2015-02

”てんとらんど”で歩くスキーを楽しむ

お陽さまも見えず雪のちらつく鬱陶しい空模様。
予報では、日中晴れマークあり。
信じて、網走天都山.道立スポーツ公園内の、歩くスキーコースへ出かけてきました。

巡り合わせと云いますか、歩くスキーの会で予定していた天都山コースは、2年続きで猛吹雪でキャンセル。
昨年、晴れた日に偵察のみ。
今回やっとコースを巡って参りました。

家を出る時チラついていた雪も止んで、網走が近づくと晴れ間が見えます。
網走方面、雪は平年並みとかで少なく感じますね。


家から1時間弱、オホーツクが一望できる道立スポーツ公園です。
蒼空が広がりとても良いお天気です。

DSCN4289.jpg


管理棟でコース使用の受付をします(無料ですが・)

DSCN4282.jpg


小さいお子たちが楽しめる、そりコースもあります。
準備をして3㎞弱のコースに出ます。

DSCN4281.jpg


学生さんたちがコースに出ていました。
若者たちは元気です、速い!

DSCN4283.jpg

生徒の後から、引率の先生はベテランの滑走!
上り坂なんですが・・

DSCN4286.jpg



このコースの概要は…
カラマツの森やどこまでも続く雪原などを巡る自然豊かなコースは、程良いアップダウンがあり、スピード感も味わえるように設定されています。初心者でも安心して利用できる行程になっています。
コースから見える景色もオススメ。眼下にはオホーツク海が広がり、遠くに見える知床連山や斜里岳などの眺めは魅力的です♪ ときには足を止めて一息ついてみるのもいいですね。

…となっております。


ほんとうに、景観良好!
林あり、広々雪原、適度なアップダウン。
坂を滑り下るのは楽ちん♪

DSCN4287.jpg

DSCN4284.jpg

DSCN4295.jpg

DSCN4294.jpg

雪上車が常にコース整備をしています。

DSCN4285.jpg


オホーツクの眺望が素晴らしい!

DSCN4296.jpg
流氷帯が沖に見えます。

暖かく汗が出ます。
一周でお終い!


帰り路の能取湖・サロマ湖はもう氷が解けだしています。
サロマ湖に通じるライトコロ川河口付近は流れが戻り、目ざとく白鳥たちが来ています。
この白鳥たちはこの辺りで越冬したのでしょう。

DSCN4303.jpg


暖冬だったオホーツク。
越冬白鳥が多かったと思います。


茶色い温泉で汗を流して家路に着きます。




スポンサーサイト

本物はどれ?

雲の帯がたなびく東の空を紅く染めて陽の出の時刻です。


どれが本物?と思えるような影武者が現れました。


本物のお陽さまは山の影から出る準備  空には影武者
DSC_0157.jpg

本物が少し頭を出しました
DSC_0160_20150224201652507.jpg

影武者が主張しています
DSC_0166_20150224201654721.jpg

本物さまがお出ましです
DSC_0169_20150224201655722.jpg

本物は影武者の上を超えます
DSC_0172.jpg

影武者を超えて本物は雲の中に入っていきます
DSC_0173_20150224201714595.jpg

本物はどこ?
DSC_0174_20150224201715648.jpg

雲の隙間に本物 雲の下に見えるのは影武者1号
DSC_0177_201502242017178da.jpg

雲の上に薄い影武者2号が
DSC_0181.jpg

影武者が二つも!
DSC_0183_20150224201720477.jpg


本物お陽さまはやはり力強い!
23日朝の情景でした。




湧別原野オホーツク100㎞クロスカントリースキー大会

2月最終日曜日、第30回記念 湧別原野オホーツク100㎞クロスカントリースキー大会
好天の元開催されました。
個人種目、85㎞はまさに鉄人レース。

日中は気温も上がりそうで、薄曇りながら静かな良い日和です。
路も良さそうなので、上湧別コース25㎞に出場する北見XCスキーの会の方々の
応援を兼ねてオホーツク沿線ドライブです。



山間部も舗装が出て快適走行です。

DSCN4209.jpg


通り道の遠軽町営東球場では、9時30分スタートの上湧別コース25㎞の準備中でした。

DSCN4214.jpg

DSCN4219.jpg


ゴールまで時間がありますから紋別へ向かいます。
チュンチュンたちも応援!

DSCN4221_20150222202606e28.jpg


広々湧別原野、牛さんも暖かでノンビリです。

DSC_0112_2015022220362686f.jpg


紋別コムケ湖に寄ります。
コムケ湖への路には私の天敵、ハンノキの穂が山ほど付いています。

DSCN4227_201502222028106f6.jpg

DSC_0121.jpg


木の枝にはウソの♂
水たまりにウソの♀

DSCN4225.jpg
おじいさんは芝刈りに おばあさんは川へ洗濯に…  そんなことを考えてしまいました(笑
DSCN4222.jpg


結氷したコムケ湖は水鳥も見えなく静かです。

DSC_0116.jpg


対側のオホーツク、流氷は南風で後退、遥か沖合のようです。
海岸には砂にまみれた残骸流氷。

DSCN4231.jpg


紋別流氷公園では、沖合の流氷帯から戻るガリンコ号が見えます。
こちらも流氷は後退しています。

DSC_0122.jpg

DSC_0126_2015022220383671c.jpg
流氷帯までどのくらいの距離でしょうね



紋別から折り返し、11時半過ぎ XCスキーのゴール地点湧別文化センターに着きます。
選手の皆さんが次々ゴールしています。
1300人程エントリーしているそう。

DSCN4250.jpg

DSCN4248.jpg


とても暖かな日になり、長く外にいても全然寒くありません。
勿論、防寒完備ですが・

XCスキーの会の方たちは昨年よりかなり早いタイムでゴールでした。
こちらを後にして、サロマ湖沿線を通り常呂廻りで帰路に着きます。
正午過がぎ空がきれいに晴れ渡ってきました。

DSCN4252.jpg


サロマ湖も湧別側は結氷していない処があり、碧々と水が見えます。
チカ釣りをしている処はこの辺りからそう遠くはないですし、氷が融けかかっている雰囲気です。
怖そう! ゜Д゜<<

DSC_0130.jpg

DSC_0132_20150222203839d86.jpg

常呂前浜からも流氷は遥か沖合に。
碧い海が春を思わせます。

DSCN4259.jpg


山道にて。
声をかけても反応なしのコン太です!

CSC_0145.jpg

CSC_0144.jpg



まだまだ雪は深いですが、快適ドライブでした。


本日の鳥見

曇りがちの日が続いていたオホーツク。
今日は素晴らしい碧空。
空気は冷たいですが、外に出たくなる・

市内公園にて鳥見散策です。

こちらは北網圏文化センター隣接の公園。

DSC_0005_20150221222838bed.jpg

エゾリスの足跡が雪の上にたくさんありましたが姿は見えず。
朝のお仕事を終えて休憩時間に入ったのでしょう。

DSC_0006_201502212228402da.jpg


カラ類の囀りが高い梢から聴こえてきます。
アカゲラがお仕事中。

CSC_0102.jpg


文化センター広場ではお子たちが凧揚げをしています。
手作り凧の講習があったのでしょうか・
今日は風が殆どなくて、あまり良く上がりませんね~

DSC_0021_201502212228417ac.jpg


湧水を汲みに行って、同方向の善光寺さんの裏山北見が丘を散策します。
散策の方も多いようで良い路が着いています。

DSCN4194.jpg


雪を被ったお堂がひっそり。

DSCN4195_20150221222734ebd.jpg


今冬は雪も多く路が吹き溜まりのようになっています。

DSCN4202.jpg


丘の上の東屋休憩所は雪に埋もれております。
ミズナラの大木の根元で少し休憩していきます。

DSCN4192_20150221222731b46.jpg

DSCN4204.jpg


遠くからヤマゲラのドラミングの音が響いてきます。
"カンカンカン"と、金属を突いているようです。
啼き声に口笛で応えましたら、近くの高い木にやってきましたo^^o;

CSC_0106_2015022122264271d.jpg

CSC_0107_20150221222644fcd.jpg


小鳥たちの囀りが賑やかです。

ゴジュウカラ・ハシブトガラ・ヤマガラ・エナガ・ヒヨドリも。
イタヤ楓の幹から出る、甘い樹液を呑みに来ているようです。

CSC_0105.jpg
ゴジュウカラ
CSC_0104.jpg
ハシブトガラ
CSC_0096_20150221222542777.jpg
ヤマガラ
CSC_0099_201502212226035f7.jpg
シマエナガ
CSC_0108.jpg
ヒヨドリ


シマエナガはマシュマロのようで、とっても可愛いい♪

CSC_0098_20150221222543a7e.jpg

CSC_0097.jpg


ゴジュウカラの行動は愛嬌があります。

CSC_0103_20150221222606af4.jpg

CSC_0100.jpg


帰り道ではオオアカゲラさんが、一生懸命お仕事中。

CSC_0093.jpg

CSC_0094.jpg


雪の上にはたくさんのエゾリスの足跡。
元気にしているのですね~
次回は姿を見せて下さいね♪


春に向かって忙しい動物たちのようです。






雨水

19日は24節季のひとつ雨水。

雨水
降る雪が雨へと変わり、氷が解けだすころ。
昔から、この季節になると農耕の準備を始める目安とされていました。



オホーツクは例年なら冷え込みも底を迎える時季。
今年は天候異変!
雨水に合わせたように雪が融け道路は水浸し、週明けは雨の予報です。
厳しいシバレもなく、早や春に移って行くのでしょうか。


DSCN4186_201502191919474b9.jpg


茶道サークルが早く終わったので、久しぶりに歩くスキーに行ってきました。
広い大地に2人程しか来ていません。

DSCN4178_20150219191942a2a.jpg

DSCN4177_20150219191410c9d.jpg

DSCN4164_2015021919140445f.jpg
先日は強い風が吹きさらし、グラウンドの芝が出ているところがあります。


準備をしてコースに出ますと・
このところの暖気で融けた雪が固まって、ほぼアイスバーン状態。
溝になっている跡にスキーが捕られてうまく進みません。
雪が硬いので転んだら痛そう!
行き会ったベテランらしきシニアの方も、”危ないコースになった”と言っていました。

DSCN4168.jpg

DSCN4174_201502191923079bd.jpg


早々に引き揚げて、農村地帯を廻って帰ります。

DSCN4179_20150219191944ba8.jpg
雪原の中に真っ直ぐな舗装道路が続きます。


暖かな日が続いて、ネコヤナギの芽があちこちでたくさん膨らんでいます。

DSCN4184_20150219191945ff5.jpg

DSCN4185_201502191919466a9.jpg



農業ハウスでは玉ねぎの種蒔きが行われています。
雨水が目安になっているかのようです。
まだまだ凍れますから、2重3重にビニールで覆い暖かくします。
農家の方は一時の休みで、また農作業が始まるのですね。

DSCN4187_201502191915131d9.jpg


ネコヤナギを一枝戴いてお雛段に添えました。
ぷくぷく可愛いネコヤナギの芽です。

DSCN4189.jpg


不思議な行動

雪が多くなってから、庭のバードテーブルが賑わっています。
ここ2日ばかり、シメの行動が気になります。

DSC_4609.jpg


朝、窓の傍に来て家の中を覗っているような雰囲気。

DSC_4606.jpg

DSC_4607.jpg


そのうちに・・・
何度も窓ガラスに飛びついて家の中に入ろうとする行動。

DSC_4634.jpg


硝子にガシガシと体当たりしています。

DSC_4628_20150219064506b8b.jpg

DSC_4624.jpg

DSC_4618.jpg


窓辺に置いてある観葉植物の青物が食べたいのかしら?と思って、外に菜花を出してあげたのですがそれには興味がないようです。

DSC_4604.jpg

DSC_4603.jpg

DSC_4647.jpg

窓に映った自分の姿を威嚇している?

窓に空が映り込んで飛んで行けると思っている?
昨日は曇り空で家の中が見えたはず・

DSC_4601.jpg

シメの瞳には何が映っていたのでしょう
なんんとも不思議な行動。



緑ヶ丘 散策

猛吹雪から一転、青空が広がり暖かで春っぽい感じです。
午前中に雑用を済ませお昼過ぎ、近くの緑ヶ丘を散策してきました。

多くの人々が散策する丘ですから、もう路はついているでしょうね。
スノーシューを着けて散策路に入って行きます。
まだ何方も歩いていないようです。

薄く筋になっている跡を辿って行きます。
気温が高いのでべたべたの雪になっています。
足は沈んで重たいです。

DSCN4098_20150217193352af8.jpg

DSCN4099_20150217193441907.jpg

尾根筋に上がると路筋は全く見えません。
アニマルトレースをお借りして表示板へ。

DSCN4102_20150217193445ca2.jpg


別ルートから歩いてくる方がいました。
路を着けているのでしょう。
二人ほどに会いました。

DSCN4106.jpg

またアニマルトレースを巡って緩い上り坂です。

DSCN4109.jpg

アニマルトレースが横道に逸れて消えてしまいました。
ピンクテープを目印に歩いていきます。

DSCN4112.jpg

少しカーブになり、また薄い路跡とアニマルトレースが見えます。
前方案内板が見えてきました。

DSCN4114_20150217193528fdb.jpg


雪が深くなり、膝近くまで沈むラッセルで汗だくです。

DSCN4122.jpg


25分ほど歩いて、青色テープのカラマツ大木前でひと休み。
雪だるまを作るには丁度良い湿り具合。

DSCN4129.jpg


少し休んだのでもう少し先へ行ってみましょう。
野兎の足跡です。
何かを探していたのでしょうか。

DSCN4125.jpg


カラマツの大木の中を進んで、丘に上がる前方には大きな雪庇。
断念して戻ります。

DSCN4118.jpg

DSCN4127.jpg


帰りは登ってきた路を巡って楽ちんです。
木立の間から街並みを見ながら、木肌を見たり枯れた木の実を見たり。
高い梢にはアカゲラ・ヒヨドリ・カラ類が賑やかです。

DSCN4128.jpg

DSCN4133.jpg


DSCN4132_2015021719365107c.jpg

楽しい森の中でした。


気温が高いので細い舗装路面が出ています。
両側は高い雪山で道幅が狭く、車の交叉が大変!

DSCN4136_20150217193725565.jpg

この大雪には・

今冬はなんというお天気なのでしょう!
毎週毎週の吹雪に”もう止めて”と云いたくなります。
当地は、海岸線から吹き込んでくる雪雲が入りなんと雪の多いことか。

週明けの月曜日16日、早朝4時から除雪車が入りました。
週末からの吹雪、今回は湿って重たい雪です。

吹雪の中除雪作業です。
凄い雪山になっています。

DSCN4089.jpg

DSCN4080_20150216071540a24.jpg

DSCN4079_201502160716411c8.jpg

除雪車が通った後は、セルフで間口の除雪です。
重たい雪だw~

DSCN4083_2015021607154104f.jpg


家の南側窓辺が吹き溜まりで暗くなりました。
窓から鳥のエサ台が見えません。
また、陽(ヒカリ)の路を着けなくては・

DSCN4097_20150216071546ca3.jpg



雪の一日の昨日、暇を持て余しお雛さまを飾りました

IMG_1368.jpg

今年は、雪はねの合間に作った雛のタペストリーが仲間入り。

DSCN4094.jpg

う~~ん! イマイチ・イマニの出来だわ







聖バレンタインデー

今冬は何回吹雪になったのやら・
毎週・毎週末の吹雪にはヘコタレマス。
今日、聖バレンタインデーは、朝から取り留めもなく雪掻きでした。

聖バレンタインデー
バレンタインデーは270年ころ、殉教したとされるてんかんの聖人ウァレンティヌスを悼み祈りを捧げる日であり、恋人達のロマンスとは無関係でありました。15世紀頃より急速に男女の恋愛の記念日へと変貌していきます。


「日本型バレンタインデー」の特徴
贈答品にチョコレートが重視される
女性から男性へ一方通行的贈答とされる
(女性の)愛情表明の機会だと認識されている
このほか、職場における贈答習慣や、キリスト教との直接的関連はほとんど意識されていないことも日本型バレンタインデーの特徴である。


チョコレートを贈る習慣になったのは
神戸モロゾフ製菓(現在のモロゾフ)が、東京で発行されていた英字新聞『ザ・ジャパン・アドバタイザー』1936年2月12日付けに同社が広告を掲載したことが重視される。「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」というコピーの広告であった。確認されている最も古い“バレンタインデーにはチョコを”の広告である。
 以上ーWikipediaーより引用


そのチョコ、バレンタインデーには500億円も売上げるそう。
ハマナスも”ほんの気持ち”協力したかもしれない^^;


自分用にはシュークリームを

IMG_1366_20150214193953245.jpg



お化粧に余念のないオカメインコが、食べたそうに叫んでいる!

IMG_1380.jpg

IMG_1377_20150214193955e9b.jpg

DSCN3449.jpg



扨て、雪の中にハートじゃなくて"ハト"のキャンドルを灯してみました。
窓の外がまたモリモリの雪。

DSCN4046.jpg

DSCN4052.jpg

DSCN4047.jpg
上手く撮せない







野鳥と触れあう

良い日和に恵まれた建国記念の日、11日。

ー建国記念の日ー
「紀元節 」 (神武天皇が即位したと される日{紀元前660年2月11日}) は、1966年に「建国記念の日」に改正され国民の祝日に認められ翌年から適用されました。



サロマ湖遺跡の森で小鳥たちと楽しんできました。
暖かな日が続き舗装路面が出て快適ドライブです。

CSC_4587.jpg
コン太は朝帰り!

風はなく青空が広がり、小鳥たちの囀りが心地よく聴こえてきます。

DSCN4005.jpg

DSCN4010.jpg
竪穴住居が雪の重みで潰れそう!


カラ類が、お土産に持参したヒマワリの実にすぐ寄ってきます。
カワイイですょ~

DSCN4007.jpg

DSCN4008.jpg
瞳が合います


フィー”フィー”ときれいな口笛のような啼き声で、ウソのペアが現れました。

CSC_4583.jpg
CSC_4581.jpg


この日は、シジュウカラ・ハシブトガラ・ゴジュウカラ・ヤマガラ・ウソ・シメ・ヒヨドリ・エナガ・オジロワシ・オオワシなど
数種の野鳥を観ることができました。



お天気が荒れる前の日は我が家の庭に野鳥が集まってきます。
掃除の行き届かない窓ガラス越しでイマイチの画像ですが・

シメ・ヒヨドリ・ツグミ・アカゲラ・カラ類と賑やかです。

CSC_4543.jpg CSC_4549.jpg CSC_4589.jpg

CSC_4550.jpg     CSC_4557.jpg

CSC_4588.jpg     CSC_4545.jpg





«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます