2011-10

晩秋のカムイヌプリを歩く

摩周湖の外輪山の端にそびえる857mの摩周岳。
アイヌ民族の人々はカムイヌプリ(神の山)と呼んでいる。

010_20111031081428.jpg


その山に、晩秋の色濃くなった日曜日に登ってきました。
行程14,5㎞。
距離はあるけれど高低差は300mほど。
山登りというより緩いアップダウンの路を、トレッキング感覚で歩きます。

摩周湖を見ながら、東の摩周湖第一展望台登山口から左回りで南を越え西の摩周岳に向います。
登山口8時20分出発です。

005_20111031081429.jpg 006_20111031081429.jpg 008_20111031081428.jpg
                               摩周湖を左に巻いて行きます


キレイに笹が刈られ歩き易い路です。
摩周岳が見え隠れ、葉も落ちた晩秋の路をどんどん進んで行きます。

016_20111031081428.jpg 017_20111031081427.jpg 095_20111031082049.jpg


第一展望台3,1キロ地点から視界が開け摩周岳が近付きます。
西別岳も前方にくっきりと姿を現わしました。

023_20111031081535.jpg 039_20111031081534.jpg 029_20111031081535.jpg
                   V字形に摩周湖が見える処      前方に西別岳


登山口から1時間ほどの3,9㎞地点。
平坦な道から歩いて来た道、前方の路を見ながら少し休憩。
お天気は下り坂、遠くは霞んでいますがまだ蒼い空が見えています。
さぁ、あと1時間ほど、右に西別岳前方のカムイヌプリに向って足を進めます。

045_20111031081534.jpg 044_20111031081534.jpg 050_20111031081648.jpg
                   歩いて来た道を振り返る   摩周岳がぐんと近づきます


西別岳分岐から左手摩周岳の路に入ります。
葉を落した背の低いミヤマハンノキ・ダケカンバのトンネルで少し山らしくなってきました。

054_20111031081648.jpg 053_20111031081648.jpg 058_20111031081822.jpg
  

頂上まで300m地点。
ここからかなり急登です。
カムイヌプリが荒々しい姿でそびえています。
どんどん登りましょう!

060_20111031081821.jpg 068_20111031084208.jpg 067_20111031081821.jpg
                                       荒々しいカルデラ壁


空が開けました!
山頂でしょうか・
登山口から2時間10分ほどです。

071_20111031081821.jpg   082_20111031081820.jpg


素晴らしい!
こんな景色が広がりました!!

076_20111031084921.jpg


山頂からは約7,000年前の巨大噴火を思わせるカルデラ壁。
ゴツゴツした山頂岩場。
神の山ですね。

079_20111031081944.jpg


私もケルンに石を一つ積んで手を合わせました。
摩周湖の深い碧色に吸い込まれそうです。

077_20111031081944.jpg 091_20111031081943.jpg 085_20111031095531.jpg
 

遠くは霞んでいますが、晩秋の摩周岳からの風景を堪能です。
30分ほど風景を楽しみ下山です。

092_20111031081944.jpg 081_20111031081944.jpg 
 知床方面             西別岳方面


気温は10度に満たないくらいですが、歩くには良い気候。
12時近くになりお陽さまが陰って、湖も碧さが少なくなりグレー色になってきました。

100_20111031082048.jpg 097_20111031082049.jpg 098_20111031082049.jpg
                    朽ちてきたサビタの花        エゾフユノハナワラビ


12時30分、登山口着。
素晴らしい眺望と無事の山歩きに感謝です。

帰りは川湯温泉で汗を流し、賑わっているレストランに寄り道です。
家に着いた16時半ころはすっかり陽も落ちて。
日の短い晩秋の一日でした。
スポンサーサイト

ハロウィン

ハロウィンは当地では、子供たちの行事として行われているようですが、大人も参加するようになってきたようです。

黄色の飾りカボチャも家庭の庭先で見かけます。

068_20111029182935.jpg


002_20111028222535.jpg
「花の街置戸町」は花が終わって、今はかぼちゃが飾られています。


市内緑のセンタ―(温室)では、たくさんのかぼちゃが飾られハロウィン祭りです。

062_20111028223004.jpg
見ていて楽しいですね!
064_20111028223004.jpg

072_20111028224102.jpg 



こんなケーキを見つけて買ってきました。
食べてしまうのが勿体ない!

016_20111028223432.jpg
パンプキンのケーキ

薄荷の蒸留

市内のハッカ記念館では、薄荷の蒸留を常時公開しております。
従来の蒸留設備は大がかりですから、ミニチュアサイズでの公開です。

先日行く機会があり、館長さんの説明入りで見学してきました。
かつては世界薄荷シェアの70%を生産していたといいますから、北見は薄荷で栄えた街なんですね。


記念館は歴史などの資料館となっています。

019_20111024155633.jpg

003_20111024155908.jpg 004_20111024155907.jpg 007_20111024155907.jpg


隣の蒸留館に入ると薄荷のス―ーッとした香りが一面に広がってきます。
私は子供の頃蒸留風景を見ていましたので、何となく懐かしいですね。

005_20111024155633.jpg

 010_20111024160503.jpg ミニチュア版蒸留装置



018_20111024155802.jpg 022_20111024160000.jpg
            乾燥した薄荷を蒸す

025_20111024160000.jpg 016_20111024155803.jpg 015_20111024155803.jpg
            蒸気を冷やす              薄荷油が溜まる


年代もの蒸留設備も展示されています。

011_20111024155909.jpg 013_20111024155908.jpg 014_20111024155908.jpg


薄荷の製品も販売されています。
市内菓子店の薄荷入りお菓子は、美味しいのがありますね。
スッとして、後味が良いです。

028_20111024160000.jpg


仁頃薄荷公園隣で作られている薄荷は乾燥を終え、間もなく蒸留されるそう。
見学出来ると良いのですが・

オクトーバーフェスト2011 !!

タイトルから想像しますと華やかな催しを思い浮かべますが・
まぁ、ビールを飲むお祭りですね^^;

020_20111023235935.jpg


私も気の合うお仲間と何度か参加しております。
今年も行って参りました。
(呑んで参りましたが正しいかも^^;)

気温が高めの日が続いてビール日和?
飲む人はお天気に関係ない・・

012_20111024001222.jpg

028_20111024004611.jpg
夜はピシッ!と冷えてきます


各地のビールを楽しめるということで、これも人気イベントです。
500人強は入れる会場は満席状態が続いています。

011_20111023235936.jpg 020_20111024000121.jpg 009_20111024000014.jpg


人気のビールは早い時間に売り切れ!

022_20111024000115.jpg   021_20111024000120.jpg
このドイツビールは美味しい!


北見の地ビールも美味しいですし、地産フードもいろいろ美味しそうなものがたくさん!

014_20111024000126.jpg 015_20111024000121.jpg 016_20111024000121.jpg
               ホタテ・かぼちゃのグラタン



このところ、飲んだり食べたりが多くて・・・
趣味のお仲間と

040_20111023235935.jpg 041_20111023235935.jpg
           

家族で行った居酒屋にて

012_20111024002218.jpg     002_20111024002546.jpg
焼きサンマに大根おろしと泡醤油   お刺身・盛りつけのセンスが良い

"○○○○肥える秋"ですね!

秋深き根釧原野

吹き荒れた風も弱まって、穏やかな日和の19日。
暖かで少し遠出をしてみました。
網走から裏摩周、根釧原野の開陽台まで行ってきました。

朝は0度近くまで下がったのでヒンヤリ!
それでも真っ蒼な空からのお陽さまは暖かです。


網走漁港では鮭漁の最盛期。
・・・にしてはかなり寂しい感じ!
不漁なのでしょうか?それとも、2,3日時化ていましたからね。
30分以上待って一艘が帰ってきただけ。

001_20111020084521.jpg   006_20111020084520.jpg


昨年は豊漁だったんですけれどね~
鮭の代わりに定置網にイカが大量に入っているらしい。

海岸線では釣り人が竿を並べて、この時季らし風景。
釣果はどうでしょう?
お一人が光った鮭を釣り上げていたよう^^v

018_20111020084520.jpg

019_20111020084520.jpg

水鳥が賑やかになってきた涛沸湖を横目に見て、裏摩周手前の「神の子池」に寄ってみました。
落ち葉がたくさん水面に浮いていましたが、水の碧色が美しくて。
神聖な感じがします。

031_20111020084520.jpg 041_20111020084840.jpg 038_20111020084519.jpg
                                    倒木が透き通って見える


「裏摩周」は木の葉も散り見通し良く、表からとはまた違った感じです。

051_20111020084934.jpg


ここから引き返すにはお天気が良すぎて・
温泉でもと思い、中標津養老牛温泉へ。

043_20111021002510.jpg   092_20111020085732.jpg

峠の防雪シェルターを越えると真直ぐなカラマツロードが続きます。
カラマツの葉は黄色味をおび、晩秋に近付いています。
オホーツクの広葉樹林ロードとはまた違った根釧原野の風景。


こちらの人気宿の隣の温泉宿に行ったら、犬が吠えて怖かったので諦めてカラマツの湯へ。
カラマツの湯は山の中の無料露天風呂。
誰もいなかったけれど、ちょっと入る勇気がなく足湯だけ。

062_20111020085041.jpg 063_20111020085041.jpg 067_20111020085040.jpg
寅さんのロケで人気宿に


さて、時はまだお昼、でこのお天気
更に20㎞程根室寄りに、根釧原野が一望できる開陽台へ。

094_20111020085732.jpg
数十㎞も続く真直ぐなミルクロード  スピードは控えめに

078_20111020085620.jpg 360度見渡せる展望台


少し霞んでいましたが見晴らしは最高!
平坦で広いですね~

084_20111020085733.jpg

088_20111020085733.jpg 南に広がる標津方面・防風林は格子状に

080_20111020090827.jpg 090_20111020091044.jpg 083_20111020090826.jpg
北側は武佐岳・斜里岳・摩周・西別岳の山並みと西側に広がる牧場

東方面は霞んではいたけれど、国後も間近に見えて。

077_20111020085620.jpg

カメラでは捉えられなかったけれど、肉眼ではハッキリ間近に北方領土が
立て札の意味も分かります

091_20111020085733.jpg ← クリックで拡大


牛さんの数が人口より多い根釧原野。
到る所に牛さんがノンビリでした。

068_20111020085620.jpg     095_20111020085732.jpg
                      西別岳を向こうに広がる牧草地

075_20111020085620.jpg
ここの牛さんたちは自立している! 整然と歩いて草地へ
素晴らしい!

本も映画も面白い

先週末市内に大型複合店が開店しました。
本、文具、CDなど多彩な商品が並んでいます。
書籍は100万冊、広~~い店舗です。

以前から探していた本がすぐ見つかりました

灰色の北壁 (講談社文庫)
灰色の北壁 (講談社文庫)真保 裕一

講談社 2008-01-16
売り上げランキング : 13425


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最近は山岳ミステリーが面白くて何冊か読んでいます。
真保裕一さんの本は、ある方に勧められて読むようになりました。
この本は他に2編を含む短編。
「灰色の北壁」は、フィクションも入った感じですし、他の2作も面白くて直ぐ読んでしまいました。

秋の夜長は映画も。
面白そうなのが次々公開されてきました。

一命 は公開初日に観てきました。
三池崇史監督作は、流石に迫力ある映像になっています。

英国王のスピーチ も感動ものでした。

第59回北見菊祭り

15日から道内最大の菊祭りが北見市で始まりました。
週末から雨模様ですが以外と暖かく、日曜日にちょっと覗いてみました。

055_20111017081953.jpg 005_20111017081848.jpg 050_20111017081953.jpg

015_20111017083557.jpg

046_20111017083557.jpg


今年のテーマは「江姫」

009_20111017081848.jpg

041_20111017081954.jpg

039_20111017081954.jpg

30日まで半月の開催期間中、お花を管理する方は夜の作業で大変です。


土・日は各種イベントがあります。
16日(日)は市内在住の方の、古式ゆかしい婚姻の儀が公開で行われました。

069_20111017082039.jpg   068_20111017175043.jpg
                        情緒がありますね


近くの屋内通路ではチャリティ茶会も行われていました。
裏千家北見支部の担当です。
なかなか盛況のようです。

051_20111017083557.jpg

黄色一色 仁頃山

オホーツクの街並みは錦の衣に包まれて、間もなく訪れるモノトーンの冬を前に彩りの饗宴です。

赤はもみじ・桜の葉、黄色をまとった桂・イタヤカエデ、常緑樹の緑。
色とりどりです。

019_20111015074940.jpg

003_20111015074941.jpg

015_20111015074940.jpg

010_20111015074940.jpg



14日は超久しぶりの仁頃山でした。
広葉樹の多い仁頃山は黄色一色に染まり、所々赤色が入り見事な秋色でした。

009_20111015135317.jpg

010_20111015135317.jpg


四季の移ろいを肌で感じられる自然の中に身を委ねる幸せを感じます。

014_20111015135317.jpg
黄色の路を進んでいきます

021_20111015151347.jpg 025_20111015151348.jpg 053_20111015135417.jpg



800m程の低山ですが頂上付近はもう晩秋の色。
足早に季節は進んで行きます。

032_20111015135315.jpg 035_20111015135417.jpg  033_20111015135417.jpg


山で出逢った、今日のかわいこちゃん。
間もなくやってくる厳しい冬を、元気で乗りきってほしいですね。

081_20111015151346.jpg 076_20111015151817.jpg 080_20111015151347.jpg
エゾシマリス            エゾライチョウ           オオアカゲラ


そして、札幌から当地を訪れていた、山歩きベテランのN子さんとその友人で山頂にてパチリ!

119_20111015143823.jpg



夕方には雪虫がたくさん飛んで冬が近づいた実感!

074_20111015142202.jpg
白くプチプチ見えるのが雪虫

錦秋の白湯山へ再び

朝は冷えましたが、まァまァのお天気。
かねてから予定に入れていた阿寒白湯山に、山友サッちゃんと再訪です。

朝は0度近くまで冷え込んだのでしょうか・
家を出る8時ころでもかなり寒かったです。
登山口までは68㎞くらい、1時間と少しです。


先週5日から1週間経ってみると、路々は紅葉も見ごろとなって目を奪われます。

139.jpg   031_20111012220802.jpg

033_20111013060710.jpg   006_20111012220803.jpg
道の駅あいおいの風景


今日の先行者は一人、後続の方はお二人。
阿寒の街は秋色に包まれています。

115_20111012221032.jpg 016_20111012220803.jpg 116_20111012221031.jpg


山道を進んで行きますと、見事な紅葉が広がっています。
錦秋もピークを迎えている白湯山であります。

089_20111012220904.jpg

050_20111012220905.jpg 058_20111012220905.jpg


063_20111012220905.jpg

117_20111012221031.jpg 133_20111012221031.jpg 125_20111012221030.jpg
山友サッちゃん大感激                  ミズナラの黄色も鮮やか


噴き出る硫黄泉の湯けむりもモクモクと。
コオロギの声も一段と賑やかでした。

038_20111012220906.jpg

129_20111012223425.jpg 121_20111012223425.jpg 181.jpg
                                 コオロギ♀は鳴かない


頂上付近にある小さな雨水の池に、野鳥たちが水を飲みにやってきます。

109_20111012221305.jpg

176_20111012221158.jpg 177.jpg 179_20111012221307.jpg
 ホシガラス             ミヤマカケス            カワラヒワ


頂上からの展望を楽しみ、帰りはオンネトーに寄ってみました。
こちらも色鮮やかな紅葉が、見事になっていました。

141_20111012221200.jpg

165_20111012221200.jpg   146_20111012221158.jpg


15時前なのに陽は陰って寒くなっています。
北見に近づきますと曇った空から大粒の雨が降ってきました。

秘湯・芽登温泉

十勝の秘湯・芽登温泉は、北見から帯広に抜ける道道88号沿い、帯広寄りにあります。
北見から山道を約90㎞、道道から3㎞ほど砂利道を入った所の一軒宿です。
あまりお天気は良くなかったのですが、温泉が目的なので・・まぁ良いでしょう。

054_20111010190749.jpg     045_20111010190501.jpg

015_20111010190502.jpg
周りは紅葉が進んでいます


こちらは明治37年開業と歴史は古く、60度の源泉掛け流しで気持ちの良い温泉です。
温泉からはそばを流れる河原の紅葉が楽しめます。
自然豊かで四季折々楽しめますね。


021_20111010190547.jpg     017_20111010190548.jpg

030_20111010190547.jpg
温泉に入りながら紅葉を楽しめます

祭日でしたが訪れる人も少なく、のんびりです。


温泉までの路々は紅葉が進んで、もみじが綺麗でした。

032_20111010190547.jpg     020_20111010190547.jpg
鹿が遊んでいましたよ!

037_20111010190635.jpg     036_20111010190547.jpg


帰りに通り道にある置戸鹿ノ子ダム湖に寄ってみました。
釣りやボート遊びなどが楽しめるところです。
紅葉時季も訪れる人が多いですね。

007_20111010190503.jpg     072_20111010190634.jpg

073_20111010190634.jpg     080_20111010190634.jpg
紅葉が綺麗になっています


曇り空と霞で遠景はハッキリしませんが、そろそろ紅葉もピークを迎える頃。
足早に秋は深まり間もなく雪の季節になって行きます。
寒いですが雪の露天風呂もなかなか良いですね。

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます