2017-09

北のアルプ美術館

7日(土曜日)斜里町にある「北のアルプ美術館]を2年ぶりに訪ねました。

美術館廻りは白樺の白い幹と落ち葉がとても良い雰囲気。

IMG_2232_201511090928007e6.jpg

IMG_2234.jpg

IMG_2240.jpg
庭の片隅に頑張って咲いていた友禅菊


落ち着いた色合いの素敵な美術館です。

IMG_2236.jpg


今回は開催中の「田中清光 絵画・書 仕事の歩み展」の観覧でした。
「デカルコマニー」という難しそうな技法を初めて目にしましたが、絵画のタイトルをイメージできる見事なものでした。
書の「詩」も自然あふれるものをたくさん出版されています。


串田孫一氏や他の展示作品などもゆっくり観て、庭の見えるロビーでコーヒーを頂きました。

IMG_2239.jpg

IMG_2238_20151109092804bf7.jpg



薄曇り、日中でもで最高気温3度と寒い日になりました。
道中のオホーツク沿岸は枯れ野に水鳥が賑やかでした。

怖ろしいほどのゴメの群れる斜里漁港です。

DSC_0248_2015110909313314e.jpg

DSC_0241_20151109093130b0f.jpg

DSC_0242_20151109093132d00.jpg


真っ直ぐ続く、通称「知床国道」をふり返ります。

IMG_2251.jpg
小清水町付近より

この日も斜里岳は雲を被っていました。
今年はことごとく雲に覆われている斜里岳でした。
ズームすると半分くらいから上は雪で白くなっています。

IMG_2248.jpg

IMG_2246.jpg


すっかり枯れ野となった原生花園・涛沸湖には訪れる人もなく、ユリカモメやカモ・白鳥たち水鳥の楽園。

IMG_2268.jpg

DSC_0224_20151109092955679.jpg

DSC_0207_20151109092951a36.jpg
ユリカモメは涛沸湖が凍る前に東京湾方面へ南下します



帰り路の山間部の田園。
黄金色のカラ松と青々とした秋蒔き小麦が美しく対比しています。

少し傾斜のある秋蒔き小麦畑は、先月始めの台風大雨で至る所で亀裂が入っています。
小麦を蒔いて間もなくで、土もやわらかく流れたのですね。
痛々しい感じがします。


DSC_0260_20151109093201e2d.jpg
  
DSC_2385_201511092107213b5.jpg

DSC_0015_20151109210719ed9.jpg




スポンサーサイト

コメント

最初の写真でハタと気づきました。家屋のペイントが北海道は綺麗なんですね。建物を大事にしていると分かります。九州は安直なモルタル造りが結構あって、経年劣化が激しいのです。
 釧路の鶴は有名ですが、北見でも? 丹頂の舞、実物を見たいものです

 今年は麦を植えた直後に強い雨がありましたからねぇ。
 たいしたことのない溝ならそのあたりロータリーをかけてロータリーかけたとこだけ蒔くって手もあるんですがラストの写真はチト難しそう。。。

ゆうしゃケンさん こんにちは♪


>家屋のペイントが北海道は綺麗なんですね。

こちらは美術館なので、特に配色に拘ったかと思います。
でも、最近の住宅は斬新な形・色合いが多いですね。
北欧形式の超断熱を取り入れているようです。

釧路の丹頂鶴は居住地が結構過密になったのか、遠くオホーツクの方に新天地を求めてペアで飛来してくるようです。
好奇心の強い鶴ですね。

怪鳥さん こんにちは♪

今回は雨が強かったのと、時期が悪かった。
温暖化が叫ばれる昨今、北海道は台風直撃に弱いですから、今後の気象が変化がしんぱいなところですね。
今秋は小麦の成長が芳しくない感じがしますが…
私の認識不足かな・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/1240-dda111c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます