2014-03

手作りCafe Suiba

29日、知床の帰り路 Cafe Suiba という不思議なお店にランチに立ち寄りました。

スイバとは ”手づくりにこだわった ひみつの場所” というのでしょうか・
アジアの色濃く面白いお店です。

IMG_2484.jpg


IMG_2495.jpg

IMG_2487_20140330071016032.jpg


IMG_2490.jpg


お勧め、タイの昼めしというのを頂きました。
牛・豚合挽き肉と野菜炒めのスパイスが程よく効いて、美味しかったです。

IMG_2493.jpg

自家焙煎コーヒーも美味しく頂きました。
手づくりの器も温もりがあります。

IMG_2494.jpg

国道334号を小清水町から知床に向かって間もなく、止別駅からの道路の交差点に建っています。
知床へは網走の海岸線を通ることが殆どで、初めて立ち寄った処です。

こんな風景が何時も見えているのですね。
お若い方たちが経営していて、接客も丁寧で素敵なCafeでした。
次回はピザを頂いてみたいです。

DSCN0438_201403300737374c4.jpg

スポンサーサイト

渡りの季節

小清水方面は雪解けが進んでいました。
雪の下から顔を出した秋蒔き小麦畑には、白鳥・ヒシクイがたくさん。

DSC_1601.jpg
止別付近 この畑の小麦は美味しい?

数ある小麦畑から選ばれし場所。

DSC_1591.jpg

DSC_1592.jpg

DSC_1598.jpg

夏鳥さんたちは少しずつ賑やかになってきました。

CSC_1678.jpg
セグロセキレイ


ムクドリは必ず番いで行動しています。

CSC_1677.jpg

CSC_1676.jpg


北へ帰る準備中のオオワシ
流氷とともに帰るのでしょうか・

RSCN0443.jpg

DSC_1617.jpg


能取岬はすっかり雪も融けて福寿草がたくさん咲いています。

DSCN0439.jpg

ムクドリたちが日向ぼっこです

DSC_1637.jpg


サロマ湖ライ常呂川も流れが戻ってきました。
一番にやってくるのはアオサギたちです。
春の陽射しをたっぷり浴びてのんびりです。


CSC_1671_20140330060633d09.jpg

CSC_1667_20140330060633ca2.jpg

流氷プカプカ 知床の春

RSCN0380.jpg

このところ、連日美しい夕焼けです。

土曜日の朝はとても暖かで、前夜はプラスの気温で経過したようです。
朝は少し靄っていましたが時間の経過とともに晴れ間が広がっていきました。

DSC_1590.jpg



お天気も良さそうなので知床・宇登呂まで行ってみました。
小清水・斜里方面は雪解けが進んでいます。

DSCN0434_201403291915379b8.jpg
秋蒔き小麦の向こうは斜里岳

国道334号 通称知床国道。
海別岳に向かって真っ直ぐな道が20㎞近く続きます。

DSCN0431_201403291915362ca.jpg

融雪剤で雪解け促進です。
正面は海別岳。

DSCN0429_201403291915340d0.jpg


樹林帯を抜けて海岸へ出ますと、知床連山と名残の流氷が見えてきました。

DSCN0423_201403291932423f5.jpg

オシン・コシンの滝は流れも強く、雪解けが進んでいます。

DSCN0420_20140329193242e4d.jpg

宇登呂に近づきますと流氷プカプカ。
春の風物詩です。

DSCN0396_201403291934188dc.jpg

DSC_1626.jpg


高台のプ二ュ岬から、宇登呂市街地を見下ろします。
流氷が去って行きます。

DSCN0404.jpg

峠の開通は、大型連休に合わせて。

DSCN0411.jpg

宇登呂市街地に入る前に、いつの間にかトンネルの迂回路ができていました。

DSCN0419.jpg

春浅き宇登呂の街並みです。

DSCN0417.jpg

早春の食卓

吹雪の後、暖かな日が続き雪融けが急速に進んでいます。
しかし、3月に集中して降った雪の量はかなりなもので、雪の少ない浜方面もまだ畑の土はほとんど出ていません。


でも時季ですね。
山道の日当たりのよい崖では蕗の薹が出ています。

CSC_1577.jpg

鹿たちも日向の草地を求めて山から下りています。

CSC_1579.jpg

CSC_1580.jpg
ザクザク雪に足を捕られて、なかなか崖を登れない

鳥たちも忙しい。

CSC_1576.jpg  
旅鳥ツグミ


サロマ湖は処々氷が融けだし、水辺に目ざとく白鳥がやってきています。

CSC_1578.jpg

流氷は遠のき春漁の毛蟹・帆立漁が始まっています。

P1000212.jpg
水槽で賑わう毛ガ蟹たち

浜の直売店では鰊が格安。

DSCN0362.jpg
3/5でかずのこでした  一尾80円也

さて、今晩の食卓は・

DSCN0363.jpg
蟹さん こんにちは!


蕗の薹を少し頂きてんぷらに。
ほろ苦香りがいっぱい!
活きが良い鰊は塩焼きと煮つけ、菜花のお浸しと・・
メインは毛蟹。

本州各地は桜が開花と・
こちらは桜はまだまだ先ですが、桜ドラフト(麦酒)で乾杯!
オホーツクの早春の味覚を満喫です。

冬の名残り 春の扉

吹雪も去り、オホーツクブルーの穏やかな日が戻ってまいりました。
お彼岸も過ぎて、陽射しがあると急速に雪が融けだします。
道路は水浸し。

DSCN0233_2014032319100230e.jpg
運転はスピードを落として水溜りを通過しましょう


お彼岸の中日は吹雪で出掛けられなかった浜の町へ、23日に訪問しました。
海岸線は処々吹き溜まりは凄いですが、雪はあまり降らなかったようで乾いた舗装路面が出ています。

DSCN0234.jpg

先日の嵐は流氷を再び海岸に運んだようです。
今日はかなり離れていましたが水平線は白い帯状に、海岸線には名残の氷塊が浮いていました。

オホーツクは既に海明け、毛ガニ・ホタテの春漁が始まりました。

DSCN0239_20140323191026992.jpg

常呂前浜

DSC_1409.jpg


能取岬方面は接岸しています。

DSC_1411_201403231909232ec.jpg

冬の間楽しんだワカサギ氷上釣りは23日で終了。
最後の釣りを楽しむワカサギテントです。

DSCN0243_2014032319102841a.jpg 
トビやカラスも大賑わい


網走湖の湖面は少しずつ開き、水鳥たちが賑わいを見せてきました。

CSC_1454.jpg

CSC_1457.jpg

CSC_1453.jpg

湖岸線の南斜面は春の扉が開かれ、懐かしき福寿草が花びらを広げています。

DSC_1426.jpg

CSC_1458.jpg

CSC_1459.jpg

農家の方は融雪剤を撒いて雪解けを促します。

DSCN0248_20140323191030789.jpg

季節は巡り進んで花は咲き、緑の大地が帰ってくるのも間もなくです。

大雪のあと

3月としては観測史上2番目の大雪となった北見市、と朝のニュースで報道されていました。

いやぁ~~、降りましたわ!

今朝は風はまだあるものの、この青空!
オホーツクブルーです。

DSCN0229.jpg

昨日10時くらいからほぼ12時間、休みなく雪が吹きつけました。
お隣の家が隠れるほど雪が溜まりました。


同じ場所から、”Before” ”After”といった感じで。

DSCN0171_20140322070519c4e.jpg

DSCN0213_20140322070522c3f.jpg


DSCN0193_20140322070521ecb.jpg

DSCN0228_201403220705481d4.jpg

今回の積雪、当地は43㎝とありましたが100㎝くらい積もった感じです。
住宅密集地は雪捨て場がないので、排雪すれば費用も嵩みますね。
今日は雪掻きデーでしょうか・

朝5時過ぎ、晴れた空に傾いたお月さま。

DSCN0214_2014032207052428b.jpg

東からは陽が昇り始めています。

DSCN0218_20140322070524946.jpg


我家周りは早朝に除雪も終えましたので、バードテーブルまで路を着けて食料補充しなくては。
朝からお腹を空かせた小鳥たちがたくさん来ています。

DSCN0226_201403220726432c5.jpg
シジュウカラ♂
CSC_1401.jpg
カワラヒワ♂

春一番!

18日は彼岸の入り。
関東では”春一番”が吹き胸弾む季節の到来ですね。

オホーツクの春一番は、吹雪と選挙カーの遊説。
今週は市議選デーです。
今日は雪掻きに追われそうで、雪の季節の選挙もご苦労なことです。

3月に入って、4週連続の吹雪にはへこたれます。

DSCN0149_2014031905350791f.jpg
一晩吹き荒れて置き土産の雪!

足早に通り過ぎた低気圧。
西にはお月さまが傾き美しい夜明けです。

DSCN0161_20140319053508e1a.jpg
3/19 05:00

何事もなかったように、雲の上にお陽さまが昇ってきます。

DSC_1392_20140319055253385.jpg
05:45  お陽さまがずいぶん左に移動しました


お彼岸を境に暖かくなって行くでしょうか・
この大量の雪、消えるのは何時になるでしょう。

早春仁頃山

元日以来、足が遠のいている地元仁頃山。
厳冬期はご無沙汰してしまい、昨日歩いた山の3月はすっかり早春の様相です。


17日、平日月曜日でも、登山口駐車場は雪で狭くなっていることもあり満車状態です。
朝は少し凍れましたが陽光も眩しく、日中気温も5度を超えたようで暖かな良い日でした。
この日、山頂アンテナの保守点検作業が行われ、関係者のスノーモービルが管理車道を行き交っておりました。
この車道を登って行きます。

スノーモービルの通った後は道幅が広く、良い路が着いています。
時々抜かりますので、簡単カンジキを付けて快適に?(足が重い^^;)上り進んで行きます。

DSCN0110_20140318063207e04.jpg

雪に映る樹木の影が美しい絵になっています。

DSCN0111_2014031806320945b.jpg

処々の吹き溜まりを、スノーモービルは苦労して超えたのでしょうか・

DSCN0115_20140318063234188.jpg

DSCN0120.jpg
あぁ、私を乗せてって~!


中間地、5合目で一休み。
常連さんたちと”お久振り”と行交わします。
木立ち越しに蒼い空と白い雲のコントラストがきれい!


DSCN0117_20140318063237fde.jpg

ショートカットの急坂から振り返りますと街並みが見えます。
高度感があります。

DSCN0130_20140318063314899.jpg



7合目の平らな尾根から山頂アンテナが見えると、”あと少し”とホッとします。

DSCN0122_2014031806324219e.jpg
山ハンノキの穂が頭上にゆらゆら

今冬の積雪は?

DSCN0121_20140318063238f9c.jpg

3月に入ってから雪が多いです。


深い雪に覆われた山頂が眩しいです。
気温は-2度。
樹林帯の中は風も柔らかなそよ風、尾根に出るとやはり冷たく頬にあたります。
青と白の世界が、とても爽やかで美しい風景です。


DSCN0124_201403180633113b8.jpg

DSCN0126_20140318063312fdd.jpg 
南斜面から雪に覆われた市街地を望む

きれいに除雪された山頂休憩ベンチ。
雪深いです。

DSCN0127_20140318063354998.jpg

流れが帰った小川、木の根まわりの根開け、斜面をころころ転がるゆきまくり。
蒼い空に揺れるふっくらネコヤナギ。
早春を堪能した山歩きでした。

DSCN0105_20140318063204166.jpg DSCN0133_20140318063314895.jpg DSCN0134_20140318063331d73.jpg

DSCN0140.jpg


吹雪の後

3月に入り、2週続けての吹雪模様。
内陸の当地は程々の雪模様でしたが、海岸線は強風猛吹雪に見舞われたようです。

12日、浜の町経由で網走方面に廻ってみました。
吹雪明けの朝、内陸は凍れます。
当地は-15℃程。
路々に見られる樹氷が蒼い空に眩しく輝いています。

DSCN0062_201403121832065e2.jpg

DSC_1336_2014031218320383e.jpg

3月に入っての吹雪は海岸線寄りに雪を降らせ、ずい分うず高くなりました。
除雪車もフル稼働のようです。

DSCN0076_201403121836353b8.jpg

DSCN0068_20140312183634ba6.jpg 
3月も半ばになってくると、大地から雪解けが進んで行きます

低気圧の通過で、流氷は跡形も見えません。
浜の人のお話では強い風が吹いた日、一日で見えなくなってしまったとか・
北風に乗ってまた戻ってくるかもしれません。

DSCN0069_20140312183939118.jpg
碧い色が続く常呂前浜 


DSCN0077_2014031218394244d.jpg 
能取岬を望む


能取漁港付近に群れる鷲たち。
そろそろ北帰行に備えて、食料の捕獲に忙しい。

DSC_1346_201403121840393d0.jpg

DSC_1363.jpg

CSC_1373.jpg
オオワシ

DSC_1360_20140312184121695.jpg
オジロワシ


今日の流氷観光船、就航時刻表に「流氷なし」の表示。

DSC_1369_20140312184041574.jpg

プカプカ流氷も殆ど見えません。
一気に遠ざかってしまったのでしょうか。

DSC_1370.jpg


通り道の呼人(よびと)にて、コーヒータイム。
鳥好き店主さんのCoffee shop ”ふれっぷ”さんで、小鳥のお話に花が咲きごゆるりと

DSCN0082_20140312184005f2c.jpg

日中の気温も0度を超え、夕暮れ時の空気には春の香りが漂っていました。


アザレア展

市内温室、緑のセンターにて今年もアザレア展が開催されました。
昨年は10日ほど遅れていましたが、今年は例年通りお花も鮮やかでした。
外はまだまだ雪深く寒いですが、温室はポカポカ。
寒さを忘れる空間です。

DSCN0019_2014031218051571e.jpg

DSCN0020_20140312180517728.jpg

DSCN0021_20140312180518c60.jpg

買い求めた”パラソル”
花びらが開くと、パラソルのようにひらひらしています。

CSC_1331.jpg


”3,11”

あの震災から3年。
特集で映し出される当時のTV画像に、改めて自然の驚異と恐ろしさを感じるものでありました。
また、ラジオから流れる”花は咲く”には胸が詰まる思いで聴いておりました。
14時46分には私も思わず黙祷。
1分間の黙祷の中には、悲しみよりもやるせなさ・悔しさが込められていたのではと思いました。



P1000210.jpg
この期間に集中お買いもの

本当に小さな・小さな支援ですが・・・、継続していきたいです。
取り組んでいる企業にも感謝ですね!

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます