2013-08

富良野マルシェ

27日・28日と子供の休暇に合わせ、一泊で富良野方面を廻ってきました。
お天気が良ければ富良野岳と思っていましたが、安定しない空模様で美術観賞と食べ歩きになりました。


27日はまぁまぁ程良いお天気。
順調に車は流れて米どころ上川盆地に入りますと、一面黄金色に色づいた田んぼが広がります。

DSCN9761.jpg
雲の中の旭岳

お昼は永山にある人気の蕎麦店「穂の香」さんへ。
寒さでは定評のある江丹別の蕎麦を使った、美味しいお蕎麦でした。

DSCN9748_20130829062915f23.jpg

DSCN9747_201308290629147db.jpg
私は温かなとろろ蕎麦を ダシの効いた汁は程良い味加減で美味しい

丘の町美瑛町では「西美の杜美術館」で、俳優榎木孝明さんの水彩画を観賞。
全国各地の風景を描いた水彩画は爽やかで素晴らしいですね。
オホーツクの風景も数点あり、身近に感じ見応えありました。

DSCN9767_2013082906350301b.jpg

DSCN9768_20130829063505023.jpg
廃校の小学校を改築した素敵な美術館

続いて昨年もお邪魔した、「美瑛印象派油彩の庭」で、絵画とガーデンを堪能。
素敵な女性館長さんが案内してくれます。
いろいろなお花が咲いています。

DSCN9772.jpg

DSCN9775.jpg

ガーデンハウスでは、ハーブティを頂きお花や手芸小物のお話が弾みます。
女性館長さん手作りの小物や、ドライフラワーリースが豊富に並んでいます。
グッドアイデアの「ラベンダーの香り」を求めて参りました。

DSCN9778.jpg DSCN9774_2013082906405566a.jpg DSCN9865.jpg
             四季咲きバラが多く咲いていました  リボンでくるんだラベンダー

美瑛の人気スポット「四季彩の丘」にも寄ります。
丘の町らしいうねりと、四季折々にお花畑がレイアウトされています。

DSCN9787.jpg 鮮やかなケイトウの花と十勝連邦

宿泊は十勝岳温泉に近い上富良野町の小高い丘に建つペンション「旅の宿ステラ」さん。
溜まったポイントを使って少しお安い宿泊です。
二食付きで一人6,000円。

DSCN9796_20130829064906aab.jpg

DSCN9797.jpg DSCN9808.jpg DSCN9807_20130829064910cb2.jpg


時間も早くチェックインをして、「フラノマルシェ」に向かいます。
「フラノマルシェ」は美味しいものを集めた富良野の食の市場。
富良野市では第2位の観光名所になっているそう。
平日でも賑わっていました。
ワイン・乳製品が人気です。

DSCN9801.jpg

DSCN9803_20130829065108d64.jpg

雲行きが怪しいと思っていましたら急な雨になりました。
帰り道ワイン工場にも寄ります。

工場見学もできますが、ワインの仕込みはこれから。
2階は売店や試飲も出来ます。

DSCN9804.jpg

ペンションに着くころ雨が上がり、夕陽も見えています。
十勝連邦が赤く染まって、僅かに虹が見えました。

DSCN9811.jpg 夕暮れの上富良野町

DSCN9814_20130829065554e54.jpg

DSCN9812_201308290655524b6.jpg

                                  薄く虹 ↑

夕食は薄暗くなり始めたころ、食堂に宿泊者が全員揃い和やかに始まります。
気さくなオーナーご夫妻も加わり、みなさんお話が弾みます。
お子連れのお隣国の旅行者もおり、アットホーム的なペンションライフです。
採れたて野菜や乳製品の、食べきれないほどのお料理。
珍しいものは作り方を教わります。

DSCN9805.jpg

DSCN9821_20130829070420de3.jpg
みんな美味しい! 夏野菜の含め煮のお味は絶品!

朝食も10品近く、お腹が・・・
ご近所の酪農家さんから調達しているという、搾りたての牛乳はとても香りよく美味しかったです。


2階に部屋を取った私たちは、夜中のゲリラ豪雨で眼が覚め寝不足気味。
雨上がりの朝はひんやり寒かったです。
ご親切なオーナーご夫妻のお見送りを受けペンションを後にします。

DSCN9824.jpg
雲の多い早朝
DSCN9827.jpg

折角ですから朝から入れるという温泉に向かいます。
十勝岳の麓は霧の中。

朝の時間帯という事もあって貸切でした。
気温は一桁くらいでしょうか、露天風呂は寒かったです。

DSCN9833_201308290706345be.jpg
霧に包まれたカミホロ荘

米どころ上川地方は、稲作から蕎麦・大豆作に転換するところが多く見られます。
白い蕎麦の花が広がる田園がきれいです。

DSCN9766.jpg 黄金色に広がる美瑛の田畑

DSCN9835_201308290711544bd.jpg
白い蕎麦の花


のんびりと温泉を楽しみ、旭川市に立ち寄り帰路につきます。
怪しげな雲は高速の区間で大雨でした。
疎らな車の流れで順調に帰った北見は晴れていましたが、夕方急に大雨。

間もなく晴れた空に薄い虹が架かりました。

DSC_4968.jpg

スポンサーサイト

無花果(イチジク)

花の無い果物と書いて”イチジク”
花が無いのではなく、果実の中に隠れているため見えないようです。
また、イチジクは古来より不老長寿の果物とされていたようです。

こちらのスーパーでは控えめに置いてありますが、殆ど手に取ることのない果物です。
そのイチジクが南国からたくさん届きました。

DSCN9716.jpg


ぷりぷり新鮮!
とろりとして甘く、美味しいです。

ちょっと小耳にはさんだので、天麩羅にしてみました。
美味!
お塩をパラッと振って。
ビールには絶品^^v

DSCN9727.jpg

左はズッキーニの天麩羅。
柚子塩が合いそう!

お茶仲間にもご馳走しましたら、珍しい!珍しい!と。
長生きできると喜ばれました。
私はたっぷり戴きましたので、みんなより更に長生きできるかも・・・^^;

ご馳走さまでした!

慈善茶会にて

葉月最後の日曜日、例年行われている慈善茶会に参加しました。
表千家流・裏千家流合同で、薄茶席・立礼席一席ずつ用意されます。
僅かですが、収益金は福祉団体に寄付されます。


今回は私たち社中は当番に当たっておりませんので、気楽に一碗を楽しみました。
昨晩からの雨が朝方には上がったようです。
今日も雨の予報がありますが、朝のうちは晴れて湿度が高く少し蒸し暑いです。

11時、お仲間と待ち合わせて会場の市民会館に。
会場に入って一分もしないうちに、いわゆる”ゲリラ豪雨。
怖ろしいほどの雨が2時間近く続きました。

タイミング悪く、駐車場の車から出られない人も。
時間帯が悪かったのか席入りは少し待つことになりましたが、雨も続いておりましたので丁度良かったかもしれません。

最初は表さんの薄茶席です。

IMG_1920.jpg

小棚を使ったお点前でした。
棗は近左の笹蒔絵吹雪。
茶杓は当代お家元の作、銘は「牧笛」
お床のお花は籠花入れに、女郎花・ウドの実・トリカブト。
トリカブトは根は毒草ですが、花は紫色が鮮やかで茶花に使います。
素晴らしいお道具組みでした。

お干菓子で、美味しい一服を頂きました。
お席の写真は残念ながら・・・


続いて裏は立礼席です。
お菓子はうさぎのおまんじゅう。
いつもの一服を美味しく頂きました。

失礼して写真を撮らせて頂きました。

IMG_1919.jpg
お道具取り合わせ

IMG_1917.jpg

IMG_1918.jpg
お床のお花はユウスゲ・シュウカイドウ

ユウスゲは躍動的でした。
もう、秋ですね。

2席を終わっても雨が強かったので、会場レストランで昼食を頂きました。
食事とおしゃべりをしている間に雨が止みましたので、急ぎ帰ります。

あちこちで大雨の被害が出ているようです。
異常な雨の降り方でした。

今年はどうも気候がおかしい感じがします。

名水点て

裏千家茶道の点前の一つに「名水点て」があります。

名水を茶の湯に使用することは、昔からさかんに行われていました。
特に京都は地下に水源があり水が豊富です。
裏千家今日庵には「梅の井(うめのい)」という井戸があり、こちらはお茶に最も適した水とされています。

名水点ては、夏のお点前として行われます。
水指には木地の釣瓶を使用します。
釣瓶は井戸水を汲むツルベです。

お客さまはこの水指にシメ飾りがあれば名水と解ります。
名水点は、濃茶で戴くのが相応しいのです。

DSCN9657_20130818145716a41.jpg


先日のサークルでは名水点てをしました。
水は市内の若松湧水を汲んできました。

DSCN9607_20130818145714dd4.jpg

DSCN9608_20130818215010936.jpg


お水の美味しさは、お茶で頂くと一番分かる感じがします。

DSCN9663.jpg


お茶を点てる前にお客から名水の所望がありますので、先ずお水を皆さんで味わって頂きます。

IMG_1903.jpg

DSCN9659.jpg


続いて濃茶を頂きます。
主菓子は初秋(齢草)
濃茶は一碗を連客で回して頂き、飲み口は茶巾で清めます。

IMG_1900.jpg

IMG_1905.jpg

蓋置・柄杓を水指に飾り点前を終わります。

IMG_1908.jpg


しめ飾りを外すと、水指が釣瓶のお点前になります。
こちらはお薄で。

IMG_1913.jpg

DSCN9661.jpg

お菓子は頂いた京菓子などを。
いろんなのがあってきれいです。



メガソーラー

諸処の事情で電気料金が値上げになるという。
太陽が燦々と降り注ぐオホーツク。
広い土地に、太陽光発電が眼につきます。

最近稼働を始めたメガソーラーが、当地「モイワ・スポーツワールド」の隣にできました。

メガソーラー・・・・・1メガワット(1000キロワット)を超える大規模な太陽光発電施設のこと


DSCN9968.jpg

DSCN9969.jpg

DSCN9974.jpg この日はちょっと曇り!


詳細は認識不足ですが、どのくらいの電力を作ることが出来るのでしょう。
個人の家でも、ソーラー発電を付けているところがぽつぽつとあります。

DSC_4842.jpg


湧別方面は酪農家の個人住宅にソーラーパネルが目立ちます。

紋別市でもメガソーラーが複数個所建設中です。
こちらは間もなく完成の様子。

DSCN9635_201308171438094ff.jpg

DSCN9636_201308171434152b6.jpg

DSCN9638_20130817143420684.jpg

他にも常呂森林公園、湧別町に建設されています。

自然を利用するのはクリーンで良いですね。

暑かった! 紋別市

朝のうちに用事を済ませ、11時過ぎオホーツク沿岸の紋別市に入りましたら、青空も出て”暑い~”
今日は内陸の北見市より海岸線の方が気温が高かったのですね。
33度と表示されていました。

久しぶりの紋別コムケ湖です。

DSCN9626.jpg

時間帯が悪いのか水鳥は殆ど見当たらず、あちこちにアオサギの群れ。
湿地で群れを成すサンゴ草が薄紅く色づいています。

CSC_4906.jpg

CSC_4905.jpg

DSC_4885.jpg

昨年はフラミンゴで賑わった湖も今はひっそり静か。
海岸線で行き交わしたのは、オートバイの一人のみ。

夏の名残、カワラナデシコ・キタノコギリソウ。

DSC_4883.jpg 海岸沿い向こうは紋別市

DSCN9630.jpg 昨年はフラミンゴで賑わった湖

DSCN9629.jpg
キタノコギリソウ

紋別市内の味処、人気のかまぼこ店によります。
種類も豊富で揚げたては美味しいのです。
店内はとても混んでいました。

DSCN9632.jpg

DSCN9650_201308162131174cb.jpg

少しお腹を満たし温泉で汗を流していきましょうか・
今日寄ったところは市内中心地にある「紋太の湯」
スーパーやレストランなどが併設され便利そうです。
今年3月にリニューアルしたそうで、フロント休憩所などは広くとてもきれいです。

IMG_1879.jpg

お風呂も広く快適、露天風呂は解放感があり気持ちが良いです。
お湯は無色透明、入浴料は650円。
開店間もなくで空いていました。

IMG_1875.jpg IMG_1874.jpg IMG_1871.jpg


午後、帰りの海岸線道路はところどころ雷雨でした。
北見市は雨は降らなかったようで、海岸線より涼しく感じました。

お盆も今日まで。
庭で採れた野菜でお惣菜を。
精進料理っぽいですね。

ゴーヤのお浸し・ササゲの胡麻和え・甘辛味噌シソ巻き・胡瓜の一夜漬け
自家製梅酒も


DSCN9644.jpg

初収穫のゴーヤは薄くスライスしてサッとお湯を通し、削り節をかけお浸しに。
採れたては苦みが強いですけれど、美味しいのです。

DSC_4880.jpg

日照り続きで胡瓜が不作です。

霧けぶる空

先週末来、待望の雨でやれやれと思っていましたら、湿っぽいお天気が暫く続きそうです。

13日は朝のうちに墓参。
市内を一望できる高台から 重たい雲に覆われた我が街です。

IMG_1826.jpg


雨の予報はなかったので、霧の山を承知で地元仁頃山へ。
芒越しに見える山はやはり霧に包まれています。

IMG_1868_201308140441584f6.jpg

先日来の雨模様も、農業用水ダム湖に水をたたえるには至っていないようで、かなり水位が低くなっています。

IMG_1835.jpg

このお天気と、お盆に入り登山者は少ないです。
管理車道駐車場には2~3台の車。
行き交わした方も常連さんが殆ど。

7月はご無沙汰していた仁頃山。
すっかり秋の気配を感じます。

IMG_1843.jpg

水を得て元気を取り戻した草木が迎えてくれます。

IMG_1836.jpg     IMG_1837.jpg
ツリフネソウ               キツリフネソウ

中腹近くなりましたらやはり、やはりガスが下りています。
この季節として

蒙霧升降す(のうむしょうこうす)という言葉があります。

立秋も過ぎて深い霧がたちこめる頃です。
春は霞たち、秋は霧けぶる空模様を表しています。


今日はそんな言葉がピッタリ!

IMG_1844.jpg

気温は20度少しくらいですが、湿度が高いので汗が蒸発しません。
暑いです!

登り進みますと一段と霧は濃く、樹木に被われた山道から樹雨がパラパラ。
木の葉に溜まった霧の粒が雨のように落ちてきます。

IMG_1846.jpg

ミストたっぷり!
暑いので気持ちが良いですが、こんな蕗の葉の傘をかざしましょうか・

DSCN9610_201308140440441d4.jpg

花たちもたっぷり霧の粒を含んで。

IMG_1850.jpg IMG_1852_20130814044352644.jpg IMG_1858.jpg
ヤナギラン            ヒメジョオン          ミソガワソウ  

IMG_1859_20130814044356b2d.jpg IMG_1838_201308140443008ef.jpg IMG_1848.jpg
笹の葉についた水滴      ルイヨウショウマの実     ツバメオモトの実

1時間15分ほどで着いた山頂には、先行者一組のパーティが休んでおります。
小学低学年と思われる男の子の一人が、”初めて登った”とアピール。
頑張りましたね^^♪

山頂眺望は全くなし。
少し先の鉄塔も霞んでいます。
気温20度、湿度78%。
体感的には気持ちが良いです。

IMG_1862.jpg

12時になっていましたので、軽く食事。
帰りも中腹近くまでは大粒の霧がぽたぽた。
汗と霧・樹雨で少し濡れましたが、気持ちの良い山歩きでした。


芒・山萩も彩りを添え、また季節が進んでいます。

IMG_1866.jpg

IMG_1865.jpg


戴きもの

珍しいものを頂くと嬉しいものです。

DSCN0273_20130806065228305.jpg

食材を利用して作ってみました。

黒豆ごはん・ズッキーニのステーキ・ちくわの肉詰め・ちくわ胡瓜の辛しマヨ和え
ズッキーニ入りの味噌汁にはカラシをちょっと添えて。
お勧め~箸休めの一品・新生姜の甘辛煮(ピンクの小鉢)

DSCN0298.jpg
黒豆ごはんは赤飯のような感じで とっても美味しいです

丁度良いお盆の精進料理になりました。


こちらも頂きもの各種手作りジャム3種。
ルバーブ ・ リンゴとルバーブ ・ ビーツ

DSCN0283.jpg
ヨーグルトにもジャムを少し添えて


ハーブ栽培が盛んな当地。
ルバーブのジャムが繁盛しています。
タデ科の植物で酸味があり、ビタミンC、カルシウム、繊維が多く含まれ美肌効果も期待できると言われています。

DSC_4817.jpg DSC_4818.jpg DSC_4816.jpg
ハーブ公園で栽培されているルバーブ               ズッキーニ


ビーツはビート(甜菜)と同じ砂糖大根。
リン、ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄、カリウムが豊富で、さらにビタミンA、C、ナイアシン、ビオチン、そして食物繊維も豊富に含まれているとの事。また体内に取り入れることにより、免疫力を高め、整腸作用、便秘解消、貧血予防などの効果もあるようです。

ビーツ
o0300023810318441823.jpg
  ネットから頂きました

終戦記念日の時期に因んで

オホーツクは2日ほど待望の雨。
映画を2本観て参りました。
今回の2本は、ヒューマンドラマで見応えありました。

終戦のエンペラー

あの戦争の責任はだれにあったのか。
第二次世界大戦、敗戦国の日本。

連合国軍最高司令官マッカーサー元帥のもと、実在したというフェラーズ准将を演じた俳優マシュー・フォックスと日本の要人を演じた俳優さんたちのやり取りは迫真の演技でした。
敗戦国の日本建て直しに向け、昭和天皇の戦争責任を問うという視点は、アメリカならでは作れた作品かなと感じました。
ただ、フェラーズ准将の恋物語は少し主張場面が多かったかなと・


少年H

実生活でもご夫婦である、水谷豊さん伊藤蘭さんが夫婦役で共演、降旗康男監督作品です。
無料試写会のチケットが抽選で漏れたので初日、自力で観て参りました。

妹尾河童さんの自伝的小説を名匠降旗康男監督がメガホンをとっています。
戦争という暗い時代を必死に生きる家族を描いた、笑いあり涙ありのヒューマン・ドラマです。

降旗康男監督作品はやはり良いですね。

食べ歩いた7月

何かと出かけることの多かった7月。
外食が多くなりました。
家ではあまり作ることのない、ディナーやランチです。


記憶にあるものをピックUP!

IMG_1590_201308022123005e3.jpg IMG_1526_201308022112216ef.jpg IMG_1527_2013080221225942a.jpg
札幌 ”Bホテル”にてディナー ☆☆ 美味しかったのはワイン


IMG_1780.jpg IMG_1786.jpg IMG_1777_201308022047571fb.jpg
網走湖畔 ”湖桜”にて ハーブとチーズのパスタ ☆☆☆☆  風景もごちそう・


IMG_1717_20130802211054cc7.jpg IMG_1721.jpg
 丸瀬布 ”マウレ山荘”にて  食べても食べても減らない具だくさん!冷やし中華   
                   でも 美味しい! ☆☆☆☆☆ 接客態度も含め満点!

DSCN9675_20130802214454e8e.jpg アイスは生田原にて


IMG_1710_20130802204703aea.jpg IMG_1707_20130802204701f92.jpg IMG_1706.jpg
釧路 ”和商市場”にて ご飯を持っているのは観光の方 
私たちはお寿司屋さんにて ”生チラシを” ☆☆☆


IMG_1680_201308022118121b7.jpg IMG_1677_20130802204621d6c.jpg IMG_1686.jpg 
IMG_1693.jpg 釧路 ”Pホテル”にて 7品の中華フルコース
                  ☆☆☆☆ 美味しかったです!


DSCN9962.jpg DSCN9959_20130802204755869.jpg
津別 ”らんぷの宿”にて スープカレー ☆☆☆ (温泉セットで1,100円) 


カロリーオーバーかな?
ごちそうさまでした♪

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます