2010-09

蓄えの季節

"人も養分を蓄える季節"

===「食欲の秋」でエネルギーを蓄え、「スポーツの秋」で体を鍛え、「読書の秋」や「芸術の秋」で精神を鍛える。
そして、その蓄えで長い冬を乗り切る。
冬の長い北海道では特に大事なこと===

・・・というようなことが新聞に載っていました。


食欲の方は、ついつい蓄え過ぎてしまいます

青森からリンゴが届きました。
大きくて甘くて美味しい~
IMG_3289.jpg


クリも頂き、クリご飯にしました。
   IMG_3355.jpg   IMG_3362.jpg
                            ホクホクです


芸術も少し鑑賞。
お友達が出展している絵画展。
IMG_3325.jpg IMG_3326.jpg IMG_3332_20100930175944.jpg
     北網圏文化センター                        芸術ですね~

周辺の木の葉も黄色く、秋色です。  
  IMG_3339.jpg  IMG_3336.jpg
   桂の葉は良いにおい         イチイの実が真っ赤             


お子たちは音楽行進の練習
  IMG_3345.jpg  IMG_3342.jpg
                とってもお上手


読書は飛ばして、映画を観てきました。
久しぶりの時代劇13人の刺客、迫力ありました。
スポンサーサイト

鮭漁で賑わう浜

月曜(27日)は浜の町(常呂)での用事を済ませ海岸線を南下
網走までぶらりドライブです
朝は冷え込んだ分、よく晴れています。

前日の時化でまだ波が荒いですネ
  
  CSC_1994.jpg    DSC_1968.jpg
     常呂前浜で遊ぶ人             網走鱒浦

浜の町で鮭の荷揚げ作業が行われていました。

  CSC_1995.jpg    CSC_1996_20100928072820.jpg
                          手際良く選別しています


途中の、能取湖サンゴ草はもう色あせていました。

  DSC_1868.jpg    DSC_1852.jpg
                         空にはカモ?の列 ヒシクイ?


網走漁港でも鮭の荷揚げが忙しく行われていました。

  DSC_1932_20100927192504.jpg  DSC_1896.jpg

  DSC_1902.jpg  DSC_1904.jpg
  流れ作業の選別
  雌・雄、ブナのかかっているものなど手早く選別

計量しコンテナに入れる作業、トラックに積み込む作業など大忙し。

CSC_1993.jpg CSC_2000_20100927191223.jpg DSC_1954_20100927191951.jpg

鮭船は次々と港に帰ってきます

  DSC_1953.jpg  DSC_1805_20100928064657.jpg
  一艘で1万匹強も積んでくるとか     おこぼれを待つカモメ  
  斜里岳を遥かに景色も良いです

今日の水揚げは20万尾を越えたそう
豊漁ですね

岸壁では釣り人ずらり、釣果は芳しくないよう。
  
  DSC_1960.jpg


更に南下して涛沸湖まで 
外海沿線では鮭の釣竿がずらり
   
  DSC_1980.jpg    DSC_1986.jpg
                             今日は少し時化模様



帰り道は網走湖を見て女満別周り。
観光スポット、メルヘンの丘。
   
  DSC_1991.jpg    DSC_1989.jpg
   秋蒔き小麦が蒔き終ったよう     草も実りを迎え黄金色に
   きれいな畝                秋の深まりを感じます 

紋別市にて

お彼岸の中日(23日)、鳥見に行きそびれていた紋別コムケ湖へ行ってみました。
お天気はまぁまぁ!
でも時季なのか、潮の引いたようにシギチの姿はなくアオサギ・カモメ・トビなど・・・
時間帯もお昼近くで悪かったのかな?
DSC_1757.jpg   DSC_1762.jpg
                     サンゴ草が赤くなっています

砂州を挟んだオホーツクの浜では鮭釣り人が賑わっていました。
一人で、数本の釣り竿を見張っています。
私がいた1時間弱の間に鮭は釣れなかった・・・
DSC_1738.jpg  DSC_1750.jpg
                         山の麓に紋別市

DSC_1749.jpg  CSC_1793.jpg
  鮭の定置網だね           おこぼれを待つ鳥たち


まだ浜に咲いているお花を見つけて
CSC_1795.jpg  CSC_1796_20100925162156.jpg
    ウンラン                ハマニガナ   

DSC_1769.jpg  IMG_3285.jpg
  ハマナスの実が鮮やか        白いハマナス

早々に退散して、紋別市街までドライブ
ここの街に来たならこれでしょ
  IMG_3263.jpg  IMG_3255.jpg
  
  IMG_3256.jpg  IMG_3254.jpg
 港の見える快適なお休み処で      揚げたては美味しいね~ 
 お茶・コヒ―はご自由にですって


お腹も満足して、流氷科学センターへ

  CSC_1794.jpg  IMG_3283.jpg
  岸壁でも多くの釣り人      街のシンボル、カニツメ

久しぶりに(4年ぶりくらいかな?)流氷展示室を見学。
  IMG_3269.jpg  IMG_3276.jpg クリオネ

  IMG_3278.jpg  IMG_3281.jpg
  マイナス20度の部屋は5分くらいで退散
  {{{寒~~}}} {{{マンボウが凍っている}}}


我が家は21日にお彼岸のお参りを済ませたので
帰りは少し遠回りで海岸線を走り、実家へお参りに。

17夜のお月さま

24日の夕焼けは一段と赤みが強かったです。
今日25日の夕焼けも、空一面の雲を茜色に染めていました。

DSC_1780.jpg
24日夕

そして、雲の切れ間からのお月さまは、まあるく輝いていました。

CSC_1792.jpg
24日夕

月に帰る姫さまを見送る公どの
・・・おひな祭りにはお逢いしましょ・・・

IMG_3153.jpg

オホーツク・マルシェ

空はどんより肌寒い土曜、物産展「オホーツク・マルシェ」が街なかで行われました。
「マルシェ」という言葉、最近よく使われています。
・・・日本語が消えて行く・・・
P1000028.jpg   P1000014.jpg

北見市近郊の主だった物産の宣伝(PR)・販売です。
結構、賑わっていました。


人気の「塩やきそば」コーナーには、長~い列
P1000024.jpg

寒かったのでカニ汁は超人気! お昼前に完売
P1000026_20100925150724.jpg    P1000027.jpg
                       最後の一椀にカニの姿は見えず


見慣れた物産いろいろ
P1000016.jpg    P1000017.jpg
北見にはワインもあります         留辺蘂の木のお雛さま

P1000022.jpg    P1000023.jpg
玉ねぎ豚の丸焼きは食べてみたかった~ ペコ玉ねぎ焼き
「玉ねぎ豚」・・・玉ねぎを食べさせているんですって
         玉ねぎ味かしらね?

今朝、海から揚がった鮭ですね、メスは2500円也。
P1000019.jpg 今週に入って豊漁らしいけれど
                    ちょっと高い

変わったカボチャと、地元産小豆のぜんざいを買ってきました。
ぜんざいはビート糖を使っているので、あっさり良いお味

IMG_3320.jpg
このひょろ長カボチャ、どんなお味かしらね

紅葉の武華岳へ

22日、以前から予定していた北大雪の武華岳に、登山女史S子さんにご同行頂き登ってきました。
峠を通る度に見ていた山にワクワクです。

登山口は国道39号石北峠北見側8合目過ぎ、つるつる温泉の看板から林道を3キロほど入ります。
イトムカ川が流れる傍に小さめの駐車場があります。
今日は平日とあって、先行の車は一台。

入山届をして8時30分登り始めです。
風が強く寒いくらいの山は虫がいなくてグット!
左手にイトムカ川の流れる音を聞いて進んで行きますと、スベリ台のような滑滝が見えます。
15分ほどで分岐、左回りで東尾根から頂上、ライオン岩コースです。
IMG_3154.jpg IMG_3156_20100923205025.jpg IMG_3159.jpg

エゾフユノハナワラビ・花の終わったズタヤクシュ・ゴゼンタチバナなどを見ながら
更に15分程緩やかに登って行きますと、行く手の山が姿を現わしてきます。
IMG_3077.jpg IMG_3158.jpg  IMG_3163.jpg
 エゾフユノハナワラビ    ゴゼンタチバナ           頂上は遠い~

ここから左に巻いて尾根に取り付く急登が始まります。
少し足を止めて山を眺め、水分補給
ガレ場、木の根を踏みしめて黙々と高度を稼ぐ。
紅葉の葉も見えツルリンドウの実がキレイ。
黄葉のトンネルを抜けると視界が開け尾根筋に取り付いたたようです。
登山口から1時間、小休止です。
IMG_3167.jpg  IMG_3169.jpg
   ツルリンドウ      キレイな葉っぱになってきたね

STA_3170.jpg  IMG_3174.jpg
尾根がすこし近づいた        いい空だね~

少し緩やかになったゴゼンタチバナ・イソツツジの道を進んで行くとハイマツ帯に出ます。
広いハイマツ帯の緑に中に、ウラシマツツジの赤い葉が対照的。
IMG_3177.jpg IMG_3190.jpg IMG_3188.jpg
               頂上が見えると足が進む~

山頂目指し平らな尾根を進んで行きます。
展望よろしく見とれてしまいますが、ハイマツの根っこには気を付けないと・・・
引っかけてスネを強打!
弁慶の泣き処だ
頂上手前1㎞くらいに武利岳への分岐。
IMG_3199.jpg   IMG_3198.jpg
  頂上下紅葉の山肌       武利岳へのルートが良く見える
                     若いころ登った山だわ!  

ハイマツの切れ間には、チングルマの紅葉・ツガザクラなどのお花畑が見えます。
IMG_3197.jpg  IMG_3196.jpg


登山口から2時間5分、頂上に着きました
いい景色です~   
IMG_3200.jpg    IMG_3211.jpg
                     表大雪のハート形残雪が見える     

風が強く頂上写真撮影をして展望を見ながら、先のライオン岩の陰で休むことにし更に30分程進みます。
チングルマ、ナナカマド、カエデの紅葉・黄葉がとってもキレイ。
IMG_3212.jpg  IMG_3220.jpg
  前方ライオン岩

IMG_3219.jpg  IMG_3218.jpg
  ライオンはどこ?           ・・・頂上が遠くなる

風を避けライオン岩陰で、少し早いおにぎりタイム
展望も紅葉も素晴らしく、満足満足
  IMG_3229.jpg   IMG_3227.jpg
  ライオン岩を見上げると    阿寒方面の山並


お名残り惜しくライオン岩に別れを告げ、かなり急な道を下ります。
ホザキカエデの黄葉が素晴らしく目を奪われますが、笹で被われた足元も良く見なくては
  IMG_3240.jpg  IMG_3241.jpg

少し下がった処から振り返ると、ライオンが寝ている感じに見えるわ
IMG_3239.jpg

急な坂をどんどん下りて行くと、うっすらと葉が黄色くなってきた、なだらかな白樺の林に出ます。
小川を渡り分岐に出ると、登山口は近いわ
ライオン岩から1時間5分で登山口着。
先行の方が下りて間もなくらしく、言葉を交わすと頂上付近で雪がぱらついたとか。
IMG_3246.jpg IMG_3243.jpg  IMG_3248.jpg
 根っこの出た急な坂 クロマメの実をちょっとつまんで

帰る途中温泉で汗を流し、今回も無事に山歩きが出来たことに感謝

仲秋の名月

CSC_1728.jpg
晴れ渡った空にくっきり名月です。

CSC_1729.jpg
薄い雲間から昇る

  DSC_1724.jpg      CSC_1730_20100922192900.jpg 家路を急ぐ
        うす茜雲  

仲秋 山もよう

2日続いた雨もようやく上がり、お陽さまの姿が少し見えてきました。

暑かった日々が過ぎ去り山歩きの人が戻ってきたようです。
祝日の今日は、多くの人で賑わいを見せている仁頃山。

登山道は進む季節を感じます。
IMG_3040.jpg IMG_3088.jpg IMG_3103.jpg

中腹辺りから霧に包まれていました。
IMG_3045_20100920130648.jpg IMG_3046.jpg IMG_3053.jpg
                頂上は霧濃く視界不良、13度と涼しい

朽ちゆく花々たち。
IMG_3060.jpg  IMG_3064.jpg

IMG_3048_20100920170059.jpg  IMG_3117.jpg けなげに咲くヨメナ



やまぶどうは豊作のよう
IMG_3114.jpg  IMG_3072.jpg
                     こちらのぶどう まだ酸っぱ!
                     霜が降ると甘くなります。


次の世代への準備 
IMG_3080.jpg IMG_3084.jpg IMG_3119.jpg 
                                   はじけたツリフネソウの種


キリギリスが頑張っています。   車のフロントガラスに・・・
IMG_3122.jpg  IMG_3127.jpg


山から下りてきたお昼近く、ようやく姿を現してきた仁頃山。
IMG_3129.jpg

おもしろイベント

19日、市内端野町でカレーライスマラソンというイベントが行われました

========================================

始まりは?

 町の体育協会が、体育の日に合わせて企画したイベントがカレーライスマラソンの始まりです。1986年から開催され、それ以降、毎年9月の恒例行事となりました。当初は町民の健康とレクリエーションのため、町民対象の予定でしたが、カレーライスの主な材料となるイモ、タマネギ、ニンジン、肉がすべて地元で揃うことから、町外への特産物のピーアールも兼ねて大々的に行うことになりました。

========================================
CSC_1711.jpg

CSC_1717.jpg けして速さを競うものではないのですけれど


いも・にんじん玉ねぎ・肉・カレールーと、其々コースに分かれ2㎞~5㎞を巡ってカレー材料を回収してきます。
ゴール後はカレーを作って頂くというもの。

仮装コンテストあり、アトラクションあり、抽選会ありと楽しく人気イベントのようです。
道外参加者もいます。

いもグループは、畑から掘り起こすのを楽しんでいるよう

DSC_1690.jpg  DSC_1700.jpg 

DSC_1681.jpg 田園の中をノンビリと


今日は生憎のお天気でしたが、お昼頃には雨も上がって美味しいカレーを堪能したことでしょう。

アイディアいっぱいの仮装もおもしろいですね

CSC_1714.jpg CSC_1715.jpg

CSC_1716.jpg  DSC_1675.jpg


DSC_1651_20100919140729.jpg
手をひかれて・・・市のマスコット・ミントくん

お陽さまも お月さまも

秋晴れが続いているオホーツク。

お陽さまも、お月さまもとっても綺麗に姿を見せてくれる。

CSC_1603.jpg 17:57
13日夕 茜色の雲の上に三日月

DSC_1608.jpg 17:29
15日 夕陽を浴びる家並み

DSC_1621.jpg 05:26
16日 雲のない空に昇る朝陽

IMG_3020_20100916073857.jpg
連日のオホーツクブルーが眩しい


お天気が良いと早く目が覚めてしまう。
今、明るくなるのは5時くらい。

手持無沙汰で、お雛さまを作ってみた。
先日札幌で仕入れてきたキット

姫さまの出来あがり
お連れさまは後日ね

姫さま、少しおまちくださいネ
IMG_3038.jpg

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます