2014-08

爽やかなりオホーツクブルー

爽やかな蒼空が広がりました。
コスモスが蒼空に映えます。

004_201408302101309ae.jpg

稲も実りを迎えています。

005_20140830210131c7e.jpg



このところの冷え込みでサンゴ草(アッケシソウ)はどんな具合でしょう。
近場のサロマ湖原生花園のサンゴ草です。
少し紅くなってきましたね。

019_20140830210819de1.jpg

015_20140830210817843.jpg

今夏、サンゴ草保護の木道が造られました。
良い散策路です。

014_20140830210816479.jpg

近くで見るとこのような草。
紅くなってきました。

017_201408302104291e7.jpg



サロマ湖原生花園では秋のお花が、残り少ないシーズンを優しい色合いで咲いています。

011_201408302104274be.jpg 010_20140830210426311.jpg 009_201408302104258d5.jpg
エゾフウロ           カワラナデシコ         キタノコギリソウ

026_20140830210341152.jpg 025_20140830210340b8d.jpg 056_20140830210344f19.jpg
コウゾリナ            ツリガネニンジン        ナミキソウ



ハマナスは赤い実を付けても、まだ花が次々と咲いています。
オホーツク海はとても深い碧色。

038_20140830210245fef.jpg

036_20140830210243821.jpg


観光馬車の馬の蹄が”パカ パカ”と心地よい。

040_20140830210246784.jpg

055_20140830210248217.jpg

ススキが揺れ湖はキラキラ、夏の名残りと爽やかな初秋を迎えたサロマ湖でした。

012_20140830210815519.jpg

057_201408302129529e6.jpg


スポンサーサイト

瀬戸瀬薬師山

異常な雨の8月でありました。
全国各地、多くの被害があり お見舞い申し上げます。

先週末も落ち着かない空模様。
日曜日午前は辛うじて雨はなさそうなので、以前より心にあった「瀬戸瀬薬師山」を訪ねてきました。


薬師山   明治35年、当時の駅逓の責任者であった佐藤多七氏が山頂に「薬師堂」を建て、薬師如来を祭ったことに由る。現国道333号・中央道路旭川~網走間は別名囚人道路と呼ばれ、山裾に建てられた「山神」の碑は、その際に犠牲となった多くの因人の霊を祭って今日に至っている。碑には「死後も囚人と呼ばれたのは気の毒と考え山の神と刻入した」とある。
また、霊場八十八ヶ所は昭和58年に地元の婦人10名が中心になって寄進を集め、薬師山の全長2.6Kmの登山道に九十七体の仏像(番外九体)を建てたもの。  ー町史よりー

 
特に開削を急いだと云う、北見峠~網走の区間は、過酷な労働であったと思われます。
当時の状況は想像に及ばないところですが、仏像の一体一体を観ながら手を合わせて歩いてまいりました。


登山口までは家から1時間ほど。
9時頃の気温は22度くらい、湿度が高く蒸し暑い日です。
お陽さまが時々出ています。

登山口は、高木の葉と夏草が繁り鬱蒼としています。
案内板に従い登り進んで行きます。

DSCN0787.jpg

DSCN0788.jpg

お地蔵さまは一体一体違う形で、それぞれのお姿に見惚れながら進みます。

DSCN0790.jpg

DSCN0795.jpg

DSCN0810.jpg

笹が疎らになるころから結構な急登となります。
花の終わった山野草が路々にたくさん見られます。

この花はなんでしょう・
山頂まで路を埋め尽くしていました。

DSCN0838_20140825152125892.jpg

57番から右へ折れ山頂が近づきました。
オオカメの木が赤い実を付けてきれいです。

DSCN0818.jpg

急登岩場です。

DSCN0820.jpg

DSCN0821.jpg


視界が開け山頂に出たようです。

60番仏さまが美しい姿で現れました。
周りのツツジが紅葉してきれいですね。
少し下がって祠もあります。

DSCN0822.jpg

DSCN0834.jpg

山頂からは瀬戸瀬の原野とダム、うねった道路・線路が一望できます。
景観が良いです。
2両編成の電車が通過していきました。
ここは、長い貨物列車の撮影ポイントらしいです。

DSCN0836_20140825154559c9f.jpg
午後は雨の予報で霞んでいます

それぞれに手を合わせ、下りて行きます。
仏さまの番号を見ながら61番・62番・63番とぐるりと回って行きます。

DSCN0837.jpg

路々にはやはりこのお花がいっぱい!

DSCN0804_201408251522489a1.jpg

面白いキノコも目につきます。

DSCN0839.jpg DSCN0802.jpg DSCN0792.jpg

87番の仏さまを見て登りの路に合流します。

DSCN0842.jpg

88番の仏さまは、少し丸瀬布寄りの道路傍公園、慰霊碑と共にあります。
ひと巡りして何となく安堵の境地です。

DSCN0846.jpg

DSCN0845.jpg


歩行一時間ほど、373,7mの山ですが蒸し暑く汗だくでした。
ほど近い瀬戸瀬温泉で汗を流しました。

DSCN0851.jpg
霊場の薬師山 丸瀬布方面から


帰り道、金華小跡地の「常紋トンネル工事殉難者追悼碑」にも立ち寄り巡礼の日となりました。

DSCN0853.jpg

DSCN0854_20140825160527585.jpg

途中で大雨。
予報通りのお天気でした。


酷暑のお稽古

雨の多い8月でした。
暑い時季、茶道ではお茶会は殆ど行われず、酷暑の中講習などの集中お稽古が行われます。
私たちも暑い時季限定のお点前を稽古しました。


少しでも涼しき様、お水をたっぷり用意します。


洗い茶巾のお点前

IMG_0177_20140824051354c37.jpg



割蓋のお点前

IMG_0312.jpg
大きい平水指しにたっぷりお水を張ります


釣瓶のお点前

DSCN0636.jpg
DSCN0634.jpg
井戸水を汲んだ釣瓶を置き水指にします


名水点てのお点前

DSCN9659_201408211403457e6.jpg
濃茶の前に名水を味わいます


逆勝手のお点前

DSCN0473.jpg
左右反対になりますから頭の体操に


且座

お花・炭・お香・濃茶・薄茶とフルコースが取り込まれた花月のお点前です。
七事式のひとつで五人で行い、正客が花を生け、次客が炭をつぎ、三客が香をたいて東(亭主)は濃茶、半東(はんとう)は薄茶をたてます。

IMG_0317.jpg

お香の扱いは難しく、なかなか覚えられません。

来週はもう長月9月。
秋の花、秋明菊・秋海棠が咲きだしています。

IMG_0477.jpg
秋海棠  ピンクと白の2種咲いています


「秋海棠   
        西瓜の色に   
                 咲きにけり」
                           芭蕉

                         


ホテルルートイン・グランティアサロマ湖 日帰り温泉

昨日は当地もまとまった雨。
雨は止みましたが曇り空が続きます。

サロマ湖方面に出かけ温泉に行ってきました。
こちらは初めて訪れたグランティアサロマ湖
眼の前が湖です。

脱衣場・大浴場・露天風呂・休憩処から大パノラマのサロマ湖が見渡せとても贅沢。
解放感たっぷり、気分爽快な温泉です。

IMG_0446.jpg
展望抜群大浴場

サロマ湖がすぐ目の前、露天風呂からの風景

IMG_0448.jpg

IMG_0449.jpg

IMG_0457.jpg

生憎の曇り空ですが穏やかな風景。
外気温21度・爽やかです。
港に帰ってくる漁船を眺めながら。

休憩室は額絵のようなガラス張り。
近くに港があり漁船の出入り、カモメで賑わっています。

IMG_0463.jpg

IMG_0460.jpg

IMG_0469.jpg

湖に沈む夕陽を観ながらの温泉なんて贅沢でしょうね。
宿泊するのも良いかも知れません。



オンネトー760峰

日々、雲の多い空模様が続いています。
今日、日曜日は久しぶりに晴れマークが出る当地天気予報。

阿寒方面はどうでしょう・
オンネトー、760峰と手軽な山をトレッキングです。
遅めに家を出ます。
雌阿寒岳は雲を被っていますね~
オンネトー湖畔・展望デッキ傍の駐車帯に車を止めます。
駐車帯の対側に北登口があります。

DSCN0669_20140817213115358.jpg

DSCN0670_201408172131176fd.jpg

山頂展望台まで0,8㎞、標高差は130mくらいでしょうか・

DSCN0671.jpg


針葉樹林の中に背の低い山野草やシダ類が多く、原始林といった感じです。
観光客の方が気軽に歩くのでしょう。
路は歩き易く整備され、見通しも良いです。

DSCN0672.jpg

DSCN0681_20140817214208946.jpg


山頂近くはそこそこ急な階段が続きます。
前方が開け、登山口から16分で山頂展望台です。

DSCN0690.jpg

案内標識と、休憩椅子・観測小屋があります。

DSCN0693.jpg

展望台からは雲の掛かった雌阿寒岳・阿寒富士。
碧いオンネトーが見えます。

DSCN0695.jpg

DSCN0696.jpg


一息ついて、ここから1,4㎞の対側南登口に下りましょう。

こちらも針葉樹林の中に低い笹、シダが鬱蒼としています。
迷い込み防止のロープがしっかり張られています。
高樹齢の倒木が多いですね。

DSCN0706.jpg

DSCN0709.jpg

DSCN0678.jpg

気温が上がって少し暑いです。
蝶がたくさん舞って賑やか。
他にも・

DSCN0711.jpg

DSCN0702_20140817215705d0b.jpg

DSCN0688_20140817215704389.jpg

山野草も・

DSCN0692.jpg

DSCN0747.jpg

DSCN0710_2014081806360842a.jpg


うねうねと下って南登口の途中からショートカット、展望台より15分で展望台連絡路湖畔道に出ます。

DSCN0722.jpg

DSCN0716.jpg


駐車帯まで湖畔を少し戻ります。
木立の間から碧い湖面がきれいですね。

DSCN0744.jpg

DSCN0746.jpg

DSCN0757.jpg

湖畔にはイワツツジ・ゴゼンタチバナ・黒豆の木が実を着け、秋の訪れを感じさせます。

DSCN0726.jpg

DSCN0729.jpg

DSCN0731.jpg


少しづつ蒼空も広がり観光の方が多いです。
雌阿寒岳登山者も多そうですが、山頂付近は雲の中ですね~
晴れてきそうな感じもしますが・・

DSCN0736.jpg

時間も早いので温泉を楽しんて帰りましょう。
硫黄の匂いがキツイ温泉ですが熱くてすっきりしました。

DSCN0758.jpg

帰り路、林道から見える雌阿寒岳の雲が一瞬切れていますよ。
この時間帯に山頂にいる方はラッキーですね。

DSCN0766.jpg


峠を二つ越えて「道の駅あいおい」に寄り道です。
廃線になった相生駅です。
電車が緑に映えます。

DSCN0779.jpg

DSCN0780.jpg

DSCN0781.jpg

DSCN0783.jpg



月遅れお盆

月遅れお盆を迎へ、13日・14日と義母の里・親戚・実家のお墓とあちこちへお参りでした。

今回は母の新盆で兄弟姉妹が集って供養。
遅くまで昔懐かしい話に花が咲きました。


DSC_2980.jpg
母が残した趣味だった手作り人形     



台風を挟んで空模様が冴えません。
曇り空からにわか雨も・

そんな庭の片隅に一羽の真っ白い鷺が。
美しく羽根を広げているかのようなサギ草でした。

DSC_3111.jpg





残暑お見舞い申し上げます

                   残暑お見舞い申し上げます


台風が去って暑さが戻って参りました。
蒼い空も戻って参りました。

DSCN0248_20140812151244066.jpg
紋別市ラベンダー公園


水分補給中”
オカメの水浴”

DSCN0435_20140810102147161.jpg

DSCN0407_20140810102143b78.jpg

DSCN0409_20140810102144a2f.jpg

DSCN0404_201408101021417f0.jpg

DSCN0431_20140810102146a6b.jpg

DSCN0437_20140810102231a99.jpg
ふぅ~~ さっぱり ピー!


台風被害もあちこちで。
被害に遭われた皆さまお見舞い申し上げます。
当地でも無加川に掛かる吊り橋が流されました。

こちらはお盆が来ると夜は涼しくもう秋ですね。


ベールを脱いだ赤十字病院

雨が続いている当地ですが、今日土曜日は久しぶりに陽射しがありました。

定年まで勤め上げた後輩のご苦労さまお食事会でした。
3月に定年を迎えていながら、何かと都合がつかず今日まで延び延び。

IMG_0439.jpg

食事を頂きコヒーを頂き、積もるお話でゆっくりでした。


街中(まちなか)は、用事がない限りあまり行かなくなってしまいました。
通りすがりに寄ってみた工事中の赤十字病院。
いつの間にか外観を現し工事が進んでいます。

IMG_0422.jpg

IMG_0427.jpg

前庭の小公園は以前の面影を残してリニューアル。
すっきりしていますね。

地下1階地上8階の病院は27年度開業に向け、急ピッチの工事が行われていることでしょう。

IMG_0431.jpg


ベールを脱いだ赤十字病院 »

立秋

今日7日は立秋。
秋の始まりです。
季節の言葉は、”残暑お見舞い”という事になるのでしょう。
暑さと台風が次々と・・
台風進路の皆さま、どうぞお気を付け下さいませ。

そして当地は、月遅れの七夕でございます。
今日は朝から雨。
雨が降り続く日々です。
湿度が高く蒸し暑いですね。

街路樹のナナカマドに薄っすらと秋の訪れ。

DSCN0642.jpg


我が家の庭にも秋の訪れ。
収穫の日々です^^v

DSCN0502.jpg

IMG_0433.jpg

IMG_0436.jpg



沢山育ったシソの葉で南蛮みそ巻きを作ってみました。
シソが出来ると必ず作る旬のお惣菜です。

自家製梅酒と。

DSCN0631.jpg



友人から庭で生った梅をたくさん頂いたので、雨になる前に梅仕事でした。

DSCN0478.jpg

DSCN0481.jpg


梅酒もひと瓶。
6月に作った南高梅の梅干しと一昨年の梅酒。

DSCN0475_20140807175234daf.jpg


今年の梅は美味くできるでしょうか・


シギ・チに逢いに探鳥会

8月3日(日曜日)、浜小清水水鳥湿地センターにてシギ・チ探鳥会です。
7時過ぎ自宅を出ます。
空はうす灰色煙霧状態。
すっきいとした青空を暫く見ていません。

暑い日になりました。
風はなく国道電光掲示板は35度の表示!
それでも水辺は少し涼しく感じます。

探鳥会員の面々が揃いスコープで干潟に集うシギ・チドリを観察します。
遠いのでスコープがないと確認できません。

DSC_3071.jpg

珍しいキョウジョ(京女)シギをスコープで見せて頂く。
きれいなおべべに特徴あり。

250px-Arenaria_interpres_2.jpg
野鳥図鑑から頂きました

シギ・チドリの見分けはなかなかできません。
川崎支部長さんから鳴声の特徴を教わる。

かわいいトウネンが群れていました。
シギ・チでもトウネンは私の好み。
つぶらな瞳と、ッッッ・・と歩く姿がかわいいのです。

640px-Calidris_ruficollis_-_Marion_Bay.jpg
野鳥図鑑から頂きました

のんびり、アオサギが休んでいます。

DSC_3063.jpg
霞んで遠望なし

早い時間に解散になり、其々に探鳥などを楽しみます。
私はいつものコースを寄り道しながら帰路に着きました。

網走鱒浦で砂浜に出てみます。
暑いので海辺で遊ぶ人が多いですね。

DSC_3078.jpg
静かな海です


女満別湖畔では湖水祭りで賑わっておりました。
通り道のメルヘンの丘では、刈り終えた麦藁で麦稈ロールを制作中。

DSC_3101.jpg
タイミングよくメルヘンな風景

少し高台に入り、朝日ヶ丘公園からヒマワリ畑を。

DSC_3090.jpg

DSC_3091.jpg

DSC_3096.jpg

もう少しお陽さまが欲しいところです。




«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます