2016-10

摩周湖の夜明け

10月30日、摩周湖の夜明けに行き会うことができました。

早朝4時30分、宝石のように輝く星空の中摩周湖第三展望台に向かいます。
気温マイナス8度、無風シンシント冷えます。


5時、東の空が茜色に染まってきます。
摩周岳のシルエットがくっきりです。

DSC_1061.jpg
05:05

お星さまが空の明るさと共に去って、雲が少し出てきました。

DSC_1082_201610302112470c7.jpg
05:25


雲が赤く染まり、摩周岳の右手からお陽さまが昇ってきます。

DSC_1102_20161030211248501.jpg
05:57


晩秋から初冬の弱いお陽さまです。

DSC_1110_2016103021125003c.jpg
06:00


お陽さまが昇りやわらかな色に包まれます。

DSC_1150_20161030211251bfb.jpg
06:10


真冬の装備でも寒かった、摩周湖の夜明けでした。

DSCN9695_201610302113241d2.jpg
06:12



スポンサーサイト

ハロウィン

当地ではハロウィンに因んで結構なイベントが計画されているようです。


ハロウィン、あるいは、ハロウィーン…
毎年10 月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。
もともとは秋の 収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いがある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行ーー事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。
 ー 参考wikipediaより -


街中ではハロウィンのデスプレイがあちこちで見られます。

IMG_1005.jpg

IMG_1003_20161029095639044.jpg



ハロウィンに欠かせないのはカボチャ。
大量のカボチャが飾られてありました。

IMG_1016_20161029095643dcf.jpg

IMG_1013_20161029095642566.jpg



わが家でも控えめに。

DSC_0944_201610290956112ca.jpg


週末の今日は、街中では盛大にイベントが催されるのでしょうね。

でも・・
寒い!

DSCN9613.jpg


朝は雪がチラつき、風がビュウビュウ!
夜はマイナス気温になりそうな・



晩秋から初冬へ仁頃山

26日は午後から雨の予報でしたので、午前中に帰る予定で地元仁頃山に行ってきました。
今日は、久しぶりに片道4,2㎞の東新道往復です。

9時少し過ぎ登山口です。
常連さんの見慣れた車が数台止まっています。
みなさんコンスタントに歩いているのですね。
私は一週間ぶり。
週2くらいで歩きたいのですが、所用・雑用多くなかなか・・


登山道に入りますと、落ち葉がたくさん!
サクサク・カサカサと気持ちが良いです。

DSCN9473.jpg
葉っぱがずい分落ちました

DSCN9475_20161026193215a10.jpg


登山口から少し入った斜面は、まだ、山モミジの紅葉がきれいでしたね。

DSCN9541_20161026193448806.jpg

DSCN9545_20161026193449094.jpg

DSCN9537.jpg



間もなく尾根上がりますと、風が強い
強風・雷注意報が出ていましたが・
街中は朝は風がなかったです。


アオダモ街道はゆっくりと樹木を眺めながら。

DSCN9481.jpg

DSCN9480.jpg
葉っぱがちりちりになって落ちていきます


更に落ち葉が増えサクサク・ガサガサ、風のうなる音。
クマさんはいないでしょうけれど、念のためクマ鈴を鳴らします。
でも、強風で風下に音が流れてしまいますね。

DSCN9485_201610261932469a9.jpg

DSCN9483.jpg


高度を上げていくと樹木は葉を落とし、見通しが良くなっています。

DSCN9487.jpg


5合目、管理車道へ出ます。
小休止です。
風が強く、小鳥たちの声はカラ類が僅かに聞こえてくるだけ。

7合目へ出ますと阿寒方面、雲が掛かって稜線が霞んで見えてきます。
早朝は稜線がすっきりしていましたが、気温が少し上がって雲も多くなってきました。

DSCN9494.jpg


10時35分、山頂です。
強風ですが、気温10度と暖かいです。

DSCN9501_201610261933389d1.jpg
山頂の階段手すりが修理されています

DSCN9511.jpg
日陰に僅かに雪!


南側はまだ晴れています。
大雪方面は黒い雲に覆われ、嵐になっているのでしょう。
山頂でもパラパラと雨です。

DSCN9504_20161026193339c0e.jpg

DSCN9508.jpg


長居無用で、一息ついて折り返します。
常連さん数人と行きかわします。

5合目から来た路、東新道へ入ります。
また落ち葉ロードをサクサクと下ります。

DSCN9514.jpg


雨は山頂だけのようで、風の緩いところで少し休憩落ち葉と遊んで行きましょう。

DSCN9552_2016102619352212b.jpg

DSCN9557.jpg

DSCN9528.jpg



アオダモロードでまたゆっくりしていきます。
今日は風が強いので、シマリスのシマシマちゃんはお家で待機でしょうか・
さっぱりお姿が見えません。

DSCN9531_201610261934433fd.jpg


登山道には木の実が沢山落ちています。
ドングリ・白雲木の実・シナノ木の実・アズキナシなど、森の住人たちが食べるのでしょうね。
今年は、生り物の実りが出来良い感じがします。

DSCN9569_20161026193525581.jpg

DSCN9575.jpg

DSCN9551.jpg
白雲木の実?


帰り路は遊び過ぎました^^;
13時を回って家に着いたら間もなく嵐になって・
雨に当たらなくて良かった~ ^ ^v



白鳥たくさん!

オホーツク沿線の湖沼には、渡り途中の白鳥などが多く飛来します。
前回10日に行った紋別コムケ湖には、第一陣と云った感じの白鳥たちが見られました。
この度22日に行った時には、たくさんの白鳥たちが飛来して驚きでした。
北風の強い日が多かったので乗ってきたのですね。

夜、水辺で過ごした水鳥たちは、日中はデントコーンの刈後の畑に採食に出かけます。
北紋地区は酪農が盛んで、飼料用のデントコーン畑が多いのです。

当地から峠越えで湧別原野に出ましたら、真白い点々となってあちこちの畑に群れていました。

DSCN9376.jpg

DSCN9388.jpg

DSC_0902_201610240723329f5.jpg

CSC_0934_20161024072704a79.jpg

DSC_0872_2016102407253345f.jpg
啼き交わす白鳥たち


今年生まれの幼鳥もたくさんいます。
親鳥にしっかり追いてきたのですね。

DSCN9389.jpg

DSCN9380.jpg

DSC_0874_20161024072535ee8.jpg


ヒシクイの群れも白鳥たちと行動を共にしているのでしょうか。
群れで飛び交っています。

CSC_0927.jpg

CSC_0932.jpg



殆どの白鳥たちは畑の方へ、湖にはアオサギやカモ類が群れていました。
アオサギは集結していましたから、そろそろ南下の準備でしょうか。
寒くなってきましたからね~

CSC_0938.jpg

CSC_0939.jpg
飛び交うアオサギ



晩秋となった、葦の枯れ野のコムケ湖は静かです。

DSC_0796_20161024074539dc7.jpg

DSC_0833_20161024073346241.jpg


今日も外海は荒波です。

DSC_0835_20161024073648452.jpg



紋別からサロマ湖岸を南下します。
栄浦浜までの間にはところどころに白鳥や水鳥が寛いでいます。

DSCN9361.jpg

DSCN9366_201610240723358e2.jpg



沿線の道路傍や山間部は紅葉ロードでした。

DSC_0759_20161024080707f38.jpg

DSC_0763_20161024080709bd0.jpg

DSCN9355.jpg

DSC_0760_201610240807094d9.jpg


飛び跳ねる雄鹿とくりくりお眼めの雉鳩。

CSC_0923.jpg

CSC_0925.jpg



農家さんは収穫の仕事も終盤で大忙しですね。
先日は雪虫がたくさん飛んで、雪の季節が近づいています。
外仕事も寒くなりますね。

DSC_0748_20161024075020030.jpg
出荷を待つ玉ねぎ

DSCN9330.jpg

DSCN9385_20161024075056e66.jpg
ビートの収穫が最盛期です


~~~~~~~~~~~~
24日朝は霜が降りて真っ白。
マイナス2度以下になったようです。




北見菊まつり

秋も深まり、当地では菊まつりが開催されています。
今年は入場料が無料となって、少し縮小されているようです。
展示場所が分散され、菊花が少なく感じました。

菊花展の様子です。

DSCN9455.jpg

DSCN9441_2016102318431210b.jpg

DSCN9444.jpg

DSCN9459.jpg


毎年の菊人形も見事です。

DSCN9443.jpg
お侍さんのガイドがおります

DSCN9445_20161023184428c72.jpg

DSCN9449_2016102318442962f.jpg

DSCN9450.jpg




23日は会場の一角で、裏千家当番のチャリティ茶会が開催されました。
学生さん主体のお茶席ですね。

DSCN9419.jpg

DSCN9421.jpg


お茶を一服頂いてまいりました。

DSCN9428.jpg

DSCN9425.jpg
お菓子は菊花の砂糖菓子



今日は雪もチラつく時雨れた寒い日です。
葉っぱが風に舞ってどんどん落ちていきます。


DSCN9466.jpg



そして、燃えるような朝焼けでした。
朝は冷えたのでしょうね。
太陽柱が見えました。

DSCN9416.jpg




OKTOBER FEST 2016

はな金の夜、恒例秋のイベント、オクトーバーフェストを楽しんできました。
(死語か・)

IMG_0963_201610221617048b7.jpg

ビールを楽しむイベントですね。

IMG_0947.jpg

IMG_0940_2016102216182489c.jpg

IMG_0958_20161022162205c80.jpg

IMG_0933_20161022162423272.jpg
ハマナスはドイツビール確保 ^ ^v

IMG_0950_20161022164025298.jpg
歌謡曲のライブでもりあがる



地元は勿論、全国有名どころ、海外のビールも楽しめます。

IMG_0945_201610221624290ea.jpg

IMG_0944.jpg

IMG_0946.jpg

IMG_0952_20161022162509b6a.jpg


人気ビールは早々と品切れです。

IMG_0936_20161022161822b9f.jpg


グルメもいろいろと。

IMG_0948.jpg

IMG_0949_20161022162506ce3.jpg

IMG_0942.jpg


只今人気急騰中の”きたたまコロッケ”
地場産玉葱たっぷりで美味しいかも・

IMG_1006.jpg


風が強くとっても寒い日でしたが、イベント会場は熱気にあふれていました。
会場を出ると、建物ごと変化するイルミネーションがきれいでした。

IMG_0993.jpg

IMG_0978.jpg

IMG_0975_201610221622276c0.jpg
寒さで酷い手振れですわ^^;


街中の紅葉も、そろそろもう終わりですね。

IMG_0969_2016102216261598f.jpg


名残りの季節

茶道では、風炉から炉に変わる少しの間を"名残りの時季"として楽しみます。
火が恋しくなり、風炉を畳の中ほどに寄せ中置という点前が行われます。
水はお客さまから遠ざけ、手狭な勝手付きに細水差しを置きます。

中置には、小板・大板・五行棚を使ったお点前があります。
五行棚の五行とは木(板)、火(炭)、土(風炉)、金(釜)、水(釜の中の湯)と云うことなのです。
すべてが、棚の中に治まるのです。

先日の茶道秋季研究会では、「五行棚」でのお炭・濃茶・薄茶の点前が2日目の研究科目として行われました。



扨て、私たちサークルでも10月は、中置と五行棚で名残りの風炉の点前を楽しみました。
小板・大板で、蓋置きを置く場所の約束があります。


小板中置点前で薄茶を楽しみます。
小板の時は蓋置は水指前へ。

IMG_0795_2016101921181420f.jpg

IMG_0793_20161019211811948.jpg

蔦のお茶碗で一服。
IMG_0854_20161021081046550.jpg

IMG_0850_20161019212736b5d.jpg
お菓子は老舗の銘菓 ”ほっちゃれ”



五行棚でも薄茶を楽しみます。
棚の中に「土」の土風炉を入れます。
蓋置は地板左へ。

IMG_0920_201610210713159e1.jpg

IMG_0923_20161021071655f4e.jpg

お点前が終わると柄杓・蓋置・棗を棚に飾り置きます。
いろいろな飾り方がありますが、この日は入り飾りで。

IMG_0855_20161019212740f7a.jpg


IMG_0931_201610210736371a4.jpg
落ち葉掃きのお茶碗で一服

IMG_0932_201610210755405ed.jpg
ツルウメモドキの実がはじけました



お月さまが西の空に消えるころ朝がやってきます。

DSCN9324.jpg


朝の青空も束の間、急な嵐になってしまいました。

IMG_0927_2016102107131836f.jpg


穏やかな夜明けから一転、日中は雨嵐で凄い落ち葉。
各地で雪の情報が流れる中、当地は霰がパラパラで終わりました。
落ち葉掃きに忙しい日々になります。




仁頃山錦繍の粧い

朝は少し冷えましたが、日中は暖かで穏やかな日和でした。
どちらさまも、お仕事が捗りそうですね。

この2~3日で、紅葉が一気に進んだ感じがします。
仁頃山はどうでしょう・
お天気が崩れそうなので、今日辺りがチャンスでしょうか。

郊外の畑は霜で白くなっていました。

CSC_0751.jpg

DSC_0632_20161019181326d8a.jpg


ダム湖周辺はきれいでしたね~
針葉樹の緑も彩を添えます。

IMG_0867_2016101918150628e.jpg

CSC_0755_20161019181325a14.jpg

IMG_0868_20161019181507f89.jpg


準備をして登山道に入ります。
管理車道、5合目辺りまでは紅葉のトンネルでした。

DSC_0655_20161019182151f73.jpg

DSC_0675_20161019182153f59.jpg


樺の木・ミズナラ・イタヤカエデ・ヤマモミジ・ニレなど、みんなきれいです。

DSC_0715_20161019185011abe.jpg

IMG_0918_20161019185359253.jpg

DSC_0677_20161019182233f49.jpg

DSC_0666_20161019185005bc3.jpg

DSC_0730_20161019184230948.jpg

DSC_0690_20161019185008916.jpg

DSC_0713_2016101918412880a.jpg


落ち葉がたくさん!
カサコソと気持ち良い歩きです。

IMG_0905_20161019182431c13.jpg

IMG_0916_2016101918223761b.jpg

DSC_0726_20161019190313a28.jpg


5合目を過ぎると木立の葉はずい分落ちて、寂しくなっています。

DSC_0693_20161019190555ce9.jpg

IMG_0892_20161019190659241.jpg

DSC_0695_20161019190654a4a.jpg


山頂付近のダケカンバはもう冬の準備、すっかり葉っぱが落ちています。

IMG_0890.jpg


気温10度、風は無く暖かです。

阿寒方面、霞がたなびくいているようです。

DSC_0701_2016101919162642e.jpg


大雪方面は冠雪も見えます。

DSC_0700_20161019191625513.jpg



帰り路で行き遇ったこの鳥、ツグミのように見えます。

CSC_0750_20161019191837e6f.jpg


見つけては止まり止まっては撮し、往復3時間15分、山の中で彷徨っていました^^;

IMG_0900_201610191918402e1.jpg

DSC_0692_20161019191838aba.jpg

IMG_0903_201610191918423cd.jpg

DSC_0706_20161019191840c08.jpg
冬のハナワラビ




チミケップ湖畔の彩り

暖かく良い日和で、「古典を読むかい」のお仲間とチミケップ湖へ出かけてきました。
私は春の探鳥会以来。
他の人たちは、何年ぶりかしら?と云うことで
楽しんで参りましたよ。

北見より25㎞、車で25分くらいです。
気軽に行けるところです。
紅葉の見ごろを迎え、きれいでした~


道道から山道に入る対面の山には、紅いモミジが見えきれいです。

DSCN9252.jpg

DSCN9254.jpg

砂利の林道は黄葉のトンネル。
葉っぱの良い香りがしてきます。

DSCN9257.jpg

DSCN9259_2016101819425212b.jpg

DSCN9260_20161018194254363.jpg



チミケップ湖畔のキャンプ場に着きました。
広葉樹が多く、白樺の白い幹と黄金色の葉っぱがきれいです。

DSCN9277.jpg

DSCN9283_201610181958412ab.jpg


落ち葉の中をカサコソと湖の岸へ出ます。
空の碧を映してきれいな湖面です。

DSCN9271.jpg

DSCN9267.jpg

DSCN9272.jpg

DSCN9276.jpg


ホテルでお茶を頂いて行きましょう。
午後のやわらかな陽射しの中で、ゆっくりお茶を楽しみます。

DSCN9304.jpg


ホテルの中庭からは湖と紅葉、野鳥なども楽しめ贅沢な時間をすごせます。

DSCN9291_20161018194647d5d.jpg

DSCN9299.jpg

DSCN9288_20161018194644555.jpg

DSCN9290_20161018194645fe1.jpg
湖への映り込みがきれい


ホテルから少し先の、紅葉見処へ行ってみましょう。
こちらは色とりどり、一段ときれいでした。
波は静かで映り込みも良いですね~

DSCN9305.jpg

DSCN9310.jpg

DSCN9313_2016101819473074c.jpg

DSCN9319.jpg


楽しい時間を過ごし、紅葉のトンネルの中を折り返します。

DSCN9320.jpg



数年前、紅葉の時季このホテルで出会った一冊の本。
忘れられない一冊となりました。

葉っぱのフレディ―いのちの旅
葉っぱのフレディ―いのちの旅レオ バスカーリア Leo Buscaglia

童話屋 1998-10
売り上げランキング : 4602


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




メルヘンの丘にて


女満別メルヘンの丘の畑では、秋蒔き小麦が青々と畝になっています。

DSCN9190.jpg

DSCN9194_2016101721374341f.jpg


僅かな雲を茜色に染めて、夕陽が沈んで行きます。

DSCN9185.jpg

DSCN9219_20161017213745f6a.jpg
10/15  16:30

静かな夕焼け空でした。

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます