2013-11

初冬の浜 あれこれ

冬型の気圧配置になると、道東内陸の当地は晴れて冷え込みます。
11月も終わりの30日の朝は冷え込みも強く、太陽柱が薄く見えていました。

DSC_0758_20131130183844ea6.jpg

頂いた柚子と里芋、採れたて新鮮です。
こちらでは柚子は高級品です。

DSCN0356_20131130183727f1f.jpg
葉っぱが付いています!

DSCN0358_201311301837298f5.jpg

里芋の煮物・なますに柚子をあしらって。
赤飯とともに持参、母と叔母と昼食を一緒に。

DSCN0412.jpg


午後はサロマ湖周辺に寄り道。
海岸周辺は雪は少な目、白鳥たちはまだ秋蒔き小麦の恵みを受けています。

DSC_0762_2013113018381587b.jpg

湖にも多くの白鳥たち。
今冬はいつ頃結氷になるでしょう?
あと少しの間でしょうか・

DSC_0768_20131130183815748.jpgサロマ湖栄浦浜にて

栄浦浜の隣、キムアネップ岬にも寄ってみました。
入り江になって浅瀬で波は穏やか、白鳥たちが多く集まっています。
白鳥たちは午睡の時間でした。

DSCN0259_20131130183645cd3.jpg

DSCN0261_2013113018364675f.jpg
眼は開いて寝るのでしょうか?


こちらはカモ類。
群れで飛び立つ様子は見事!

DSC_0742_2013113018364277b.jpg

DSC_0754.jpg
2時を過ぎるともう陽は傾いてくる

夕暮れ時、夕陽を受けて飛行機雲が茜色に輝いていました。

CSC_0779_20131130183812b73.jpg
スポンサーサイト

冬景色

24節気の小雪も過ぎ、明後日日曜日は早や師走。
大雪・冬至と続いて行きます。

昨日の雪はふわふわとして、この時季らしいきれいな銀世界になりました。
真っ蒼な空が広がります。

DSCN0396.jpg

DSCN0383.jpg



白い花のような雪は、雪の花・六華(りっか)・銀花(ぎんか)などと。

RSCN0404.jpg

木の枝などにふんわり積もった雪は冠雪(かむりゆき)
昔の人はそう呼んで雪を楽しんでいたと云います。
情緒豊かな表現ですね。

DSCN0398.jpg

DSCN0387.jpg

DSCN0380.jpg


朝は氷点下8度以下まで下がった当地。
道路は凍って怖!
歩くのも運転も緊張します。

DSCN0381.jpg

道路が凍りつくようになると、遠出も控えめです。
今年行ってみたいと思っていたところが3ヶ所、未決!
あぁ・雪が解けてから来年になりますわ~

山の後 温泉を楽しむ

日曜日、山から下りて向かったのは生田原の温泉 ホテルノースキング
生田原は今は合併で遠軽町になっています。

お昼時で、温泉はそれほど混んでいなくてゆっくりでした
こちらのホテルノースキングのレストランでは食事も美味しいです。
おにぎりを持参していましたので、レストランはパス^^;

近くのちゃちゃワールドに寄ってみましょう。
Xmas人形の飾り付けがあるというので、覗いてみました。

IMG_2232.jpg

IMG_2227.jpg
可愛いい海外のお人形が、沢山飾られていました

売店ではXmasグッズがいろいろ目を惹きます。
木で作られたオーナメントもかわいいのがありました。
藤城清治さんの影絵コーナーには、新しいカレンダーが並び存在感がありました。

暖かな陽が射しこむ休憩室も、木のお人形が沢山飾られて楽しいものです。
日曜日なのでお子を連れたfamilyが多かったですね。

IMG_2230.jpg


生田原はキノコ栽培と酪農が盛ん。
美味しい乳製品があります。
こちら ノルディックファームは人気があります。

IMG_2235_201311271224289ba.jpg

なんとなく・・アイスを食べたくなって寄ってみました。
クリとクルミが入ったジェラート。
粒々が香ばしく、美味しいアイスでした。
外は寒いので、車の中でヒーターを入れて食べます。

IMG_2245.jpg


その町の特色ある街路灯は車で走っていると目につきます。
わが街はどんなだったかしら?
近々観察してきましょう。

こちらの街路灯は可愛いピノキオ。

DSCN0354.jpg

初冬の仁頃山歩き

穏やかな初冬の日曜日24日。
雪は見えないですが仁頃山に行ってみましょう。
のち晴れの予報は午前は少し雲の多い山頂付近です。


今日は7ルートのコースから一番気に入っている行程3,05㎞の奥新道を歩いてみます。

DSCN0265_20131125081321707.jpg

DSC_7803_20131125081130c2b.jpg
林道を2㎞ほど入った2番コースを登ります

平日は登る人も少ないコースですが、今日の日曜日は賑わっています。
同じ登山口から、西尾根5,7㎞のロングコースに3人の女性が挑戦して行きました。

葉っぱを落とした冬木立の上から青空がきれいです。
落ち葉をカサカサと踏みしめ、15分ほど急登をジグを切って登って行きます。
背中に初冬の陽射しを受けて汗ばんできます。

DSCN0347.jpg

DSCN0270.jpg

尾根に上りますと遠くに鉄塔の山頂が見えます。
遠い!
大好きな尾根でちょっと遊んでいきましょう。
この辺りは夏はお花も多く、今は青々としたツルシキミ・ツルツゲ・石楠花が鮮やかです。

DSCN0276.jpg

DSCN0277_201311250814461df.jpg

DSCN0278_20131125081448d03.jpg DSCN0281.jpg DSCN0282.jpg

緑のまま越冬する小さな山野草も頑張っています。

DSCN0272.jpg DSCN0342.jpg DSCN0343.jpg

10月の台風の影響で、この辺りの大木もかなり倒れて痛ましい姿です。

DSCN0284.jpg

DSCN0287.jpg

遠くでコンコンと木を突いて小ゲラさんがお食事中。
アカゲラさんもキョンキョンと飛んでいます。

DSCN0340.jpg


5合目の分岐に出ますと山頂が近づきます。
ここにあるミズナラ三兄弟は元気でした~ ^^♪

DSCN0296.jpg

DSCN0292.jpg

高度を上げ山頂近くなりますと、登山道は霜で凍りついています。
雪もチラッと見えますが、雪のない登山道です。

DSCN0306.jpg

分岐の西尾根方面に真っ白い樹氷が見えます。
白い花が咲いたよう!

DSCN0304.jpg

DSCN0301.jpg

山頂に向かって樹氷がきれいでした。

DSCN0307.jpg

DSCN0331.jpg

DSCN0334.jpg


次々と様々なルートから登山者が到着です。
南斜面は明るく、北斜面は樹氷がきれいです。

DSCN0326.jpg

DSCN0327.jpg

DSCN0321.jpg

山頂気温はマイナス1度。
ちょっと雲も多く霞んでいます。
まだ本格的な雪には至っていない当地方。
しばらく枯れ野の山を楽しめそうです。


少し休んで元の道を引き返します。
青空がだんだん広がってきました。
この後は温泉へ。

雲が取れてきましたね

DSCN0351.jpg

今日は何の日?

日米初の衛星中継があった時、第一報は”ケネディは死んだ!”と映像が流れ、ケネディ大統領暗殺のニュースで驚いたことを思い出します。
今から50年前、1963年11月23日朝の、私が中学生の頃の出来事でした。
団塊世代には記憶に残る、強烈な出来事だったと思います。

チラついたモノクロ画像のTVでした。
その頃は”宇宙中継”と云っていたのですね。

その50年の節目に今、ケネディ駐日米国大使が注目されています。
Sweet Caroline、好きな楽曲です。

Sweet Caroline


オホーツクは23日朝も見事な朝焼け。
安定しないお天気続きですが、今日はどうでしょう・

DSC_0726_201311230905508e9.jpg 11/23/06:15



季節の行事

雑用でパタパタしているうちに、一週間が過ぎてしまいます。

17日は茶道裏千家北見支部青年部のお茶会
濃茶・立礼2席を、社中・サークルのお仲間と楽しんでまいりました。

”道”というテーマに沿って

濃茶席ではお軸に「歩々是道場」 (ほほこれどうじょう)
…歩いて至るところ、これすべて修業の道であるということ。
 楽しい時は楽しさの中から、悲しい時は悲しさの中から何かを学び取って行くことによって
 豊かな人生を送ることが出来ることでしょう…

お花は竹一重切りに見事な白玉椿
カタツムリをイメージした竹蓋置
主菓子は”きんとん”で今時季の紅葉に一筋の「道」
美味しくいただきました。

立礼席のお床は掛物が「関南北東西活路通」 (かんなんぼくとうざいかつろつうず)
…私たちは人生を歩んでいく過程で、いろいろな関門を通過しなければなりません。
 難関にあたった時に楽して引き返さず、努力し苦労して乗り越えていくことによって
 人間として大きく成長していくのです…

031-25d-b2-01.jpg
ネットから頂きました


お花はツワブキ。
お干菓子は今どきの「ふくらすずめ」
趣向を凝らした楽しいお席でした。

いづれも写真無しです。


明日22日は24節気の小雪。
”寒さが進みそろそろ雪が降り始めるころ”とあります。
道内では処々で雨や雪。

こちらオホーツクは生ぬるい朝で見事な朝焼け。
雲の多い日です雨になるかも知れません。
本格的な雪はまだ先のようですね。

DSC_0725_201311210727424ae.jpg

DSC_0724.jpg 庭に訪れる”ふくらスズメ”たち


23日勤労感謝の日はお赤飯の日
2010年、お赤飯の日制定委員会により、11月23日「勤労感謝の日」が『お赤飯の日』に制定されました。
皇居で行われる新嘗祭の日でもあります。
古くから、日本人の“ハレの日=お祝い事のある日”の食卓に欠かせなかったお赤飯の食文化を守り、今に伝えることを目的としています。
お赤飯のルーツは、今からおよそ2500年前に中国大陸から日本に初めて伝わったお米「赤米」です。
赤い色は邪気を払うという言い伝えにより、本来、凶事に食べる風習があったようです。
現代ではそれが反転して、祝い事の折に食べられるようになっています。


雑穀米を白米に混ぜて炊きましたら、ちょっとお赤飯もどきに。

DSCN0243_2013112108020794e.jpg

もち米を蒸かして作るお赤飯より手軽で超簡単!
23日は新米のもち米と新小豆でお赤飯を蒸かしましょう。

小春日和

本日は小春日和なり。
旧暦10月のことを小春といい新暦では11月か12月上旬に当たります。

先日から冷え込んでいた空気も、今日は暖かな陽射しに包まれました。
昨晩の雨は、水蒸気となって朝は深い霧が立ち込めています。

DSC_0696_201311162215522a3.jpg

初冬の枯れ野と対照的に、秋蒔き小麦の青々した畑が広がります。

CSC_0710.jpg

DSCN0239.jpg


やわらかな陽射しの中お食事中の白鳥たち。

DSC_0698.jpg


今年も雄者がやって来ました。

CSC_0711_201311162215525ed.jpg

群れ飛ぶ

紋別コムケ湖は多くの渡り鳥が羽を休めに訪れます。
今は白鳥・ヒシクイ・ユリカモメ・カモ類たち。

13日、日本海側は雪、オホーツクは晴れ間の広がる冬型のお天気。
朝はしばれました。


澄んだ空の色と同じく、水の色も碧く澄んでいます。
白鳥たちが賑やかです。
湖いっぱいに羽を休めています。

DSC_0612_20131113213954cf9.jpg

DSC_0665_2013111321590072b.jpg

いったい、何羽くらいいるのでしょう?
2,000羽は越えているでしょうか。

一斉に飛び立つ群れは圧巻でした。

DSC_0672_20131113214120deb.jpg

DSC_0666_20131113215901f13.jpg

こちらはヒシクイの群れでしょう。

DSCN0226_20131113214357514.jpg

DSCN0225_20131113214356080.jpg

飛行機も仲間入り。

RSCN0232.jpg

飛行場が近くです

DSCN0222_20131113214240dc7.jpg

砂州を挟んで外海にはカモメの群れ。

CSC_0688.jpg

波が高く、凄~く寒い!

DSC_0629_2013111321411788c.jpg


初冬の枯れ野もまた美しい風景です。
訪れる人も少なく静かでした。

DSC_0622_20131113213956c5e.jpg


湖に長居しましたがこちらをあとに、紋別流氷科学センターで開催されている「コムケ写真展」を鑑賞して参りました。
コムケ湖の動植物と四季折々の風景は、どれも素晴らしいものでした。

DSCN0211_2013111321423667f.jpg

DSCN0212_20131113214353a5f.jpg

DSCN0214_2013111321423747d.jpg

野鳥たち、湖の日の出、夕焼け、星空など圧倒されて観てまいりました。


空気が澄んでいるのでしょう、オホーツク海もサロマ湖もきれいでした。

DSC_0624_20131113213957306.jpg

DSCN0196.jpg サロマ湖

鮭 故郷に帰る

オホーツク河川支流に鮭が遡上しています。
かなり浅い小川に上っています。

DSC_0580_201311111105121a3.jpg

DSCN0191_20131111110549d55.jpg
故郷の清流に帰るのですね


最後の力を振り絞ってけな気です。

DSCN0152_20131111110513fb4.jpg

DSC_0575_20131111110510c27.jpg

DSC_0574_201311111105091cc.jpg

DSCN0185_201311111105461fd.jpg
力尽きて!


海岸線では鮭釣り人の竿の列。

DSCN0006_20131105225129df0.jpg 後方 知床連山

DSCN0012_20131105225131da4.jpg 11/3

この日はうねりがありました。
おじさん、大物ゲット!
曳きが凄そう!

DSCN0014_20131103180014710.jpg

DSCN0017_201311031800167a9.jpg
元気の良い鮭です!

初冬の風景

9日は朝外を見たら白い世界でした。
流石に寒いです。
特に当地は、マイナス5度くらいと冷え込みました。
でも、お天気は良さそう。

浜の町へ行く途中の風景。

DSCN0161_201311100548144ac.jpg 

DSCN0154_201311100545307be.jpg

DSCN0153_20131110054528cd2.jpg
キラキラきれいです


青空に、雪を少し被って黄金色の落葉松がきれいでした。

DSCN0160_201311100545317b2.jpg


浜の町はこれが最高気温でしょうか・
空気が冷たいです。

DSCN0177_20131110054534df6.jpg


山間部は午後でも雪が解けていません。
初雪道運転は緊張です。

DSCN0179_20131110054628f3e.jpg


湖もきれいでした。

DSCN0169.jpg


やってきましたね。

CSC_0591.jpg

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます