2017-05

炉開き

炉開き(こたつ開きの日)は、江戸時代には旧暦十月(亥の月)の初亥の日となっていました。

火事が多かった江戸では、亥の月の亥の日にこたつを出すと、火事にならない!という言い伝えがありました。

十二支における亥は、五行説の「水気」、陰陽説の「陰気」にあたり、 火を制御すると言われています。
もうひとつは、イノシシは火を免れると言われている事から。

2015年の旧暦十月(亥の月)の初亥の日は11月19日。
江戸時代には初亥の日は武家のこたつ開き、庶民は次の亥の日であったと云います。
庶民にとってはずい分寒くなっていますね。


茶道では11月は風炉から炉に替わります。
夏の間に日焼けした襖や畳を新しくしたり、初夏に摘んで茶壺で寝かせておいたお茶を口を切り使います。
ここから新しい一年が始まるわけで、茶道でのお正月と云われています。


5日は私たちサークルで、6日は稽古先の社中にて炉開きでした。
サークルでは例年のようにお炭省略・点心・濃茶・平花月を楽しみました。


掛物は
「関南北東西活路通」 (かんなんぼくとうざいかつろつうず)
…私たちは人生を歩んでいく過程で、いろいろな関門を通過しなければなりません。
 難関にあたった時に楽して引き返さず、努力し苦労して乗り越えていくことによって
 人間として大きく成長していくのです… という意味があります。

IMG_2208_201511062117268a2.jpg

IMG_2201.jpg



点心と言うより、主菓子代わりにぜんざいです。
M子さんが前日についたというお餅を提供してくださいました。
ビタミンたっぷりの南瓜のお団子も・
後は、なます・漬物・柿で美味しく頂きました。

IMG_2209.jpg


濃茶はお若い"まぁちゃん"のお点前でみんなで美味しくいただきました。
きれいに練られていますね~

IMG_2212_20151106211731767.jpg

IMG_2216.jpg



香合・蓋置に織部、棚に瓢を使いました。

IMG_2211.jpg


お薄は五人で平花月を楽しみました。
お久しぶりなので、足が迷います・・・^^;

IMG_2221.jpg

IMG_2217.jpg

IMG_2222.jpg



サークルの炉開きは、日中は暑いくらいの日になりました。
翌金曜日、S社中の炉開きは火が恋しいグッと寒さが身に沁みる日。
何んとも急降下なオホーツクの日々です。


日曜日8日は立冬。
週明けは雪マークもチラホラ、暦通りの立冬となりそうです。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/1238-771adc91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます