2017-08

屈斜路 湖沼探訪

屈斜路カルデラ群で、日本最大カルデラ湖は屈斜路湖、神秘の湖と云われる摩周湖、秘沼の沼湯(キンムトー)を巡ってきました。
今回の主役は初めて訪れる沼湯(キンムトー です。


15日、釧路方面の天気予報は晴れ。
屈斜路湖を見下ろす美幌峠は雲が少し多かったですが、晴れてくる予感。
ミソガワソウ越しに中ノ島がくっきりです。


DSCN5495.jpg


峠を下り摩周湖に近づくにつれ青空が広がってきます。
摩周湖正面に見えるカムイヌプリ(神の山・摩周岳)の頭、斜里岳方面は雲が掛かっていましたが空は真っ蒼、深い碧色の摩周湖です。
夏は霧がかかることが多い摩周湖ですが、今日はきれいなお姿です。

一年を通して観光の方が多くなりました。
この日も数台の観光バス客を始め、多くの方が神秘の湖・摩周湖を楽しんでおりました。


DSCN5498.jpg


摩周湖からふり返ると噴煙を上げるアトサヌプリ(裸の山・硫黄山)が眼下に見えます。
阿寒方面の稜線は雲が多いですが、上空の真っ蒼な空が気持ちがよいです。


DSCN5499.jpg


ここから11㎞ほど下り「摩周道の駅」で、少し休憩です。
前庭のお花が蒼空に映えます。


IMG_0685.jpg



お腹も満たされ、本日の主役アトサヌプリ裏側にある「沼湯」に向かいます。
摩周国道391号を川湯方面に向かい、標識に従い林道に入って行きます。
この林道は10㎞強で湖側に通じており、明治初期硫黄採掘で開削されたとあります。


IMG_0704.jpg


鬱蒼とした樹林帯の林道は訪れる人が少ないような感じですが、道幅もありしっかりした砂利道でFFセダンでも問題なく走行できます。
国道から1㎞ほど、淡い緑が美しい白樺トンネルを進んで行きますと、硫黄の匂いと共に右手に木立の合間にアトサヌプリが見えます。
この周辺には、白山石楠花の薄ピンク色の花があちこちにきれいです。
サビタの花(ノリウツギ)も咲き始めています。


IMG_0702_20150716060953f82.jpg

IMG_0699_2015071606095225a.jpg
アトサヌプリ(左)の裏山

IMG_0697_20150716060949e0f.jpg
淡い色合いが優しい白山石楠花

IMG_0698.jpg
根釧地方に多いサビタの花が咲くと夏が進んだ感じがします


シダ類が目立つ原始の道を更に進んで行きます。


IMG_0694_20150716062131f9d.jpg


分岐案内版があります。
今回は「沼湯」のみの探訪です。


27172_4.jpg


大きな「沼湯」案内版があり従って更に進みます。


IMG_0693_201507160610540eb.jpg

IMG_0692_20150716061052e34.jpg


入り口から6㎞強、ここから先300m程は針葉樹林帯を歩きます。
クマ鈴を鳴らしながら進んで行きます。
一人ではちょっと怖い!
同行はクマが超怖い妹(あまり頼りにならないかも・・)


IMG_0691.jpg


IMG_0690_2015071606114034e.jpg


見通しの良い松林を少し下って行きますと・・・
木立の間から青い(緑色)水辺が見えて、心が躍ります。


DSC_1298_20150716061202e5a.jpg


まさに秘沼。
深緑を映した湖面の色に魅せられます。
朽ちた樹木が一株、風情があります。


DSC_1297.jpg

DSC_1295_2015071606252372d.jpg


ぷくぷく湯の湧き出ている処もあるようですが、水は冷たそう。
水を呑みに来る動物(鹿)の足跡が無数、岸辺に着いています。
トンボが数匹、とても静かです。


IMG_0687_201507160611350ae.jpg

IMG_0688.jpg


沼への道に咲く野草は少なく、見かけたのはこの花。


DSC_1299_2015071607565095c.jpg  ミヤマウツボグサ?



紅葉時季はまた素晴らしいだろうなァ~”と思い、落ち着かない妹に促され短い時間で戻ります。
誰とも会わず、クマさん・鹿さんはお昼寝中?野鳥・虫だけが群れておりました。

「沼湯」から少し戻りますと、第二硫黄山・ボッケの表示がありましたが今回はパス。
紅葉時季に再訪、探索したいものです。



スポンサーサイト

コメント

うわ~~まさに秘境です!!

本当にオホーツクは奥が深いですね。同行の妹さんの落ち着かないお気持ち、良くわかります。
前日の「スナップエンドー」で一杯!美味しそうです。
先ほどスーパーで見た北海道産のスナップエンドー、他県の倍するんですよ~~
とても買えませんでした。

yoshieさん こんにちは♪

>先ほどスーパーで見た北海道産のスナップエンドー、他県の倍するんですよ~~

うわ~~、そうなんですか・
スナップエンドーは美味しいので、毎年種を買って植えるんですよ。
簡単に栽培できて重宝しています^^v

「キンムトー」は一度行ってみたいと思っていたのですが、林道状況が分からなくて躊躇していました。
先月チラリと探索しましたら、大丈夫そうだったので妹を誘って行きましたよ。
鬱蒼としてだぁれも来ませんし、クマさんが出そうで落ち着かなかったです^^;
次回は、クマさんを追い払ってくれる用心棒同行ですね(笑

オホーツクは、あちこちでクマ出没です。
今日は津別でクマが駆除されていました。

キンムトーいいですよね!

こんばんわ⭐

きれいな写真ですね!

私もキンムトーはとても好きな湖です。
昔、摩周にいらっしゃった医師に連れていってもらいました。

東山魁夷さんの絵画みたいな景色ですよね。

確かに行く道中は熊さんのおじゃまにならないようにと願いながら(笑)

人があまりいかないところに美しいものがあるのかもしれませんね。

KAGUYAさん こんにちは♪

「キンムトー」は以前から気にはなってはいたものの、なかなか訪問のチャンスがなくて・
やっと行って参りました。
周りを気にしながら落ち着かない訪問でした。
水の色がとても神秘的でしたね。
裏摩周の「神の子池」は、今や観光バスも入ってくるメジャーな処。
「キンムトー」は、そんな風になってほしくないなぁ~”と思いながら見てきました。
野生動物たちが水を呑みに来る神の領地です。
私たち人間は、ちょっとおじゃまして楽しませて頂いた、そんな感じでした。

さすがハマナスさん、こんな場所も知っていたのですね。
私など聞いたこともなかったです。ちょっと興味ありますね。
「どこかのついで」でも立ち寄れそうですが、実現するかな?

野付ウシさん こんにちは♪

硫黄山の裏側にこんなところがあるのです。
まさに、秘境。
訪ねる価値あります。
美留和側から入る道は悪くないですが、クマさんの領地ですからね~
深緑の季節も良いですが、紅葉時季のロードは良さそうですよ。

こんにちは~
キンムトーは地元に居ながら
10年以上も行ってない所です
紅葉の時期には沢山の人が訪れるようになりました
今年は是非行ってみようと思っています
この静かな佇まいが良いですよね~♪

でもここは熊さんの生活圏なので要注意です

特に今年はこのあたりの住宅街にまで2回も出没して
町からの緊急のチラシまで配られています
今現在で昨年の倍の50件を超える異常な多さになっています

特に朝方の出没が多いみたいです
充分注意して単独での行動はしない様にしたいですね





reimi01さん こんにちは♪

reimi01さんのテリトリーへお邪魔してきましたよ^^♪

何十年も摩周湖へは行っていないという妹が、仕事が休みだったので同行しました。
臆病な妹でも二人ならと・この機会にキンムトーを訪ねました。
静かで神秘的なキンムトー”大満足でした^^v
紅葉時季は綺麗でしょうね~
その時季、きっと再訪したいです。

この日はとても静かで、クマさん気配全くなし!
お昼寝中か、クマ鈴を覗っていたのでしょうかね~
今年は何処もクマさん出没情報が多いです。
即、駆除されるのは忍びないものです・・・
上手く共生したいものですね。

弟子屈はお天気良がくて、摩周湖もきれいに観え良き日のドライブでした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/1179-153b6a2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます