2016-11

散歩道

11月29日は”いいにくのひ”なんですって。
晩ご飯はお肉ですね ^^v


11月3日以来のまとまった雪です。
少し湿った雪ですがフワフワと積もっています。

DSC_0045_201611292052130fe.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



雪のなかった一昨日、市内緑ヶ丘森林公園の遊歩道を歩いてきました。
南に面した霊園から遊歩道に入って行きます。
通り道だったので、我が家の墓前に手を合せていきましょう。

DSC_0182_20161129211017610.jpg


雪は殆どなく歩きやすい遊歩道です。
林の中は風もなく静かです。
鳥たちの囀りが微かに聞えます。

DSC_0166_2016112921094079c.jpg


ずい分葉は落ちましたが、柏の茶色い葉がまだまだしがみついていますね。
トド松の子たちがたくさん育っていますよ。

DSC_0168_20161129210942f4b.jpg



各TV局の中継アンテナが並んでいます。
木立ちの枝が視界を遮って市街地が見えません。
こちらがこの公園のピーク標高268,6mです。
三角点は見つけられず・

DSC_0167_20161129210941cac.jpg


ゆるやかに下って行きます。
やはり日陰は寒いです。

DSC_0169_201611292109448ce.jpg


丘から下る沢地の砂防工事が行われていました。
この夏の大雨時は土砂の流出があったようです。
すぐ下には保育園がありますからね。

DSC_0171_2016112921101160a.jpg


霊園の淵を通って、まだ歩いたことのない遊歩道に入ってみました。
真っ赤な実が鮮やかです。
チョウセンゴミシでしょうか・

DSC_0174_20161129211012eb6.jpg


初めて通った霊園の奥に招魂社がありました。
「英霊を 奉祀した神社」とありますが、ここにあるのは初めて知りました。
こちらにも手を合せて参りましょう。

DSC_0177_201611292110149b5.jpg



公園を2つほど通り抜けて戻ります。
白い幹の白樺の木が青空にきれいです。

DSC_0185_201611292110349a0.jpg

DSC_0186_20161129211036e2e.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



一日おいて、今日は真っ白な白銀の世界に変わりました。
家の傍の公園を散策してみました。

DSCN9951.jpg



公園のアメリカトウヒが雪を被ったツリーに変身。

DSCN9943.jpg

DSCN9945_20161129205236cd0.jpg



ニシキギの赤い実がきれいです。

DSCN9949_201611292052165e7.jpg




空が明るくなって、小鳥たちが午後の食事にバードテーブルにやってきます。

DSC_0054_20161129204514440.jpg


昨日は雪が無かったのです。

DSC_1766.jpg



スポンサーサイト

雄者(ユウシャ)の季節

三日月がすっきりシンシンと冷え渡り気温マイナス14度、早朝6時まえ東の空が茜色に染まってきます。
当地らしい気候です。
三日月と金星が近寄っています。

DSC_1541_20161125225847c1c.jpg
AM 05:30 まだ暗い空です


茶道稽古が休みになった今日25日、浜の町へ出かけてきました。
このところの冷え込みで、川面には薄氷が流れています。
アイスジャムというらしい。
川は岸辺から凍り始めています。

DSC_1553_20161125215814e9f.jpg

DSC_1560_201611252158152e3.jpg


この川沿いに、例年なら来ているはずの鷲たちが見えません。
今年は秋鮭の遡上が全くないのが要因なのでしょう。
長年この地に住んで、鮭の遡上を見ないのは初めてかも知れない・



サロマ湖湖岸道に出ました。
白鳥たちの啼き声が聞こえてきます。
まだまだたくさんいますね。

CSC_1748.jpg



湖は早くも岸の方が凍り始めています。
氷の上を歩いている白鳥たちが面白くて、しばらく見ていました。

DSC_1618.jpg

DSC_1621_20161125221638c55.jpg

DSC_1612_201611252216365cf.jpg

DSC_1603_20161125221635c45.jpg

DSC_1629_20161125221750b50.jpg



遠くの浅瀬に雄者発見!
大鷲です!
湖に入って漁をしているのですね。

CSC_1746_20161125221748b24.jpg


湖岸の木立にもいました。
ちょっと木の枝がうるさい。

DSC_1727.jpg

DSC_1591_2016112522174968e.jpg
オジロワシ・オオワシが仲良きなり


橋の街灯にはオジロワシの番いでしょう。
ず~~っと止まっていました。

DSC_1632_201611252225338db.jpg
何やらお話をしているような・



鴨たちも湖が凍りつく前のひと時を過ごしています。
スズガモ・・ホオジロガモ・カワアイサ・カワウ・マガモいろいろいます。

DSC_1659_201611252231220fa.jpg

DSC_1652.jpg

DSC_1641_20161125222737027.jpg

CSC_1751_20161125233034b72.jpg

DSC_1643_201611252227382cf.jpg

CSC_1754.jpg

CSC_1753_201611252226489e2.jpg

CSC_1752_201611252226472d2.jpg

CSC_1750.jpg



遺跡の森にも寄ってみます。
こちらには山の鳥、カラ類・ヒヨドリ・ツグミ・キツツキたちと賑やかです。

DSC_1709_201611252238558f0.jpg


CSC_1755_20161125223742d09.jpg

CSC_1756.jpg

CSC_1758.jpg


ヒヨドリは山ブドウを啄んでいます。
美味しいものから食べるのね。
赤い実はまだまだ沢山残っています。

DSC_1717_20161125224111ec2.jpg


DSC_1713_20161125223858e83.jpg

DSC_1710_20161125223856a4f.jpg




完全防寒でも、鳥見は余り動かないので寒くなってきます。
浜の電光掲示板ではマイナス2度と表示されていました。

DSC_1742.jpg



子どもっぽい鹿が畑の中を飛び跳ねています。
浜の方はところどころ雪道で凍っていました。

DSC_1733.jpg




ぶらり"トカトカ"へ

用事の空いた谷間の21日、ぶらりドライブでした。
目的地は上士幌町のお気に入りカフェ "トカトカ"
品数も豊富なパンが、とっても美味しいお店です。

十勝牛のランチもかなり美味しいですがパスして・ ^^;

DSC_0162_20161122001940dfb.jpg


今日のパンたち。

DSCN9916_20161122002309124.jpg

DSCN9917_20161122002311bd1.jpg

ピりりとしたワサビ菜入りのパンが、とても美味しかったです。
そして、早くもクリスマスのシュートレーンは粉砂糖が甘かった!




平地では先日の雪も殆ど消え、快適走行です。
観光の車に代わって、今は大型輸送車とすれ違います。

IMG_1146_20161122002316962.jpg
真っ直ぐ続く十勝道



夏には賑わっていた道の駅も静かでした。

IMG_1145_201611220023149f4.jpg

IMG_1143_201611220023123ad.jpg



オホーツクブルーの風景。

DSCN9888_20161122002149008.jpg

DSCN9887_20161122002154ffc.jpg



十勝晴れの風景。

DSCN9898.jpg

DSCN9889_20161122002243784.jpg

DSCN9905_20161122002246c81.jpg

今年は然別周辺の山へは行かなかったですね。
雪を被って真っ白です。
今日は気温2度くらい、風が冷たく寒い日です。




山間部には雪があり初冬の風景が美しいものです。
常緑の笹と松が白い雪に対比してきれいです。

DSCN9912_201611220022491a8.jpg

IMG_1153.jpg

DSCN9911_20161122002247555.jpg

DSC_1530_2016112200215319b.jpg
真っ直ぐ伸びた白樺の白い幹もきれいです



帰り路、久しぶりに山の中の温泉に寄ってきました。
訪れる人も少なく貸切お風呂でのんびりです。
雪を見ながらの熱い温泉です。
原泉で58度と表示されていました。(58度のお湯には入っていませんですよ…笑)

IMG_1152.jpg

IMG_1151_20161122002333d92.jpg



15時前にはもう陽は傾いて、夕暮れが早いことです。

DSC_1533.jpg


戴きもの

九州から届いた、風雅巻きという珍しいお菓子。
いろいろなお豆がパリパリの海苔で包まれています。
食感が良くてついつい手が出ます。

DSCN9876_20161117185239f97.jpg




続いて戴きもの柚子。
こ~んなにたくさん!

DSCN9877_20161117185240bb0.jpg
う~~~ん、良い香り♪

タイミング良く、TVでいろいろな柚子料理を紹介していましたので重宝しそうです。



更に戴きものボージョレ・ヌーボーワイン☆

"ボージョレ・ヌーボー"って、おだっている人もいる感じですけれど…
どんなお味でしょう!
今まで呑んだことはないのです。

DSCN9883_20161117184404344.jpg

来週の祭日あたりに戴きましょうか・



スーパームーン

暖かいな”と思っていましたら、お昼前から雨になりました。
先日降った大雪は殆ど消えていきました。
道路事情が良くなって有難いです。
全く邪魔な雪だったのでは・

DSCN9873_20161115164719a33.jpg


午後には半分雨、半分青空で僅かな虹が架かっていました。
もう時季としては虹も終わりですね。

DSCN9871.jpg


今夜は晴れそうで、きれいなお月さまが見えそうです。


昨晩は速い雲の流れの切れ間から、チラチラと見え隠れ忙しいお月さまでした。
見えたのは少しの間、時間と共に雲が厚くなってしまいました。

お月さまは、紅くなったり青くなったり隠れたりと・・
風が強くて寒かった~

DSC_1477.jpg

DSC_1488_201611151544373b3.jpg

DSC_1486_20161115154443a5d.jpg

DSC_1511_20161115154516625.jpg

CSC_1516.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

扨て15日、16夜のお月さまは雲も取れ煌々と輝いています。

CSC_1522_20161115184323500.jpg


ぶらり鳥見ドライブ

ここ2~3日、日中は暖かな日和が続いています。
浜の街への所用ついでに、海岸方面へ鳥見ドライブでした。

オホーツクでは当地付近はじめ、内陸部は雪が多めですがこの暖かさでかなり融けたようです。
海岸方面が近づくと雪がだんだん少なくなり、浜の街は殆どありません。

DSC_1451_20161114184858c08.jpg



雪の多いところでは、農家さんの畑始末の作業も大変ですね。
まだ、ビートの堀だし・大豆の収穫・秋蒔き小麦の防除などが残っているようです。
畑は雪が融けてきて泥団子かもしれない・

DSC_1399_2016111418440629e.jpg

DSC_1398.jpg



遠くの湖傍の木立に鷲らしき姿が・
近寄ってみましたら、鳶でした^^;

DSC_1366_20161114184335b57.jpg


ワシ類はこれからでしょうか、1~2羽くらいしか見ていません。
鮭の遡上が殆ど見えないので、余り来ないかもしれないですね。

DSC_1372_201611141843375ff.jpg



雪の少ない田んぼ跡にヒシクイの群れが見えます。
雪が降った時はどうしていたのでしょう。

DSC_1381_201611141843395d3.jpg

DSC_1383_201611141843417c6.jpg

DSC_1394_201611141844031d0.jpg
鳥も大地もモノトーンで見分けがつきづらい・



水辺にはたくさんの白鳥たちと鴨類が寛いでいます。

DSC_1435_20161114184421ff6.jpg

DSC_1436.jpg


土が出てきたデントコーン畑の刈後で、白鳥たちが落ち穂拾いです。
幼鳥たちも一生懸命です。

DSC_1413_20161114184713ee6.jpg

DSC_1415_201611141847145e1.jpg

DSC_1446_20161114184802ada.jpg

道路を挟んで畑の対側が湖で、移動が楽ちん♪

DSC_1401_20161114184400602.jpg

CSC_1456.jpg

CSC_1455_20161114184607baf.jpg

DSC_1424_20161114184716c11.jpg
電線には気を付けてね!



近くでアカゲラがコツコツと気を突いています。

CSC_1454_201611141846062d0.jpg


小麦畑にも白鳥たちが群れています。

DSC_1449.jpg



オホーツクが凍りつくまでもう少し滞在しそうですね。

DSC_1353_201611141857277ca.jpg
この小川も間もなく雪と氷に閉ざされます


今夜はスーパームーンと云われていますが・・・当地、雲が多いなぁ~。



炉開き


11月になり茶道では風炉から炉の季節へ変わります。
旧暦10月(新暦で今年は11月)は亥の月で、江戸時代この月の初亥の日がこたつを出す日と決まっておりました。
亥は火を司る水の気とされ、火事の多かった江戸ではこの日にこたつ開きをすれば、火事にならずに済むというおまじないの慣わしだったようです。
今年の亥の月亥の日は、11月1日と早い時季で本州ではまだ暖かいところも多いでしょうね。


私たち茶道サークルでは「こたつ開き」ならぬ「炉開き」を行いました。
例年の如く、お炭手前は時間の関係で省略、点心・濃茶・薄茶を楽しみました。


お床を拝見し順次席入りします。
お花の無い時期、花屋さんで調達です。
炉の季節は椿が多く使われます。

IMG_1121_20161111073836f29.jpg

IMG_1122.jpg
あちこちに椿の咲いている本州が羨ましい



炭手前省略で床に香合を飾り置きします。
炉開きには、織部・伊部・瓢部の三部が使われます。
この日は炭斗の瓢を省略、香合が織部、茶入れが伊部。

IMG_1125.jpg


点心はおぜんざいとなます、漬物など。
おぜんざいは亥の子餅に替えて。

IMG_1106_20161111074020b53.jpg
IMG_1104_201611110740196bf.jpg
点心は皆さんで持ち寄りです


亥の月亥の日亥の刻に亥の子餅を食べると、お子たちは元気にそだちまた子だくさんの亥(いのしし)にあやかったという、中国から伝わった昔ながらの行事と云うことです。



続いてお濃茶をみなさんで頂きます。

IMG_1108.jpg
置き水指で簡素に

IMG_1110_20161111074023897.jpg

IMG_1111_20161111074024095.jpg

あまいものを頂いた後の濃茶は美味しいものです。



薄茶も一服頂きます。


IMG_1116_2016111107404844b.jpg


お菓子はtosiちゃんの本州旅行お土産。
柿と栗が付きものの炉開きで、今回は柿は点心に栗は干菓子に小布施の落雁でした。

IMG_1117_201611110740501f4.jpg

IMG_1118_20161111074051382.jpg

薄茶碗は萩と替え茶碗に木守り。


みなさんで美味しく頂き和やかな時でございました。



立冬の風景

7日は24節季の立冬。
”冬の気配が山にも里にも感じられてくるころ”
今年は立冬を待たずに充分な冬がやってきました。

所用があり浜の町へ出かけてきました。
当地は30㎝くらいの積雪でしたが、場所によっては多い処少ない処があるようです。
朝はシバレが厳しいので凍りついています。

DSCN9857.jpg


主要道路は除雪が行われたようで、舗装が出て夏道と変わりません。
7日は青空は広がり真白い雪が眩しいです。

DSCN9826.jpg


道々の、まだ葉が落ちていないカラ松・白樺の白い幹がきれいです。

DSCN9823.jpg

DSCN9838_20161107203833882.jpg



サロマ湖にはたくさんの白鳥や水鳥が羽を休めています。
畑は雪に覆われてしまいましたので、白鳥たちは湖で終日過ごしているのでしょう。

DSCN9835_20161107203942c14.jpg

DSCN9834.jpg

DSC_1298_201611072039401a5.jpg

DSC_1300_20161107204329d61.jpg
ソックスをはいたネコ? 足が冷たいですからね~



「サロマ湖道の駅」そばの遊歩道を歩いてみました。
雪は10㎝くらい積もっていますが、長靴で充分歩けます。
気温は+1度くらい、風は無く陽射しがあるので寒くはないです。

今年は雪が早すぎました。
雪の上に葉っぱが一面落ちています。
まだ残っている葉っぱも多いです。

DSC_1328_2016110720352529b.jpg

DSC_1344.jpg

DSC_1332_20161107203527207.jpg


遊歩道を鹿・キツネが歩いた跡が続いています。

DSC_1320_2016110720352439d.jpg


小鳥たちの囀りが聴こえてきますが高い梢で小さく見えるだけ。
にぎにぎしいのはヒヨドリ。
冬になり民家近くに移動してきます。

CSC_1355_20161107204328b4d.jpg
少し若いオジロワシ

CSC_1354.jpg
つぶらな瞳のヒヨドリ


ヤドリ木・オオカメの木・ナナカマドの赤い実。
野鳥たちの冬の食糧です。
ツグミの群れもやってきていますね。

DSC_1322_2016110720433270b.jpg

DSC_1336_20161107204421abc.jpg

DSC_1315_20161107204330bcf.jpg

DSC_1351_2016110720442406e.jpg



夏の終わりから秋の長雨で大幅に収穫作業が遅れた農家さん。
雪の中でのビートの収穫作業です。

DSC_1302_20161107205036f39.jpg

DSC_1303_20161107205037037.jpg

DSCN9828.jpg
秋越しも雪の畑です



例年はサケの遡上で賑わっている支流の小川は、静かな流れです。
今年の鮭漁は不漁だそう。

DSC_1353_201611072044262f5.jpg



16時前には山陰に陽が沈んで行きます。

DSCN9849_201611072054497a1.jpg
15:50

オホーツク、穏やかな立冬の風景でした。



雪降る前に・

先日、雪が降る前にギンナンを拾ってきました。
強い霜が降り、イチョウの葉っぱは見事に落ちました。

IMG_1049_20161105113020fbd.jpg
真っ黄色になりきっていない少し青めの葉っぱ


ギンナンが所々に落ちていたので少し頂いてきましたよ。

IMG_1050.jpg



近年の街路樹は、葉っぱが散る前の早い時期から剪定が行われます。
イチョウの枝も、市内街路樹は順に剪定され丸裸になります。
枝が整うまで、イチョウは2~3年は実を着けませんね。

早くから剪定されるのは、プラタナスの樹。
この樹は強くて成長も旺盛です。
葉っぱが大きくて、散ってからの片づけが大変なのでしょう。
実際、我が町内の公園周囲に植えられていたプラタナスの大木が、昨年きれいに伐採されました。


扨て、今年は落ち葉掃きも終わらぬうちに、雪になってしまいました。
根雪になりそうな勢いです。
ナナカマドの赤い実が雪を被ってきれいです。

IMG_1088_20161105113022379.jpg
豊作なナナカマドの実


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

6日朝、外を見てがっかり!
まだ雪が降っていました。
昨日からこんなに・
30㎝は積もったかもしれない・
根雪になりそうな感じ・

短い秋からいきなり真冬です。

DSCN9820.jpg



氷の轍(わだち)

氷の轍氷の轍
桜木 紫乃

小学館 2016-09-27
売り上げランキング : 5436

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


桜木紫乃さんの作品では少ないサスペンス本です。
刊行になって直ぐ手に入れ読み始めましたが、なかなか先へ進まない。
派手なアクションは無く複雑な人間模様が頭の中で渦巻く感じで。

ドラマ化され、今日TVで放映されます。
TVに追い越されず何とか読み終えました。
ドラマはどんな風に演出されているでしょう。

楽しみです。



«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます