2011-12

激震の2011年

年末になりますと今年の10第ニュースなどと新聞紙面にとりあげられます。
やはり心に残っているのは、誰もが苦悩し忘れられない事となった3,11東日本大震災。

来る年はどんな年になるのでしょうか・
穏やかな一年であるよう願ってやみません。


扨て、私ハマナスの一年を振り返ってみますと。

  1つ  師事していた茶道の師匠が他界された

  1つ  大雪山系、第2峰・第3峰を歩いた

  1つ  ブログで知り合った方とドキドキしながらお会いした

  1つ  秋・おニュウの車(AXIO)が来た

  1つ  市・緑のセンターで募集した植物写真展にて・最優秀賞を頂く

印象に残っているのはこんなところでしょうか。



一年間、拙ブログをご覧頂き、ありがとうございました。
平凡ながらもまた、オホーツクのワンショットをブログにUPしていけたらと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。


001_20111229205031.jpg


みなさまにとって、来る年もどうぞ佳き年でありますように

スポンサーサイト

年の瀬 サロマ湖では

うす曇りながら静かな日となった29日。
今年の実家訪問は今日で終わり。

昔ながらの、なます・きんぴらごぼう・大福豆などを作ってお正月用に持参。
一人暮らしが長くなって、最近は手の込んだものは作らなくなった母(私もあまり作らないのですが・)
お惣菜の"味付けが美味しい"と言われると、母の味にちょっと近づいたのかな?と嬉しい!

母からのお土産は千葉から届いたばかりのデコポン。
私の大好物、ウレピ~!

012_20111229175301.jpg


今日は仕事が休みだった妹と三人でお昼ご飯を頂き、帰りはサロマ湖廻りです。
結氷の始まったサロマ湖には、僅かに最終組の白鳥がおりました。
間もなくみんな南下するのでしょうね。

変わって姿を現した、黒い点々は?

005_20111229175301.jpg

006_20111229175626.jpg

003_20111229175300.jpg
ゴマちゃん(ゴマフアザラシ)集団です

かなり遠くで、cool pixでは鮮明な画像でありませんが・
ざっと、500頭くらいはいたでしょうか・
ノンビリ、ゴロゴロお昼寝時間だったようです。

サロマ湖の冬。
こんな楽しいことも♪

お正月準備

暮れも押し迫って・・・
晴れの日が多いオホーツクでは、お月さまと金星が近づいて見えきれいな夕空でした。

007_20111229060145.jpg
2011,12,27   16:48


・・・二重苦の連想から29日はお餅をつかない、翌日が元旦なので葬儀と同じ「一夜飾り」となる31日は避ける・・・
先人の言い伝えに、このようなことがあります。


昨日28日は穏やかで暖かい日となったオホーツク。
お花を生けたり、「緑のセンターで」作ったミニリースをかざったり、買い物に出て日持ちのする"おせち"?を少々。
先日は文庫本も少しゲット。

002_20111229075010.jpg   001_20111229075748.jpg

お勧めはこれ↓

忘れ雪忘れ雪
新堂 冬樹

角川書店 2003-02
売り上げランキング : 415870

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



お正月準備が捗りました。
飾り付けをしていると、"あぁ・お正月が来るな~""子供のころはちょっとワクワクしたなぁ~"なんて思いだして。
今日はお天気の崩れる前に、浜の町に住む母のところへ"お惣菜"をお届け。

おせちあれこれ

♪もう~ い~くつ ね~る~と~・・・♪

・・・なんて、子供のころはお正月が待ち遠しかったような・・・

001_20111227170923.jpg


街中のあちこちでは門松が飾られ、お正月を迎える準備に忙しそうです。
各家庭ではそろそろおせちなどの準備も。


"おせち"は年神さまへのお供え物、家族の幸せを願う縁起物のお料理。

"年神さま"   年神の「トシ」とは、実は、「稲や稲の実り」を意味する語なのです。そして、稲の実りのサイクルを一年とすることから、「トシ」は「年・歳」として一年を表す語になったのです。ですので、年神は稲の神さまであると同時に、「年・歳」を回す神さまとしての神格もお持ちなのです
ー葛木御歳神社公式ホームページ よりー



 "おせちあれこれ"

        蒲鉾     日の出の象徴の蒲鉾は、紅はめでたさと喜び、白は神聖を表す

        黒豆     「まめまめしく」暮らせるように、健康長寿の願いが込められている

        田作り    豊作を願い肥料として田に撒いたことから

        栗きんとん  黄金色に輝く財宝に見立てて、豊かな一年であるように

        伊達巻    伊達者(シャレ者)がまとうドテラに似ていたから



"縁起ものあれこれ"

       門松    新年を迎える際、年神さまが降りてくるときの目印
 
       お年玉   年神さまから新年にさずかる「新しい魂」が語源 
              お供え餅を子供たちに分けたのが始まり

       祝い箸   片方は人が、もう片方は年神さま使うために両端が細くなっている

       お屠蘇   邪気を払い長寿を願ってのむ薬酒

       寿留女   幸せな家庭を作る女性のこと
              寿  長寿と幸福
              留  嫁ぎ先に留る
              女  良き妻であるように
             
             (いまどきの女性からは敬遠されそうなスルメですね)

クリスチャンではないけれど・

010_20111224185619.jpg
千葉在住の古い友人から届いた絵手紙

イブに合わせて送って来るなんて嬉しい

そして釧路のyumiさんからはこんな素敵なプレゼントが届きました

001_20111224185638.jpg
ハイジパンセットですって!

クリスマスにピッタリね
嬉しい

食卓が華やか

009_20111224185619.jpg
頂いたハイジパン・チーズにプチトマトを添えて  蒸し牡蠣 マリネなどと

とろりとしたチーズもパンもとっても美味しいハイジパン
ワインが一段と美味しいわ
ワインは好みのドイツ白ワイン

クリスマスソングを聴きながら、幸せ気分のハマナスです


もうひとつの幸せ気分。

006_20111225071317.jpg
木に成っているようなワシたち


今日浜の町へ行く途中、ワシたちが一段と増えていました。
この木に止まっているほかにも、10羽くらいいました。

冬至

24節気の冬至、昼がもっとも短い日。
短い日をお陽さまは目いっぱい照らしてくれています。


006_20111222184150.jpg
昨日21日の日の入り 15:50    今日冬至は 15:51
  

「一陽来復」
今日から「畳の目ほど日が延びていく」と思うと、厳しい冬も乗りきれそう!

001_20111222184149.jpg


風邪予防に、付き物のカボチャを煮て頂きました。
ホクホクと美味しいんですよ!
入院している叔母にも、カブの即席漬けとお届け。

002_20111222184149.jpg   003_20111222184149.jpg

お抹茶を点てて、お菓子はカボチャのおまんじゅう。
カボチャ尽くしです。

柚子湯にも入らなくては。
3個、198円とお買い得柚子です。

厳冬師走

師走に入り、例年になく連日寒い日になっています。
この一週間ほどはマイナス20度近くまで下がる日々。
冷凍庫の中で暮らしているような・
でも、日中は真っ蒼な空が広がり、しばれる中にも爽快さがあります。

この寒さの中、いつもの仁頃山に行ってきました。

霜の華はとってもキレイ!

002_20111222074911.jpg
麓の小川の岸に出来た霜の華


雪もかなり深くなり、7合目(800m近く)付近では、1m程の積雪。
仁頃山愛好会の方による積雪表示の取り付け

006_20111222074911.jpg

021_20111222075000.jpg 最高到達点 06年、4m


動物たちが忙しく動き回る様子が微笑ましい。

023_20111222075000.jpg 010_20111222074911.jpg 008_20111222074911.jpg
ウサギさん             野ネズミ           山スキーで下りた跡


山頂からの眺望は少し霞んでいます。
気温マイナス10度は寒いけれど気分爽快。

013_20111222075635.jpg
 
015_20111222075936.jpg   016_20111222075935.jpg
我が街は白い世界          サロマ湖も穏やかに見えています


033_20111222074959.jpg

北国の蒼い空が眩しい日でした。

しばれるオホーツク沿線

連日マイナス15度以下まで下がっているオホーツク。
日中も氷点下の気温で道路は凍りついてガリガリ!
只、晴れの日が続いて日当たりの良いところは舗装が出て、かなり走りやすい。

003_20111219090734.jpg
雲の下はオホーツク常呂町   キンと冷えて気温マイナス5度くらい

052_20111219090826.jpg 010_20111219090733.jpg 011_20111219090733.jpg
灯台も凍りついて          網走嘉多山付近

湖沼・河川の結氷が一段と進んでいます。
川の隙間を狙って、オオワシ・オジロワシ。
18日はオジロワシも仲間入り。

082_20111219090928.jpg
オジロワシ アイヌ語名 オンネウ(老大な・もの)

024_20111219090826.jpg
これは番いかな・

080_20111219090928.jpg
ひょうきんな顔のオオワシ アイヌ語名 かぱッチリカムイ(ワシ・神)

078_20111219090928.jpg 
悠々とオオワシ
蒼い空に羽を広げて雄者ですね。

083_20111219090952.jpg
オジロワシの幼鳥でしょうか・


冬至を前に午後から出かけると、夕暮れはすぐ。

021_20111219090832.jpg
女満別メルヘンの丘 12/18 15:34

065_20111219090826.jpg

073_20111219090929.jpg

おとぎの国のような・・

夜の空には満天の星の輝き

そして地上には電飾輝くおとぎの国のようなお家


シバレる夜のファンタジー

023_20111216212431.jpg

016_20111216212418.jpg

018_20111216212418.jpg

020_20111216212418.jpg

015_20111216212418.jpg

022_20111216212417.jpg
サンタさんのお家かな?

今年は更にバージョンアップした、ご近所のお家でした。

師走半ばの風景

師走も半ばの14日。
赤穂四十七士の討ち入りの日でしたね。

時代劇も少なくなり、14日赤穂浪士に係わるTV放映は、時代劇専門チャンネル以外はなかったような。
昨晩は「FIFAクラブワールドカップ」柏レイソルの試合がありましたから、こちらの方が気にはなりましたけれど。
時代劇ファンとしては少~~し寂しい感じ!


14日朝、オホーツクは順調にシバレておりました。
浜の町へ行く途中の川沿いは、川霧がモクモクとした樹氷に育って綺麗でしたね。
冷え込みが続いていますので、上流から流れて行く氷は下流に集まり結氷し始めています。

001_20111215062832.jpg

044_20111215063010.jpg
川の隙間を狙ってオオワシが


淡水の網走湖も結氷が進んでいます。

005_20111215062832.jpg

029_20111215062926.jpg
氷の上にエゾテンの足あと


隙間の水辺には多くの水鳥が賑やかです。

008_20111215062831.jpg

007_20111215062831.jpg 白黒の鳥はホオジロガモ


仲睦まじいカモたち 

036_20111215063011.jpg   037_20111215063010.jpg

035_20111215062925.jpg   034_20111215062925.jpg


こちらにもオオワシの見張りが

046_20111215084930.jpg

   031_20111215062926.jpg


女満別メルヘンの丘も白一色に。

015_20111215062926.jpg


016_20111215062926.jpg

穏やかな師走、そして元禄15年12月14日赤穂四十七士討ち入りの日でした。

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます