FC2ブログ

2019-01

三夕の和歌

晩秋から初冬への時季を迎えておりますが、まっこと暖かな日々であります。
しかしながら、立冬も過ぎますとやはり葉も落ち寂しい風景となって参りました。


和歌に秋の夕暮れを歌った名歌「三夕の歌」があります。

・ 「さびしさはその色としもなかりけり まき立つ山の秋の夕暮れ」 (寂蓮)
・  「心なき身にもあはれは知られけり しぎ立つ沢の秋の夕暮れ」 (西行)
・  「見渡せば花も紅葉もなかりけり 浦のとまやの秋の夕暮れ」 (藤原定家)


こじつけの風景を。


DSC_0484_20181008165728959.jpg
さびしさはその色としもなかりけり まき立つ山の秋の夕暮れ



シギDSC_0742_2013113018364277b
心なき身にもあはれは知られけり しぎ立つ沢の秋の夕暮れ



IMG_2287.jpg
見渡せば花も紅葉もなかりけり 浦のとまやの秋の夕暮れ


私的には、3番目「定家」の歌が好きですね。
夕景の美しい時に出会いたいものです。



スポンサーサイト

コメント

最近の私の仕事は孫娘と遊ぶこと。時々散歩がてら買物に出かけるけど、夕暮れの情景は子供心にも響くようで、赤い夕焼けは都会でも屋根瓦に金色の光が映えて綺麗です。柿の赤い葉にきらめく夕日の輝きはまさに秋の夕暮れ、雁の群れは見かけませんが孫達に残したい風景です。

こんにちわ。最近は和歌にもご無沙汰しっぱなしで、めぐり逢う機会もすくなくなりました。ハマナスさんはお茶屋お花もやっているから、和風の侘び寂びには敏感なのでしょうね。最近は短歌・俳句でさえ縁が遠のいています。

ゆうしゃケンさん こんにちは♪

初冬を迎えても暖かな日が続く北海道です。
日暮れが一段と早くなり、16時になりますともう薄暗くなってきます。
雪が降る前の夕暮は寂しい感じがしまが、美しい時です。
この秋、赤とんぼはあまり見なくなりました。
残したい風物詩ですね。

野付ウシさん こんにちは♪

お茶をしておりますと歴史や古典に触れることも多いですが、私は苦手な分野です。
本を読むのはきらいではありませんので、啄木の歌などは頭に残っているものがありますね。
百人一首などは下の句カルタで遊んでいましたので、上の句がなかなか覚えられない^^;
今頃になって読み返していますが、頭の中に入りませんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/1243-5a459f1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に オカメインコと2人?暮らしです(セキセイインコはお星さまに)
茶道が主になりつつも 広く浅く 好きなことを楽しんでいます
ブログは日々の備忘録として

興味のあること
☆お茶(茶道裏千家)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・
☆低山歩き・冬は歩くスキーなど・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます