2016-06

半年が過ぎます

早や半年が過ぎ、だんだん陽が短くなると思うと何となく冬が近づいたような(笑
風まかせ~”な人生ですが・

6月末は半年分の厄除けと云うことで「夏越しの祓え」の行事が行われるところがありますね。
神社などでは、茅の輪くぐりが行われているところもあるようです。

「水無月の夏越の祓する人は千歳の命延というなり」

こんな言葉を唱えて茅の輪くぐりをすると、ご利益があるのでしょうか・

また、地方によっては1年の折り返しにあたる6月30 日に、この半年の罪やけがれを払い、残り半年の無病息災を祈願し「水無月」という和菓子を食べる習慣もあるようです。
当地和菓子屋さんでも「氷室」という銘で、この和菓子が店頭に並んでいます。


今日は水無月のお菓子「氷室」で、お仲間とお茶を楽しみました。
時季のお軸は「瀧直下三千丈」が似合いますね。
20mほど真っ直ぐに落ちる丸瀬布の山彦の滝は、まったく時季に相応しいもの。

花の名前は忘れました^^;

IMG_4607.jpg


お菓子は「氷室」
甘さを抑えた外郎に小豆がたくさん載っています。
お菓子が三角なのは、一年を四角とみて半年は半分ということから。

IMG_4611.jpg


正座もだんだん厳しくなってくる年齢^^;
コーナーのテーブルや椅子を利用して、略式のお点前で楽しみます。

IMG_4614.jpg

IMG_4613.jpg

IMG_4615.jpg


氷室で一服を美味しく頂きましたので、残り半年を元気に過ごしていきたいものです。



スポンサーサイト

マウレ山荘ハーブガーデンを楽しむ

オホーツクは青空が戻り夏が来ました。
いつの間にか蝦夷春ゼミの声はすっかり鎮まり、小鳥の囀りが爽やかです。

マウレ山荘のハーブガーデンを見に行ってきました。
丸瀬布への道々の電光掲示板は、29度と表示されています。
何となく暑い感じ!



お天気の回復と共に酪農家さんは、牧草刈りが急ピッチのようです。
良く乾きますね。

DSCN8034.jpg



丸瀬布町も気温が高そうです。
瀧に寄っていきましょう。

流れ落ちる水音が涼しげです。

DSCN7962_20160629194539af8.jpg

RSCN8035.jpg


日陰の苔はきれいですね。

DSC_0008_20160629194617d5d.jpg

DSC_0019_201606291946203dc.jpg



陽射しに木立ちの葉が輝いています。

DSCN7968.jpg

DSC_0035_20160629195334590.jpg


緑がきれいです。

DSC_0034_20160629195332d5c.jpg


ツルアジサイが満開でした。

CSC_0056.jpg

DSC_0049_20160629195232650.jpg



ハーブのお庭も花が咲き進んでいます。
やわらかな色合いでレイアウトされ良い感じですね。

DSCN7978.jpg

DSCN8008.jpg

DSCN8011.jpg

DSCN7984.jpg


DSCN7983.jpg

DSCN8005.jpg

DSCN7987_201606292002274a6.jpg

DSCN7988_2016062920022846a.jpg

DSCN7989.jpg

DSCN8017.jpg

DSCN8020.jpg

DSCN8001_20160629200020296.jpg

DSCN8000.jpg

DSCN8013.jpg

クレマチスはこれからのようで、咲き揃うと華やかになりそうです。



高速道(旭川紋別道)の工事が進んでいますね。
瀬戸瀬薬師山の麓をぐるりと迂回。
山を削り、陸橋をつくり、旧道を立体交叉し複雑な工事です。

DSCN7954.jpg
薬師山

DSCN7950.jpg

DSC_0003_20160629201638ae6.jpg

DSC_0001_20160629201636067.jpg


この山は北見道開削殉難者慰霊の山。
八十八ヶ所のお地蔵さまが祀られています。
トンネルは避けられたのですね。

DSCN7951.jpg



丸瀬布町には、武利川の清流で育てられた特産のじゅんさいがあります。
蓴菜(じゅんさい)はスイレン科の多年生水草。

ビタミン・カロチン・ナトリウムなどが豊富に含まれているそうで健康食品です。
プルンプルン、ツルりとした食感が不思議。

今が旬ですね。
丸瀬布道の駅で販売されています。
2個買い求め、定番の酢の物で頂きました。

DSCN8037.jpg


料亭で出る高級食品ですね。
”のどごしつるつる”ご馳走さまでした。


コムクドリ

毎朝、コムクドリの"ジャー・ジャー"という声が賑やかです。
お隣さんの桜の実がお気に入りなのでしょうか・
行ったり来たり、忙しく飛び廻っています。

小さいながら、結構精悍な鳥さんです。
いつも番でいます。


CSC_1150.jpg
左が雄
CSC_1151.jpg


朝から青空が広がるオホーツク。
この木立の繁みを、多くの鳥たちが飛び交っています。

DSC_1142_2016062907514825a.jpg


サロマ湖100㎞ウルトラマラソン

26日・雨と寒さの中オホーツクの3大鉄人レースのひとつ、サロマ湖100㎞ウルトラマラソンが行われました。
原生花園の花咲くサロマ湖を、ぐるりと巡る風光明媚なコースです。

今年はオホーツク・ブルーが見えず、残念なお天気です。

CSC_1124_20160627000515bd8.jpg


なかなか雨が上がりません。
日中は小ぶりになった雨も、午後には冷たいガス雨になりました。
私はワッカ原生花園にて、お花と共に選手のみなさんの応援です。


気温11度・霧雨、寒いです。
100㎞・50㎞の両コースに、4152人がエントリーということで、ランナーが限りなく連なっています。

DSC_1110_201606270001347d5.jpg

DSC_1114_201606270001329ef.jpg



花咲く砂州を走る選手のみなさん ゴールは近い!

DSC_1022_201606270007245e9.jpg

DSC_1021_20160627000723f0f.jpg

DSC_1020.jpg


ランナーを支える沢山のボランティアの皆さんも雨の中寒そうです。

DSC_1030_20160627000800a72.jpg

選手のみなさん共々、お疲れさまでした。




ワッカ原生花園は一周間ぶりですが、先週から見るとずい分花たちが咲き揃ってきました。
お天気がぐずついていた割には季節が進みました。
1時間ほど散策をしてきました。

DSC_1054_20160627001432473.jpg

DSC_1065_20160627001435aca.jpg

DSC_1063_201606270014338e2.jpg


DSC_1002_201606270013467ee.jpg
武者竜胆

DSC_1016_20160627001349671.jpg
エゾフウロソウ

DSC_1073_20160627001436a5b.jpg
ウミミドリとエゾツルキンバイ

DSC_1097.jpg
ハクサンチドリ

CSC_1132_20160627001344fd7.jpg
ハマヒルガオ



鳥たちも雨の合間に賑やかです。
今日はカッコウがことのほか騒がしかったです。
あちこちと飛び回っていました。
託している子育てを警戒していたのでしょうか・

CSC_1130.jpg

CSC_1128_20160627002214537.jpg

DSC_1013_20160627002220518.jpg


唄うノゴマは草木の天辺で、目立つ赤いネクタイ。
お洒落さんです。

CSC_1131.jpg


カラスの遊ぶ湖岸に塩の華がふわふわ。
風のいたずらでしょう。

DSC_1082_20160627001528520.jpg

DSC_1083_2016062700152983c.jpg


今日はセンニュウたちの声は少なく、仙入ならず潜入しているのでしょうか。



帰り路の田園はガスに包まれて幻想的な風景。

DSC_1120_201606270023168c6.jpg



春蒔き小麦も穂が出てきましたね。

DSC_1116_2016062700285057e.jpg

DSC_1118_20160627002315fcc.jpg
左・秋蒔き 右・春蒔き



山道傍にはハシドイ(和製ライラック)が白い花を付けています。

DSC_1123_20160627002319bfe.jpg



イソツツジとヒオウギアヤメ

21日日中は、爽やかな青空が広がりました。
少し早目に家を出て、浜小清水のヒオウギアヤメと川湯のイソツツジを見に行ってきました。


浜小清水白鳥公園に咲くヒオウギアヤメは年々縮小して、今年は淋しい状態でした。
雑草が謳歌しています。

DSC_0720.jpg

DSC_0719_201606231644365b0.jpg

DSC_0723.jpg


道産子くんが遠くにいました。

DSC_0722.jpg


アオサギ集団が寛いでいます。

DSC_0738_201606231621522ef.jpg
たくさんいますね


青空が時間と共に広がってきます。
浜小清水原生花園のお花たちは、月末くらいから見頃になりそうな感じです。
まだ、5~6分咲きといったところ。
ハマナスの開花が少ない。

DSCN7902_20160623162450940.jpg

DSCN7893_201606231624479c1.jpg


野上峠を越えると硫黄山の噴煙が見えます。
晴れてくるようです。

DSC_0747_20160623162639eea.jpg



硫黄山周辺に咲くイソツツジは見頃なのでしょうか・
今年は花を付けていない木が、半分くらい程も眼にはいりました。

DSCN7905.jpg


白樺の影周辺ではきれいに咲いていました。

DSC_0748_201606231626415a6.jpg

DSC_0752_201606231626410fa.jpg



屈斜路湖岸の緑のトンネルを通り抜けます。
湿地の緑の中でも目立つマガモ♂が一羽。

DSC_0774_201606231628536d4.jpg

CSC_0864_201606231628136f3.jpg



清流にニジマスが群れています。
大群でした!

DSC_0795_20160623164642d7c.jpg


山の方はガスが降りていますね。

DSCN7907.jpg
屈斜路湖砂湯にて


濃い霧の中の美幌峠抜けると、オホーツク方面は青空です。

DSC_0796_20160623163239143.jpg


寄り道して鳥見です。

深緑の葉影に、鮮やかな黄色が目立つキビタキみっけ!
囀りも一段と美しい声です。

CSC_0861.jpg

CSC_0860.jpg


水辺ではアオサギが直立不動!

CSC_0856_20160623163352eae.jpg


根競べをしましたが、ハマナスの負け。
30分粘りました~´Д `


ここはお気に入りポストなのでしょう。
止まるサギが決まっているようでした。

CSC_0859.jpg

CSC_0858.jpg

空には尾白鷲・鳶・カラスが勢力争いです。

CSC_0857.jpg

CSC_0862.jpg


爽やかなお天気で長居しました。

CSC_0863_20160623163430252.jpg

DSC_0838_20160623163630496.jpg

DSC_0842_20160623163631326.jpg
女満別湖畔にて


蔓延る(はびこる)

先日新聞を読んでいましたら「罰則対象外来動植物12種」とありました。
外来種は勢力が強い感じがします。


フランスギクも12種の中に入っていましたが・
夏を迎え一斉に白い花を咲かせています。
空き地があればどんどん増殖しています。
きれいですけれどね・

DSC_0659_20160619220219722.jpg

DSC_0661_20160619220220840.jpg

DSC_0686_201606192203522c2.jpg



この花も繁殖力が強靭。
"はびこる"という感じです。
オレンジ色のコウリンタンポポ(最近は黄花も多くなった)

DSC_0677_2016061922030102a.jpg



廃屋の跡に必ずといっていいほど咲いているノボリフジ(ルピナス)
この花も一度生えたら根が深く厄介です。

DSC_0680_20160619220303da1.jpg

DSC_0679_20160619220223659.jpg

DSC_0662_2016061922022244f.jpg

道内夏にドライブしていますと、ルピナスの群れがあちこちで見られます。



夏至の風景

早くも半年が過ぎようとしています。
今冬は雪も少なくノンビリしていたせいか、5月から6月にかけてあっという間に過ぎた感じが致します。
6月は天候不順で、晴れる日を待ち望んでいる間に1ヶ月が終わってしまいます。

夏至

一年で最も日が長く、夜が短いころ。
夏の盛りへと進んで行きます。



夏至のイベントが少なからずあるようです。
スローライフ運動の一つ、ろうそくを灯して過ごそうというキャンドルナイトは日本各地でさまざまなイベントが行われています。

「1000000人のキャンドルナイト」
2003年の夏至(同年6月22日)に第1回が行われ、以降夏至と冬至を中心とした期間の夜(現地時間20:00 - 22:00)に行われる。夏至と冬至が選ばれたのは、特定の国の記念日ではない、世界共通の日であるため。ーwikipediaーより



当地は何か行われるのでしょうか・
情報がみえません。


日の出 03:42   日の入り 19:10
長~い一日です。

ハマナスの起床 03:53  就寝  眠くなったら・・・


DSCN7933.jpg




夏至の風景。

早朝は雲が多いものの、晴れてきそうな予感。
雲間から光明あり。

DSC_0708_20160621051331ecc.jpg


浜小清水原生花園では、ハマナス・エゾスカシユリが咲いています。

DSCN7899.jpg



作物もずい分育ってきました。
秋蒔き小麦は穂に花が着いているのでしょう。
若緑から少し黄色j味をおびています。

DSC_0649_201606210516294f7.jpg



早出しの馬鈴薯に花が咲いてきました。

DSC_0530_2016062105162853f.jpg

CSC_0706_20160621051626abd.jpg
きれいですね 男爵という品種でしょうか



特産玉ねぎも青々と成長しています。
雨は足りていそうですが、もう少し気温が欲しいところでしょう。

DSC_0850.jpg


DSC_0741.jpg
斜里岳を向こうにビートの畝

見たままの農作物解説でした(笑



繁殖力の強いニセアカシアは今花盛りです。
風に乗って、甘い香りが広がります。

DSC_0509_201606211746261ec.jpg

DSC_0512_20160621175126a19.jpg



夏至の定番メニュー
ニセアカシアの花を天ぷらにしました。
お勧めは、新生姜の甘辛煮。

DSCN7916_20160621174743b21.jpg

DSCN7917.jpg
お塩で


超簡単レシピのエノキダケの炊き込みご飯と。

 ☆ エノキダケの炊き込みご飯
  ・ 米1合にエノキダケ小1パック
  ・ エノキだダケは洗って石づきを落とし半分に切る
  ・ 醤油大さじ2  酒大さじ1
     (お好みで適量)
  ・ 水の分量を少し減らして 全部混ぜて普通に炊く


DSCN7911.jpg

お醤油で味付けすると、炊飯器でもちょっぴりおこげが出来て、それが美味しいのです。



花咲く原生花園にて探鳥会

19日(日)は雨の谷間の晴れ。
久しぶりにお陽さまを見ました。
探鳥会には良い日和になりました。

サロマ湖ワッカ原生花園にて探鳥会です。
8時開催時刻のころ霧が掛かってきましたが、間もなく晴れていきました。

DSC_0547.jpg

DSC_0539_20160619201857921.jpg

DSC_0542_20160619201858a04.jpg
曳き潮の浅瀬で鳶が採食中



ハマナス・エゾスカシユリ・ヒオウギアヤメ・シシウドが咲き原生花園のお花が揃ってきました。

IMG_4475.jpg

IMG_4480.jpg

IMG_4487_20160619202236813.jpg

DSC_0604_20160619202334a0b.jpg

IMG_4496.jpg


エゾスカシユリは上から見ると花びらと花びらの間に隙間があり、これがエゾスカシユリといわれる所以だそう。

IMG_4483.jpg



あちこちから囀りが賑やかです。

DSC_0573_20160619202159436.jpg

CSC_0699.jpg
一段と賑やかなマキノセンニュウ
息もつかずに唄い続ける

CSC_0692_2016061920252119e.jpg
虫のいる草花を熟知しているかのようオオジュリン

CSC_0696_2016061920255576b.jpg
カッコウもあちこちにいて 食事中
CSC_0697_20160619202556506.jpg

CSC_0690_2016061920251968f.jpg
至近で美声を発するノゴマがたくさん見られた
胸のへこみが気になったのですが・



今回もエゾセンニュウはお声のみ!
お姿はまた次回の課題です。
26種を確認して、次週は早朝の網走原生花園です。



対岸遠くにキツネの親子が見えます。
子育てに忙しい時季です。

CSC_0689.jpg



観光馬車がパカパカと心地よさそう。

DSC_0589_20160619202202181.jpg

DSC_0595.jpg


CSC_0702.jpg
気分爽快! こんな芸当もしたくなる・


26日に開催される、サロマ湖100㎞マラソンに向けてのはしりこみでしょうか・

DSC_0590_20160619210141f95.jpg



自然観察会も行われていたようで、爽やかなサロマ湖ワッカ原生花園でした。

DSC_0637_2016061920593965d.jpg



謝茶会(しゃちゃえ)に向けて

火曜日、7月3日予定の謝茶会に向けての確認が役員会の中で行われました。

謝茶会は例年行われていた茶筅供養に替わるもので、今回初めて行われます。
茶筅の供養も含め、花寄せ・供炭・供茶と進み、みなさんで呈茶を頂きます。


七事式の花寄せから始まります。
7人で札を引いて合せ、順に床の花入れにお花を入れていきます。

IMG_4422.jpg

IMG_4421.jpg

IMG_4427.jpg

IMG_4448.jpg


お花の多い時季で、いろいろなお花が集まり華やかです。

IMG_4455.jpg



続いてお炭手前・お茶を点てていきます。

IMG_4457.jpg

IMG_4459.jpg



今日のお菓子は季節の”青梅”
お抹茶と共に美味しく頂きました。

IMG_4462.jpg



初めての行事と云うことで、参加のみなさんには楽しんで頂けそうです。

当日、私は諸事情で出席できず残念です。


牡丹園にて茶会

土、日は雨の谷間の晴れ間、良いお天気になりました。
日曜日市内の個人牡丹園では牡丹祭りが行われ、多くの市民のみなさんが訪れていました。
いろいろな催し物の中のひとつ、野点も毎年行われます。

牡丹も程よく見ごろになり、他にもお花がたくさん咲いていました。
今年の野点お茶会は表千家さんの担当でした。

DSCN7843_20160613192001387.jpg

DSCN7845.jpg


お花に囲まれて、一服を美味しく頂いてまいりました。
他流派のお点前を拝見できるのも嬉しいことです。

DSCN7875.jpg

DSCN7866_20160613192053f2c.jpg
お菓子はお饅頭 美味しく頂きました♪


街中の一角の牡丹園には、多くの樹木や自然のお花もたくさん咲いています。

DSCN7861.jpg

DSCN7859.jpg

DSCN7862.jpg

DSCN7856.jpg



勿忘草や都忘れ、九輪草もきれいでしたね。

DSCN7850.jpg

DSCN7879.jpg

DSCN7882.jpg


白雲朴が白いお花を咲かせています。
近寄ると良い香りが漂ってきます。

DSCN7889_20160613192148dd5.jpg

DSCN7885.jpg



こちらの松の大木にはアオサギが営巣しています。
カラスと陣地合戦のようで、威嚇の声が響いていました。



«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます