2017-11

直木賞作家 葉室麟

葉室麟著時代小説、「黒島藩シリーズ」の三冊を読み終えました。

この三冊はシリーズでありますが読みきりで、どれから読んでもよきなり。
私の読んだ順で掲載です。
葉室麟さんの時代小説は、辞書を引きながら読んでいます。
私自身の、語彙のなさ・無知を痛感!


「山月庵茶会記」
3月、新作発売と同時にほぼ完売、間もなく増刷となっています。
人情味あふれる葉室作品には泣けるごとし。


「紫匂う」
かつての想い人の無事に奔放しながらも、お互いを思いやる夫婦の絆の深さ。
美しすぎる夫婦の想いに感動あり。


「陽炎の門」
苦難に前向きに向かっていく「主水」に相対して、不遇な身に甘んじて生きてゆく「与十郎」
壮絶な終盤の書き下しはお見事!


山月庵茶会記山月庵茶会記
葉室 麟

講談社 2015-04-22
売り上げランキング : 19825

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



紫匂う紫匂う
葉室 麟

講談社 2014-04-16
売り上げランキング : 88255

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



陽炎の門陽炎の門
葉室 麟

講談社 2013-04-17
売り上げランキング : 96959

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



葉室麟さんは146回直木賞を「蜩ノ記」で受賞しています。
この本以来すっかり虜になっています。
多作には圧倒されますが、少しずつ読んでいきたし。


スポンサーサイト

コメント

「難しそう」な本ですね。最近まったく読書から離れています。
見るのは図鑑とかIT関連(windows10とかiphoneとか)ばかり。
手書きの文章も書かなくなり、キーボードに頼っています。
文字は読めるけど書けない...になってきました。

前記事の諸行無常・・・年齢的にこういう文字に反応しますね。
私の同級生に「坊主」がおりまして、以前に葬儀で会いました。
経を唱え、説教をしていましたが、似たような話しでした。
普通の学生が...ちゃんと坊主をしていました。(家がお寺)

野付ウシさん こんにちは♪

葉室麟さんの本は時代小説が殆どで、内容は明瞭です。
難しい言葉が時々出てきますが・
若い作家さんの本はなかなか馴染めません。
あとはサスペンス推理ものが多いですね。

>文字は読めるけど書けない...になってきました。

私も同じですわ^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/1175-e63a286b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます