2014-04

春の儚い花たち…Ⅱ

サロマ湖沿線には湖畔の森の中に遊歩道が整備されています。
木立ちの間からサロマ湖を望み、野鳥の声を聴き山野草を観ながらの散策はとても楽しいものです。

このところ初夏のような気温が続き、季節が大急ぎです。

湧別町芭露では水芭蕉がお目見えです。

DSCN0041_20140430220125ce5.jpg

DSCN0046_201404302201281c2.jpg

CSC_2114.jpg

湿地の中の木道は立ち入り禁止になっており、国道沿いの歩道から観賞です。

DSCN0042_20140430220126542.jpg     DSCN0037_20140430220123dde.jpg

湖にはたくさんの水鳥が群れています。

DSC_2044.jpg


芭露を少し南下すると道の駅「愛ランド湧別」があります。
遊園地と、湖に沿って広い散策公園や野営場があります。

DSCN0088_20140430223745834.jpg

DSCN0068_20140430223609227.jpg

遊歩道の樹木には名札が付いて、木の名前が覚えられます。
早い樹木は芽吹いています。

DSCN0070_20140430223612c04.jpg DSCN0069_2014043022361077e.jpg DSCN0075_20140430223614c5e.jpg

森の中を散策していますと、たくさんの野鳥の囀りが聞えてきます。
ウグイス・アオジ・カラ類・アカゲラ・コゲラなど高い梢でなかなか姿が見えません。

DSCN0078_20140430223655471.jpg DSCN0081_20140430223657134.jpg DSCN0082_20140430223743d38.jpg

更に南下して、道の駅「サロマ湖」の対側湖岸遊歩道を散策してみます。
こちらは5㎞の遊歩道に東屋・トイレがあります。
一週間前はまだ雪がありましたが殆どなくなり、所狭しと山野草が咲き誇っています。

DSC_2089_20140430225836507.jpg
アズマイチゲ・エゾエンゴサク・キバナノアマナ・終焉の福寿草

DSCN0116.jpg

DSCN0115_201404302300124bc.jpg

二輪草を見つけました!
先日は葉っぱが少し出ていただけなのに、もう咲き始めています。

RSCN0117.jpg

DSC_2090.jpg
クルマバソウも・

今年は横向きのコブシの花が多いとか・
風が強い年の特徴のようです。

DSCN0095_201404302307418cb.jpg


スポンサーサイト

暑かった~

気温が上がりすぎました。
車はエアコンを入れたいくらい。

27日・日曜日、2回目の探鳥会は市内緑ヶ丘にて。
朝から暖かいです。
丘の遊歩道はすっかり雪も消え歩き易くなりました。

DSC_1995.jpg

DSC_1998_20140427225436d89.jpg


様々な石があるストーン公園にて野鳥観察です。
小鳥は高い梢で囀り姿はあまり見えません。

DSC_2003.jpg

CSC_1993_2014042722535849a.jpg

CSC_2027.jpg
エゾリスさんがチョロチョロ


小鳥より気になる花。
キタコブシの花がたくさん咲き出しました。
ハルニレも目立たない花をたくさん付けています。

CSC_2024.jpg

DSC_2015.jpg
キタコブシ

CSC_2025.jpg

DSC_1988.jpg
ハルニレ


気になる桜は?
もう一歩ですね。

CSC_2030.jpg

日の出は4時半前になりましたから、8時の探鳥会では野鳥たちは、ひと囀りしたあと。
少なめの17種ほどを確認。


探鳥会を終え園芸店へ野菜の種を買いに行きましたら、みんな考えることは同じ。
園芸店は大繁盛でした。

この暑さで拙宅庭の花も繁盛です。

DSC_2020.jpg
エゾムラサキツツジ  

DSC_2021_20140427225508721.jpg
チオノドクサ・ヒヤシンスなど
DSC_2023.jpg

DSC_2016.jpg
  

雪もすっかり消え、明朝6時から町内の一斉清掃です。
ビリ砂利など冬垢を一掃すると、街中が爽やかになります。

春の儚い花たち

どうしたことでしょう・
24日は気温が爆発的に急上昇。
お陽さまは力強く昇り、大地が躍動し始めます。

好天が続き、畑作業が始まっています。
端野町では、早くも玉ねぎの移植作業が行われていました。
雪融けは内陸で進み、海岸部では少し遅れているようです。

DSCN9982_20140425070032c5d.jpg

DSCN9980_2014042507002918c.jpg
メルヘンの丘にはまだ残雪



網走湖・能取湖・サロマ湖をひと廻り。
春の儚い花たちを求めて、あちこちと尋ね歩いてみました。

スプリングエフェメラル。
咲いていました!
真っ白く可憐なアズマイチゲです。

DSCN9976_20140425070256061.jpg

DSCN9977_2014042507025753d.jpg

DSC_1897.jpg


網走湖は岸辺が開き始めている様子。
淡水なので氷が解けるのが遅いです。

DSCN9988_20140425070513835.jpg

DSCN9990_20140425070256c80.jpg

DSCN9991_201404250705544ed.jpg
オジロワシが水辺を見つめています


能取湖・サロマ湖はこの2・3日で氷が落ちたようです。
水鳥が寛いでいました。

DSCN0006_20140425070759a38.jpg
サロマ湖

DSC_1912.jpg
能取湖

CSC_1983.jpg
外海では漁船も忙しく


サロマ湖遺跡の森に寄ってみました。
まだ雪がかなりあります。
雪融けの進んだ処に、北見福寿草とアズマイチゲ。

DSC_1921_201404250725507fb.jpg DSCN0016_20140425071318607.jpg  DSC_1950_201404250725515bc.jpg

 
お土産持参、冬眠から覚めたシマシマちゃんと遊んできました。

DSC_1943_20140425071316a21.jpg

DSC_1927.jpg
シマリスは片手に乗るほど小さいのです

CSC_1979_20140425071513780.jpg CSC_1981_2014042507151472a.jpg  CSC_1982.jpg
小鳥も寄ってきます                           この鳥は寄ってこない


サロマ湖を少し北上、浜佐呂間幌岩遊歩道近く。
こちらにはエゾエンゴサク、キバナノアマナが陽射しと春風を受けユラユラ。

DSCN0015_20140425071845ccd.jpg

DSC_1959_2014042507184176c.jpg CSC_1974.jpg CSC_1973.jpg

林の中の遊歩道はまだ雪があります。
雪の合間からアズマイチゲがあちこちから出ています。

DSCN0020_20140425072318869.jpg


女満別の水芭蕉はまだ僅かに出てきたところ。
雪が融けていないです。

DSCN9984_201404250725531df.jpg

DSC_1907.jpg


春の可憐な花たちでした。


雪融けを待ち詫びて

水曜日、朝から良いお天気です!
日中は気温が上がりそうです。

ご無沙汰の仁頃山に行きましょう。
過去ブログを観ていましたら、昨年も同じ日に仁頃山に登っていました。

今年は雪解けが遅れています。
まだ林道から雪がたっぷりです。
それでも南斜面は雪融けが進み、福寿草など山野草が姿を見せています。

DSCN0160_20140423194801967.jpg

待ちかねてエゾエンゴサク、水辺にはエゾノリュウキンカが花を開く準備中。

DSCN0159_2014042319475933f.jpg
ピントが後ろに^^;


DSCN0161_201404231948035e6.jpg

DSCN0163_20140423194832773.jpg

一合目湿生植物地を過ぎ、まだ雪深き山路を処々の緑と蒼い空を観ながら登り進んで行きます。

DSCN0164_201404231948348d7.jpg

大木の枝がずいぶん折れています。
厳しい冬を忍んできたのですね。

DSCN0168_20140423194837cb8.jpg

五合目でひと休みしていきましょう。
雪を撥ねたところは土も出て、ポカポカ気持ちが良いです。

DSCN0171_20140423194903750.jpg

DSCN0172_20140423194905171.jpg

さぁ~、山頂を目指しましょう!
七合目辺りからダケカンバ樹林が多くなってきます。

DSCN0173_20140423194907b78.jpg

今年のヤマハンノキの花穂は立派!

DSCN0174_20140423194908873.jpg

今冬の積雪3m近く、2006年に次いで2番目の多さ。
この辺り、まだ積雪1m50㎝ほどです。

DSCN0176_20140423201557c38.jpg


山頂到着11時半ころ、気温はマイナス2度。
風は穏やか晴れ渡って心地よく、先行の常連さんたちと雑談し暫らく眺望を楽しみます。

DSCN0180_20140423194936aec.jpg

DSCN0181_201404231949380d3.jpg


DSCN0182_2014042319493905d.jpg


正午も廻って気温が上がってきました。
林道の雪融け水がたまった池では蛙たちの大合唱♪♪♪
雪融けを待ち侘びて忙しい春です。

DSCN0184_20140423195006c82.jpg

RSCN0195.jpg

DSCN0185_2014042319500822d.jpg


遅れ気味のダム湖の氷が開くのも間もなくでしょう。
今週は気温が急上昇との予報。

DSCN0190_201404231950111d0.jpg

農家の皆さんも雪解けを待ち侘びていることでしょう。。
ハウスでは苗が青々、馬鈴薯もお陽さまにあたって蒔き付けの準備です。

DSCN0192_20140423195046c33.jpg




五風十雨

五風十雨(ごふうじゅうう)とは・

五日に一度風が吹き、十日に一度雨が降るような順調な天気のこと。
転じて、世の中が平穏無事という意味もあります。

20日は24節季の一つ穀雨でした。

たくさんの穀物をうるおす春の雨が降るころ。
続いて”夏も近づく八十八夜”の夏の始まりです。

作物にとって恵みの雨である春の雨にはいろいろな名前があります。
瑞雨    穀物を育む
甘雨    草木をうるおす
春霖    春の長雨
催花雨   開花を促す
菜種梅雨  菜の花が咲くころに降る
卯の花腐し 卯の花が腐ってしまうほどの長雨
百の雨   百穀をうるおす



今年のオホーツクの春は、雪解けがかなり遅れています。
一昨日までの低温がやっと解消され、春らしい陽気になって参りました。
一気に遅れを取り戻せるでしょうか・

21日朝は薄い太陽でしたが、気温はプラスで経過したようです。
早朝はまだひんやりですがとても爽やかです。
市内の温室、緑のセンターまでお散歩。

まだ雪がずいぶん見えます。

DSCN0129_201404210719129b2.jpg
センターから市内

DSCN0131_201404210719332aa.jpg
サクラも開花の準備


センターハウスの裏庭にエリカの花が咲いていました。
6分咲きくらいで例年より遅れていますね。
まだ雪が残っています。

DSCN0123_201404210719094cd.jpg

ピンクの小さな釣鐘の粒が可憐です。

DSCN0124_2014042107191228d.jpg

夏鳥アオジが、美しい声を響かせています。

DSCN0128_20140421071910f34.jpg


探鳥会

今年度初回の探鳥会は、当地・野付牛公園を会場に行われました。
昨日までの低温も解消されつつ朝陽も眩しく、とても良いお天気です。


7時半過ぎて続々と鳥好きの人たちが集まってきます。
小鳥の囀りがあちこちから聴こえてきます。

最初に眼についたのはこの公園に住むエゾリスさん。
忙しそうに枯草や藁を口いっぱいにくわえています。

CSC_1880.jpg

舗装道路を渡って隣接するお寺の境内に入って行きました。
道路を横断するときは、止まって左右を確認していたから感心!
街中で暮らす知恵がついているのですね。


”ピー・ツィツィ””フィフィフィ”カラ類の囀り。 
アカゲラのドラミングが賑やか。

CSC_1848.jpg

DSC_0274_2014042021451116d.jpg
まだ雪が山盛りです


公園の池は朝は凍れたので薄氷が張っていましたが、時間とともに融けてオシドリ夫婦が現れました。
少し遠めですが雄の冠羽や銀杏羽の飾り羽がとてもきれいです。

CSC_1877.jpg

CSC_1876.jpg

CSC_1875.jpg
一時も離れず一緒にお昼寝

高い木の天辺にベニマシコ。

CSC_1872.jpg


公園の中のエゾリスさんたちは、あちこちでお食事中。

CSC_1882_2014042021264053f.jpg

CSC_1873_20140420212548615.jpg


一時間半くらいの探鳥でしたが27種ほどを確認し解散。
次週探鳥会も当地緑ヶ丘で開催です。
どんな夏鳥さんが観られるでしょう・



ケンカをやめて~

ケンカをやめて!
仲良くね♪


CSC_1821.jpg

CSC_1822.jpg

DSC_1815_20140418093217320.jpg

庭に黄連雀の群れ。
あっという間にリンゴを食べつくす!


エレベーターな日々

気温の変動が大きく、エレベーターな日々。
前日は20度近くまで上がったと思ったら、翌日は一桁雪がちらつきました。

二日ほど暖かな日で雪融けが進みました。
月曜日、朝雪に埋もれていたチューリップが、夕方にはニョキニョキと出ているではありませんか。

二日続いた暖かさで庭のクロッカスもチラホラ。
有難きお陽さまの恵み。

DSCN0067_201404160546587e0.jpg

DSCN0079_20140416054701cd5.jpg

雪の中で芽をだしているお花があちこちに。
雪がなくなるのもあと少し。

DSCN0100_20140416214058fd8.jpg
犬サフラン

DSCN0096_20140416214056481.jpg
花葱


今日水曜日は西風の強い日です。
筋肉痛をほぐしに温泉にでも。
雪がチラチラと舞い寒い日になりました。

DSCN0091_201404162140511ff.jpg

入浴料、値上がりしたのかな?


遅れている雪融けでしたが、大地の息吹きが戻ってきました。

DSCN0093_201404162140557da.jpg
訓子府町にて

ドライブ日和り

週が明け月・火と気温が急上昇。
青空も広がり、ドライブ日和です。

通りかかった美幌峠からは、遠く斜里岳もくっきり。

DSCN0038_20140416054503032.jpg

峠方向の空も眩しい蒼空。

DSCN0039_201404160545042e5.jpg

峠駐車場では除雪作業中。
まだ雪深いですね。
峠は寒いです。

DSCN0029_201404160545020a9.jpg


寄り道の屈斜路湖、古潭。
岸辺から温泉が湧き出ているので、冬の間も氷が開いています。
氷の開いたところに少なめの白鳥の群れ。
白鳥たちと少し遊んでいきます。

DSCN0046_20140416054507a59.jpg

DSCN0044_20140416054614ae5.jpg

砂湯付近の道路側は雪解けも進んで、福寿草がたくさん咲いていました。

DSCN0051_20140416054617d69.jpg

DSCN0053_20140416054620dea.jpg

川湯仁伏でちょっと温泉に入って行きます。
温泉傍から藻琴山がきれいです。

DSCN0060_20140416054536c76.jpg

遠くに真っ白い斜里岳。
氷の上で水鳥たちは春の陽を浴びてお昼寝中。
湖の氷も間もなく融けるでしょう。

RSCN0065.jpg

DSCN0062_201404160546546dd.jpg
キツネさんこんにちは


ランチは、初めて訪れるという友人を”COVO”さんにご案内。
本日お勧め、アサリのパスタと焼きたてpizzaがとても美味しいのです。

DSCN0063_20140416054656c10.jpg

IMG_2614.jpg

IMG_2612_20140416071511979.jpg
すっきりしたログハウスの店内

IMG_2611_20140416071512443.jpg
窓から見える額絵風の風景


午後遅く、北見が近づくと暑~い!
最高気温16,3度と表示されていました。
夜、晴れ渡った空に、月と火星が接近していました。

DSCN0072_20140416054659d0f.jpg
4/14 23:00



荒れたオホーツク

荒れたお天気もやっと治まり、気温はまだ低いですが5日ぶりの晴天です。
少し春らしい気分です。
先週末から、流氷が舞い戻っていたようで寒い日々でした。

昨日12日の浜の町、前浜の様子。

DSC_1760.jpg
大時化でした

流氷は強い西風で沖合に押し流されたようです。


道路脇には所々まだうず高い雪。
強い風で吹き溜まりになっています。

DSCN0021_2014041315565988c.jpg

DSC_1772.jpg

サロマ湖はわずかに氷が解け始めたくらい。
氷の開いたところに待ち侘びて水鳥たち。

DSCN0009_20140413160345182.jpg

DSCN0007_201404131603430c2.jpg

これは4月5日のころ
昨日は強風に耐え白鳥たちは丸くなっていました。


荒れた日、家の近くの草地にベニヒワの大群。

CSC_1739.jpg

CSC_1733.jpg

DSC_1720_20140413155758b92.jpg

DSC_1726.jpg

見事でした。
月見草の種がお好みのようです。
今年はベニヒワが豊作です。

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます