2010-06

暑い日の山歩きは・・・

4時少し回ったころ東の空にはお陽さまが、西の空にはお月さまが同居の29日朝。
      
     DSC_0156.jpg     DSC_0125_20100630141332.jpg

夏のお花もたくさん咲いたかもしれない"と思い、いつもの山に
今日も気温が30度を超えそうなので、少し早めの時間に出かけました。

登山口に着いた7時近くには、もう登り終えた人と多くの車が止まっていました。
暑さを避けみなさん早いこと。
登山口に向かう道々には、マーガレット・エゾスカシユリなどが鮮やか。

DSC_0313.jpg  DSC_0317.jpg  CSC_0331.jpg 
                                  ヤナギランも咲き始めていた


しっかり虫対策をして、この暑さで虫が凄い!

登り始めて間もなく、クワの実が赤くなっているのを確認。
黒くなったら行き帰りに、大人も子供もみんな食べます。
コクワも今年はたくさん花を付けて、実るかな?
     DSC_0301.jpg    CSC_0339.jpg

6合目近くまでは木立ちのトンネルが陽射しを遮って
涼しい路を作ってくれます。

DSC_0191.jpg  DSC_0189.jpg  DSC_0200.jpg
                              蝶も涼んでいる?
                             木のミネラルを吸っているのかな?

それでもこのところの30度を超える気温では
汗が噴き出してきます。

4合目にツツジ岩という展望場所があります。
ここから観る針葉樹林はとてもキレイで、必ず寄り道していきます。

今日も少し寄り道と思ったら  きゃ~~
見てはならぬものを見てしまった
ここは一目散に逃げる


7合目過ぎでベテランさんが追いついてきて、私が少し歩調を速くして一緒に頂上に。
かなりペースが速く、ヒーヒー、フーフーです
私の半分の時間で登るはず。

頂上は風も爽やか、20度と快適な時間をしばらく楽しみました。
霞みで展望はあまり利きませんが、薄青い遥かな景色もきれいです。
DSC_0223.jpg  DSC_0226.jpg DSC_0243.jpg


下山途中、オオタカネバラを見に寄ったのですが、花はみんな終わっていました。
残念
サイハイランは7合目でまだ開花中
    DSC_0221.jpg      DSC_0298.jpg スズムシソウ


遠くではツツドリがポポッ・ポポッ、アーオ・オアーオと寂しげなアオバトの啼き声。
小さい鳥たちの賑やかな囀り
山歩きは楽しい

かなり高い木の天辺で啼くツツドリを発見

  CSC_0330.jpg  CSC_0328.jpg
必死にシャッターを切ったけれど、300mmレンズではチョット遠~~~い。

ツツドリという感じだけでも、今日は収穫
それとダニ1匹も

仁頃山 夏の花アルバム




スポンサーサイト

面白イベント

道東ではこれから日曜毎に各市町村で、夏まつりが開催されます。
27日(日)は車で30分程の置戸町で、「人間ばん馬」が行われました。
街を飾るお花も観たいと思い、お隣のメロンの町を飛び越えて午後からチョット出かけてきました。

「人間ばん馬」は道内で行われている「ばんえい競馬」の人間バージョン。
重い丸太を拽くのは辛いけれど、賞金が懸っていますから馬力も根性も出さなければ

IMG_1458_20100629134424.jpg


観客は馬券(人券?)を買って、応援に力が入ります
  DSC_0006_20100629134733.jpg  DSC_0018_20100629134733.jpg

この日も34度と暑く、汗を流してダイエットになった?
 DSC_0077.jpg  DSC_0080_20100629134732.jpg
  丸太の重さは500㎏とか300㎏とか


また、サロマ湖では100㎞ウルトラマラソンも行われ、暑さで倒れた人も出たそう
30度を越える中、100㎞も走るのは鉄人レースですね

そして置戸町は花の街。
メイン通りは電柱が地下に埋め込まれ、街並みが整えられています。
お花がたくさん飾られてキレイです。
IMG_1492_20100629135144.jpg

IMG_1467_20100629135758.jpg  IMG_1452_20100629135949.jpg  IMG_1454.jpg

IMG_1481.jpg  DSC_0041.jpg  DSC_0030.jpg

DSC_0028.jpg  DSC_0029.jpg  DSC_0034.jpg
(今年はお花の数が少ないような・・・)


郊外の畑は夏景色。

小麦も薄く黄色みをおび、ジャガイモの花が咲き出しています。
IMG_1500_20100629140934.jpg

  
  DSC_0117.jpg  CSC_0119_20100629122033.jpg
     ジャガイモ畑
  
  CSC_0122_20100629122326.jpg  DSC_0099.jpg
     特産の玉ねぎと田んぼ        ビート畑
     田んぼは もち米が殆ど


来週はお隣訓子府町で、メロン祭りが行われます。
メロンが格安で販売され、演歌歌手の歌謡ショーもあって人気のイベントです。

旭川にて

26日(土)は夕方早く札幌での講演が終わり、すぐ電車で旭川まで戻りました。
娘の処に泊まって宿泊代を浮かすつもり。

18時ころ電車から降りて外に出ますと、駅前広場がとても賑やか
アンデスのフォルクローレが演奏されていました。
郷愁を誘う音楽です。
IMG_1385_20100628141900.jpg


駅前からつながる買物公園通り(歩行者天国)でも、あちこちでストリートライブや
いろんなパフォーマンスが行われ、多くの若い人で賑わっていました。
「買物公園祭り」が行われていたらしいです。

IMG_1418.jpg 静かな早朝の買物公園で おじさんとネコの彫刻


子供と待ち合わせて夕食は居酒屋
暑い日でしたからビールの美味しいこと

夜は早々に眠りに就き
早朝散歩に出てみました。
川沿いを1,5キロほど行きますと、旭川市民の憩いの場所常盤公園に出ます。
多くの方が散歩をを楽しんでいました。
  IMG_1413.jpg  IMG_1403.jpg


公園はかなりの樹齢の木や多くの種類の木があります。
  IMG_1398.jpg  IMG_1401.jpg
   クルミがもう生ってる        これはなんだろ?

桜の実はムク鳥の食糧
おびただしい数のムク鳥が飛び交っています
IMG_1402.jpg


池にはカモたちがゆったりと遊んで、水蓮が咲き始めていましたね。
 IMG_1409.jpg

 IMG_1408.jpg  IMG_1406.jpg
   朝6時ころの水蓮の花


この日、美瑛の方へ行こうと思っていたんですが、昨日は我が街が猛暑のようで
家に置いてきた小鳥たちが心配で、朝一で帰ることにしました。

2hana 033
昨年撮影の青い池(美瑛町)

ここは以前はあまり知られていなくて標識も小さかったのですが、
最近、駐車場も整備され案内標識も立派になったそうです。
観光ルートに入ったようですね。


帰りの途中、都市間バスの中から
大雪ダムと遠くの山並。
IMG_1442.jpg


大急ぎで家に帰ってみましたら、インコたちは元気にしていてホッ
外気温は34度もありましたが、閉め切っている家の中は意外と涼しかったです。
先日からオカメインコのパルも仲間入りしました。

  DSC_2098.jpg    DSC_2089.jpg
うちのピーちゃんが小さく見える     甘えん坊のパルです

乳癌学会 市民公開講座に参加して

26日(土曜)午後に札幌市で開催された、乳癌学会市民公開講座に参加してきました。
札幌市民ではありませんが、広く全道から参加を募集していまして、メールで参加希望を出しましたら入場券が送られてきました。

特に勉強しようという気持ちはさらさらなく()、国内でも指折りの乳癌に精通されたお医者様方の講演という事で、一目お顔を拝見したい・・・
全くミーハー的な私であります。

中村 清吾先生(昭和大 ブレストセンター)
岩瀬 拓士先生(癌研 有明病院)
お二人ともステキな方で、近くからお顔ばかり眺めていました

道内首都圏の先生方は、TV・新聞などでお馴染の
平田 公一先生・岡崎 稔先生・田口 和典先生・北田 正博先生・大村 東生先生
圧倒されましたね!

========================================

◎ なぜ日本の乳癌死亡は減らないのか
 
 * 欧米では1990年より減少・・・・90%の検診受診率で早期発見
 * 日本は年々増え続けている・・・検診受診率10%~20%。多いところで30%
                  函館市は4,6%nと低い受診率。
                  (受診の遅れで病状が進行している場合が多い)
 
癌細胞は6mmの大きさになるのに、9年くらいかかるらしい。
検診することによって、早期に発見される確率が高いですし、
早期治療は好奏に繋がるということでしょうね。
(検診の重要性を訴えていました)

◎ 「再発治療」「緩和ケア」「再発後の生き方」について其々の先生方の講演

◎ ~早期発見から再発まで~ パネルディスカッション

◎ 演劇パフォーマー

========================================
 
このような内容で行なわれました。               
メモしてきたことを、少しでも心に留めておければと思います。


今回も700人~800人と多くの参加があったようです。
会場は時計台近くの市民ホール。
IMG_1366.jpg

IMG_1364.jpg


開場まで少し時間があったので、会場近くの時計台裏のコーヒーショップで少し休憩

IMG_1359.jpg  時計台

IMG_1360.jpg
(札幌へ行くと必ず寄ってしまう)



札幌は暑かったです
夕方戻った子供の住む旭川は、まぁまぁの暑さ。
我が街北見は37度とニュースで聞いて、ビックリでした

庭の花たちに包まれて

タイトルから想像すると、お花がたくさんの美しい庭のように思いますが
全くそうではなくて・・・
我が家の庭は花も樹木も野菜も雑草も同居した雑然としたもの

取り留めもなくあちこちから花が咲いてきます。
このところの雨と気温の高さで開花がスピードアップ
  
  DSC_1835 (0)    DSC_2676 (0)
  少し前にはツツジ類   雨に打たれたハクサンシャクナゲ

花と名のつくものは、なんでも植えたくなってしまいます。
     DSC_2652.jpg

  DSC_2639.jpg   DSC_2355.jpg  DSC_2683 (0)
  大輪の鉄線に白い蝶が      しっとりとアヤメ類   

CSC_2120.jpg DSC_2110.jpg  DSC_2116.jpg
芍薬で庭が華やか 


  大好きなミヤコワスレは紫とピンク
DSC_1842 (0)  DSC_2360.jpg   IMG_1332.jpg
                               つゆ草は涼しげ

黄色い花は少なくても目立ちます
  DSC_2682.jpg   DSC_1845 (0)
   ニッコウキスゲ      ミヤマキンバイ

ワンポイントにこんなお花も
 CSC_2690.jpg  CSC_2687.jpg   DSC_2648.jpg
小さな花はヒトフシニワゼキショウ? 蝦夷忍はもう終わり


夏は色の濃いお花が目立ってきます。
名前の分からないお花が、次々と咲きだしてきそうです。


大雨の後の今朝金曜(もう週末・・・)は、真っ青な空が広がって
お花が元気良そう

     

癒しのハーブガーデン

22日(火)趣味のお仲間4人で、ハーブガーデンに行ってきました。
先日行ってきた丸瀬布の瀧の近く、マウレ山荘の庭園です。

山荘に行く前にフジ公園に寄ってみましたら、もう花は散っていました。
早いこと早いこと。
大雨があったので散ってしまったのでしょうね。
でも、白いフジがまだ健在でした。
  IMG_1262.jpg

暑い日だったので瀧で少し涼んで・・・・
  IMG_1273.jpg


その後山荘でお食事
なかなか雰囲気の良い山荘です。
   IMG_1287.jpg   IMG_1289.jpg

絵画もたくさん飾られて、当日はアレンジメントフラワーの講習が行なわれていたよう
  IMG_1285.jpg 野の花やハーブの花が使われています


レストランの窓からは緑がいっぱい
みなさん、其々お好きなものを頂く

  IMG_1280.jpg   IMG_1284.jpg
                         天ざるの天ぷらは立派

お食事のあとは、隣接のハーブガーデンでひと時を

  IMG_1299.jpg  IMG_1296.jpg

  IMG_1290.jpg  DSC_2046.jpg

以前に観た倉本総さんのTVドラマ"風のガーデン"を思い出します。

 DSC_2063.jpg  DSC_2024.jpg  DSC_2013.jpg

  CSC_2072.jpg  CSC_2076.jpg
  蝶も綺麗な羽で
  
  マウレ山荘はお茶に寄り道しても、ゆったりとしてとても良い雰囲気


山道には樹の花が白く清楚です。

  CSC_2273_20100623212254.jpg  CSC_2271_20100623212254.jpg
      カンボク(肝木)         ホオノキ(朴の木)




キャンドルナイト

6月21日は二十四節気の夏至。

わが地方は日の出 3:42、日の入り 19:10。
昼の時間が15時間28分と長~~い一日。

短い夜の一日を、エコなスローライフということで
キャンドルナイトなどのイベントが行われていたところが
各地にあったようです。

私も"まねっこ"をして少し楽しんでみました。

DSC_2675 (0)

DSC_2669 (0)

IMG_1260.jpg


そして、何を食べるかという事。
冬至はカボチャ。
夏至は・・・

関西方面では、稲がしっかり根付くようタコを食べる習慣があるそう。
道内にはそういう習慣はないですが、近年スーパーなどでは半夏生の日に
商魂逞しくタコを特売しています。
そうなると、何となく食べなくては!と思ったりします。

ネット検索で変わったところでは、ニセアカシアの花の天ぷらなんてのがありました。
こちらでは今、花盛り。

DSC_2050.jpg
山にも街路樹にも多くあります

CSC_2118_20100623101749.jpg
ニセアカシアはマメ科ですし蜂蜜もとれますから
花も食べられるんですね。


私は・・・

IMG_1312_20100622222232.jpg
頂きものの"毛ガニ" そして"ハマナスドラフト"

百名山 雌阿寒岳に登るーⅡ

雌阿寒岳の頂上で少し休憩し、火口の淵を巻いて下りて行きますと
阿寒湖側(左へ)とオンネトー側(直進)への分岐があります。

更に下ると阿寒富士へとオンネトー(右)の分岐に出ます。
この辺りには高山のお花も多く、メアカンキンバイ・ミネズオウ・コマクサなどが咲いています。
コケモモはこれからのよう。

見上げると雌阿寒の噴煙がモクモク。
  DSC_2616.jpg  DSC_2621.jpg

分岐で行き交わした人に、"30分で登れるから阿寒富士にも"と勧められ
時間も早いことですし。
目の前に山があるので登ることにしました。
  IMG_1173.jpg  IMG_1176.jpg
                    折り重なりが山らしい

ザクザクの火山礫を小さくジグを切って行きます。
確かに30分ほどで登ることが出来ました。

頂上近くにはミネズオウ・コマクサがたくさん咲いています。
  CSC_2631.jpg  DSC_2617.jpg
         コマクサ              ミネズオウ

  IMG_1179_20100622210546.jpg   DSC_2619.jpg
  頂上から 向こうは雌阿寒の噴煙      セルフタイマーで(11時) 

頂上風景を楽しんで、おにぎりをパクパク
下りるのは速い速い

分岐から左手オンネトーへ。
雪渓を渡り、マーキングを辿って下ります。
標識・マーキングがしっかり付けられています。
DSC_2623.jpg  IMG_1191.jpg

IMG_1190.jpg   IMG_1192.jpg
     7合目分岐         ここからもオンネトーが見えます

6合目くらいから樹林帯に入り、2合目過ぎまで木の根の出た道を下ります。
躓かないよう慎重に
ゴゼンタチバナ・ミツバオウレン・ミヤマハンショウズルが目につきます。

緩やかな麓近くには、サクラソウ・ツマトリソウがたくさん
IMG_1204.jpg  IMG_1205.jpg

12時45分無事に下山できてホッ
こちらのルートは少し長いようです。
更に、野中温泉駐車場まで遊歩道を通って35分とありますが
  IMG_1206_20100621052652.jpg     IMG_1217.jpg
   オンネトー登山口               遊歩道

オンネトーを見てお花を見ながら、50分くらい歩いたみたい。
IMG_1210.jpg  IMG_1214.jpg
          湖は透明度が高く倒木が透きとおって見えます

IMG_1225.jpg  IMG_1234.jpg
  立派なゴゼンタチバナ    途中に錦沼(赤い沼)もあります

今日は良く歩いたわ~”というより、良く歩けたわ
DSC_2666_20100620211940.jpg 黄色が行程

足もヨレヨレ
さっそく、350円の掛け流し温泉に

帰り道、「あいおい道の駅」で10割お蕎麦を食べました。
IMG_1245.jpg



百名山 雌阿寒岳に登る

雌阿寒岳は日帰りで登れる山。
阿寒の秘境オンネトーから左に雌阿寒、右に阿寒富士が並んで見え
波が静かな時は碧い湖面に綺麗に映ります。

IMG_1238_20100620083637.jpg

2hana 1093 2008,10,20撮影

北見から75㎞ほど走りますと
登山口が近づき、樹林の正面に山が見えてきます。
IMG_1239.jpg 雌阿寒岳は活火山 今は噴煙が少なくなっていますが
               数年前は小噴火で入山禁止の時もありました。

百名山になってから、全国各地からの登山者が絶えません。
駐車場には多くの車が止まっていました。
車中泊の人もいるんでしょうね。

入山名簿には既に10パーティ程が先行している様子。
道外組も名前がありました。
IMG_1121.jpg 標高1,499m 登山口680m 標高差819m 行程3,15㎞です
7時55分出発です 。

松の間をぬって少し行きますと、早くも木の根がむき出しの急登です。
ゴゼンタチバナ、終わりかけのミツバオウレンなどが見られます。

笹は殆どなくて、イソツツジ・ミヤマシャクナゲ帯です。
2合目過ぎからは、岩石とハイマツ・イソツツジの道になります。
DSC_2529.jpg  DSC_2539.jpg  DSC_2545.jpg

4合目に出ますと緩やかな登りで視界が開け、風も心地よく足が進みます。
IMG_1143.jpg  IMG_1130.jpg  CSC_2653_20100620090948.jpg
                 右手に雄阿寒岳が見えてきました  ミツバオウレン

5合目からの急登に備え小休止のパーティが見えます。
DSC_2546.jpg

5合目を過ぎた辺りからハイマツがだんだん少なくなり
オンネトーが碧い姿を見せ絶景です。
DSC_2555.jpg  IMG_1150.jpg 霞んでいます

高山植物もぽつぽつと見え、岩と礫の急登が続きます。
IMG_1145.jpg  CSC_2629.jpg   DSC_2583.jpg
この辺りが暑かった  イワブクロ・シモツケはまだのよう  ケルンが高く積まれて


7合目からは殆ど岩と火山礫。
メアカンフスマ・メアカンキンバイ・ミネズオウなど岩場で咲き始めています
DSC_2551.jpg  DSC_2576.jpg
    メアカンフスマ           メアカンキンバイ

マーキングを見ながら、足元に気を付けて高度を上げて行きます。

IMG_1151.jpg  DSC_2584.jpg  DSC_2585.jpg

9合目まで来ますと、噴火口のゴーゴーという音と硫黄の臭いが少ししてきます。
風向きによっては臭いが強そう。
右手に火口が見えてロープが張られていますが、高所恐怖症の人には怖いかも。
DSC_2590.jpg  IMG_1156.jpg こちらは赤沼


頂上は目の前
ずるずるとした砂地の火山礫を登り切りますと頂上標識。
2時間5分の登りでした。
IMG_1164.jpg  IMG_1165.jpg  

頂上標識の向こうには阿寒富士と青沼が見えます。
阿寒湖方面にも噴煙が見えます。

IMG_1172.jpg  IMG_1167.jpg
綺麗な姿の阿寒富士と青沼              阿寒湖方面                 
                     霞んで視界が効きませんね。


この山は野中温泉・オンネトー・阿寒湖と3ルートの登り口があります。
下りはお花が多いと聞いていましたの、でオンネトー・ルートにしました。
こちらのルートは初めて歩きます。
続く・・・

イソツツジからヒオウギアヤメへ

昨日、クリンソウを観て霧の津別峠を越え川湯に出ました。
川湯にある硫黄山の麓一帯には、イソツツジの群生地があります。
もうそろそろ咲く時季。

そのうちに”と思っていると花が咲き終わってしまいます。
何度も経験あり
花は待ってくれませんね。

峠を下りると屈斜路湖の淵に出ます。
左手に湖を見て緑の中を進み硫黄山の麓に出ますと・・
   DSC_2452.jpg   DSC_2450.jpg


殆ど満開状態のイソツツジ
IMG_1105.jpg
DSC_2460.jpg

DSC_2457.jpg IMG_1104.jpg
   噴煙を上げる硫黄山

DSC_2462.jpg 
手毬みたいに まぁるい花

さてさて、イソツツジを見てまた峠を越えて、浜小清水へ抜けます
この峠も霧が凄かったです。

   DSC_2469.jpg   IMG_1107.jpg


川湯から40㎞くらい走りますと、広々とした小清水原生花園に出ます。
今年生まれた子馬さんが見えますね。
DSC_2471.jpg 晴れていると斜里岳が見えるんですが・・・

原生花園の花は、ポツポツと咲き始めていました

白鳥公園の側には、ヒオウギアヤメの自生地。
こちらもほぼ満開のよう
IMG_1111.jpg
   DSC_2508.jpg   IMG_1112.jpg


DSC_2477.jpg IMG_1116.jpg DSC_2485.jpg
アヤメは雨を得て、生き生きして見えます。
駆け足、花めぐりでした
自然の花は良いですね~

@ 画像に色の違いがありますが、コンデジ・1デジ混ざっています
  色の濃いのは主に、ニコンD40X・200mm、薄めのはキャノンIXY使用です。

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます