2017-04

鴻雁北へかえる

24節季「清明」の次候は「鴻雁北へかえる」
…日毎に暖かくなり、雁が北へ還って行くころ…となります。

南風に乗って飛んで行く、こんな姿が見られる時季です。

CSC_0390_20150419132719bdf_20170412054438a8d.jpg


落語の演題にもある「雁風呂」

津軽地方に伝わる次のような民話があります。

秋に雁が海を渡って来る時、海面に浮かべて休むための小枝をくわえてきて、海辺に辿り着くとその小枝を落とします。
次の春には同じ枝を浜辺で拾って北へ帰るのですが、浜辺にはまだ残った枝が。
これは、冬の間になくなった雁のもの。
浜の人たちはこの鳥たちの供養のために、小枝を集めて焚いたお風呂を旅人にふるまったというものでした。



雁風呂の 煙のむこうに 鳥の群れ   

          -詠み人hamanasuー
      



雁供養ではありませんが…
先日リニューアルした、置戸勝山の温泉へ行ってきました。

雪融けも進み、畑作業を待つばかりの田園が広がる中を、車で40分ほど走ります。
温泉施設は、外観もきれいになっています。

IMG_1617.jpg


木の町らしく、木材をたっぷり使った内装になりました。
床のフローリング、休憩所の椅子など、真新しい木の香りが爽やかです。

IMG_1613_2017041205174765b.jpg

IMG_1614.jpg

IMG_1612_20170412051745420.jpg


温泉は熱くふんだんな湯量、露天風呂も一新、とてもきれいになりました。
露天風呂では小鳥たちの囀りを聴きながら、長湯を楽しむには良さそうです。
私は500円分入っていないかも?、というくらい早いかも知れない。

IMG_1610_20170412051807e48.jpg

IMG_1607_2017041205180472b.jpg
五右衛門風呂ふうの湯は 少々ぬるめ!

併設のレストランは来月オープンと云うことで、この日は休憩所でコーヒーを頂いてきました。




スポンサーサイト

3,11

もう6年になるのですね。

微力ながら。
黄色いレシートの日に買い物です。

DSC_0026(1).jpg




降り続いた雪

昨夕から雪が降り続き、どのくらい積もったのでしょう。

昨日は裏千家北見支部の初茶会でした。
茶会を終え後片付けをして帰るころ雪が降り始め、ぎりぎりセーフでした。
一日ずれていたら大雪で難儀なことになっていたですね。


今回の雪は気温が低いせいか軽い雪で、雪掻きも少し助かりました。
それでも昨晩から何度も雪撥ねをして、疲れました~


野鳥たちはお天気が荒れると、慌てて餌台にやってくる感じがします。
今日はニューフェイス参上!

CSC_0358_20170123195441296.jpg

CSC_0357_20170123195439d26.jpg

アトリです。
一羽で来ていました。


スズメ・カラ類より強そうで、なかなか餌台から離れません。
かなり長い時間、半日ほどもいたでしょうか・


DSC_0351_20170123195524671.jpg

DSC_0324_20170123195519797.jpg

CSC_0359_201701231954422fa.jpg
かわいいお目めですね♪
CSC_0360_20170123195443795.jpg


DSC_0355_20170123195543fa5.jpg
雪がモリモリ!

お昼過ぎに薄くお陽さまが見え雪も少し切れてきた感じです。

午後、除雪車が入って間口において行った雪片付け。
夕方には雪も止んできたかなと思っていましたのに、18時過ぎに少し強い雪が降ってきました。
きれいに除雪した後にがっかりです。
雨雲レーダーとにらめっこして、今日はお終いの雪撥ね。

外は夕闇となった19時ころ、私の雪撥ねを見ている眼(まなこ)4つあり
以前からこの辺りに出没している、キツネでした
更に雪深くなって食糧探しも大変だね!



寒い日

11日は鏡開き。
お正月にお供えしたお餅を頂く風習がありますが、最近のお供え餅はパックになっていて
日持ちがするのでいつでも頂けそうです。

前日茶道役員会で豪華な点心を頂きましたので、鏡開きのお餅は日を改めて。

IMG_1278_20170112080228fe8.jpg

勿体ないことですが、流石に鮭のチラシご飯は手つかずでした。
このほかにデザートとコーヒーを完食。


11日は、すご~く寒い日でした。
日本海側に超寒波が流れ込むと、ひと冬に何度かこういう日はありますね。
いつもは風のない当地ですが、風が吹いて超寒い!

陽が昇る間際の燃えるような空が見事でした。

DSCN8801_201701120802267bb.jpg


先日雪の丘を少し歩いてみましたが、いや~疲れました^^;
運動不足と、体力衰えが甚だしい!_ _;


DSCN8788_201701120812575d1.jpg


柏の葉がパラパラと道筋の案内です。
良い路がついています。

DSCN8785.jpg


樹林帯の中はとても静か。
遠くに車音が聞こえるくらいで、小鳥の囀りはなし。
寒くて避難しているのでしょうか・
ときおり、針葉樹の上に積もった雪がバサッ“と落ちて、びっくりします。

DSCN8783_20170112080224784.jpg



あけまして おめでとうございます

輝かしい陽光と共に、2017年が明けました。

陽の出を見つめる人々の吐く息も白く、山裾にたなびくひと筋の朝霧がきれいです。

DSCN0205_20170101092432b57.jpg
2017/01/01 07:10  気温-18℃



"申酉騒ぐ"の酉のとし。
みなさまに支えられながら、拙ブログも7年目を迎えました。
同じ風景のくり返しになりますが、居眠りインコ共々本年もよろしくお付き合いくださいませ。

IMG_1267.jpg




忠臣蔵

"年の瀬や  水の流れと人の身は  
               明日待たるる  その宝船"



元禄15年12月14日(西暦1703 年1月30日)、赤穂浪士47名が吉良上野介邸討ち入りを 行った日。

この句は
「年の瀬や  水の流れと人の身は」との 室井其角の発句に対する、大高源吾の「 明日待たるる  その宝船」と返した付句なのです。

歌舞伎の演目「松浦の太鼓」から「両国橋の場」で演じられるものです。

ーあらすじー
雪の降る師走の江戸、俳諧の師匠宝井其角は両国橋で笹売りに身をやつしている赤穂浪士の大高源吾に偶然出会う。源吾は「子葉」という俳号をもつ其角の門人でもあった。久しぶりに会った源吾は武士を捨ててひっそりと暮らしたいという。気の毒に思った其角は、松浦侯より拝領の羽織を源吾に譲り、何かあればいつでも相談に乗る旨を告げる。しかし風流の心得を忘れてはいないだろうかと、「年の瀬や 水の流れも 人の身も」という発句を源吾に向けると、源吾は「明日待たるゝ その宝船」という付句を返して立ち去る。・・・  -Wikipediaより -


最近は大河ドラマ以外、時代劇がとんとすくなくなりました。
14日は衛星放送で「忠臣蔵外伝 薄桜記」を放映していたので、これを観て終わり。
放映されるのは再映が殆ど。
再映を観て楽しんでいるハマナスです。

戴きもの

九州から届いた、風雅巻きという珍しいお菓子。
いろいろなお豆がパリパリの海苔で包まれています。
食感が良くてついつい手が出ます。

DSCN9876_20161117185239f97.jpg




続いて戴きもの柚子。
こ~んなにたくさん!

DSCN9877_20161117185240bb0.jpg
う~~~ん、良い香り♪

タイミング良く、TVでいろいろな柚子料理を紹介していましたので重宝しそうです。



更に戴きものボージョレ・ヌーボーワイン☆

"ボージョレ・ヌーボー"って、おだっている人もいる感じですけれど…
どんなお味でしょう!
今まで呑んだことはないのです。

DSCN9883_20161117184404344.jpg

来週の祭日あたりに戴きましょうか・



スーパームーン

暖かいな”と思っていましたら、お昼前から雨になりました。
先日降った大雪は殆ど消えていきました。
道路事情が良くなって有難いです。
全く邪魔な雪だったのでは・

DSCN9873_20161115164719a33.jpg


午後には半分雨、半分青空で僅かな虹が架かっていました。
もう時季としては虹も終わりですね。

DSCN9871.jpg


今夜は晴れそうで、きれいなお月さまが見えそうです。


昨晩は速い雲の流れの切れ間から、チラチラと見え隠れ忙しいお月さまでした。
見えたのは少しの間、時間と共に雲が厚くなってしまいました。

お月さまは、紅くなったり青くなったり隠れたりと・・
風が強くて寒かった~

DSC_1477.jpg

DSC_1488_201611151544373b3.jpg

DSC_1486_20161115154443a5d.jpg

DSC_1511_20161115154516625.jpg

CSC_1516.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

扨て15日、16夜のお月さまは雲も取れ煌々と輝いています。

CSC_1522_20161115184323500.jpg


雪降る前に・

先日、雪が降る前にギンナンを拾ってきました。
強い霜が降り、イチョウの葉っぱは見事に落ちました。

IMG_1049_20161105113020fbd.jpg
真っ黄色になりきっていない少し青めの葉っぱ


ギンナンが所々に落ちていたので少し頂いてきましたよ。

IMG_1050.jpg



近年の街路樹は、葉っぱが散る前の早い時期から剪定が行われます。
イチョウの枝も、市内街路樹は順に剪定され丸裸になります。
枝が整うまで、イチョウは2~3年は実を着けませんね。

早くから剪定されるのは、プラタナスの樹。
この樹は強くて成長も旺盛です。
葉っぱが大きくて、散ってからの片づけが大変なのでしょう。
実際、我が町内の公園周囲に植えられていたプラタナスの大木が、昨年きれいに伐採されました。


扨て、今年は落ち葉掃きも終わらぬうちに、雪になってしまいました。
根雪になりそうな勢いです。
ナナカマドの赤い実が雪を被ってきれいです。

IMG_1088_20161105113022379.jpg
豊作なナナカマドの実


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

6日朝、外を見てがっかり!
まだ雪が降っていました。
昨日からこんなに・
30㎝は積もったかもしれない・
根雪になりそうな感じ・

短い秋からいきなり真冬です。

DSCN9820.jpg



雪です

早くも大雪です。
朝から小鳥たちが忙しく餌台にくるなぁ~”と思っていましたら・


CSC_1293.jpg
シジュウカラの羽色がきれいです

CSC_1294.jpg
フワフワの羽毛がかわいいハシブトガラ



お昼前から雪になりました。
フワフワ・ぼたぼた雪です。

DSC_1303_20161103163050309.jpg

DSC_1301_20161103163049b6e.jpg


  いくたびも 雪の深さを 尋ねけり
                       ー正岡子規ー



いや~、降りました。
当地は夕方まで12㎝の積雪と云うことですが、もう少し積もりそう!
雪掻きしました。

DSCN9813.jpg

何処からか鮮やかなモミジの一葉が雪の上に。

DSCN9814_20161103163109dab.jpg

今冬の道路事情が心配です。



«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます