2015-04

蝦夷紫ツツジと温泉と またまた桜三昧

今日も暑くなった北見でした。


街中どこを見渡しても"さくら・さくら"
どうしてこんなにきれいな花をつけるのか不思議な樹です。
仕事が休みの妹を誘って、ツツジ~温泉~またまたさくらを楽しんで参りました。


先ずは春恒例のおんね湯「北海道文化財百選・天然記念物”えぞむらさきつつじ”公園」へ。
国道沿いから山斜面にエゾ紫色が見えています。

殆ど満開状態です。
この暑さですからね~

DSCN4829.jpg

この公園では北こぶしが真っ白に、桜もポツポツ開き始めています。

DSCN4834.jpg

DSCN4843.jpg
正面の山は北見富士

DSCN4854.jpg

お花のトンネルロードが続いています。
トンネルロードの中には、スミレ・姫イチゲが競演。

DSCN4840_20150430202054fe1.jpg

DSCN4861_201504302014074c3.jpg

DSC_0882_20150430185736386.jpg

CSC_0917.jpg

CSC_0918.jpg

DSC_0885.jpg



山の斜面を登るのも汗だく。
真夏程の湿度はないにしても暑いです!
ここから15分ほどの生田原町の温泉に向かいます。
温泉食事セットで1000円也で汗を流してすっきり!
誘われて、ノルディックファームのジェラートをつい
美味しかった~

お腹も満たされて時間も早いことですから、帰路方向訓子府公園へ向かいます。
こちらの桜も有名ですが訪問は初めてなのです。

公園が近づくとピンクに染まった山肌が見えてきます。
たくさんの桜の花が咲いていますね~
きれいに整備されています

DSCN4872_20150430205939113.jpg

DSC_0909_201504302015516d6.jpg

DSC_0910_201504302015515c5.jpg

DSCN4865.jpg


さくらをたっぷり堪能です。

小高い丘から、訓子府町の田園が見渡せます。

DSCN4880.jpg

DSC_0916_20150430205938aed.jpg

今年は一斉に花開いた桜。
街中、桜色に染まっています。


農家さんは何処も大忙し!
お天気続きで仕事が捗りますが、連日の重労働は疲れますね。

DSC_0864_20150430211314c7b.jpg

秋の実りに期待して。  

DSC_0862_201504302114028ea.jpg
特産品玉ねぎ定植

DSC_0865_201504302113169dc.jpg
等間隔で定植されたビート きれいです



家に帰った15時ころ、外気温は28度と表示されていました。

庭のチューリップはポツポツ花開き、明日にはキバナシャクナゲも咲きそうですね。




スポンサーサイト

金刀比羅さんの桜

真夏のような暑さの続いている当地、桜が一気咲きです。
桜の名所、金刀比羅さんの桜です。
撮影に行ったのはもう夕方近くで、あまり良い色合いに撮れなかったかもしれません。
この時季特有の大気の靄りも影響ありますね。


DSCN4825.jpg

DSCN4813.jpg


DSC_0819_20150430050727506.jpg

DSCN4792.jpg

DSC_0829.jpg


境内に通じる石段参道の桜はかつてはトンネル状になっていましたが、月日を過ぎかなり老大木になってきました。
花数が少し少なくなっています。
地元保存会の方々は、次世代の幼木を植え保存に努めております。

祭日好天で、桜を観に訪れている方が多かったです。


DSCN4807.jpg


四国からの入植者により、大正4年「四国金刀比羅本宮」より分霊されたという神社には、参拝者が絶えません。


DSCN4816.jpg


対面には仁頃山が望め、境内から田園風景が見渡せます。


DSCN4814_20150430050430ef9.jpg


DSC_0849.jpg
夕陽をうけて

DSC_0858_20150430051705854.jpg



立夏も間もなく、4月も晦日の朝の桜です。
陽射しが眩しい朝です。


DSC_0816.jpg

CSC_0878_201504300801074bb.jpg



緑の若葉も超スピードで伸びています。


DSC_0809_20150430050829f15.jpg
ナナカマド


DSC_0823_201504300508361e4.jpg
クルマバツクバネソウ



朝の風景ーⅡ

陽の出時刻。
東の空はうす雲で靄っています。
こんな日はお陽さまが紅色になることが多いので、車で5分くらいの丘まで行ってみました。

陽の出時刻の4:25頃を過ぎても、お陽さまはまだ雲の中のようです。
4:40、薄紅色のお陽さまの頭が見えてきました。
霞んだ日はお陽さまの変化が面白いものです。


DSC_0646_20150429215649b98.jpg

CSC_0796.jpg


CSC_0797.jpg


DSC_0658_20150429214751fe6.jpg

DSC_0705_20150429214753796.jpg

CSC_0799.jpg

DSC_0691_20150429214752028.jpg
04::45


庭の花たちも大急ぎで花を開きだしました。


CSC_0788.jpg CSC_0787_20150429215005711.jpg CSC_0791.jpg
 梅                   杏                 木蓮

CSC_0786_20150429215002509.jpg DSC_0754_2015042921483594b.jpg DSC_0750_20150429214833c6a.jpg
 レンギョウ              ツツジ              水仙  

DSC_0747.jpg   CSC_0794.jpg
ヒヤシンス                  ?


桜もたくさんのお花が開きました。


CSC_0792.jpg



花が咲くとつい写真に収めたくなるものです。

梅・杏・木蓮・桜はご近所さんのもの。



桜が咲きました!

ナント暑い日になったことでしょう!

あちこちの桜の木が花を咲かせています。

夕方、近所の保育園の傍にある桜を見に行ってきました。

きれいですね~


DSC_0614.jpg

CSC_0638_20150427184553112.jpg

CSC_0642.jpg

CSC_0635_20150427184550b55.jpg

DSC_0632_20150427185906ae5.jpg



北辛夷も満開です。


DSC_0597_20150427184649696.jpg

DSC_0602_201504271857510cd.jpg

DSC_0603_201504271847366a3.jpg



朝の風景

27日、お天気が良さそうなので、浜からの陽の出を見に行きました。
東の空はうす雲が掛かっているような感じです。

陽の出前は、野生動物が活動しております。
薄々の中、鹿・キタキツネ・エゾタヌキが道路を横切って行きます。
車の運転は慎重に!

CSC_0209.jpg



浜の町で陽の出を待ちます。

霞んだ雲の中から、お陽さまが海を照らして昇ってきます。
うすぼんやり、眠たそうなお陽さまです。

DSC_0475_20150427150009746.jpg
4/27   04:40 ころ
DSC_0486_2015042715150845f.jpg
右側の陸地は能取岬

ギラギラしていない柔らかい感じのお陽さまも良いです。



帰り路は少し遠回りの嘉多山経由で。
早朝5時、トラクターが働いています。

DSC_0536_201504271439458b9.jpg

DSC_0525.jpg
節句が近いですね!



朝の早い小鳥たちは囀りに忙しい!
初お目見えのノビタキです。
他にもアオジ・オオジシギ・ウグイスなど、夏鳥さんが冬鳥さんと入れ替わりです。


CSC_0213.jpg
唄う アオジ 

CSC_0210.jpg
ノビタキ



能取漁港では忙しく朝漁の船が行き交わしています。

CSC_0594_2015042714575086e.jpg
4/27  05:20 ころ
DSC_0572_20150427150253979.jpg

DSC_0568_20150428181311b2b.jpg

DSC_0576_20150427152242a6a.jpg
水鳥たちは朝のお食事中です




秋蒔き小麦の緑がとても鮮やかになってきました。
農家さんは忙しい時季ですね。

DSC_0588_20150427145756827.jpg



春の儚き花たちーⅢ

23日、眩しい朝を迎えました。
浜の町に所用で行き、すぐに帰るのももったいないので水芭蕉群生地を廻って来ました。


水を切って走る船、大地を耕すトラクター。
春を迎えたオホーツクは活気に満ちてきました。

このところの南風に乗って、ほとんどの白鳥たちは北へ旅立っています。
早朝の空、啼き交わしながら飛んでいく姿を見ると、旅の無事を祈らずにはいられません。


DSC_0078_201504241707490f7.jpg
能取湖に集う数羽は最終組でしょうか・

DSC_0434_2015042417092097d.jpg
畑作業も始まりました


呼人水芭蕉群生地です。
日に日に花が咲き揃っていきますね。


DSC_0427_2015042417185199e.jpg
少し水分が足りない?


女満別湖畔に廻ります。
この日はお陽さまも気温も充分。
眩しく花開くアズマイチゲ(東一華)です。


DSC_0439_20150424170922342.jpg

DSC_0444.jpg


蒼空の下のメルヘンの丘、朝の漁を終えた小舟。
長閑な風景です。


DSC_0432.jpg

DSC_0445_20150424172829746.jpg



気温が上昇しているようで、運転しているととても暑い日でした。
山に残る雪から涼をもらいました。


DSC_0108.jpg



4月の茶道

日々暖かくなり今月で炉の季節もお仕舞いです。

16日はサークルの4月最後のお稽古。
雪もすっかりなくなり、良い季節になってきました。
厚いコートを来て通ったお稽古の日々が懐かしいものです。


この日は午後に春季研究会準備があり、お点前が短い「入子点」で炉仕舞いです。
出入りが一度。
長く座るのが不得手な方には最適のお点前です。

IMG_1586_20150422084659d91.jpg

IMG_1584_20150422085016f6a.jpg
お道具を飾り終わります



17日金曜日は、淡交会北見支部上級クラスの春季研究会でした。
この度私の社中は、研究科目初炭手前を取っておりました。
長板総飾り炉でのお手前です。


新年度(1月から)に入ってから、先ずはお灰作りから少しずつ準備。
当日朝は、お灰を整え・火起こし・釜の湯用意と大忙し。
準備の段階で9割9分は終わった感じ^^;


利休七則の一つ

"炭は湯の沸くように置き"

・とありますように、次の研究科目濃茶を点てる頃には程よく湯が沸き
(目的は達せられた?)と安堵したことでした。

肝心のお手前は、落ち着いてできたか疑問ですが・


今回ご指導くださった業躰さんは、とてもお花に造詣の深い方。
床のお花は 花筏に椿。

IMG_1592.jpg
準備段階で撮影
IMG_1596_20150422084702809.jpg

香合は黄交趾「花喰鳥」

setomono-honpo_ime27a-10-12.jpg


「花喰鳥」 このような本があるのですね。
手に入ったら読んでみたいです。

花喰鳥―京都祇王寺庵主自伝 (1984年)花喰鳥―京都祇王寺庵主自伝 (1984年)
高岡 智照尼

かまくら春秋社 1984-05
売り上げランキング : 979314

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




最後の科目 「茶通箱付き花月」を熱心にご指導くださり、研究会は順調に終了。
炉の始末をして会場の後片付けを終え、今年の茶道行事のひと山を超えました。

家に帰り着き、草しんこでの一服が空腹を満たしてくれました。

DSCN4778.jpg




穀雨

20日は24節季の穀雨。

穀雨・・・・・
穀物をうるおす春の雨が降るころのこと。
もう、半月もすると夏も近づく八十八夜。
季節は進み若葉が繁る良い時季を迎えます。


扨て、今日は穀雨の通り全国的に雨となったようです。
穀物をうるおす雨を通り越して荒れ模様のところもあるようで、自然には逆らえませんね。


作物にとって春の雨は恵みの雨。
さまざまな名前で百穀をうるおす、百の雨があります。

瑞雨 (ずいう)・・・・・穀物を育む雨
甘雨 (かんう)・・・・・草木をうるおす雨
催花雨 (さいかう)・・・・・花を促す雨
菜種梅雨 (なたねづゆ)・・・・・菜の花が咲くころに降る雨
卯の花腐し (うのはなくさし)・・・・・うつぎの花が腐ってしまうほど降る雨



被害をもたらすほどの雨はちょっと困りますが、しとしと降る雨は傘をさして散歩をしたくなります。
今日のオホーツク、寒々しい雨になりました。

水たまりにポツポツ!

庭のエゾ紫ツツジもポツポツ咲き始め!
気温が高くなると一気に咲くでしょう。

CSC_0453.jpg

27年度初探鳥会

年度が替わり、第一回の探鳥会参加です。
今年も日曜毎、年24回の探鳥会が計画されています。
さぁ~~、何回参加できるでしょう・
因みに、昨年は7回でした^^;


朝は雨がポツポツ降って寒い日です。
会場は、当地野付牛公園。
鳥好きの会員などニ十数名が集まってきました。

DSC_0280_201504191340162b9.jpg


鳥見の時間帯(8:00~10::00)は雨は止んではいたもののどんより曇り空、鳥たちが良く見えないです。
でも、風はなく静かな日で、鳥たちの囀りは良く聴こえます。


野鳥たちは巣作りの時季。
シジュウカラが白樺の隙間に営巣の準備中です。

CSC_0401_201504191331174cd.jpg


この公園の樹木は殆ど高木で鳥たちは天辺に止まるので、スコープがないと良く見えません。
今年はベニヒワやカワラヒワ・アトリをたくさん見かけましたが、
公園のカラマツの天辺にはまだベニヒワが群れておりました。

下の方で見られるのは、エゾリスのエサ場にやってくるカラ類。

CSC_0406.jpg

CSC_0407.jpg


公園の池にはカルガモたちが寛いでおります。

CSC_0404_20150419133119934.jpg
見分けはつけづらいですが手前が♂


今日は、オシドリさんはお隠れのようです。
樹の影の方で良く見えません。


ハイタカがいましたので、小鳥たちは警戒して隠れてしまいました。
遠くの樹の天辺近く。

CSC_0405.jpg
私のカメラでは黒っぽい姿だけ



公園で一番眼に付いたのは、元気に飛び回るエゾリスたち。

CSC_0396.jpg

CSC_0398_20150419133302440.jpg

CSC_0399_20150419133303a97.jpg

CSC_0394_20150419133259e79.jpg

CSC_0403.jpg
大忙しです


白鳥たちはそろそろ北帰行。
飛ぶ姿も美しいですね!

CSC_0390_20150419132719bdf.jpg


2時間弱の鳥見で26種を確認。
雨もパラパラ、寒くなってきました。



家に帰ってきましたら、何やら庭が大賑わい。
黄連雀(キレンジャク)の集団でした。
朝、りんごを庭木に付けたのを見つけたのですね。

DSC_0338.jpg

DSC_0341.jpg

DSC_0349_2015041913225341a.jpg



UPにすると・・・
凛々しいお姿です。

CSC_0389_201504191329083b3.jpg

CSC_0388_20150419132906391.jpg

CSC_0381.jpg
この鳥も  りんごを独り占め!


りんごを食べるときはケンカが絶えませんが、黄連雀は常に集団行動です。



春の儚き花たちーⅡ

土曜日(18日)午前は意外と晴れましたので、早い時間に春の儚い花を求めて出かけてきました。
木・金曜日と裏千家茶道研究会があり、少々お疲れモード
帰りは温泉で少しのんびりでした


女満別湖畔に向かう道々、春の田園風景が長閑です。 


DSC_0220.jpg
残雪の丘陵が雪解けの田圃に映ります


DSC_0054_20150418160802741.jpg
山間部の雪解け水は少し青い沼風


DSC_0125_20150418155951c5f.jpg
もうすぐ端午の節句 (この写真は風のある晴れた日に)


DSC_0012_2015041816055941e.jpg
大空町の畑ではもう作業中 特産品長いもの掘り上げのようです


DSC_0242_20150418155956c66.jpg
今年のメルヘンの丘はきっとジャガイモ畑


のんびり車を走らせているうちに、呼人の水芭蕉群生地です。
ポツポツ咲き始めてきましたね。


DSC_0231_20150418160946b37.jpg

DSC_0007_2015041816270540f.jpg
瑞々しくきれいですね
DSC_0006_201504181630249bd.jpg

DSC_0010_201504181628431a0.jpg

来週末には見ごろになるでしょう。



こちらから、女満別湖岸沿いの東一華( アズマイチゲ)群生地に寄ってみました。
一面に花を付けています。

まだ朝早く気温も低いので、アズマイチゲは目覚めたばかり。

DSC_0250_20150418160852b33.jpg


写真を撮ったり、近くを散策しているうちにだんだん花開いてきました。


DSC_0032_201504181608011f0.jpg

CSC_0069.jpg

CSC_0066.jpg

CSC_0065_201504181651452a2.jpg

一面真っ白く花開くと見事です。


近くの水辺ではアオサギが営巣の準備です。

CSC_0071.jpg
嘴がピンクの婚姻色に



ピンクと云えば、雪解けとともに咲くエリカの花。
このお花も朝一で観て参りました。


DSC_0205.jpg

山になっていた雪がようやく融けて、エリカの花が出てきました。
上の写真、手前の白い部分は雪です。

DSC_0209_2015041816015941f.jpg

CSC_0257_20150418160156c0e.jpg


春の儚き花たちを楽しんで温泉もゆっくり!
明日への活力です。


«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます