2015-12

2015年 ありがとうございました

DSCN6761.jpg

間もなく ヒツジさんからおさるさんへ バトンタッチ!



一年間拙ブログへお越しくださいましたみなさま、 ありがとうございました。
服喪中につき、 新年のご挨拶は失礼させて頂きます。
みなさまにとりまして、2016年も佳き年になるよう願っております。



2010年1月から始めたブログも歳を重ね6年目を迎えます。
自身の備忘録としても、もう少し続けてみようかな・と思っております。

繰り返し繰り返しのオホーツクの様子ですが、その一瞬一瞬を切り取って行けたらと思います。
また よろしくお付き合い下さいませ。



スポンサーサイト

師走のオホーツク

2015年が終わりに近づいています。
28日は日持ちのするお惣菜を何品か作り置き。

長引いていた咳もようやく治まりつつ・・お天気もまぁまぁのようなので、
今日29日は特にすることもなく、ぶらりと浜の方へ出かけてみました。


浜の町へ行く沿線の川は、ところどころ結氷しています。
いつものところに、氷の開いている流れをじっと見つめる大鷲・尾白鷲がいます。

CSC_0965.jpg
風が強く羽が乱れる尾白鷲


虫の声のような"リリリ…"と鳴くのは、コゲラ。

CSC_0960.jpg


キバシリも近くにいました。
似たような鳴き声の小鳥です。

CSC_0963.jpg


能取湖に集まる白鳥たちは南下するのでしょうか・

DSC_0882_20151229190524743.jpg



今年は各湖沼の結氷が遅れているようです。

このところの冷え込みで、サロマ湖は岸から200~300mくらいで凍り始めています。
白鳥たちは南下したのか、何処かへ移動したようです。
一羽も見えませんでした。

DSC_0867_201512291909493ac.jpg
強風で波立っているサロマ湖


能取湖もまだまだですね。

DSC_0885_201512291909523fd.jpg


淡水の網走湖は結氷が進んでいますが、どのくらいの厚さでしょう・

DSC_0893_20151229190955649.jpg



午後から出かけたので、15時を過ぎるともう夕暮れの時刻です。
メルヘンの丘に夕陽が沈んで行きます。
気温マイナス6度と冷え込んでいます。


DSC_0938_20151229185816e73.jpg
撮影 Nikon DX5300

IMG_2802.jpg
撮影 Canon IXY120


    出歩きて無用の用や年の暮れ           
                          山崎房子




読書

先日本屋さんへ「佐々木譲さん」の本を探しに行きましたが、お目当ての本は在庫がありませんでした。
同じ棚の「さ」の欄の、沢木耕太郎さんの本が眼に入り求めてまいりました。

「血の味」 インパクトがあるタイトルですが、内容も何とも言い難い!
今報道されている、高校生による殺害事件が重なります。


血の味 (新潮文庫)血の味 (新潮文庫)
沢木 耕太郎

新潮社 2003-02-28
売り上げランキング : 474412

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





雪のクリスマス

世間では賑わっていたでしょう Christmas Eve はとても良いお天気でした。
夕暮れもきれいでした。

IMG_2783_20151225151456dd5.jpg
ビルの向こうに紅々と沈む夕日


夕闇に包まれる頃、ご近所の家にイルミネーションが輝きます。

DSCN6731.jpg
一軒丸ごとのイルミネーション 今年も健在です


おもちゃ館で見たクリスマスのお人形たち。
サンタさんがたくさんいます。

IMG_2669.jpg



明けて今日は、朝から雪です。
日中降るのは久しぶりな感じです。

クリスマスプレゼントも「永遠の0」に近い存在になったハマナス  
日中ふわふわ降る雪を眺めながら、コーヒータイム。

おやつは『シュトーレン』
フワフワケーキは、あまり頂かないのです。

IMG_2779.jpg
歯応えがあっておいしい!

     ・                 
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

ひとりモグモグしていたら…ピンポ~~~ン♪

あっら~~ ららら

にゃんこのサンタさんが、プレゼントをもってきてくれたわ

ありがとう  


IMG_2784.jpg



新装開店!!

昨日(23日)市立中央図書館が駅裏に移転、新しく開業しました。

作日は開業イベントがありましたので混雑を予測して、今朝開館時刻に訪問です。
一部三階建て、立派になりました。

IMG_2747.jpg


検索機や自動貸し出し機もあり便利そうです。
吹き抜けの二階から見ました。

IMG_2768.jpg

IMG_2769_20151224112412eff.jpg


閲覧室・青少年コーナー・PCコーナー・生涯学習室・視聴覚コーナーなどの設備も充実しています。

IMG_2761.jpg

IMG_2758.jpg


児童書コーナーも広々、”読み聞かせの部屋”もありました。

IMG_2757_20151224112302c7f.jpg

IMG_2760.jpg

IMG_2759.jpg



二階には文学館コーナーがあり、当地に係わりある「斉藤茂吉」「守谷富太郎」両翁の文学資料が展示されています。

IMG_2763_201512241125057be.jpg


こちらは、当図書館の開設者ともいうべき、実業家「名鹽(名塩)良造氏」像。

IMG_2751.jpg


せっかくですから検索機など使ってみて、一階文学コーナーにて一冊借りました。
本屋さん(コーチャンフォー)に無かった本がありました。

IMG_2756.jpg

そうしましたら、昨日先着者に記念に配布されたトートバックがまだあったようで頂きました~
ラッキー ^^v

IMG_2772.jpg


一階エントランスには軽食コーナーもあり、寒い冬はコーヒー一杯200円で長居できそうです。

IMG_2752.jpg

IMG_2753.jpg


病院・武道館・市民会館・プール・リンク、市営住宅も順次新しくなっています。

あとは…市役所庁舎本体ですね。



師走の祭日

今朝(23日)は、しばれました。
マイナス17度近くまで下がったようですが、そんなにしばれた感じはしなかったです。
昨日午後から外へ出ていないので、家の中ではわかりませんね~


無風で晴れ渡り、放射冷却現象ですね。
当地らしい気象・風景です。

蒼空にお陽さまも眩しく、草木に着いた樹氷がキラキラきれいです。

DSCN6741.jpg


川面から上がる水蒸気が樹氷を大きく育てるのですね。

DSCN6750.jpg

DSCN6743.jpg


一昨日降ったサラサラ雪は、辺りを真っ白にしてこれもきれいです。
午前9時過ぎ、気温はまだマイナス10度くらいでしょうか・
風がないので、寒さはあまり感じません。

DSCN6751_201512231134533fa.jpg


散歩したくなる風景です。


冬至


今年は22日が冬至に当たります。

"一陽来復"

冬至を境に畳の目ほど陽が延びていきます。
中国の易の言葉で「陰極まって一陽を生ずる」と言う意味があります。
悪いことが長く続いた後で、ようやく善い方方へ向かうこと。

冬至に使われる言葉「一陽来復」には、このような意味があるのですね。


師走に入ってから、暖かく良いお天気が続きいつの間にか”冬至”って感じです。
市内は雪灯りも手伝って夕暮れ時も明るく、日暮れが遅くなった感じがします。
実際は冬至前の5日ころから日没は徐々に遅くなり、その分日の出も遅くなっています。

"冬至冬中冬始め"

冬至を境に春に向かうとは言え、本格的な冬はこれから。

今冬は超エルニーニョ現象で暖冬らしいですが・
この先雪は?シバレは?と気になるところです。
雪から恩恵を受けている人には申し訳ないですが、雪が少ないと云うことは生活しやすいです。
とはいってもやはり、程々に降ることを期待しましょう。
昨年は降り過ぎましたからね~


柚子湯に入り ”ん” のつくものを食べて、元気で冬を乗り切りたいものです。


お陽さまは空遠く傾いて行きます。

IMG_2738_20151221175008675.jpg
冬至の前日21日15時ころ


コムケ湖写真展

今冬は11月に大雪になり、どうなることかと思っておりましたら、あれっきりで暖冬。
雪があまり降らない師走です。
道内市部では帯広の次に積雪の多い当地。
雪の少ない道東が雪が多いとは変ですね。

昨日に至っては終日小雨。
朝からガスに包まれた当地でした。

IMG_2699.jpg

IMG_2700.jpg


海岸に近い町は、まるで雪融け季の春先のような風景。

IMG_2694.jpg



前日の火曜日、雪の心配もなかったので紋別へ行って参りました。
「北海道立オホーツク流氷科学センター」で開催されている、コムケ真展の鑑賞でした。
街の入口にある 鮭をイメージした紋別らしい街路灯

DSC_0818_201512171826185a9.jpg

IMG_2688_20151217182422317.jpg


展示されている、一枚一枚に見応えがあります。
コムケの自然の素晴らしさを堪能です。
また、撮影者された方の感性も素晴らしいものです。

IMG_2689.jpg

IMG_2690.jpg


大画面に写された白鳥たちの姿(飛ぶ姿・湖で羽を休める白鳥たち)にも圧倒されます。
開催終了までにまた行ってみたです。



道すがらのコムケ湖周辺。

DSC_0825_2015121718261667f.jpg


木立の向こうに見えるコムケ湖には、一羽の水鳥も見えませんでした。
もう、南に移動したのですね。
静かでした。

DSC_0823_201512171826191ff.jpg


結氷の遅れているサロマ湖には、まだ多くの白鳥やカモたちが滞在中です。
湖が結氷しないと、この地で越冬する白鳥が多いかもしれません。

DSC_0840_20151217182639915.jpg



暖冬との予想が出ている今冬。
湖の結氷・流氷はどうなるでしょう・

「北海道立オホーツク流氷科学センター」の前庭に、このような杭が展示されています。

IMG_2687.jpg


流氷の勢力と気温の変化を、赤・青の杭で表わしたものです。

流氷を表わす青い杭は年々"だんだダン"小さく、また気温を表わした赤い杭は反比例して"だんダン"高く…

一目瞭然のこの杭を見て、何となく不安を感じてしまったことです。



白鳥たちの行水

先日浜の町へ行った折、サロマ湖を廻ってきました。
朝は結構なシバレでしたので、川面には氷(アイスジャムというらしい)が流れていました。
サロマ湖に流れ込むライトコロ川河口付近は、河岸から凍り始めています。


風もなく水面に映る木立が美しいことです。

DSC_0750_20151213213232cbd.jpg


遠くの中州はカモたちの寛ぎの場所です。
日中は暖かでノンビリですね。

DSC_0746.jpg


サロマ湖湖岸にはまだ白鳥たちがたくさん!

DSC_0801_2015121321325738d.jpg


凍り始めた浅瀬はスケートリンクのよう。
面白そうに滑って歩いていました。

DSC_0769_20151213213256c97.jpg

CSC_0817_20151213213229695.jpg



正午過ぎ、お昼寝中の白鳥が多いです。

DSC_0758_20151213213234a7c.jpg


そろそろお目覚め組は、水浴びを始めました。
身体が大きいだけに豪快です!

CSC_0813_201512132131451e3.jpg

CSC_0812_20151213213143a2b.jpg

CSC_0815_2015121321314742d.jpg

CSC_0816_2015121321314942d.jpg

CSC_0814_20151213213147665.jpg

正午過ぎに通りかかると、時々行水シーンを見学できて面白いです。

穏やかな師走の午後でした。



東京にて・

千葉・東京での3日間はとても良いお天気でありました。


夕刻、降り立った羽田は茜色が少し霞んで、とて美しくしい情景でした。

IMG_2513_20151210001915938.jpg


垣根には山茶花や椿が咲き乱れ、まだまだモミジやイチョウが色付いています。

IMG_2551.jpg


蒼い空にそびえるスカイツリー。

IMG_2593.jpg


雲ひとつない青空と、黄葉したイチョウに浅草寺の五重の塔が映えます。

IMG_2615.jpg



この度の上京は兄との永遠の別れでありました。

ふるさとを離れて半世紀。
ふるさとは真白い雪に埋もれる季節になったけれど・
兄の心の中には、いつもふるさとを思う次のような歌があったことと思っております。


   ふるさとの山に向ひて言ふことなし  
         ふるさとの山はありがたきかな    
                        
                                    ― 啄木ー



«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます