2013-04

このお天気じゃ・・・Ⅲ

青空が恋しい!
オホーツクにはこんな空がお似合いなんですけれど

DSCN8285.jpg
-4月25日の空ー

昨日29日は「昭和の日」というんですね。
カレンダーで確認しないと"何の祭日?"なんて^^;


前日の雪はまだ消えていません。
畑作業も開店休業中。
植えられた苗は雪に埋もれて見えません。

DSCN8334_20130430055333.jpg

DSCN8335.jpg
玉ねぎ苗の移植作業機 ー端野にてー


この雪、内陸部で多く浜の町に近づくと殆どありません。
白鳥たちはまだご滞在の様子。

DSCN8338.jpg

DSC_2998.jpg

CSC_3031.jpg
若い個体のようです

何時北へ帰るのでしょう・
寒いながら、麦は青々と育って美味しそうですね♪
農家の方はおおらかに見守っている?感じがします。。

浜は強風!
風に向かってカモメたちがお行儀よく並んでいます。

DSC_3023_20130430061142.jpg

CSC_3036.jpg

CSC_3035.jpg
頭が黒く夏羽になっているユリカモメ


風が強くてあまり鳥たちを見かけなかったですが、運転途中にチラリと!

ダイサギでしょうか
真っ白い羽がキレイです。
車のスピードを落としただけで、遠くに逃げてしまいました。

CSC_3033.jpg

CSC_3029_20130430085350.jpg 空に舞うノスリ

羽を広げている姿はあまり観たことがないので、”きれいだなぁ”と暫く見惚れていました。

5月連休明けまで好天は期待できないオホーツクです。
スポンサーサイト

このお天気じゃ・・・Ⅱ

天気予報がばっちり当たっています。
昨夕からの雪は今朝もちらついています。
10cmは積もりましたね~

DSCN8308_20130428082640.jpg

DSCN8309.jpg

DSCN8310.jpg


今日から園芸市が始まったので出掛けてみました。
やはりこのお天気ですから、人出は少ないですね。

会場は例年のサンドーム。
昨年より出展店が少なかったですが、それでも会場は色とりどりの花がいっぱい!
見ていて楽しいですね♪

DSCN8311.jpg

DSCN8312.jpg



午後から、寄せ植えと食用ホオズキの育て方の講習が、園芸店フラワーマスターの方によりあり参加してみました。
花の苗(食用ホオズキなど)のプレゼントもありました。

DSCN8326.jpg

DSCN8317.jpg

DSCN8320.jpg

DSCN8324.jpg

パンジーの寄せ植えハンギングの実演がありました。

* 目線より少し下に吊るす
* 必ず白い花を一株加える(奥行きがでるそう)
* 表面をミズゴケで覆う

こんなアドバイスがありました。
聴いてみると”なるほど”です。

お天気が落ち着いたら、少しずつ庭も手入れしなくては・

このお天気じゃ・・・

今週は暖かな日が続きました。
エゾムラサキツツジも咲き出しました。
例年より少し遅めでしょうか・

DSCN8297.jpg

DSCN8289.jpg

DSCN8291.jpg
ヒヤシンスも咲きそう


先日、雪解けとともに街じゅうの大掃除が町内会ごとに行われました。
冬の間に撒かれたビリ砂利や雪解けで出てきたゴミの一斉清掃です。

私たちの町内会も早朝6時公園に集合。
気温は氷点下ギリギリ、1時間弱の大掃除でしたが寒かったです。

IMG_1201.jpg

IMG_1202.jpg

街じゅうがきれいになり気持ち良いですね。


明日からゴールデンウィーク前半という事ですが、当地の週間予報!

DSCN8299.jpg

このお天気じゃ・・・

週間予報はあまり当てになりませんから、好転を期待しましょう!

食べ歩き

あちこち出掛けますと目につく”

オホーツクには美味しい食べ物がたくさんあります。

カフェレストランやアイスのお店。
乳製品は其々に特徴があって、アイスのお店は暑い時はちょっと立ち寄りたくなります。

周りは酪農地帯。
こちらは寒かったけれど、温泉あがりに寄ってみた生田原のアイスのお店。
牛乳の味がしますが、意外とあっさり美味しいジェラートでした。

IMG_1179_20130422063135.jpg

IMG_1178.jpg


嘗て、買い求める人々で長蛇の列を誇っていた興部発祥の”生キャラメル”
今は少し人気が低迷でしょうか。
こちら生産のものをお土産として買いました。
キャラメルと云っても口に入れると融けちゃいますね。

IMG_1195.jpg


観光地にはおしゃれなカフェレストランが増えました。

網走流氷硝子館内にあるカフェ。
流氷をイメージした硝子の食器で出てくる、”流氷ランチ”は美味しくてきれいです。
パンには地場産野菜が練りこんであります。
野菜にかける薄いブルーのフレンチドレッシングにも流氷のこだわりが。

IMG_1160.jpg

IMG_1158.jpg


オホーツクの主要農産物に馬鈴薯があります。
馬鈴薯から作られた澱粉の”でんぷん団子”は小清水町の特産となっております。
私たち世代は子供のころよく食べていたものです。
つい懐かしくなって作ってみました。

道の駅で”金時豆”を買ってきて煮豆に。
常備してある澱粉に混ぜ、熱湯を加えて練り上げます。
フライパンで焼いてほくほくと。
煮豆の甘みが口の中に広がり美味しい!

DSCN8180.jpg

DSCN8179.jpg



山は曖昧な季節

日曜日夜からの雨が雪に変わり、月曜日の朝外は真っ白でした。
気温はプラス、時間とともに薄陽も射して雪は消えて行きます。
午後は晴れの予報でしたので、午前も遅い時間から仁頃山を歩いてきました。

先日の情報では、登山道3合目付近まで雪が消えているとのこと。
今日はまだ雪道だろうなぁ~”と思って、完全冬装備で出かけました。


登山道に着いた10時半頃、先行は車一台。
林道から雪道でした。
先行者5~6人の踏み跡があります。
ザクザクと融けかかった雪で足がとられます。
先行の方の踏み抜いた足跡を避け、少し楽して登り進みます。

DSCN8230.jpg

DSCN8231.jpg


青空が少しずつ広がってきました。
5合目休憩所は先行の方がきれいに除雪して下さったのね。
ちょっと休んで行きましょ。

DSCN8237.jpg

DSCN8238.jpg


中腹を過ぎるとだんだん雪が深くなってきました。
昨夜、山はかなり積もったようです。
山頂付近は30~40㎝くらいの吹き溜まり。

まだシュートカットの急登路を充分歩けます。
9合目標識の頭が出ています。
先月末から少し雪嵩が減ったでしょうか。
なかなか雪解けが進んでいない様子です。

DSCN8239.jpg

DSCN8241.jpg

DSCN8243.jpg
新雪の雪ロールがコロコロと


山頂はまだ吹き溜まりで雪深そう。
先行の方が休憩所の雪かきをしていました。
有難いことです。

DSCN8245.jpg


きれいな青空が広がってきました。

DSCN8247.jpg

DSCN8252.jpg
昨夜の雪でまた白くなっているわが街方面

DSCN8255.jpg
午後から登ってくる方がぽつぽつ


下山した2時近くには登山口付近は雪がかなり消えていました。
麓の水辺にはカエルさんの鳴き声も賑やか。

DSCN8266.jpg


DSCN8275.jpg      DSCN8262.jpg
柳の花を啄むヒレンジャク  エゾノリュウキンカが花を開きつつあります


DSCN8271.jpg

ダム湖は雪解け水の流れ込む岸の方から融けだしています。

早朝探鳥会

DSC_2933.jpg 日の出は4時31分

いつの間にか、日の出がずい分早くなったものです。

早朝と云っても8時ですから、もう日は高くなっています。
只、気温はまだ低いですね。
朝はシバレていました。

今年度の初探鳥会に参加です。
市内公園と近場でラッキー!

さて、鳥さんは見えるでしょうか・
日の出を見に行ったときには目の前に、カワラヒワ・アカゲラが。


予定時間になり公園の林の中に移動です。
この公園の樹木は大木で、鳥たちは高い梢に。
上を向いてばかりで首が疲れます。

鳥たちも遠い。
アカゲラが盛んに幹を突いて家造りをしていました。
大忙しです。

DSC_2954.jpg

DSC_2952.jpg

池にオシドリを発見!
こちらも遠くから観察。

CSC_2970.jpg

公園に住んでいるエゾリスがチョロチョロ。
おじさんからクルミを貰って大事そうに持って行きました。
木の陰で食べていましたよ。

CSC_2967.jpg

CSC_2966.jpg


日中はまぁまぁ暖かくなりましたので、一輪開くかな?と期待しましたが・・・
夕方は急速に気温が下がり寒い!
夜はまた雪

DSCN8228.jpg
庭のエゾムラサキツツジ


今日は21種の鳥を確認。
これから葉っぱが出てくると、だんだん夏鳥も増えていくでしょう。
山野草も咲き出し楽しみな季節です。

次々と春の儚い花たち

昨日の雪もすっかり融け、青空が広がる週末土曜日。
これと云った予定もなく、ぶらり温泉に出かけました。

昔~し、1~2度行ったことがある瀬戸瀬温泉に行ってみます。
国道333号線・丸瀬布瀬戸瀬から9㎞案内板に従い舗装路を山に入りますと、終点に温泉宿が一軒あります。
日帰り入浴は朝8時からと早く、500円と云うのも程々の料金。
前の方が出た後で私の貸切になりました^0^/

DSCN8216.jpg

IMG_1211.jpg


お湯は熱くて豊富、柔らかい感じがします。
露天はありませんが良いお風呂です。


周りは深い森林。
緑の繁るころは空気が美味しいでしょうね~
小鳥もチィ~”チィ~”と賑やかでした。

CSC_2931.jpg
シマエナガ

帰りはサロマ湖沿線廻りで。

湧別芭露では、日当たりの良い処から水芭蕉が咲き始めていました。
来週には見ごろを迎えそうですよ。

DSC_2926.jpg

DSC_2924.jpg

DSC_2902.jpg

DSC_2908_20130420175837.jpg
白い色が清楚ですね。


道の駅「サロマ湖」近くの道路沿いには、エゾエンゴサクが風にゆらゆらと薄紫の花。

DSCN8226.jpg

CSC_2929.jpg


春漁の船も順調に出ています。
今は、外海では毛蟹・帆立・桜鱒。
湖ではウニ漁も始まっているでしょうか。

DSCN8219.jpg 浜佐呂間よりサロマ湖

海・山とオホーツクも良い季節になって参りました。

4月20日は穀雨

穀雨
たくさんの穀物をうるおす春の雨が降るころ。
24節気の一つでこの季節が終わるころには”夏も近づく八十八夜”と歌われる夏の始まりです


作物にとって恵みの雨である春の雨にはいろいろな名前があります。
瑞雨    穀物を育む
甘雨    草木をうるおす
春霖    春の長雨
催花雨   開花を促す
菜種梅雨  菜の花が咲くころに降る
卯の花腐し 卯の花が腐ってしまうほどの長雨
百の雨   百穀をうるおす



今朝19日、オホーツクは雨ならぬ雪です。  
この時季には珍しいことではありません。
5月になっても雪が降ることはままあります。

気温はプラス2度ほどですが、温かな日が続いておりましたので寒いです。

DSCN8190.jpg
木立は雪の華

DSCN8196.jpg
雪を被ってチューリップの葉

DSCN8193.jpg
クロッカスは花を閉じて寒さを防御

エリカの花

市内、緑のセンター裏庭にエリカの花が咲いています。

DSCN8182_20130417164350.jpg

DSCN8184.jpg

薄紅色の小さな花がたくさん集まっています。

スプリングエフェメラル

春の妖精たち

代表の道東では少ない「カタクリ」はあと半月くらい先。

福寿草はあちこちで満開!

昨日はアズマイチゲを見てきました。

可憐に咲いていました。

DSCN8173.jpg

DSC_2889.jpg

CSC_2892.jpg
道東では多い アズマイチゲ


このところ急速に季節が進んで、水芭蕉もチラホラ咲きかけています。

野の花たちは、季節を逃さず忙しく咲き始めています。


ースプリング・エフェメラルー

春に葉を広げ花を咲かせ、夏になると地上部は枯れ、あとは地下で地下茎や球根の姿で過ごす植物。
「春の儚いもの」「春の短い命」と訳されるのでしょうか・
 代表的なものはキクザキイチゲ・ユキワリイチゲ・アズマイチゲ・イチリンソウ・ニリンソウ・
 フクジュソウ・ヤマエンゴサク・ムラサキケマン・カタクリなど。


«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます