2017-11

八十八夜の忘れ霜

5月1日夜は、立春から数えて八十八日目の夜。
昔から"米"という字は八と十と八を重ねてできる、縁起の良い農の吉日とされてきました。

新茶の出回る時季ですね。
八十八夜に摘んだお茶は、長寿の薬とも云われています。

新茶をいただきました。
新茶の香りもヨモギの香りも初夏を感じ美味しく頂きました。


IMG_3880.jpg
3個は食べませんょ ^ ^:



本州では五月になりますと、そろそろ霜がなくなるころですが、まだ冷え込む日があり要注意です。
油断しないようにと云うことで、八十八夜の忘れ霜というのですね。
北海道では霜どころかまだ雪が降る日もあります。
オホーツクで霜の心配がなくなるのは、6月半ばくらいでしょうか・

昨日降った雪は気温が上がらず、まだずい分残っているところがあります。

柳青める時季ですが、この水辺は寒い!

DSC_1126_20160501175359559.jpg


山も畑も雪が融けきっていません。
定植されたビートが寒そうでした。

DSC_1138_2016050117540131f.jpg


雪の中に蕗の薹が咲いています。
朝はシバレが弱かったようで若葉があまり痛んでいなかったように見えます。


DSC_1127_20160501175400878.jpg

DSC_1100_201605011820191f8.jpg

明朝はどうでしょう・
シバレるかも知れません。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/1327-cb00ccb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます