2017-05

斜里岳 山頂は晴天なり

17日、40数年ぶりの斜里岳 (1,545m )を歩いてきました。
標高差900m  上り(旧道)4,6㎞ 下り(新道)5、1㎞。 
昔の記憶は処々に、下山コース熊見峠新道は初めて歩きます。

予報は曇り日中晴れ間あり。
朝のうちは濃霧注意報が出ていました通り、山は雲に覆われていました。
なかなかすっきりした日がなく、この日は雨の心配がなく同行者Tさんの都合で予定に入れていました。


DSCN5772.jpg
知床に向かう直線道の右手に雲に覆われた斜里岳



麓の清岳荘(山小屋)は立派にリニュウアルして、旧山小屋から1㎞ほど下に建てられています。
駐車料・トイレ協力金各100円を支払い、7時出発です。


DSCN5776.jpg


新山小屋から1㎞ほど行き旧山小屋跡から登山道に入って行きます。


DSCN5782.jpg


5分ほど行きますと水音が聴こえ、ここから沢伝いに渡渉を繰り返して上って行きます。
沢石が赤く見えるのは鉄分を含んだ水で、苔が生えずらく石に乗っても滑りません。

ピンクテープや岩に目印があるので、登山道は明瞭です。
このところの大雨で、夏の終わりにしては水流が多いかもしれませんが、靴の中がぬれることはないです。
けっこう快適に渡渉を繰り返し、ところどころ沢を巻いて登り進みます。


DSCN5794_2015081806331217b.jpg

DSCN5789.jpg

DSCN5802.jpg

DSCN5829_2015081807355933b.jpg


仙人洞 ここは記憶がありますね。


DSCN5797.jpg


旧登山口から30分ほどで下二股(新・旧道分岐)です。


DSCN5804.jpg


この辺りから傾斜が増し、いろいろな滝が現れてきます。


DSCN5807.jpg

DSCN5810.jpg

DSCN5812.jpg
あちこちに ダイモンジソウがきれいです

DSCN5817.jpg

DSCN5836_2015081806375064a.jpg


滝の横を並行して登って行きます。
急坂もありますが、滑ることは殆どないです。


DSCN5823_201508180733193a1.jpg

DSCN5844.jpg

滝周辺には、タカネトウウチソウ・エゾシモツケ・花後のエゾノリュウキンカがたくさん見られます。

DSCN5838.jpg


前方、霧の中に陽が射し始め、草木・水しぶきがキラキラしてきれいです。


DSCN5840_20150818073320dc0.jpg

DSCN5835.jpg

DSCN5834.jpg

上二股分岐で20分前に出た先行者の前に出ます。
この辺りから水も細り涸沢になります。


DSCN5857.jpg

DSCN5855.jpg


間もなく沢から離れ馬の背に出る急坂のガレ路が続きます。
稜線がくっきり見えます。
山の上はお天気が良さそう!
暑いです!


DSCN5850_20150818074257ba9.jpg

DSCN5867_20150818074543eda.jpg

DSCN5868.jpg

DSCN5864.jpg
ナナカマドの実が赤く色着いています
秋ですね~



最後の急坂胸突八丁を上り進むと、登山口から約3時間で平らな馬の背です。


DSCN5870.jpg

DSCN5879.jpg

DSCN5874.jpg
平らな馬の背


山頂は雲の上、良いお天気です!
平野部は雲海に覆われ眺望なし!
多くの人が上っています。


DSCN5884.jpg

DSCN5881.jpg

DSCN5918.jpg


山頂まであと一息。
かなり急登に見えますが、意外とそうでもないです。

途中に斜里岳神社があります。
立派になっていました。


DSCN5887.jpg


20分弱で山頂です。


DSCN5890.jpg
顔がパンパンに膨らんでいる!気圧のせい?

風もなく山頂のお天気は素晴らしいです。
雲海の上に連なる峰々がきれいです。


DSCN5893.jpg
眼下に馬の背と南斜里岳(中央の尖がり)方面

DSCN5892.jpg
知床方面は雲海の中 


山頂への道々にはウメバチソウ・イワブクロ・フタマタタンポポ・チシマキキョウ・などお花がきれいです。


DSCN5900.jpg DSCN5902.jpg DSCN5856.jpg

DSCN5897.jpg



同行者Tさんは馬の背でダウン。
山頂写真を撮って下ります。
多くの人が上ってきます。


DSCN5917.jpg


馬の背でお昼ご飯を食べて暫く休憩。
一夜漬けにした胡瓜が美味しかったです。


下界は濃霧のようですが、山は20℃前後気持ちの良いお天気です。
のんびりしました。
11時30分下山です。

下りは上二股から熊見峠経由の新道です。
峠までは快適な稜線歩き。
両方向の尾根筋が良く見えます。


DSCN5936.jpg
熊見峠へ

DSCN5937.jpg
斜里岳からの稜線

DSCN5941.jpg
ここから見えなくなる山に別れを告げます

峠からの下二股まではうわさに聴いていたとおり、長い急坂を下ります。


DSCN5940_20150818083043a1a.jpg

DSCN5924_201508180845247d0.jpg サンカヨウの実

DSCN5944_2015081808304615f.jpg


特に沢に下りる300mほどは激坂とでも申しましょうか・
油断できません。
必死に下りたので”写真を撮る余裕なし”です。
熊見峠から45分下り、下二股分岐です。
ヤレヤレ、膝が痛くなりました*_ _;
また渡渉を繰り返し、14時無事に山小屋登山口に着きました。


帰りは清里町の「緑清荘」で汗を流しました。
貸切状態のきれいなお風呂で疲れが取れます。


DSCN5950.jpg


平地は寒いくらいの曇り空。
懐かしき斜里岳山頂はお天気も良くて、疲れも心地よい楽しい山行でした。



スポンサーサイト

コメント

緑清荘、泊まったことがあります。
クラス会をここでおったのです。
スケートの岡崎朋美さんのいとこがポン友のクラスメート。
岡崎牧場でゴチにもなりました。
次のクラス会は来年の予定。
オリンピックの年にやることになってる。

7時間ですか...お疲れ様。
実は斜里岳は登ったことがありません。
(カミサンは若いころ登ったそうですが)
いつも遠くから眺めるだけで、麓にも行ってないのですから。
まぁ、機会があれば登ることもあるかも・・・

怪鳥 さん こんにちは♪

何んとも嫌なお天気が続きますね。
玉ねぎが泣いていそうですv-395

>緑清荘

きれいな処でした~
本州大学スポーツ部の合宿が入っていましたよ。
岡崎朋美さんの出身地でしたね。
良き友をお持ちで^^v
クラス会、楽しみですね♪

野付ウシさん こんにちは♪

>7時間ですか...お疲れ様。

ほぼ子コースタイムです^^;
上りはゆっくりだったので、そう疲れはありませんでしたが・
新道の下りが…
急坂にはへこたれました。

殆ど沢登りですが、水が少ない時が良いかもしれませんね。
紅葉時もきれいですが、9月も中旬になると山は寒くなってきます。
是非、挑戦を!
良い山ですよ。

ハマナスさん こんにちは~♪

斜里岳
いつも眺めているだけの斜里岳は大好きな山です
摩周湖からも美幌峠からも
藻琴山からも見えるのでとっても身近に感じています

佇んでいる山も
実際にはこんな険しい所や心温まる場所、可愛いお花たちが咲いていて
何だか一緒に歩いた気分になれました
それにしても40年ぶりでよく登り切りましたね~

おつかれさまでした!(^^)!


reimi01 さん こんにちは♪

知床の玄関にそびえる斜里岳はとても凛々しく美しいですね。
お天気の良い日は、当地高台からも遠くに見えるのですよ。

若いころは大好きな山で、何度か登っていました。
新道がなかったので旧道沢道を下りていました。
今回、新道を下りましたが、急坂下りは上りよりも堪えました。
筋肉痛が酷いです^^;
トレーニングが足りなかった?それとも…歳かな(笑

若いころはあまり気づかなかったお花がたくさんで、登りは癒されましたね。
ダイモンジソウ・ミソガワソウ・エゾシモツケ・タカネトウウチソウ・オトギリソウなどきれいでしたね~
今回カメラは、ニコンCOOLPIX。
あまりきれいに撮れていなかったです。
歩きながら撮ることが多いのでピンボケばかり^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/1196-8647783e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます