2017-05

久しぶりに針を持つ

27・28日の道内は大荒れでした。
当地は雪は降らなかったものの、27日は大風と気温が高く雪が融けて水浸し。
夜にはこれが凍ってツルツル路面です。
交通事故が多発だったようです。

DSCN8889_20170128135700617.jpg
強風に雲が飛ぶ


28日朝もツルツルで歩くのは怖ろしい路。
夜じゅう吹いた強風は日中も続いています。
風の強い日はきらいです。
・と云うことで、家に籠り久しぶりに針仕事です。

お雛さま大好きブロとも 環さん  miyさん に感化され、うさぎの帯雛を作ってみました。

DSCN8874_20170128135802f23.jpg
雑なタペストリーは一昨年作

DSCN8880_201701281356385b9.jpg
耳が元気よいね ^ ^;


女雛のお着物は、豪華な御所車を織り込んだもの。
リサイクルショップで見つけて即買い求めてきました。
ただのようなお値段。
きれいなのでタペストリーも作ってみたいなぁ~♪

DSCN8881_20170128135639394.jpg



満開のお花を見ていると何となく、心も浮き立ってきます。

 DSCN8894.jpg



久しぶりに針を持つ »

スポンサーサイト

パートナーシップ・キルト

今年の東京国際キルトフェスティバルパートナーシップキルト(NHKステキにハンドメイド)
テーマは”ミュージック”

集まったキルトトップを監修するのはQuilt作家の小関鈴子さん。
20㎝四方のトップが10,000枚くらいも集まりますから、レイアウト作業は大変ですね。


IMG_0884.jpg



今回で4回目の参加のハマナス。
8月末〆切に少し余裕を持って作成し送ります。

IMG_0811_20150731064505f64.jpg


我が家で暮らすオカメインコ(パル)と、セキセイインコ(ピッピちゃん)を縫い込めました。
さっぱり歌は唄うわないのですが・


IMG_0880-002.jpg

シャカシャカと仕上げたので""ザツ!""

2016年1月末開催の、「東京国際キルトフェスティバル」に行けたらいいナ・


この大雪には・

今冬はなんというお天気なのでしょう!
毎週毎週の吹雪に”もう止めて”と云いたくなります。
当地は、海岸線から吹き込んでくる雪雲が入りなんと雪の多いことか。

週明けの月曜日16日、早朝4時から除雪車が入りました。
週末からの吹雪、今回は湿って重たい雪です。

吹雪の中除雪作業です。
凄い雪山になっています。

DSCN4089.jpg

DSCN4080_20150216071540a24.jpg

DSCN4079_201502160716411c8.jpg

除雪車が通った後は、セルフで間口の除雪です。
重たい雪だw~

DSCN4083_2015021607154104f.jpg


家の南側窓辺が吹き溜まりで暗くなりました。
窓から鳥のエサ台が見えません。
また、陽(ヒカリ)の路を着けなくては・

DSCN4097_20150216071546ca3.jpg



雪の一日の昨日、暇を持て余しお雛さまを飾りました

IMG_1368.jpg

今年は、雪はねの合間に作った雛のタペストリーが仲間入り。

DSCN4094.jpg

う~~ん! イマイチ・イマニの出来だわ







古帛紗作り

23日、淡交会北見支部・青年部主催の古帛紗作り講習会が開催され、お若い方に交じって古帛紗を作ってまいりました。
お天気の良かった秋分の日、午前は墓参、午後からの集まりでした。

最近、針を持っていません
布の裁ち方・縫い方・仕上げのポイントを、講師の先生から説明を受けます。

IMG_0510_20140926230354418.jpg

IMG_0507.jpg

主催者側から同じ布地が用意されました。

IMG_0508.jpg

印をつけて縫っていきます。

IMG_0509_20140926230352844.jpg

皆さん真剣!

IMG_0513_20140926230355845.jpg

アイロンで抑えキセをかけて裏返します。

IMG_0514_201409262304129ca.jpg

返し口を綴じて出来上がりです。

IMG_0516_2014092623041327a.jpg

早い時間で出来上がりました。



パートナーシップキルト

「東京国際キルトフェスティバル」事務局から葉書が届きました、ㇷㇷㇷ^^♪

DSCN0407.jpg

夏の終わりころに、NHK「すてきにハンドメイド」パートナーシップキルトに応募しました。
2014年は13回目になります。
年々多くのキルトブロックが集まり、昨年は10,000枚を超えていたと思います。

応募された20cm角のブロックは、2m大のキルトに製作されてチャリティ販売、益金は福祉に寄付されます。
私の小さなキルトブロックも、キルトフェスティバル会期中66番で展示されるのだわ。

花がテーマの今回のキルト。

DSCN9721.jpg

家の中で咲いていた、アンスリウムを見ながら作ったキルトはこんな感じ。
今回の監修はハワイアンキルト作家の”キャシー中島さん”

DSCN9719_20131129134646d72.jpg

すぐ作れる大き目のお花にしました。
手抜きだなぁ~と思っています^^;

以前に応募したとき、TV中継を眼を皿のようにして観ていたけれど自分のは見つけられなかった!
今回は東京ドームの「キルトフェスティバル」に行ってみたいわ。

パートナーシップキルト

12回目となる"布と針と糸の祭典"「東京国際キルトフェステバル」が今年も東京ドームで開催されています。
一度は行ってみたいと思いつつ実現できないままです。

そこで「パートナーシップキルト」に参加です。
2回目の参加で、今回のテーマ”丸”をモチーフにした20cm四方の「ヨーヨーリース」のブロックを一枚作製、昨年夏に送りました。

DSCN6923.jpg

DSCN3315.jpg
こんな色の生地で  ”完成品は撮り忘れ”

TV中継を眼を見開いて観ていても15,000枚を超える応募があったと云いますから、私の一枚はどこに隠れているのやら。

"パートナーシップキルト"
・・・全国から集まった20cm四方のキルトブロックは、著名キルト作家さんの手によって2m大のキルトに製作され会場に展示、チャリティ販売。収益金は福祉施設等に寄付されるということです・・・


送ったのとは別にクリスマスカラーで手元にも一枚。

キルト

26日のTV中継を楽しみましょうか・

ミニリース作製講習会に参加

例年この時期に温室「緑のセンター」主催の、お正月飾りミニリース作成講習会が行われます。
昨年に続き友人と参加しました。

ふわっと降った雪は朝陽にキラキラ輝き、山麓に沿って川霧が白い筋になっているのが見えます。
朝は冷え込みました。

DSC_1683.jpg

DSC_1682_20121223173314.jpg
雪と松に囲まれた「緑のセンター」

土、日に開催されますと、親子参加も多いですね。
子どもたちの発想は豊かで、感心してしまいます。

DSCN6515.jpg

上手に顔を描いていますね。

DSCN6537.jpg
トチの実をつかって

DSCN6539.jpg
どんぐりに顔を

DSC_1688_20121223174336.jpg

材料も豊富にあり、何を飾ろうか迷ってしまいます。

DSCN6513.jpg

DSCN6512.jpg


今年も昨年と似たようなリースになりました。
干支のニョロを豆で飾ってちょっとお遊びです。

DSC_1676.jpg

こちらは松ぼっくりをいろいろ。
お正月が終わったらミズヒキを取って壁飾りに。

DSC_1686.jpg

松ぽっくりは、アカマツ・アカエゾマツ・カラマツ・ハンノキなど。


伝統工芸に挑戦

タイトルほど大げさななものではないのですが・

茶道でお茶を入れる棗作りに、社中のお仲間と参加してみました。
どのようなものが出来るかワクワクです。


参加者の作業は黒塗りの器に漆で絵付けをすること。
少し装飾をし一昼夜乾かし出来上がりです。

先ず、漆芸師の方から行程の説明。
見本から好みの絵柄を選んで器に下絵を転写ます。
顔料が付いている絵柄のプリント紙を、ハケのようなものでなぞると簡単に図案が写ります。

279_20110720200712.jpg  265.jpg


少し練習をして絵付けです。
漆は赤色がベストだとか。
筆はネズミの毛が一番だそうです
実際絵を描いてみますととても軟らかな感じで心もとないです。

263.jpg   267_20110720200454.jpg


私は棗に竹の絵を選んでみました。
遠視・手の震えを抑え・息をひそめて・・
悪戦すること30分ほど、絵付けが出来ました。

268.jpg    276.jpg
漆にかぶれないよう長袖・手袋で    菓子器に挑戦の方たち

270.jpg  265_20110720102612.jpg
 ハマナス作                          お手本
お手本よりかなり逞しい竹になったかも^ ^;

漆芸師の方に螺鈿・金粉で仕上げをして頂き、あとは一昼夜乾かして出来上がりです。

271.jpg  275.jpg

そして翌日、オリジナリティな棗が出来上がりました。
控えめに、ビューテフルです

102_20110720073633.jpg


作業に先だってお抹茶が一服振る舞われました。
茶道具の漆器は素晴らしいものでした。

281.jpg  251.jpg

252_20110720073201.jpg  255.jpg
地球儀の水指しには驚き!


漆器の抹茶碗はとても軽くまた、手に持っても熱くない。
お茶がまろやかな味でとても美味しく感じましたね。

100.jpg  101_20110720073633.jpg
                      このお抹茶碗 ○万円也


@ 漆は生きた塗料。
@ 漆の表面硬度は鉛筆の2Hに相当(5年経過すると鉄と同じ硬度になるそう)。
@ 漆塗りの花器は花の命を40%長持ちさせる。
@ 漆桶の水は腐らない。
@ 漆塗りの器に入った料理は腐りにくい。
などなど・・・


まさに、クールジャパンな漆器です

今週はお雛さまデ―

吹雪も去って青空が広がり、風はなくとっても良いお天気!
外歩きしたい気分だけれど、今週はお雛さまデ― 

朝、通りかかった大型スーパーの駐車場では、先日の大雪の後始末。

IMG_6125.jpg

空は勿体ないくらいの紺碧


頼んでおいたお雛セットが午前の便で到着
オトモダチに℡ して午後から即作業開始!

いたずら住人には、少しの間別室にて待機して頂き。

  DSC_0558.jpg ~     CSC_0551_20110215215207.jpg 


”老骨”じゃなくて
" 老眼"に鞭打って、チクチク・・・

            IMG_6129.jpg

お茶のともには頂いた高級な"ゼリー"と懐かしい"吉備団子"
お脳を活性化させ更にひと頑張り!

            IMG_6128.jpg

手もお口も良く働きました

ほどなくこんなに可愛いひめさまが

IMG_6132.jpgIMG_6137.jpgIMG_6143.jpg


お連れさまも早く作ってさし上げなくては。

布遊び

  と~もし~び ち~かく き~ぬぬう は~は は
  
       は~るの あ~そびの  た~のしさ か~たる
  
           い~ろりびは と~ろと~ろ そ~と~は ふ~ぶ~き



昨日は一日じゅう吹雪模様でした。
郷愁を誘うこんな歌を想いながら布遊び。
"いろり"と"ともしび"は、ちょっとありませんけれど

以前は吹雪になると、停電になることが時々ありました。
そんな時はロウソクの灯り
時間が止まったように、ゆっくり流れる感じがします。
最近は、停電になることは殆どありません。
たま~にはロウソクの灯りと過ごすのも良いかも。

本題の布遊びはやっぱりお雛様
手持ちの少ない布で作ってみました。
まだまだ上手くいかないけれど・・・

DSC_0562.jpg  DSC_0542.jpg 
                     頂いた"貝合わせ"も一緒に
                     昔人の絵がとってもステキに

 DSC_0532_20110214121430.jpg  CSC_0565_20110214155710.jpg
                        
ブロ友、環さん ・ miyさんから、貴重なアイデアなどたくさん頂きました。


夏なら台風一過。
吹雪が去って、今日は真っ蒼なオホーツク・ブルーが戻ってきました。

IMG_6116_20110214160253.jpg

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます