2012-04

シマリスさんお目覚めですか?

早朝は一桁ひんやりの空気も、日中は25度近くにもなって暑いくらい。
絶好の山歩き日和り。
休日とあって登山口駐車場には車がズラリ、多くの人たちで賑わった市民憩いの仁頃山です。
私も久々に歩いてきました。

5日程前は氷があったダム湖もすっかり夏模様。
山野草も新顔が加わり賑やかになってきました。

040_20120430215957.jpg
桜の蕾は少しほころんだ感じがします

014_20120430214742.jpg 033_20120430214742.jpg 008_20120430214743.jpg
エンレイソウ            キバナノアマナ          ミヤマスミレ

036_20120430221652.jpg  031_20120430221601.jpg
ネコノメソウ             懐かしい若葉  



中腹から上はまだ、処々雪深いところがあります。
今日は暑かったので、この雪は気持ちの良い清涼剤。

028_20120430215334.jpg 7合目付近

022_20120430215333.jpg 頂上直下

元気なおチビさんたちに会いましたよ。

027_20120430215543.jpg
お父さん・お母さんは後ろから汗だくで

025_20120430221602.jpg
賑わう山頂


この山に住むシマリスさんこんにちわ!お目覚めのようですね。
歩く足元すぐ傍にいたのでびっくり! 驚かしてしまいましたね。

030_20120430215958.jpg

スポンサーサイト

旬の味

連休初日、今日は暑い!と感じるほど気温も上昇。
4月後半の好天で、春の味覚アスパラガスが出来ています。
この時季はまだハウス栽培。
露地栽培はあと半月くらい後でしょうか・

こちら 津別町のティエラさんでは、立派なアスパラが育っております。
少し買い求めて参りました。

038_20120429054414.jpg

020_20120429054605.jpg ビニール越しにハウスの中でアスパラ


みずみずしくて美味しそうですね。
茹でて・バター炒めにして・天ぷらにも。
ビールのお共に良さそうですね。

039_20120429054414.jpg

013_20120429054505.jpg
そして海からの旬は毛ガニ


この好天で花が目に入ってきます。

014_20120429054412.jpg
黄色い水仙

018_20120429054411.jpg
野草のオオイヌフグリ


ミズバショウも満開状態

030_20120429054444.jpg


空は蒼く

023_20120429054410.jpg

海も碧く

010_20120429054413.jpg

大地は活気に満ちて

034_20120429054443.jpg
特産のタマネギ移植機


5年を過ぎて

今月末で乳がん手術から5年が過ぎます。
月初めにMRIなどの検査をした結果を、先日の受診日に聞いてまいりました。
特に異常は認められないというDr.のお話でした。

あまり気にしてはいなかったけれど、やはりホッとした気持ちがありましたね。
もう5年、速かった~
最初の1,2年は「再発」という言葉がチラチラと心をかすめていたけれど
日に日に薄れて行く感じがします。


今後の治療方針としては、投薬は一応お休み。
3ヶ月毎のマーカーなどの血液検査を当分の間。
一年毎の全身検査は継続。
・・などを、お医者様と確認しました。

治療方針を患者自ら決める時代に入ったとは言え、自分で決めることは難しいことです。
多くの情報を集め目にしたとしても、どれがベストなのか判断なんてできないですし。
せいぜい2,3の質問をするくらいで、お医者様に頼るのが多くの方の現状ではないでしょうか。
(当初は質問すら解らなかった^^;)


ガンという病気になって、見えてきたことがいろいろあります。
自然も人も愛おしく思える・
いのちの本を少し読むようになった。
死に対する不安というもが薄れつつある。

先のことは解らないけれど、淡々と日々を過ごして行けたらと思っております。
もし再発しても(他の病いになったとしても)"必要以上の治療はしない"

そんなことを考え、5年前4月26日手術の麻酔から覚めたとき、雪が降っていたなぁ~と思いだしています。
周りの人々に支えられ無事に暮らしてこれた事に感謝です。


今日は春を通り越したような陽気。
少し遅め、エゾムラサキツツジが咲き出しました。


096_20120426185135.jpg

山の麓での出会い

このところ20度近い気温が続き、山も麓から雪がどんどん融けています。
今日も風が無くふんわりと暖かさに包まれ過ごしやすい日。
山友サッちゃんと仁頃山の麓散策に行ってきました。


山の麓のダム湖の氷も間もなく融け落ちそう!
岸辺の水面には今年もオシドリがやってきています。

011_20120425203045.jpg
飾り羽のデスプレイが美しい♂

警戒心が強くなかなか近づいてくれません。
望遠でもちょっと遠い!

他にアオサギ、カモたち。
木々の間を飛び回るカラ類やキツツキの仲間など。
賑やかな囀りと雪融けの水音が心地よく響いてきます。

012_20120425203121.jpg
灰色の夏羽に変わりつつあるアオサギ ♀♂同色


雪融けの進んだ麓の路傍にはお馴染の山野草。
今年も嬉しい出会いです。

009_20120425203123.jpg
エゾノリュウキンカ

002_20120425203044.jpg
ヒメイチゲ

007_20120425203040.jpg
ナニワズ

010_20120425203122.jpg
ニリンソウ


そして久々にお遭いしたエゾライチョウのライライちゃん。
一心にお食事中です。

004_20120425203043.jpg

005_20120425203042.jpg

006_20120425203041.jpg
目のふちが赤いのは♂ ムチムチとセクシー


登山道はいつの間にか雪解けが進んで、。

明日からも初夏のようなお天気が続くということで、
雪がなくなるのも間もなくということでしょうか・

雪融け初探鳥会

日曜日は今年度最初の探鳥会。
すっかり雪もなくなった当地市内の公園で行われましたので、移動も楽々友人と参加です。
うす曇りでしたが、朝早くでもまぁまぁ暖かな日。


今年度はこんな出席カードができ楽しみもあるとか・

001_20120424080023.jpg
全24回中 何回出席できるかな?

私の野鳥観察必需品

005_20120424113304.jpg 004_20120424113306.jpg 003_20120424113305.jpg
図鑑・双眼鏡             野鳥の会オホーツク支部ロゴ入り手帳
                   しっかりした厚手の表紙で野外でも書き込みやすい


公園には殆ど常連と言える野鳥たち。
変わった鳥さんもあまり現れません。

001_20120424074129.jpg


専ら公園に住んでいるエゾリスの追っかけで遊んできました。

006_20120424074128.jpg

021_20120424074202.jpg

この公園には、7~8匹のリスたちが住み着いているそうです。
木立の枝から枝へ、忍者のように飛び回って身軽です。

一時間半程で15種あまりの鳥さんを確認。
次回の開催を確認して解散です。


時間も早く、緑のセンターに咲くエリカの花を見に行きました。

023_20120424074127.jpg

029_20120424074126.jpg

青い海は見えないけれど・・

 あ~お~い うみを み~つめて~         
        い~ずの や~まか~げ~に
         エ~リ~カの はなは~   
          ・・・・・   

  エリカの花散るとき 思い出しますね~♪ 

春の妖精たち

寒い寒いと言っていたことも、雪融けが遅い遅いと言っていたことも、いつのことだろうかと思うくらい季節は急速に流れています。

土曜日の今朝は霜で白くなっていたけれど、日中は春爛漫の陽気♪
"お出かけ虫"がムズムズです^^;
そろそろかな?と、あちこち巡ってみましたら、春の妖精たちが可憐な姿を見せていました。

023_20120421195613.jpg

026_20120421195252.jpg
一面に咲きほこるアズマイチゲ

007_20120421195249.jpg

002_20120421195251.jpg
ポツポツ咲き始めたエゾエンゴサク

白い妖精ミズバショウもそろそろ

053_20120421195716.jpg

054_20120421195715.jpg

044_20120421200915.jpg
網走呼人にて

003_20120421195250.jpg
福寿草もまだまだ元気です。

スプリングエフェメラル、春の儚い花たちです。

湖の氷も急速に落ちて碧い水面(みなも)が戻ってきました。

019_20120421195613.jpg
能取湖

069_20120421195741.jpg

041_20120421195718.jpg
網走湖


アオサギも暖かくなりノンビリです。
嘴がピンク色の婚姻色に

049_20120421195717.jpg

白鳥たちは渡りの季節、北帰行ですね。
V字形に列を調え、啼きながら空の彼方へ消えて行きました。

011_20120421195616.jpg 014_20120421195615.jpg 057_20120421195614.jpg
白鳥の群れ
009_20120423063100.jpg
ヒシクイの群れ


農作業も始まり、北の大地は活気に満ちてきました。

047_20120421200631.jpg

我が街

雪融けも進んだ4月半ばを迎え、我が街では「冬垢一掃」大掃除がが町内会毎に行われます。
冬の間滑り止めに撒いたビリ砂利・雪の下から現れた落ち葉・ゴミもろもろの清掃です。

雪融けと共に出てくる道端の空き缶・ビンなどのゴミは悩ましいものです。


19日は私の住む町内会の一斉清掃。
早朝6時、其々掃除道具を携えて公園に集合です。

005_20120420054827.jpg
先ずは町内会長さんの挨拶

011_20120420054825.jpg
お掃除隊は殆どシニアの皆さん^^;

落ち葉など燃やすごみ・燃えないゴミ・ビリ砂利と選別して掃除を進めます。

005_20120420055719.jpg

001_20120420054932.jpg

ビリ砂利は回収されます。

003_20120420055012.jpg
日陰にはまだ雪が!


町内はスッキリ綺麗になり、花の季節を迎えられそうです。
町内会で作っている花壇に、チオノドグサが咲いていました。

012_20120420054824.jpg


001_20120420055013.jpg


私の住む町内会は秋まで、毎月定期的に大掃除が行われます。
きれいな街に住むのは気持ちの良いことですね。

患者会 「サロン ほほえみ」

「サロン ほほえみ」は、がん患者や家族の交流の場として、平成21年2月に北見日赤病院のソーシャルワーカーさんが中心になって起ちあがり活動を続けています。
それぞれが抱えている不安や悩み、病気を通じて経験したことなどについて、お茶でも飲みながら皆さんと一緒にお話ししましょう!という趣旨です。

専門分野の方の講演や勉強会、時にはミニコンサートなどもあって有意義に活動をしています。
サロンは日赤病院の看護専門看護師さんと、ソーシャルワーカーさんが毎回アドバイザーとして出席しています。

私は当初から参加していますがもう3年が過ぎたのですね~
時々休んだりして出席率は60%くらいかな

004_20120418182033.jpg
お茶を頂きながら和やかに!
006_20120418182032.jpg


今月もボランテアの方によるリンパマッサージがあり、私も2回ほど腕のマッサージをして頂きました
(マッサージをすることにより、リンパ液の流れが良くなる)
手がすべすべになり軽くなりました o^^o

002_20120418182034.jpg

症状によってはリンパ節郭清をする場合があり、後遺症で浮腫みが出ることがあります。
日常生活に支障をきたす程の手足の浮腫みが後々にでることもあり、そうなると大変なことです。
私は利き腕のリンパ節を郭清していますので、少しは気になる時があります。

サロンには初めて参加される方もおりますが、すぐ打ち解けて和やかにお話の輪に入っていきます。
皆さんのお話を聞いたりまた自分のことを聞いてもらったりと、同じ病気を有するものとして理解しあえることや安心感のようなものがありますね。
そして趣味のお話しで盛り上がったり、みなさんとても明るくお元気!
結構深刻な病状の方もおりますが、あの明るさ・元気さは何処からくるのでしょう・

第三水曜日はサロンの日。
馴染みのメンバーさんたちとの語らい、そしてまたニューフェイスさんも。


朝は静かな春の雨。
日毎に暖かくなって行くのでしょうね。
庭のクロッカスがお陽さまを待っています。

007_20120418182030.jpg

ドライブ日和

連日心地よいお天気続きのオホーツク。
今日(15日)も絶好のドライブ日和。
実家へ行くついでというよりついでに実家へ、と言った方が合っているかもしれない本日のドライブ。
先週行きそびれた川湯温泉から網走回りで常呂へ向かいました。


山並はスッキリ間近に迫って見えました。
美幌峠ではパラグライダーを楽しむ人たち。
鳥になった気分ですね。

015_20120416061055.jpg

012_20120416061057.jpg

147_20120416061248.jpg


峠を下って屈斜路湖では氷の開いたのを待ちかねてカヌー遊びの人たち。

030_20120416061054.jpg

屈斜路湖は温泉が湧き出て温かなんでしょうか・
かなり氷が融けて水面が見えています。

042_20120416061053.jpg
山並が湖面に写ってきれいですね


この辺り、対側の路沿いに福寿草が群生しております。
お陽さまに向ってキラキラ輝いていました。

097_20120416061251.jpg

145_20120416061250.jpg


鳥たちもこの暖かさで賑やかです。

148_20120416061247.jpg 054_20120416072948.jpg 061_20120416064736.jpg
アオゲラ               シジュウカラ赤ちゃん       お昼寝中 仔馬さん


温泉でひと休みして摩周湖に向いました。
まだ氷は落ちていませんが、融けるのも間もなくでしょう。

048_20120416061155.jpg
湖面の氷が波々して見えます


小清水「ポテト街道」からは斜里・知床連山が鮮やかに見えていました。
網走沿岸からもとてもきれいな姿を見せています。

066_20120416062346.jpg

074_20120416061153.jpg


網走湖は淡水でまだまだ立派な結氷状態。
能取湖・サロマ湖は海水が入るので湖面は融け出し、水鳥が少し戻ってきています。

080_20120416061150.jpg

141_20120416064900.jpg ←↑サロマ湖にて


大きくなったフキノトウ、水溜りに映る白樺に春たっぷりのドライブでした。

078_20120416061152.jpg

079_20120416061151.jpg


茶道春季研究会

私の所属します茶道裏千家北見支部では、春・秋と毎年2回研究会が行われます。
京都裏千家から講師の先生においで頂き、いろいろなお点前の指導を受けます。
今回春の研究会は、13,14日とお天気に恵まれ春らしい陽射しの中で行われました。

前日からの準備と後片付けまで大忙しです。
一般に使われている江戸間サイズの会場の畳に、少し幅の広い京間サイズの畳を敷き詰めての会場作りからです。

003_20120415071013.jpg
(一畳 江戸間 = 880mm×1760mm  京間 = 955mm×1910mm)

常は江戸間サイズでお稽古している方が殆どと思いますので、講習会では京間サイズでちょっと歩幅が違ったりしますね。
私は京畳の方がお点前がしやすいです。


今時のオホーツクは花の途切れるときで、担当の方は床のお花にも苦労したようです。

005_20120415071012.jpg
ミズキとシランでスッキリと入れられたお花


両日、基礎の割り稽古から少し上のお点前盆点まで、初級から中級まで8科目の講習でした。
歩き方から立ち座りまで、基礎中の基礎を教えて頂き大変有意義な講習でした。

お点前も慣れてくるといつの間にか自己流になってしまいがち。
改めて基本に忠実に、キレイなお点前を心がけたいと思いました。

講師の先生にお点前を見て頂くのは皆さん緊張しますね。
そして着物で長時間の正座は慣れていても疲れました^^;

008_20120415073514.jpg
2日目 ハマナスの着物 利休緑の万筋


お茶に係わっていた連日は暖かくとてもお天気が良く、昨日夕郊外の田園を通りかかりましたら
雪解けが急ピッチで進んだようでビックリです!

024_20120415071010.jpg

025_20120415071009.jpg
先週はまだ真っ白だった畑が青々とした大地に


今朝(15日)も赤々とお陽さまが家の窓にも写って昇ってきました。
気温も15度を超えそう!

002_20120415071008.jpg


«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます