2015-10

季節の移ろい

朝夕は一段と寒さも増し、日暮れは更に早くなってまいりました。
連日霜の降りる当地でございます。
そして、野山も動物も人々も冬支度に忙しい時季であります。



DSC_0194_201510310841231fc.jpg
黄葉し落葉して越冬するカラ松

DSC_0167_201510310841183cd.jpg
食料をあちこちに蓄える習性のあるカケス


DSC_0186_20151031084121d54.jpg
枯れ野にダイサギの白さが美しい



世間ではハロウィンだと賑やかなところもありますね。
街中に出れば、これまたハロウィングッズが溢れんばかり!
”商魂逞しいと感ずるばかりなり”


そういう我が家も、遅れをとらずにハロウィングッズで遊んでみました^^;

DSCN6582.jpg


やはり南瓜が主役の食卓。
お菓子・グラタンなど南瓜尽くしです。

DSCN6571.jpg

DSCN6575.jpg

DSCN6573.jpg



茶道では、夏の間親しんだ風炉もおしまいです。
暖が恋しくなる10月は風炉を客付き中ほどに寄せ、お客様に暖かさを感じて頂きます。

DSCN6566_20151031084357ebb.jpg


29日風炉最後のお茶もお菓子は南瓜のお饅頭でした。

DSCN6570.jpg

DSCN6565.jpg
お茶碗は落ち葉掃き



連日落ち葉掃きに忙しい当地です。




スポンサーサイト

街角にて

27日朝の当地は、マイナス3,3度まで下がりました。
キツイ霜が降り、色付いたイチョウの葉が一晩で見事に落下です。


IMG_2151_201510280704017c5.jpg

IMG_2150_201510280703429d9.jpg

IMG_2152_20151028070343379.jpg
青いままの葉も


この実を拾いに行かなければ・・

IMG_2155_20151028070344a5b.jpg


晩秋の空に、一筋飛行機雲が鮮やかです。

IMG_2141.jpg



晩秋から初冬へ 雪の仁頃山を歩く

昨日の道内、雪のニュース然りでした。
明けて月曜日、風は強いですが蒼空が広がっています。

仁頃山にはきっと雪が積もっていることでしょう。
朝の用事を済ませ雪見に行ってきました。

8時半過ぎ家を出ます。
農道から見える仁頃山は白くなっています。

IMG_2073.jpg
出荷を待つビートの山


林道日陰は凍っていそうですね。

IMG_2076_20151026142619afb.jpg


管理車道登山口駐車場は薄っすら雪です。
先行車2台と少な目。
風強く寒いですからね。

IMG_2077_201510261430070ea.jpg


準備をして登山道に入って行きます。
落ち葉と雪のコラボが、とてもきれいです。

IMG_2082_20151026142622fcb.jpg


3合目辺りから、日陰には雪が溜まっていますね。
雪を踏みしめて歩きます。

行く手に何やら動くもの発見!
エゾ雷鳥のライライちゃんだね!

IMG_2084_20151026171715a85.jpg

IMG_2088.jpg
ミニコンデジで画像不明瞭


間もなく木立の中へ飛んでいきました。
身体はニワトリのような感じですが、木立の中をしっかり飛んでいきます。
エゾ雷鳥は換羽なく、年中この羽色。
冬は見つけやすいですね!



つい先日まで錦の衣をまとっていたのに、すっかり葉っぱを落として冬の眠りに就いた木立です。


IMG_2093.jpg
四合目付近


七合目、馬の背から山頂の鉄塔が見えます。
山頂方向、深い色の蒼空できれいです。
笹の緑が白い雪に映えます。


IMG_2098.jpg


山頂が近かづくと雪が深くなってきました。
昨日は10㎝以上積ったのでしょうね。

IMG_2118_20151026144555e1d.jpg



山頂です。
10時半、気温0度を少し下がった辺り。
風強く寒いです。


IMG_2114_201510261447079f3.jpg

IMG_2104.jpg
雪だるまになったホザキシモツケの枯れ木


美幌峠から藻琴周辺が白くなって見えます
雪が多かったのですね。

IMG_2113_20151026144452ece.jpg

IMG_2117_20151026144826fbd.jpg
サロマ湖も良く見えます


ダム湖の向こうに広がるわが街、雪は積もらなかったですね。

IMG_2112.jpg


雪の中で頑張るミズナラの幼木、残花を楽しみ登山口へ下ります。

IMG_2126.jpg

IMG_2128_201510261511217a2.jpg

IMG_2132_2015102615112340a.jpg



今年は黄金色に変わるカラ松の葉が疎らです。
害虫に喰われて、既に灰色になって見える淋しい山肌です。


IMG_2136_2015102614482743f.jpg
秋蒔き小麦の緑の畝がきれい  真っ直ぐですね!



雪です

道内各地、 雪の便りです。
当地は降っては消える雪ですが、朝から雨に交じって降っています。
風もあって真冬なら吹雪でしょう。

雪が降ると、やはり寒いです。
外気温は5~6度でしょう。


DSC_0153.jpg

DSC_0156_201510250747451df.jpg

DSC_0154_20151025074742a02.jpg


山から野鳥たちが降りてきています。


DSC_1991_2015102508102575d.jpg

DSC_0157_20151025081323a75.jpg

庭の花が終わると、野鳥たちで賑わいます。


オクトーバーフェスト

金曜日夜、21回目を迎えたオクトーバーフェストに行ってきました。
オクトーバーフェストは、ドイツ、バイエルン州の州都ミュンヘンで開催される世界最大規模の祭りであります。
本場ドイツから取り入れた地ビール工場がある当地でも、「小さなオクトーバーフェスト」として開催されるようになりました。


北見にいながら「世界のビール・日本の地ビール」と、地元の食材を取り入れた味覚を楽しめるオホーツクの秋の収穫祭です。
時季的に外はもう寒いので屋内会場です。
私は何度か行っていますが、今回金曜日18時には既に超満員でした。

IMG_2061.jpg

IMG_2051_20151024095736a84.jpg


各地の地ビールがずらり並んでいます。

IMG_2046_2015102410040920c.jpg

IMG_2044_20151024095524267.jpg

IMG_2054_20151024095526bfc.jpg

既に完売のビールも!

IMG_2057.jpg

地ビールは1時間ごとに各地のものが入れ替わります。
伊賀流忍者麦酒なんてありました!

IMG_2063_20151024100818636.jpg

網走流氷ドラフトも着ぐるみでPR。
このビールは意外と美味しいです!

IMG_2048_20151024101006a88.jpg


私たちは呑みなれた北見地ビールを先ず。
後はドイツビールなど他を少しずつ。

IMG_2050_201510240955250b7.jpg


地産フードコーナーも美味しいものいろいろ。

IMG_2058.jpg
B級グルメ「塩やきそば」
地元っ子は少し飽きたかな??


本場ものソ-セージをチョイス。
素朴な味わいで、なかなか美味しいです。

IMG_2059.jpg



食べて呑んで楽しい時間でした。
帰りはもううすら寒く、半月が夜空に輝いています

IMG_2040_20151024102256ab8.jpg

IMG_2070_201510240959387c8.jpg


24日の13夜の月はお天気が崩れそうで期待できないですね。


晩秋から初冬の藻琴山へ

連日青空が広がります。
夏にはなかったなぁ~

冷え込みも強まり陽の出際、夕暮れ時がことのほか美しいものです。

DSCN6522-001.jpg
10/22 05:10  気温 0度  星が二つ


雲海は期待できないけれど、午後の予定に間に合うよう、短時間で登れる藻琴山を歩いてきました。
朝7時過ぎ、通りかかった端野周辺は深い朝霧がかかっていました。

DSCN6524.jpg



登山口小清水峠「ハイランド725」に先行車はなかったですが、間もなく後続車が到着です。
冷え込んで風もあります。
青空がきれいですね~

DSCN6528.jpg


準備をして登山道に入ります。
登山道には霜柱やところどころ霰粒があります。
朝はしばれました。

DSCN6535.jpg

DSCN6532.jpg

ふり返れば斜里岳がすっきりと見えます。

IMG_2037.jpg


間もなく屈斜路湖を左に観て、緩やかな尾根を進んで行きます。
低木は葉を落とし冬籠りです。

DSCN6541.jpg

小小ピークに出ますと山頂が見えてきました。
葉が落ちて見通しが良いです。

DSCN6537_20151022173007a9c.jpg

霜で凍った路をどんどん進みます。

DSCN6540.jpg

小ピークに出ると、屏風岩・山頂が近くに見えます。
風が強く冷たいです。

DSCN6544_20151022173046418.jpg

DSCN6546_201510221730499cf.jpg

DSCN6547_20151022173138bf4.jpg
常緑のハイ松が多く緑の山です。

山頂直下の日陰道には、先日降った雪がまだ残っています。
寒々しいです。

IMG_2015.jpg



10時15分の山頂です。
山頂からは阿寒方面がすっきりと、雲がたなびく知床方面斜里岳もきれいに見えます。

DSCN6554_201510221733049ef.jpg

IMG_2002.jpg

IMG_1995.jpg


気温0度、風強し。
枝先にエビの尻尾がついています。

IMG_2006.jpg

IMG_1998.jpg


寒いので山頂からはすぐ撤退!
風を避け暖かな処でおやつでタイムです。
今日はハロウィン・ミスド ^ ^v

IMG_2025_20151022173522b66.jpg




晩秋から初冬の藻琴山へ »

晩秋のチミケップ湖

気温が下がってきています。
朝夕は本当に寒くなりました。

朝焼けはお天気が崩れる兆候!

DSCN6516_20151021200116a0b.jpg
10/20 05:30


21日、風も治まり小春日和の日中、相生からチミケップ湖を廻ってきました。
ひと時賑わった錦の山肌も、晩秋の様相へ変わりつつあります。

IMG_1964_2015102120152333f.jpg
あいおい道の駅 鉄道公園


「あいおい道の駅」で漬物野菜を調達。
丁度お昼時で名物のお蕎麦を頂きます。
新蕎麦が出ています。

IMG_1975.jpg

IMG_1970_20151021201527ba8.jpg
蕎麦を打つ様子がガラス越しに見えます

IMG_1976.jpg 
私が頂いた”かも南”   同行妹は”特大エビ天”
  赤米 辛味大根が 美味しいです!



お蕎麦を頂き終えても、12時を少し回ったところ。
こちらから帰り路はチミケップ湖へ廻って行きます。

茶色の目立つ山道では、所々にまだ真っ赤なモミジがありきれいでした。

DSC_0094_20151021203217ed6.jpg

DSC_0107_201510212016418a0.jpg


国道から13㎞ほど山に入ると、静かなチミケップ湖が見えてきました。
葉っぱもずい分落ちて、少し寂しい晩秋の風景です。

DSC_0109_2015102120164291b.jpg

IMG_1983.jpg

DSC_0112_201510212016443ce.jpg

DSC_0116_20151021201700724.jpg


湖傍のホテルでコーヒーを頂いていきましょう。

IMG_1990.jpg

IMG_1992_20151021201556176.jpg
中庭の落ち葉が良い雰囲気!


湖と残り少ない紅葉を楽しみながら、暖かなラウンジで頂くコーヒーは美味しいですね♪

IMG_1994_201510212016130dd.jpg

IMG_1993.jpg



命をつなぐ

白鳥たちが南下してきました。
新しい命を伴なって長い旅をしてきたのですね。


CSC_0080.jpg

CSC_0079.jpg

CSC_0077.jpg



こちらは支流に戻ってきた鮭。
命を繋ぐいとなみです。


CSC_0082.jpg

CSC_0081.jpg

CSC_0083.jpg



北見菊まつり

連日の好天の中、第63回 見菊まつり が開催されています。

今日18日(日曜日)はイベントも多そうでチョット覗いてみました。
朝焼けが広がっていましたので、少し雲の多い日になりました。
風が少し強いです。
落ち葉が目立ち季節は晩秋の様相。

DSC_2313.jpg

IMG_1868_20151018202437db1.jpg



会場は色とりどりの菊花と香りに包まれ華やかです。
休日とあって、早い時間から人出が多いですね。

IMG_1874_20151018192303b61.jpg

IMG_1909.jpg

IMG_1883.jpg

IMG_1889.jpg

IMG_1918_2015101819234009b.jpg



コンテストの作品でですね。
見事に咲かせています。

IMG_1933.jpg

IMG_1916.jpg

IMG_1923.jpg

IMG_1920_2015101819240279b.jpg

IMG_1926.jpg



今年の菊人形のテーマは「花燃ゆ」
ご苦労な製作とお聴きしています。

IMG_1910.jpg

IMG_1904.jpg

IMG_1931_201510182035456fe.jpg

IMG_1914.jpg

IMG_1917_20151018203338d5f.jpg

IMG_1902_20151018203542b70.jpg



ひと回り菊花を堪能し、11時からの「婚姻の義」を見学させて頂きました。

日本の古式ゆかしいお姿でで行われました。
お琴の演奏も雰囲気があります。


IMG_1890_20151018204442e7f.jpg

IMG_1900_20151018204446b04.jpg

DSC_2304_2015101820425309f.jpg



こちらは今年の「ミス菊の女王」
お着物姿で美しいですね。

DSC_2302.jpg


会場ではフードコーナー・物産展なども賑わっています。

IMG_1935.jpg

IMG_1936_20151018204806d42.jpg


キノコの展示も行われていました。
本当にたくさんのキノコがあるのですね。

IMG_1937_20151018204806dd5.jpg

IMG_1938_20151018204808236.jpg

食べられるキノコの見分けは、なかな出来ないものです。



茶道秋季研究会

週末金・土曜日と、裏千家北見支部の秋季研究会が行われました。
何より、お天気が最高です。
朝はしばれ、日中は暖かく風もなく、お着物日和です。

アウトドアにも最高のお天気。
ここは昨年から決まっている行事なので、オ・ト・ナ・シ・ク こなします。

この週は全国規模の会合(日赤)があり、街中の公共施設は全部塞がっており郊外の端野町が会場です。
前日から会場準備を進め一日目に備えます。

DSCN6505.jpg
茜色の夕焼けは翌日の好天を約束


IMG_1836_20151017173544e11.jpg
連日、オホーツクブルーに恵まれる   (端野グリーンホール) 

IMG_1835_201510171740246ac.jpg


受付を済ませ、先ず呈茶で一服を頂き研究会に備えます。


IMG_1824_20151017173936b84.jpg

IMG_1825.jpg

IMG_1839.jpg

IMG_1821.jpg

IMG_1842.jpg
華やかに和服勢揃い



準備も整い、研究科目に沿って進められます。
既存の和室に京間サイズの畳を敷き、にわか茶室を完成。
京間サイズは広いです。



IMG_1826_20151017180111408.jpg
一日目 お花は時季の浜菊一輪

IMG_1822_201510171739350cc.jpg
一日目の科目

IMG_1827.jpg
一日目午後の部、茶通箱付花月の設え

研究会出場社中は、ちょっと緊張の瞬間ですね。
「茶通箱付花月」に出場の5名のみなさん。


IMG_1828.jpg
濃茶2服に備え、甘いお菓子を頂きます



二日目は「炭所望・包帛紗・薄茶点前」の3科目でした。

IMG_1844_20151017174021898.jpg
茶道具準備は念入りに

IMG_1843_20151017174005b3b.jpg
二日目 お花は浜菊に吾亦紅


ハマナスは一日目、初炭手前の正客で出場しました。
教本通りの所作・問答で淡々と終了。
10月から着物は袷。
この時期にしては外気温20度と高く、暑かったです。

IMG_1831.jpg
鉄紺色の無地抜き紋入りで


講師は京都本部からの業躰先生。
薄茶点前・濃茶点前の基本を大事にということ。
京都を基準としている、茶道具の季節感の違いなどを話されなるほどと思いました。
そして”ここに茶道を楽しめるみなさまは幸せである”とも。

全くその通りと、みなさん納得の業躰先生のお話でありました。
緊張しながらも、楽しく説得力のある研究会でありました。


«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます