2011-09

澄みきった摩周湖

27日は朝から一点の曇りもないオホーツクブルーの空。
以前から約束していた山友サッちゃんと、お食事会です。

お天気も良いので弟子屈方面へ。
食事の前に、摩周湖まで足を延ばしてみました。

空の蒼色がいっそう湖の色を碧くして、素晴らしい摩周ブルーです。

010_20110928115348.jpg

022_20110928121554.jpg ← クリックで大へ

水面も穏やかで山影が映っています。
摩周岳外輪山もくっきりです。
しばらく見惚れていました。

021_20110928115347.jpg
手前は赤みをおびたサビタの花

015_20110928115347.jpg
 正面向こうにうっすら斜里岳


草むらにシマリスさん。
ほっぺがはちきれそう!

050_20110928115502.jpg


小鳥もバッタさんもお天気に誘われて出てきたの?

047_20110928115502.jpg     044_20110928115440.jpg



摩周湖を後に12㎞ほど戻り今日のお食事処へ。
こちらはカフェ・バール「COVO]。
草原の中を流れる釧路川のそばに、ログハウス風で静かな佇まいです。

041_20110928115441.jpg 031_20110928115347.jpg 034_20110928115346.jpg
                  薪ストーブが暖かそう!

042_20110928115441.jpg
釧路川 流れが透き通っている


こちらはピザ・パスタが美味しいとの情報で出かけてみました。

夏野菜とベーコンのパスタは、トマトソースの酸味が抑えられ上品な味。
パスタも程良い歯触りで美味しい!

037_20110928115631.jpg

メインのピザ。
本日お勧め(キノコ・ベーコン・にんにくオイル・チーズ)は、あっさり系でこちらも食が進みます。
豆を挽いて落してくれたコーヒーもGood!

036_20110928115631.jpg


静かでお天気も良く、幸せな時間を過ごしました。
スポンサーサイト

藻琴山紅葉展望

お世話になった方の葬儀で2,3日落ち着かない日々でありました。
突然のこととはいえ、人の命は儚いものです。

001_20110926203117.jpg
23日夕 携帯撮影


今日26日は朝からとても良く晴れ渡った秋の一日。
お彼岸に行けなかった父の仏前にお参り。

朝早く出かけたので時間に余裕があり、藻琴山に向いました。
途中、知床連山、藻琴山、阿寒方面の山並が見えます。

003_20110926195005.jpg     005_20110926195004.jpg
能取岬の向こうに知床連山       網走湖の向こうに藻琴・阿寒


女満別から農道を抜けて1時間ほどで藻琴山登山口、ハイランド725です。
他にもう一ヶ所登山道がありますが、ハイランド側は屈斜路湖を見ながら登ることが出来ます。

006_20110926195004.jpg
ハイランド725 駐車場はまばら


麓近くはまだ紅葉には少し早いようですが、登り進んで行きますとだんだん赤や黄色の葉が目に付いてきます。
あぁ、秋ですね~

007_20110926195002.jpg 011_20110926195110.jpg 037_20110926195342.jpg


僅かにリンドウが咲いていました。

014_20110926195111.jpg 030_20110926195303.jpg 029_20110926195304.jpg
  リンドウ              ナナカマド             ハナヒリノキ


15分ほど登ると屈斜路湖が眼下に見えてきます

034_20110926195302.jpg   027_20110926195204.jpg

032_20110926195303.jpg   028_20110926195304.jpg
頂上付近 錦に衣替えです


山頂からは穏やかな風景にほっとしたひと時でした。
紅葉前線は1,000mより少し下った付近におりています。

020_20110926195110.jpg 022_20110926195206.jpg 021_20110926195110.jpg

023_20110926195205.jpg
山頂から登ってきた尾根筋を見渡す


帰りは川湯廻りで温泉で汗を流し、のんびり幸せな一日でした。

ところで、紅葉前線のスピードは?

紅葉前線豆知識

気温が下がると共に紅葉前線は加速されるようです。

秋の花めぐり

本州各地に大きな被害を残した台風15号は昨夜から道東方面も雨風が吹き荒れていました。
今朝22日9時過ぎにオホーツクは晴れ間も覗き、台風は足早に過ぎているようです。
今年は災害の多い年となっていますね。
被害に遭われた地方の皆様にはお見舞い申し上げます。




花でイベントのオホーツクもそろそろ終盤。
秋の花遠軽のコスモス園”太陽の丘”、サルビアが鮮やかな網走"はな・てんと"を其々廻ってみました。

遠軽のコスモス園、今年は9月4日の台風崩れの大雨で最盛期に倒れてしまったようです。
私が訪れた14日は、時季遅くかなり終わっていました。
それでも黄花コスモス、百日草はきれいに咲き誇っていましたね。

003_20110922091219.jpg

007_20110922091219.jpg

031_20110922092311.jpg


046_20110922091336.jpg 039_20110922091336.jpg 034_20110922091337.jpg
 コスモス               黄花コスモス            百日草

079_20110922091335.jpg 071_20110922092048.jpg 076_20110922092047.jpg
変わりコスモス



こちらは網走市民花園"はな・てんと"が、見ごろを迎えていました。

010_20110922090136.jpg

009_20110922090136.jpg

013_20110922090135.jpg
赤いサルビアが鮮やかです


これから道東は徐々に紅葉前線を迎え、来月は北見菊祭りで花のイベントも最終になります。

第26回 たんのカレーライスマラソン

18日(日)に恒例の「たんのカレーライスマラソン」が行われました。
申し込み翌日には締め切るという、超人気のイベント。

今年はなんと、わたくしたち”チームハマナス”は出場したのであります。
私と弟夫婦、子供たち、走るのは4名。

010_20110919170110.jpg


心配した天気も朝方雨が上がり、日中はほぼ曇り。
気温もそこそこでまぁまぁの日でした。


マラソンの前に仮装チームの紹介です。
なかなか趣向を凝らしたチームがあり楽しいものです。

026_20110919170335.jpg 033_20110919170335.jpg 028_20110919170334.jpg
高得点を期待!          子供たちに人気のチーム


10時40分、カレーの具材を求めて2㎞(いも)・3㎞(にんじん・たまねぎ)・4㎞(肉)・5㎞(カレー・ルー)
其々のコースに”Goー!”

040_20110919170740.jpg

052_20110919170739.jpg   053_20110919170739.jpg


私はご老体に鞭打って3㎞にんじん・たまねぎコースです。
けして順位を競うものではありませんので、カメラ片手に走ったり歩いたり・・・
先日の山歩きで筋肉痛が残っています
若者には4㎞・5㎞コースを走ってもらいました。

057_20110919165619.jpg  058_20110919165759.jpg 

062_20110919165618.jpg  074_20110919171935.jpg  
黄金色に実りを迎えた田園の中を快適走行です
今年のお米は豊作だね~


30分ほどで、全員完走!
早速、カレーの準備、ご飯はスポンサー提供。
和やかに美味しくカレーを頂きましたよ。

082_20110919165618.jpg


アトラクションも多数。
カレー大食い競争で優勝した女性、なんと9皿も
高額賞金をゲット

099_20110919171935.jpg


参加賞はイモ・タマネギ1箱10㎏!
本日の THE MAIN EVENT は大抽選会!
ゼッケン200番中、143本の大盤振る舞いな景品の山。

期待しましたが・・・
ゼッケン6・チームハマナスは入浴券で終わりました

086_20110919165903.jpg   101_20110919165903.jpg


4名1チームで200チームの参加。
応援・観客を含めると1、000人は遥かに越えていたよう。
田園の、のどかな一日でございました。

赤から緑へ そして緑から赤へ

北海道で一番早い紅葉が始まる大雪山も今年は少し遅れ気味。
それでも15日の大雪山は、緑一色から赤色が仲間入りしていました。
16日からお天気が崩れそうなので今日15日、山仲間と赤岳から緑岳縦走です。

10日から登山道交通規制で、シャトルバスが運行されています。
国道傍大雪レイクサイドに駐車し6時30発のシャトルバスに乗り、赤岳登山口銀泉台に向います。
平日早朝とあって乗客は少なめ、バスの中から紅葉がチラチラと見えワクワクです。

登山口の冷たい湧水で喉を潤し、7時20分登山開始です。
先月赤岳に登っていますので、私の頭の中には赤岳ルートはなんとか記憶に残っています。
昔登った時の記憶は殆どない
山仲間は縦走ルートを熟知しており安心です。

001_20110917145502.jpg ブルーが今日のルート


002_20110916223644.jpg 005_20110916223643.jpg 006_20110916223643.jpg
                                      未完成で終わった
                                      大雪縦断道の名残り


登り始めて間もなく前方の紅葉前線が眼に入ってきました。
紅葉の帯、素晴らしいですね~
同じ写真を何枚も撮ってしまいました。

023_20110916225432.jpg

012_20110917100714.jpg 039_20110916223641.jpg 登山口方向を振り返る


更に高度を上げて行き、錦に変わる山肌に感激です。

061_20110916224038.jpg

077_20110916224036.jpg  064_20110916224037.jpg
神の田圃も紅葉です


残雪は殆どなく急登の登山道は岩登りです。

085_20110916224035.jpg
コマクサ平から山頂方向

103_20110916224204.jpg   108_20110916224204.jpg
 登って来た道を振り返る


2時間10分ほどで赤岳山頂です。
視界に入る景色は紅葉が進んでいますね。

112_20110916230535.jpg  111_20110916230537.jpg 120_20110916230533.jpg
ウラシマツツジの赤い絨毯                        赤岳山頂(2,078)


127_20110916224203.jpg  129.jpg 黒岳も紅葉が進んでいます
山頂より旭岳方向         黒岳方向


一息ついて、小泉岳経由で緑岳に向います。
赤岳から緑岳に向かう登山道は3,5㎞ 、割合平坦で歩き易く1時間ほどで到着です。
このルートからは大雪の山々が見渡せ、神聖な場所カムイミンタラを実感。
私たち人間はこの神聖な場所で、遊ばせて頂いているのですね。

131_20110916231122.jpg

158_20110916231121.jpg 160_20110916231121.jpg 172.jpg
 前方白雲岳(2,230)        白雲避難小屋分岐       緑岳山頂(2.019)    


きょうは曇りの予報でしたが、意外と青い空が覗き気温も18度と高め、風はそこそこ。
とても良い日に恵まれました。
トムラウシ山もはっきり見えています。

136_20110916231122.jpg    146.jpg
旭岳  熊岳    北鎮岳    高根ヶ原の向こうにトムラウシ山
                    左手前 緑岳


眼下に紅葉を見ながらお弁当タイム。
お仲間が入れてくれた熱い紅茶は美味しかったです。
しばらく山との別れを惜しんで11時30分下山です。

204_20110916234748.jpg
高根ヶ原の白い犬も融けだして

185.jpg 179.jpg 182.jpg
山頂展望  下に高原沼         赤岳方向


急な岩場を慎重に下って行きます。
振り返ると全く急な岩場です。
緑のハイマツも多く、緑岳といわれるのでしょうか・
緑岳は俗称で、松浦岳と言うようです。

186_20110916231543.jpg 196.jpg 210.jpg
                                        空が蒼い

この岩場はナキウサギのナッキ―の住処。
ピチ・ピチッ”と鳴き声が聞こえます。
しばらく眼を凝らしていましたが姿は見つけられず
次回に期待しましょう!

197.jpg 201.jpg


難所の岩場を過ぎてハイマツ帯を潜り抜けましたら、平坦なお花畑に入ってきます。
ここから見える緑岳は絶景!
休憩していた横浜から来ているというご年配のご夫婦。
お天気が良くて最高の登山だったと喜んでいました。
私たち道民としても嬉しいですね。

223.jpg 221_20110916232957.jpg ホシガラスの食事処

239_20110917132327.jpg
長い木道が続いています

243_20110917132823.jpg  ←クリックで拡大


風になびくチングルマの綿毛に少し寂しさを覚えます。
お花畑を過ぎますと、木枠・石の階段をどんどん下ります。
登山口に近い見晴らし台からは、高根ヶ原が良く見えます。
赤い実が鮮やかなゴゼンタチバナ・エゾヒョウタンボクが登山道を埋めています。

229_20110916232958.jpg 256_20110916232953.jpg

252_20110916233107.jpg 253_20110916233107.jpg


高原温泉の緑岳登山口と、硫黄の吹き出しボッケが見えました。

259_20110916233107.jpg 260.jpg 261_20110916233106.jpg


行程11,8㎞ 6時間10分。
今回もまた、無事に山歩きが出来たこと、素晴らしい景色に巡り会えたことに感謝です。


今年のサンゴ草(アッケシソウ)は・

新聞・TV等のニュースでも報道されていますが、今年の網走卯原内のサンゴ草群生地は、とても悲しい姿になっています。
サンゴ草は以前から徐々に後退。
先日立ち寄りましたが、昨年から見ると半減といった感じでしょうか・
草が勢力を増しています。

015_20110916091314.jpg

019_20110916091121.jpg
今年のサンゴ草群生             

DSCF0613.jpg
2006年のサンゴ草群生


014_20110916091120.jpg
こんな立て札が立てられています。

期待して観光に訪れた方には残念なことです。



サンゴ草の群生地はオホーツク沿線には他にも処々で見られます。
それほど広く群生はしていませんが、ゆったり良い景観です。


能取PA付近のサンゴ草 2011,9,12
008_20110916093515.jpg

009_20110916091206.jpg


サロマ湖キマネップのサンゴ草 2011,9,14
100_20110916092617.jpg  

099_20110916092617.jpg   097_20110916092618.jpg

サギなど水鳥も多く観られます
105_20110916092617.jpg  106_20110916092617.jpg
ダイサギ               アオサギ

他に、サロマ湖ワッカ・紋別コムケ湖周辺にも多数群生地あり。

大雪第二峰 北鎮岳へ

土、日と晴れの日が続いた日曜日(11日)に、黒岳から大雪第二峰北鎮岳(2,244m)へ行ってきました。
4日に予定していたのですが、台風とその後の悪天で延び々々になってしまいました。

始発のロープウェイに乗るため朝4時に家を出る時は、まだ真っ暗!星が輝いていました。
日が短くなったものです。
1時間ほど走って、峠で車を止めて外に出ましたら寒くて震えました。
気温4度ですから!

001_20110912223534.jpg  002_20110912223534.jpg
 石北峠の日の出 5:10


始発ロープウェイは相変わらずの混みよう。
登山者の皆さんです。
登山口7時近くの気温は10度、風がなく暖かく感じます。
7合目登山口も、そろそろ紅葉が始まってきました。


006_20110912223533.jpg 007_20110912223532.jpg 009_20110912223531.jpg
                            雨続きで水溜りが


雨の後の晴れ間で稜線が綺麗です。
九合目まねき岩が見えると、間もなく山頂。
まだ"錦の"までは行っていませんが、ナナカマドの実が赤くなってキレイですね。

010_20110912223530.jpg
北大雪の山並

018_20110912224054.jpg 020_20110912224053.jpg 013_20110912224054.jpg
                    オトギリソウの紅葉


山頂展望は残雪も殆どなく紅葉が少しずつ始まっています。
目指すは山小屋分岐から左回り、お鉢平から第二峰・北鎮岳へ。
山小屋から煙がたなびいて、懐かしいような感じもします。

026_20110912224053.jpg
山頂からお鉢平方面

028_20110912224052.jpg 027_20110912224053.jpg 042_20110912224647.jpg
                   北鎮岳チドリの残雪あとが見える


黒岳が遠くなっていくと共に、風がかなり強くなり寒いので冬帽子に替えました。
お鉢平で行き交わした旭岳から一泊で来た方。
前日の旭岳では歩くのもやっと、というくらいの強風だったとか。

043_20110912224646.jpg 094_20110912224644.jpg 047_20110912224646.jpg
                    黒岳を背に             赤岳方面


054_20110912225607.jpg 052_20110912225607.jpg 057_20110912225606.jpg
                               緑とウラシマツツジの赤が対照的


北鎮岳分岐手前の急登ガレ場を越えると北鎮岳は目の前、一段と風が強かったです。
リュックをデポしてヤッケを着込んで身軽に急登岩場に向います。
旭岳から縦走して来たという父子さん。
早い早い!
前を歩く男子は中学生くらいでしょうか・頼もしいですね。


090_20110912225600.jpg 059_20110912225606.jpg 083_20110912225600.jpg

082_20110912230305.jpg 060_20110912230305.jpg 063_20110912230820.jpg
                      健脚父子さん みるみるうちに頂上へ 


北鎮岳山頂からの眺望は最高!
薄っすら紅葉し始めた山並が美しい。
しかし更に風強く、写真をサクサクと写して下山。

073.jpg 079_20110912230302.jpg 076_20110912231353.jpg
                   黒岳が低く見えます        右は旭岳   

075_20110912231631.jpg
お鉢をぐるりと一望 左に白雲岳   右遠くにトムラウシ山も


分岐で熱いお茶で身体を温め、黒岳に戻ります。
日曜日の晴れとあって、多くの人と行き交わします。
お鉢平から下ったところで、いつもの仁頃山でお馴染みのお三方とバッタリ!
まさに、大雪が北海道の銀座通りといわれる由縁でしょうか・

099_20110912231908.jpg 040_20110912232210.jpg 095_20110912232209.jpg
お馴染のお三人        風に揺れるチングルマの穂   花後のツガザクラ 

112_20110912232207.jpg 110_20110912232206.jpg 102_20110912232207.jpg
チシマギキョウ


折り返した黒岳山頂は暖かで、暫らく眺望を楽しみました。
今週末辺りは山並も錦の色で飾られるでしょう。

113_20110912232601.jpg

 116_20110912232600.jpg 121_20110912232600.jpg
お菓子の袋がパンパンに
気圧の低いのが分かります


今日はファミリー登山も多く、こんな光景も。
"ちゅかれた!おんぶ"と座りこむ小さなお子。
お父さんに背負われた赤ちゃんもおりました。

126.jpg 130_20110912232559.jpg 132_20110912233358.jpg
                   こちらは"木のあかちゃんズ"
                   健気です。


行程、往復12,4㎞、6時間。
今回も無事に山歩きが出来たことに感謝です。

仲秋の名月

今日の仲秋の名月については、いつもコメント下さる ポレポレとうさん ブログで詳しくUPされています。
お月さまのことがいろいろ書かれていて、いろんなことを想いながらお月さまを観るのは楽しいですね♪


ポレポレとうさんブログから

"泊まる気でひとり来ませり十三夜(与謝蕪村)"

情緒ある句ですね。
十三夜も見逃せません。


扨て、こちらオホーツクは朝は雨。
その後もどんよりと厚い雲で、お月見は期待できませんね~
それでも雲の上のお月さまを想って、私もお月見気分 

山道から拝借してきたススキ、山野草などを飾りお茶を一服。

024_20110912160049.jpg   031_20110912155935.jpg


ビールのお伴は、自家菜園の枝豆とまあるいお豆腐。

035_20110912155933.jpg

お月見は"まあるいもの"を飾ると良いんですって。
母が言っておりました。


☆ ↓ 前記事に薄荷のハサ掛け写真を追加

秋の風物詩

かつては、北見地方の秋の風物詩だった薄荷の「ハサ」
昨日薄荷公園の側を通りかかりましたら、長い「ハサ」が組まれていました。
間もなく薄荷の刈り取りが行われ、「ハサ」に掛けられるのでしょう。

004_20110909071130.jpg

↓ 12日に通りかかった時に薄荷はハサに掛けられていました
002_20110912193558.jpg


薄荷は、薄紫の小さな花を付けています。
スッとした香りが辺り一面に広がります。

007_20110909071130.jpg


そして今日、九月九日は重陽の節句

菊の花もポツポツと咲きはじめ、爽やかな季節になってきました。

001_20110909071944.jpg   003_20110909071944.jpg


これは野生のホップ、山道に生えていました。
ビールの原料だわ!

002_20110909071130.jpg

004_20110909071943.jpg
ひと蔓頂いてきました

お庭拝見

先日、友人と共に市内のあるお宅の、ステキなお庭を見せて頂きました。
こちらは、ご年配のご夫婦のお庭。

以前、奥さまが茶道をされていたということで、茶花を主としたとても優しい感じのお庭でした。

045_20110908062019.jpg

035_20110908062017.jpg


初めて見るお花。
ボタンズルが垣根一面に這って見事です。

028_20110908062018.jpg

029_20110908062611.jpg


蹲の傍に添えられたタマノカンザシ。
ひと際高貴な趣です。

042_20110908063756.jpg


ツル性のものは軟らかさが出ますね。

016_20110908062436.jpg 018_20110908062434.jpg 013_20110908063756.jpg
 ツルニンジン                              ミナヅキと言うそう


珍しいお花が多く名前が解らないものがたくさん。

022_20110908062434.jpg 026_20110908062433.jpg 036_20110908063014.jpg

039_20110908062610.jpg 043_20110908062610.jpg 021_20110908062434.jpg
花の時季に見たい!                           白玉のピンク


台風一過の空は蒼く、野葡萄がこれからの紅葉を待っているよう。

058.jpg

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます