2018-07

早朝の仁頃山

午後から雨の予報があった2日、早朝仁頃山歩きに行きました。
早朝と云っても家を出たのは6時半ですからそう早くもないのです。
公園ではシニアの皆さまが、ラジヲ体操に勤しんでおりました。


郊外の畑作を見ながら、7時登山口です。
今朝は無風、気温・湿度は高めです。
ダム湖は鏡面のようで山影が映っています。

IMG_5038_20180702185453028.jpg



先行者は車一台。
準備をして7時5分登山道に入ります。
5日前に歩いたばかりですが、新顔のお花が仲間入りをしています。

IMG_5045_20180702185504eda.jpg
オオウバユリ

IMG_5052.jpg
ヒメジョオン

IMG_5054_20180702185543300.jpg
ヨツバヒヨドリ

IMG_5051.jpg
ヤナギラン

IMG_5050.jpg

この花が咲くと夏ですね~



何方のお仕事でしょう?
規則正しい配列です。

IMG_5047.jpg


水溜りがあったのでついついこんなお舟を・
七夕が間もなくです。

IMG_5043.jpg


四合目に差し掛かった時、キョーン”キョーン”と甲高い鳴き声。
クマゲラのようです。
近くです。
繁った葉の間に動く影が。

IMG_5062.jpg
IMG_5065.jpg
IMG_5068.jpg
IMG_5069.jpg


深い緑の中に、鮮やかな真っ赤なお帽子と黒いおべべです。
ミニコンデジでイマイチの写真ですが、しっかりお姿は観られました。
早朝登山のお駄賃かな・(笑



おケラの鳴き声を耳にして、早朝常連さんがリズムよく足を進めていきます。

IMG_5071.jpg


五合目で一息、蒸し暑いし今日の目的は達成したので引き返そうか思案。
登ろうか・いや引き返そうか・行ったり来たりしながら、何となく欲深く上に向かいました^^;

IMG_5072_201807021857217ae.jpg



花を見たり虫を見たりしながら7合目に出ましたら、山頂アンテナが見え歩く意欲が湧く。

IMG_5075.jpg

IMG_5074.jpg

IMG_5073.jpg

IMG_5078.jpg


雲がありますが、雌阿寒方面の山がくっきり見えています。

IMG_5076.jpg


山頂アンテナのメンテナンスでしょう、関係者の車4台が登って行きました。
・・・・・
やっと山頂です。
今日は湿度が高く汗だくです。
気温は23度もあります。
それでも山頂は爽快です。

IMG_5086_20180702185806f68.jpg


大雪方面は雲も多く、雨が降り出しそうな感じです。

IMG_5090.jpg


山頂にはサビタの花が咲く準備。
夏の深まりを感じます。

IMG_5089.jpg


先行者は下山しだれもいない山頂ですが、メンテナンスの車があるので心強く暫くのんびりしました。

IMG_5093.jpg



帰りにまたヤナギランをじっくり観察です。
白い花が多い中で、ひと際眼に留まります。

IMG_5096.jpg



また、2~3日雨が続きそうです。
今日の山滞在は3時間、とゆっくり遊んできました。



スポンサーサイト

雨の谷間の晴れに仁頃山

週間予報を見ますと、まるで梅雨のような感じ。
北海道にも梅雨の季節が出来てきたのでしょうか。

26日、日中数時間の貴重な晴れ間に、緑濃い仁頃山を歩いてきました。
8時前、山頂はガスに覆われています。

IMG_4858.jpg


8時準備をして登山道に入ります。
気温は10度を超えた辺り、虫も殆どいなくて快適です。
山は益々緑濃くなっています。
鳥の囀りを聴き、お花や樹を見ながらゆっくり歩き進みます。
・と云うより、年相応に足が進まなくなった感じです ^^;

IMG_4865.jpg



早朝常連さんがもう下りてきました。
お元気なシニアパーティーの皆さんです。

IMG_4884.jpg


四葉のクローバーを見つけて、ちょっとうきうき!

IMG_4882.jpg


マタタビやクワの実が色むころ、また来れるでしょうか・

IMG_4934.jpg

IMG_4955_20180627052114b48.jpg

IMG_4878.jpg クルマユリ


イチヤクソウたちは高山のお花できれいですね。

IMG_4919.jpg 紅色がきれい

IMG_4924.jpg


オオカサモチがレース編みのように開いて、夏ですね~

IMG_4922.jpg



霧が晴れて、気持ち良い蒼空が広がってきました。

IMG_4892.jpg



平日の今日は、懐かしき多くの常連さんと行き交わしました。
近況の言葉を交わすのも嬉しいものです。
私は山歩き、ご無沙汰ばかりでしたから・

IMG_4896.jpg
あっという間に先へ進む健脚常連さん


山頂は晴れています。

IMG_4900_20180627054101255.jpg


遠くは雲が掛かっています。
また雨になるのでしょう、不穏な雲です。

IMG_4906_20180627054104a59.jpg

IMG_4902.jpg


気温10度。
とても爽やかな山頂で、ゆっくり15分ほど休んで行きます。
凍らしてきたゼリーが程よく融けかかって美味しい!

IMG_4908_20180627054533508.jpg



下山後は温泉に行く予定なので、そろそろ引き返しましょう。
山頂に建つ、この碑の周りにフランスギクがたくさん咲きそうでした。

IMG_4916.jpg



下山時は、登ってくる方が多かったです。
常連さんが多かったですね。

IMG_4931_2018062705571568c.jpg

IMG_4928_201806270557140f0.jpg


木漏れ日の中爽やかな登山道です。

IMG_4944.jpg

IMG_4946.jpg


オトシブミがたくさん落ちています。

IMG_4948.jpg

では、一句。

ー 山路に だれに宛てたか おとしぶみ -



車に戻ったら、着替え道具を忘れたことに気付く_ _;
家に帰りましょう!
今日の山滞在は2時間半。


ダム湖は山の緑を映し”青山緑水”

IMG_4958.jpg


外来種、フランスギク・コウリンタンポポも集団になるときれいなものです。

IMG_4961_20180627055711bb9.jpg


空には鱗雲。
こんな爽やかなお天気が続くと良いのですが…

IMG_4965_201806270557131c5.jpg



白い花咲く仁頃山

仁頃山歩きは桜の時季以来と、またまたお久しぶりなのです。
長男家族が土曜日から泊まりに来ていましたので、山へは帰った日曜日の午後遅くにでかけました。
陽も一番長い時季ですから、帰るまではまだまだ明るいでしょう。


急ぎ準備をして登山口15時です。
日曜日の好天で登山の方が多かったのでしょう。
駐車場にまだ、7~8台の車がありました。


麓を流れる心地よいせせらぎを聴きながら登山道に向かいます。
すっかり葉は繁って緑のトンネルになっています。
蝦夷春ゼミが賑々しく鳴いていますので、気温は20度近いでしょう。

IMG_4694.jpg



オトシブミがたくさんお仕事をしていますが、管理車道なので工事車両に曳かれたのでしょうか・
潰れたりしています。

IMG_4697.jpg



梶の葉のようです。
七夕ですね~

IMG_4696.jpg


情緒豊かな自然界です。



白い花が登山道に咲き誇っています。

DSC_0947_20180611074814876.jpg
シャク


札幌よさこい祭りのころに咲くオドリコソウも、祭り終了と共に終盤。
山頂近くではまだまだ元気です。

DSC_0901_20180611074732477.jpg

IMG_4707.jpg




DSC_0903_2018061107473370f.jpg

DSC_0908_20180611074734a90.jpg

DSC_0909_201806110747352cc.jpg

DSC_0910_2018061107473701b.jpg

DSC_0911_20180611074738195.jpg

DSC_0912_201806110747472d9.jpg

DSC_0913_20180611074749e6b.jpg

DSC_0914_2018061107475093d.jpg


カラマツソウに季節の流れの速さを感じます。

DSC_0915_201806110747525ec.jpg


DSC_0918_201806110747557f9.jpg


ゴゼンタチバナを見ると、高山に登った感じがします。
仁頃山は829mですが、ゴゼンタチバナが咲く辺りは800m近くでしょうか。

DSC_0919_20180611074756b6b.jpg


唯一の紅色、ベニバナイチヤクソウが彩を添えます。
きれいですね。

DSC_0916_20180611074753e02.jpg





時々下山してくる方と行きかわします。
私と同時に出た方がいて心強いなと思っていましたら、4合目で引き返して行きました。
この時間帯、登ってくる方は他にいませんでした。

IMG_4699.jpg



写真を撮りながら登り進んで山頂です。。
丁度下山する最後のお二人がいました。
初めての仁頃山と云うことで、たくさんのお花を堪能していたようです。

IMG_4717.jpg


わが家から朝はすっきりと見えていた遠くの稜線ですが、360度見渡せる仁頃山頂からは少し霞んでいます。
気温が上がったのですね。
でも薄墨絵のようできれいです。
山頂は11度くらい、涼しく気持ち良いです。

IMG_4708.jpg

DSC_0927_201806110656513f1.jpg

DSC_0929_20180611065653616.jpg

DSC_0926_20180611065650be3.jpg



マルバシモツケがもう咲く始めています。
すっかり夏です。

IMG_4713.jpg




後続の方もいなさそうで、少し休憩して戻りましょう。


山頂近くでは賑々しくツツドリの鳴き声。
この辺りがお気に入りなのですね。
他にも多くの野鳥の囀りは聴こえますが、お姿は深い緑の中です。


ツツドリ・アオバト・ヤブサメ・センダイムシクイ・キビタキ・コゲラ・カラ類など聴きなしました。

野草のお花や樹木の花を見ながら下り進んで行きます。
ミズキ・朴ノ木・ナナカマド・ミツバウツギなど、樹木も其々に白い花を咲かせきれいです。
ツルアジサイも間もなく花開きそうでした。

DSC_0933_201806110740309c8.jpg

DSC_0936_201806110740321ef.jpg

DSC_0939_20180611074033386.jpg

DSC_0944_20180611074035def.jpg

DSC_0946_20180611074258d45.jpg
葉を白くして虫たちを誘うマタタビ

DSC_0945_201806110742575f9.jpg

IMG_4695.jpg





5合目辺りで最後に下山した方に追いつき、お先をさせて頂きました。
下山時は気温10度と涼しく、快適です。


駐車場には私の車の他に、下山中の方の車が一台。
時間は17時、山はもう夕暮れです。
今日の山滞在、2時間10分でした。


帰り路のダム湖に差し掛かった時、浮玉の上に何やらきれいな鳥たちが見えましたので望遠で覗いてみました。
オシドリの男子組が寛いでいました。
もう繁殖時期を過ぎお役御免と云ったところでしょうか・
オシドリ男子は子育てに参加しませんので、男子だけで次の繁殖時期まで過ごすのですね。
まだ飾り羽の綺麗な状態でした。
オシドリの男子集団を見たのは初めてです。

DSC_0966_2018061107235994b.jpg

CSC_0969_20180611072354f85.jpg




その近くの岸に、白黒の鳥が見えました。
私の望遠でははっきりしませんがヤマセミのようです。
鳴き声がヤマセミでしたね。

DSC_0952_20180611072356bed.jpg

CSC_0973.jpg


おもしろいツーショットを見つけて、ウキウキの帰り路でした。




皐月半ばの仁頃山

気温も上がった土曜日、早春以来の仁頃山歩きです。
もう初夏になろうと云うのに…
この分ですと四季ごと年4回くらいしか仁頃山を歩くことが出来ないかも。
もう少しガンバロウ・



連休明けて久しぶりに良いお天気になり、多くの人が山歩きを楽しんでいました。
早い時間に行ったつもりですがもう、かなりの人が行き交っていました。
登り始めから20度近くあり暑いです。

IMG_4307_20180513132800038.jpg

IMG_4318_20180513132835af2.jpg



ヤチブキ・ニリンソウ・ミヤマエンレイソウなどたくさん花を着けていました。

DSC_1460.jpg

IMG_4321_201805131328365e0.jpg

雪のなくなった半年ほどの間に、生物は花を咲かせ次世代を残し大忙しと云ったところですね。



ウグイス・アオジ・センダイムシクイ・ツツドリなど、夏の鳥たちも声高らかに囀っています。
高い梢ではカメラも届きませんし、声はすれどなかなか姿も見つけられません。
囀りを楽しみながら足を進めます。

DSC_1451_20180513132757321.jpg

IMG_4309.jpg



登山道はほぼ夏道になっていました。
7合目馬の背と、頂上直下に残雪あり。
暑かったので、雪に触れてヒンヤリ気持ちの良いこと。

IMG_4310.jpg

IMG_4316_2018051313305288c.jpg





ヨレヨレしながら山頂です。
山頂も大賑わいです。

IMG_4313_20180513132801e0d.jpg

IMG_4315.jpg



吹き抜ける風が気持ち良いこと。
遠くは霞んでいましたが、大雪方面の残雪峰が見えています。

IMG_4314_20180513132803849.jpg

DSC_1464_20180513133818531.jpg



少し休憩して花たちを見ながら下りて行きます。
今日の山滞在2時間半。
駐車場が混んでいます。

IMG_4323_2018051313283859e.jpg



気温が低い山中のダム湖周辺は、まだ桜が満開です。
碧空も見えてきれいな桜でした。

IMG_4334.jpg

IMG_4340.jpg

IMG_4333.jpg

IMG_4342.jpg



4月1日は仁頃山へ

年度替わって昨年初冬以来、実に4ヶ月ぶりの仁頃山歩きでした。
つかれた~!


たま~に起きるのですが、登り始めて少ししてから低血圧になるようです。
生あくびが出て足が進まなくなる”
急激な血圧低下でしょう。
2合目で少し休みました。
出だし、ゆっくり歩いていたはずなのですが・
運動不足です__ _;
5合目くらいで撤退かナ”と思いつつ、何となく頂上まで歩いてきました。

IMG_3930_2018040215334293c.jpg
日向では雪解けが進んでいます

IMG_3933_20180402153343fd2.jpg

IMG_3940.jpg


IMG_3935_20180402153241197.jpg
「元気の木」の元気がなくなってきたみたい!
枝が傷んで老齢になってきた・ 私と同じだ・

IMG_3943_201804021532427b0.jpg
今冬は最も積雪が少なかった

IMG_3945.jpg
山頂の鉄塔が見えると足が進む!



薄曇りですが、風がないので意外と暖かでした。
気温は5~6度。
眺望は良くありません。

DSC_0472_20180402153221cf6.jpg

DSC_0474_20180402153223c7d.jpg

IMG_3953.jpg



登山道は雪道ですが、固まっていて意外と歩きやすかったです。
少し緩んだ下山時も、踏み抜くことはありませんでした。
帰りはショートカットの直線ルートを下って速い速い!
登りの半分の時間で下山(笑
日曜日にしては登山者あまり多くなかった感じです。
年度替わりの日ですものね。

IMG_3956.jpg
直滑降で短縮路を下る 

IMG_3941.jpg
横を向くと結構な急斜面



登山口付近で福寿草や蕗の薹が出て、山の春は進んでいますね。
山頂の空気を吸い、小鳥の囀りを耳に、山歩きを楽しんできました。

DSC_0482_20180402153226ac0.jpg

DSC_0481_20180402153225ced.jpg

DSC_0480_201804021532237ce.jpg
山歩きを楽しむファミリー


山は寒かった~!

22日は24節季の小雪。
旧暦のある暮らしの本によりますと、"寒さが進みそろそろ雪が降り始めるころ"とあります。
日本列島なかなか寒さが進んでいるようで、お天気おねえさんは毎朝寒い!寒い!と。
北日本では既に雪も降っています。

当地、今朝もマイナス13度とシバレました。
午前中はお天気が良さそうなので、ちょいと寒そうですけれど2週間ぶり仁頃山です。

8時半過ぎに着いた登山口には既に車がずらり!
皆さん、寒くてもお元気ですね~
お天気が崩れる前に・・と云うこともあるのでしょう。

麓付近は気温-7度くらいですが、風がなく余り寒さは感じません。
小川は氷に覆われだしました。

DSCN0162_201711221529112b6.jpg

DSCN0208_20171122151413f47.jpg


登山道は雪が積もっています。
10㎝くらいでしょうか・

DSCN0161_201711221512282a2.jpg


前方には青空も見えますが、雲が多くなりました。

DSCN0168_2017112215181943f.jpg


9時には既に下山してくる早朝常連さん、8名ほどと行き交わします。

DSCN0164_20171122151859b09.jpg

尾根に上がりますと風が出てきました。
雲が早く流れています。
寒々しい風景です。

DSCN0171_201711221522073e3.jpg

DSCN0201_2017112215220963e.jpg


雪が積もると、動物たちの足跡がくっきり面白いことです。
テン・ウサギ・シカ・キツネ・ネズミ、みんな元気に歩き回っているのですね。

DSCN0173_20171122151952a6f.jpg

DSCN0169_20171122151951c7a.jpg

DSCN0165_20171122151949e95.jpg


動物たちの足跡を追いながら、7合目が過ぎ視界が広がります。
空気が澄んでいるのでしょう、稜線がきれいです。

DSCN0178_20171122152030d7e.jpg


山頂付近は結構な強風です。

DSCN0181_2017112215203188d.jpg


曇り空になりましたが、遠望はよく効いています。
阿寒の峰々がくっきりです。
大雪山方面の雪山も良く見えます。

DSCN0183_2017112215203371b.jpg

DSCN0194_2017112215211614b.jpg

DSCN0184_20171122152034335.jpg


山頂気温-4度の表示より、体感はかなり寒いです!
だぁれもいない時間帯でした。
一息ついて下山しましょう。

下山時は15~6人と、平日でも多くの人が登ってきます。
多くはシニアの常連さんです。

DSCN0199_20171122154952705.jpg


秋遅くの大風で、樹木の倒壊があちこちにあります。
登山道をふさぐ倒木は、直ぐに仁頃山愛好会の皆さんにより処理され有難いことです。

DSCN0205_20171122152212316.jpg

DSCN0207_20171122155735a17.jpg


下山はしゃかしゃかと。
山滞在は2時間7分。
樹氷なし、被写体も少なし。


家に帰ると、オカメインコが鳴き叫んでまつわりついてきます。

DSCN0213_20171122152213bc5.jpg


今日は11月22日の語呂合わせで、「いい夫婦の日」なんですね。
こんなのを見つけました。

      「 長生きを したいと思う 人と居る 」

                        ー いい夫婦 川柳大賞よりー



相方が旅立ってもう11年。
オカメインコが我が家に来て7年目。
オカメの寿命は18年と云われていますが、38年も生きたオカメインコもいるそう。
我が家のオカメがこれから10年以上生きたとしたら…
オカメのために、私は長生きせねばばなりませぬ_ _;


立冬の仁頃山

日本列島暖かく穏やかな立冬であったようです。

山はどうでしょう・
明日からお天気が崩れるということで、今日は仁頃山歩きの予定を入れておりました。
遅めの9時過ぎ登山口です。
今回は東新道往復で行程8,4㎞、のんびり歩きです。
登山道の雪は殆ど消えて、山頂近くのみ雪融け路でした。



お天気が良いので既に先行者多数。
樹木は葉を落とし冬支度。
見通しが良いし、虫もいなくてこの時季は良いですね。

IMG_3201.jpg


登り始めて間もなく、落ち葉の上にマタタビが落ちていました。
いやしいハマナス、一つ二つとお味見!

IMG_3203_201711072203526d7.jpg
あま~い!


ミズナラの葉っぱは沢山落ちているのに、どんぐりがさっぱり見えません。
今年は不作年でしょうか・
山の動物たちには難儀な冬になりますね。

IMG_3217.jpg


尾根筋に上がり、アオダモ稜線で遊んで行きましょう。
バットの原料になる木ですが、真っ直ぐ伸びて清々しい樹木です。

IMG_3212_2017110722043046b.jpg

IMG_3213.jpg


こんな腰掛けがあるとつい休みたくなる^^;

IMG_3219_20171107220353394.jpg


緑のまま越冬する、山野草の葉っぱがきれいです。

DSC_0018_20171107221018a3d.jpg
フッキ草の群れ

IMG_3215.jpg
サイハイラン


風がなくて暑い!バテバテです!
亀足で急登を越え、5合目の合流地点です。

IMG_3222.jpg



登山道の雪は殆ど融けて、山頂近くに少しザクザクとあるだけになっています。
道は泥んこです。

IMG_3243_20171107220514fb7.jpg



10時40分過ぎ、やっと山頂ですヤレヤレ・
殆ど霞んで眺望はなし。

IMG_3232_20171107222722b25.jpg

IMG_3235.jpg



16度もあります。
これでは雪も消えますね。
先行者は下山して行ったので、だぁれもいません。
少し休んで行きましょう。

IMG_3239_201711072205133e5.jpg

今日のおやつ、カリカリ梅。
途中でパンを食べてエネルギーを補給したので、お腹が空かない(笑



帰りは下るのみ、なんか元気になります^^;
この時間多くの人が登ってきます。
平日は殆どシニアの常連さん。
みなさん口々に暑い!と・

IMG_3246_201711072205162bd.jpg



登りは亀足の急坂も下りはあっという間!
落ち葉が乾いてきてカサコソ楽しい山道です。

IMG_3250_20171107220517b15.jpg


静かな山の中にコツコツと大アカゲラさんがお仕事中。

CSC_0049.jpg

CSC_0051.jpg


ゴジュウカラ・ハシブトガラのカラ類の囀りが聴こえてきます。

CSC_0048.jpg

CSC_0047.jpg



遠くに、山頂アンテナが木立の間から見えます。
雪のない山道もあと少し、アオダモ稜線ではまた、のんびり休んで行きましょう。

IMG_3258.jpg


山陰を映すダム湖にはカモが数羽、ひと筋を描いています。

DSC_0044_20171107220610d47.jpg

DSC_0041_20171107221721ca9.jpg

暑さのせい?ばかりとは云えない、立冬のバテバテ山歩きでした。



晩秋の仁頃山

紅葉ロードから一週間、仁頃山は晩秋の落ち葉ロードになっておりました。
土曜日の午前はお天気も良く、午後の来客に間に合うよう仁頃山を歩いてきました。


管理車道登山口8時10分、気温6~7度と云ったところ。
数台の車があります。
下山時はほぼ満車でした。
明日からお天気が崩れそうですから、今日は山歩きの方も多いでしょう。

山路は落ち葉ロードとなっております。
カサカサと楽しい足元です。

IMG_2992_201710221532421e8.jpg

IMG_3052_201710221534483a0.jpg

IMG_3060_2017102215345042a.jpg


中腹からは葉も落ち見通しの良い山中です。

IMG_2996_20171022153406ea0.jpg


仁頃山愛好会々員の方により、冬の準備が万全ですね。

IMG_2998.jpg

IMG_3023.jpg



せっせと歩いて山頂です。

IMG_3004.jpg


大雪山峰々の冠雪が良く見えています。

IMG_3007_2017102215384996a.jpg

IMG_3014.jpg


気温7度、風が強く冷えてきますので10分程の休憩で下山します。
枯れ葉や残花を楽しみながら、多くの人々と行き交わした下山路でした。

IMG_3022.jpg

IMG_3020_20171022154800512.jpg

IMG_3049_20171022154805407.jpg

IMG_3064_20171022154807e9c.jpg


IMG_3034.jpg

IMG_3040_20171022160953896.jpg

IMG_3057_20171022160955844.jpg
麓近くで頑張るモミジ



蒼い空に落葉松が映えます。
間もなく黄葉し落葉となって行きます。

IMG_3069_20171022160957a5d.jpg

今日の山滞在時間、2時間15分。
空気が澄んで、爽快な山歩きでした。


仁頃山錦模様

晴れ渡った土曜日、紅葉も終盤の仁頃山を歩いてきました。
今日は混みそうかな?と少し早目、7時過ぎに家を出ました。
空気は冷んやり、当地気温は1,2度まで下がったようです。

登山口には既に7~8台の車がありました。
山は秋色深く落ち葉もたくさん!
カサコソと落ち葉を踏みしめて、気持ちの良い登山道です。

DSCN9481_201710151122241bb.jpg

DSCN9487_20171015110908dea.jpg


錦のトンネルを越えて足を進めます。
気温は6~7度、陽射しがあるのでけっこう暑く感じます。
一ヶ月半もご無沙汰の仁頃山はキツーイ (_ _;

DSCN9482_20171015110033449.jpg

DSCN9483_2017101511003422c.jpg

DSCN9486_20171015110036e19.jpg



白楊泥の木はもう葉を落として、次の季節の準備です。

DSCN9489_20171015111601a6f.jpg

DSCN9585_20171015111646a53.jpg


小さな木々たちも、きれいに葉を染めています。

DSCN9588.jpg

DSCN9504_20171015111818b9a.jpg


大好きなコヌカグサの秋色がきれいです。

DSCN9581_20171015102755c4f.jpg


登山道合流地点5合目で小休止。
尾根に上がると、空が広がり明るくなってきます。

DSCN9503_20171015111325bec.jpg


7合目ダケカンバの大木も、葉をずい分落としたようです。
空が碧い!

DSCN9511_20171015102929bbc.jpg


ダケカンバが多くなり山頂が近づきました。

DSCN9515_20171015102931a54.jpg


稜線は少し霞んでいます。
暫く休憩していきましょう。

DSCN9521_20171015103137e66.jpg

DSCN9524_20171015103057824.jpg



大雪方面冠雪しているのが薄っすらと見えます。

DSCN9526_20171015103100cb6.jpg

DSCN9519_2017101510305520a.jpg


登山者が次々と山頂に到着です。
下りは、奥新道から横横断道を通って、合流地点の五合目に出ることにします。
横断道の紅葉も、きっときれいでしょう。

ダケカンバが行儀よく並ぶ路をどんどん下ります。

DSCN9532.jpg

DSCN9535.jpg

DSCN9534_20171015104032fe7.jpg

DSCN9540_20171015103952627.jpg


分岐のミズナラ3兄弟も冬の準備ですね。

DSCN9543_20171015104314961.jpg


横横断道は、錦と落ち葉のロード。
きれいでしたね~

DSCN9562.jpg

DSCN9549_2017101510461956c.jpg

DSCN9573_201710151133564ad.jpg

DSCN9575_20171015104709cce.jpg

DSCN9578_201710151047116b9.jpg

DSCN9584_20171015104713afe.jpg

DSCN9568_20171015104623121.jpg

DSCN9564.jpg

DSCN9577_201710151046250e3.jpg



5合目分岐へ出て、また錦のトンネルの中を歩きます。

DSCN9583.jpg


登山口が近づくと、桂の木の甘い香りが漂ってきます。
葉っぱが沢山落ちていて、とても良い香りに包まれます。

DSCN9590_20171015105951edb.jpg


ダム湖から山頂が良く見えています。
間もなく冬を迎える季節。
お天気に恵まれ、錦模様を楽しんだ山歩きでした。


DSCN9596_20171015105953cb4.jpg

DSCN9597_2017101511055022e.jpg


今日の山滞在時間は、2時間40分。
登りはキツ~イ、下りは膝が痛くなる。
老化が進んでいます(;一_一)

でも、雪が降ったらまた登りたい!


賑わう仁頃山

あちこちで、にわか雨の予報が出ている週末土曜日です。
午前の早い時間なら雨は大丈夫かな・と、仁頃山に出掛けました。
管理車道に着いた7時、車はまだ5~6台です。


夏から秋への変わり目、お花たちも次世代への準備です。
鮮やかな実りのルイヨウショウマ、赤色と黒色です。

DSCN9591_20170826172324700.jpg

DSCN9549_20170826172321845.jpg


今年のドングリの実りはどうでしょう・

DSCN9597_2017082617253215a.jpg


ツリバナが紅くなってきれいです。

DSCN9577.jpg


秋のお花たちを見ながら、足を進めます。
けっこう暑いですが、尾根筋に上がりましたら風がとても爽やかです。

DSCN9586_201708261725310d7.jpg

DSCN9584_20170826172529553.jpg

DSCN9580.jpg



先行の人たちがサクサクと下りて、頂上にはだぁれもいません。
上空は青空が広がっています。

DSCN9570_2017082617324466c.jpg


遠くは霞んでいます。

DSCN9563_201708261732420aa.jpg


大雪方面から雨になるでしょうか・
厚い雲です。

DSCN9555.jpg


だぁれも登って来ないので、ミカンを食べて虫と遊んで長居しました。
涼しい風で気持ちが良いです。

DSCN9557_20170826174554b88.jpg

DSCN9546_201708261745522eb.jpg

DSCN9551_2017082617455683c.jpg

DSCN9572_20170826175645f16.jpg



そうこうしているうちに機械音が響いてきます。
今日、明日は登山道の草刈りが行われると、山頂に案内板がありました。
仁頃山愛好会有志の皆さんによって、いつも安心な登山道整備に感謝です。



下山時は多くの人と行きかわしました。

DSCN9596.jpg

DSCN9600.jpg

DSCN9607_201708261756499a5.jpg
森林管理局のみなさんの「山」PRのようです


登山道にたくさん咲いているツリフネソウ。
其々の色がきれいです。

DSCN9611.jpg

DSCN9604_20170826180524017.jpg

DSCN9608_20170826180525129.jpg


膨らんだ種を触ると”パチン”と弾けて面白い!
”おこりんぼ”です。

DSCN9616_20170826180530850.jpg

DSCN9615_20170826180528aaf.jpg


こんなことをして遊んでいたら、雨がパラパラと。
にわか雨でしょう。
山方面に降っているようです。

DSCN9618_20170826181020c58.jpg


予報通り時々雨の週末でした。


«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に オカメインコと2人?暮らしです(セキセイインコはお星さまに)
茶道が主になりつつも 広く浅く 好きなことを楽しんでいます
ブログは日々の備忘録として

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・
☆低山歩き・冬は歩くスキーなど・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます