2017-05

冬がきたら


「冬がきたら」 ・・・ ー 坂村真民 詩集より -

冬がきたら
冬のことだけを思おう
冬を遠ざけようとしたりしないで
むしろすすんで
冬のたましいにふれ
冬のいのちにふれよう

冬がきたら
冬だけが持つ
深さときびしさと
静けさとを知ろう      

冬はわたしに
いろいろのことを教えてくれる

 -以下省略ー
  



突然の大雪ですっかり雪景色となった当地。
雪の風景もまた清々しいものです。


山も・

DSC_0726_20151130184831183.jpg

川も・

DSC_0731_2015113018483132a.jpg

畑も・

DSC_0619_20151130132731183.jpg

雪に埋もれました。



山間部では寒々しい雪の梢・

DSC_0707_20151130184829b91.jpg

ときには綿ような・

DSC_0624_20151130132733879.jpg

其々の雪の華が美しいものです。



雄者が北からやってきました。

CSC_0716.jpg
オオワシ

CSC_0712_20151130132729c0b.jpg
オジロワシ


雪上を駆け回るキタキツネたち。

CSC_0714.jpg
左のキツネ 尻尾の毛はどうした?


サロマ湖で寛ぐ水鳥たち。
湖が凍ると更に南へ移動します。

DSC_0646_20151130133036b8b.jpg

DSC_0642.jpg


この詩のように冬を楽しもう。
冬の美しさ楽しさを探して。


当地の冬の風景あれこれでした。



スポンサーサイト

コメント

いい詩ですね。ホントにその通りでしょう。
夏は夏、冬は冬のあり様を受け入れるということですね。
生きるために食べ続けなければならない自然界の動物達。
毎日が命がけな彼らに比べ、何と人間の贅沢なことか!

こんばんは~

考えてみると、子供のころや若いころは特に
冬が嫌だと思うこともありませんでしたし
むしろ冬の到来を楽しみにしていたくらいでした。
きっと上の詩と同じような気持ちだったのかもしれません。

ところが年を取るにつれて冬を嫌うようになって
冬から逃れることばかり思っているので
冬が長く感じます。少し反省もしなくちゃ(*^-^*)


野付ウシさん こんにちは♪

自然界の中での人間はちっぽけな存在。
自然によって生かされていると思いますね。
謙虚に受け入れ、冬も楽しみたいものです。

プー太の父さん こんにちは♪

本当に、子供のころは雪が降ると楽しくて、雪と戯れていた思い出があります。
何もなかったですし、寒さも今より厳しかった感じです。

今は屋内は暖かいですし、何でも溢れています。
お子たちには、冬も外で充分楽しんでもらいたいですね。
今のシニアクラスの方はお元気ですよ。
プー太の父さんも、冬を楽しみましょう♪

今日は雨でっせ。。。。
病院からの帰り道、道がグダグダ。。。。
明日の朝が怖ろしい。

怪鳥さん こんにちは♪

いやなお天気ですね。
明朝はスケートリンクになっていますよ。
昨日の朝も怖かった!
気を付けましょうね~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/1250-fe0f27d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます