2017-04

夕暮れの湖畔

湖畔に着いた16時ころ、水鳥たちは食事に忙しい時間帯です。
日没は18時過ぎですから、まだまだ陽は高いです。

DSCN9067.jpg

DSC_1381_201704172013421ff.jpg


お羽根が泥んこですね~

DSC_1416_20170417201344c96.jpg

DSCN9079_20170417201346f53.jpg


白鳥の傍にヨシガモがいます。
この季節の雄カモは、飾羽根がきれいです。

CSC_1469.jpg


羽を広げると、優雅そうなアオサギです。

CSC_1473_20170417201845e78.jpg

CSC_1474_2017041720184761c.jpg



17時を回って、雲間から出たお陽さまが、湖面を赤々と染めます。

DSCN9085_2017041720153651f.jpg

DSCN9094.jpg

DSC_1440_20170417201533387.jpg

DSC_1451_20170417205326d2f.jpg



採食に出掛けていた白鳥たちが、湖に戻ってきました。

CSC_1467_20170417201805164.jpg


風が治まり静かになった湖面を、其々の塒に帰るのでしょうか。

CSC_1468_201704172018064bd.jpg

DSC_1447_20170417201807986.jpg


湖は、静かな夕暮れ時です。

DSC_1459.jpg



メルヘンの丘に夕陽が沈んで行きます。

DSCN9112.jpg


燃えるような空を見ながら、私も帰路に着きます。

DSCN9124.jpg



スポンサーサイト

アズマイチゲはどうなったでしょう・

土・日は風は強いものの、暑いくらいの本当に良いお天気に恵まれました。
日曜日、茶道春季研究会を終え、夕方近くなって女満別方面に出かけてきました。

冬の間に工事が行われていた湖畔道沿いの、アズマイチゲが気になっていました。
日中の強風は、夕方にかけ少し治まってきたようです。

アズマイチゲが大きくなっていますね。
陽射しがなくなっていましたので、花は閉じられています。

DSCN9056.jpg

DSCN9057_201704171523178bb.jpg


傍を流れる小川の川幅を広げる工事が行われたようです。
川幅が、以前の倍くらいになった感じです。

DSC_1352_20170417154402faa.jpg

DSCN9053_20170417152311acd.jpg

樹木が間引きされ少なくなり、道路側の岸がすこし狭くなりました。

DSCN9055_20170417152314301.jpg

掘り返された処は、来年以降お花たちが回復すると良いですね。



平地の雪もすっかり消え、畑作業が始まっています。

DSCN9064_2017041715235167f.jpg

DSC_1359.jpg
きれいな畝です 春蒔き小麦かな?



空には雁の連なる姿が見えます。

CSC_1471_20170417154400ad9.jpg


青々とした小麦畑に、ヒシクイの群れがいます。
湖沼の近くの畑には、渡り途中の鳥が採食に集まりますね。

DSC_1369_20170417152205c00.jpg

DSC_1371_20170417152242ca6.jpg


拡大してみますと、ヒシクイのなかにマガンが混じっています。
野鳥の見分けはなかなか難しいですが、同じ仲間は行動を共にすることが多いようです。

CSC_1472_20170417152202436.jpg
鼻の先が白く見えるのがマガン


この後、夕暮れの女満別湖へ行き、水辺で寛ぐ鳥たち、
きれいな夕陽を見ることができました。



«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます