg

CSC_0836.jpg

CSC_0834.jpg


網走天都山からはオホーツク・知床連山が一望です。
流氷は沖合に流され、海がきれいでした。

DSCN9627_20170301213637021.jpg



14時過ぎ、カーリング観戦です。

DSCN9663_20170302063915765.jpg

DSCN9637.jpg

ミックスダブルスは4人一組で行うのとはずい分ルールが違います。
ストーンを投げたら自らスウィープしてと、忙しいことです。

DSCN9647_20170302063911678.jpg

DSCN9650_2017030206531015f.jpg


DSCN9658.jpg


先日活躍した浜の町出身者の札幌勢は良いスタートのようです。

DSCN9657_201703020639123f4.jpg



陽は長くなってきましたが、17時には日没を迎えます。

気温が高く霞んだ夕陽でした。

DSCN9665.jpg



湧別原野オホーツク・クロスカントリースキー大会

2月最終日曜日は、「湧別原野オホーツク・クロスカントリースキー大会」が行われます。
東京マラソンも行われていますね。

DSC_0220_2017022618465053f.jpg


数人の知人がこの大会にエントリーしていますので、応援方々出かけてきました。
オホーツクは夜のうちにフワフワの雪が降ったようで、新雪が眩しい朝です。
風が強く雪が舞って、時々地吹雪状態です。

DSCN9441_201702261848134cb.jpg


遠軽に入る峠で気温はマイナス7度。
風があると気温以上に寒いです。

DSCN9444_201702261848153d1.jpg


今回は、3月19日に開通を予定している旭川・紋別自動車道丸瀬布~瀬戸瀬インターまでの一部をコースに使用すると云うことで、湧別のゴールに行く前に瀬戸瀬へ寄り道しました。
今回限りのコースと云うことで、走るのも楽しそうです。

DSCN9460.jpg

DSCN9459_2017022618481928f.jpg

DSCN9453.jpg

DSCN9449_20170226184816978.jpg
瀬戸瀬インターにて


高速道がだんだん伸びてきました。

霊山「瀬戸瀬薬師山」を見ながら力走する、85㎞コースの強靭な選手のみなさん。
この辺りで中間地点くらいでしょうか・

DSC_0754_2017022618512972e.jpg



私は雪のない道路を車で楽々移動です。
ゴールの「道の駅かみゆうべつ温泉チューリップの湯」付近は風が強いものの青空が広がります。

DSCN9470_2017022618484318c.jpg


正午近くに着いたゴールには、各コースから選手の皆さんが続きます。
25㎞にエントリーしている「北見CXスキーの会」の選手の皆さんも無事にゴールした様子。

DSCN9472.jpg


お子たちも元気にゴール!
DSCN9473_20170226184846f9d.jpg


コスプレ衣装で滑走とは余裕がありますね。

DSCN9479_2017022618484714e.jpg

DSCN9486.jpg


赤ゼッケンは85㎞コースの人々。
426人がエントリーしているそう。

DSCN9467.jpg

DSCN9492_2017022618491936d.jpg



帰り路はサロマ湖々岸線廻りで。
陽も傾き、そろそろお出ましのキタキツネさんです。

CSC_0764_201702261850061d7.jpg



湧別の「チューリップおばさん」 函館の「sakag」さんにもお目にかかれ、良い一日となりました。



薄荷記念館ミニライブ

当地薄荷記念館では、例年Valentineのこの時季にアイスキャンドルとミニライブが行われます。
今日は朝から雪がチラ・チラと降るくらいで、特に積もるほどではありません。

夕闇が迫り、薄荷記念館のライトUPがきれいです。

DSCN9222.jpg



チラ・チラの雪はメルヘンチックな雰囲気になりますね。

DSCN9278_20170211221532f2f.jpg

DSCN9273_20170211221530e90.jpg

DSCN9261.jpg

DSCN9268_2017021122380198f.jpg



アイスキャンドルが、当館の職員の方により素敵にディスプレイされています。
ご苦労なほどたくさんの数です。
きれいでしたね♪

DSCN9234.jpg

DSCN9227_20170211223953d40.jpg


DSCN9243.jpg

DSCN9244.jpg

DSCN9248_20170212054334cb3.jpg




薄荷醸造施設の中でのミニライブは、地元若者バンド・グループによる懐かしきビートルズのナンバーでした。
一時間強ほど、馴染の曲や聞き覚えのある曲を楽しんで参りました。

IMG_1478.jpg

トークも軽快に愉快な若者たちです。
少しの間私も若返りましたですょ ^^v




北見デラックス

「北見デラックス」
こんな言葉をTVで目にして何のことかな・と思いましたら、冬のイベント「厳寒の焼き肉まつり]のことなんですね。

冬まつりの前夜祭、今年は節分の3日に焼き肉まつりがおこなわれました。
お天気も良くて、朝はマイナス24度としばれました。

IMG_1413_20170204063958b30.jpg
しばれて青空が広がる 北見らしい風景


今日は茶道稽古日で、例年お寺で行われる僧侶たちの水行は見に行けなかったですが、厳しい寒さだったことでしょう。
夕刻、焼き肉まつりりを覗いてみました。

17時近く澄んだ空には下弦のお月さまと星も輝き、シバレも増してきました。

DSCN9030.jpg
夕暮れの空はきれいでした


会場では炭が興され準備が行われています。

DSCN9042.jpg

DSCN9044.jpg

DSCN9046_20170204070123596.jpg

DSCN9054.jpg


味覚処もいろいろ楽しめます。
ビールは・・・
ホット黒ビールがありました(温めると炭酸は抜けるけれどアルコールは抜けないとか)

DSCN9035.jpg

DSCN9038.jpg

DSCN9050.jpg
北見牛の売り込み隊”


冷え込んでくると人気なのはこちら。
無料と太っ腹です。

DSCN9041_201702040641370a4.jpg

ハマナスも誘われて戴き美味しかった~^ ^♪
温まりました。

DSCN9066.jpg

DSCN9062.jpg
マスコットの”のんたくん”も大忙し



夕やみに包まれた空に、炎も赤々と焼き肉まつりが盛り上がります。

DSCN9060.jpg

DSCN9069.jpg

DSCN9071.jpg

DSCN9072.jpg


18時過ぎ、気温マイナス10度。
焼き肉店とお寿司屋さんが全道でもトップクラスの多さの当地。
シンシンと冷え込んで、一段と盛り上がる「厳寒の焼き肉まつり・北見デラックス」でした。



江戸独楽

江戸独楽と云いますと、寄席などに曲芸として出ることが多いですね。
先日、紋別への道すがら寄り道した、生田原町のチャチャワールドに展示されていました。
いろいろな形の愛嬌のある独楽がたくさん展示されています。

IMG_1238_20161230175544f4f.jpg

IMG_1223_20161230175410dfc.jpg

IMG_1230_2016123017541604a.jpg

IMG_1229_201612301754142d2.jpg
お料理したりお蕎麦を食べたりユニーク

IMG_1224_20161230175412f66.jpg


江戸独楽は・

IMG_1225_20161230175254af4.jpg


これも独楽?
どうやって遊ぶのかしら・

IMG_1239_20161230175545cc1.jpg



これは、曲芸でよく見かける独楽廻しの独楽ですね。

IMG_1236.jpg



実際に廻せる独楽もあります。
廻し方が解らない^^;

IMG_1233_201612301754543da.jpg

IMG_1234_20161230175455fbe.jpg


十二支の独楽が揃っていました。
来年の干支の鶏独楽もかわいいですね。

IMG_1241.jpg

一つひとつが繊細に作られて素晴らしい!
楽しい江戸独楽ワールドでした。




コムケ写真展へ

先週、吹雪の前日に紋別市の流氷科学センターで「開催されている、コムケ写真展を観賞して参りました。
例年この時期に開催されるもので、もう何年か通っています。

流氷科学センター 前庭にある「流氷だんダン」は気温と流氷勢力の変化を表わすモニュメントです。
年々流氷が弱っています。

IMG_1245_201612260915047aa.jpg
青→流氷勢力  赤→気温 手前から古い順



IMG_1246_2016122609150620e.jpg

活き活きとした自然界を切り取った、野鳥・花・風景・動物たちの一枚一枚はとても見応えあるものでした。

IMG_1247.jpg



夏鳥は子育てに、冬鳥は越冬に・渡り途中の鳥たちは休憩地としてコムケ湖を始めオホーツク沿線湖沼はいつも賑わ云っています。

コムケ湖に寄ってみましょう。
この日は曇りのち雪、鳥たちの姿はあまり見えません。
結氷が進んだコムケ湖から、白鳥たち渡り鳥は南下したのでしょう。
水鳥は全くいませんでした。

吹雪前、雪は少なく路沿いにはハンノキが繁っています。
この木の花芽も実も、動物たちの貴重な食料になるのですね。

IMG_1252_2016122609152369b.jpg


オジロワシがいつもの街路灯の上にいました。

IMG_1250_201612260950532d5.jpg
穏やかなオホーツク海です


こちらから湖岸線を南下し、サロマ湖栄浦浜まで行きます。
サロマ湖栄浦浜も結氷が進んでいます。
こちらにも白鳥たちはいませんでした。
途中の湧別辺りの湖岸で一家族4羽を見ただけでした。

DSCN0084_20161226100633ff0.jpg


ゴマフアザラシがくる時季ですが、流氷情報もありますのでもう少し沖まで結氷したら姿を現すでしょう。

DSCN0085_2016122610095321f.jpg


栄浦浜でも定位置の街路灯にオジロワシ番いが見えます。
オオワシが少ないですね~

DSCN0087_2016122610063547f.jpg

雪が振ってきたので帰りましょう。


おうちまるごと・

お家まるごとイルミネーション。
ご近所のおうちは、今年も更にバージョンアップして輝いております。

DSCN0097_201612231420417c6.jpg

DSCN0012_201612231420375ac.jpg


お月さまも負けじと輝いています。

DSCN0016_201612231420386c4.jpg



雪の夜、宝石が無数に降って来るような、メルヘンチックなひと時です。

DSCN0104_20161223142115b32.jpg


クリスマスソングも流れていて、通りすがりの人が足を止めていきます。

DSCN0100_20161223142113f50.jpg





«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます