2017-09

夏鳥と遊ぶ

オホーツク沿線は湖沼も多く、野鳥の楽園です。
冬鳥が北へ還り、原生花園のお花と共に多くの夏鳥たちが賑やかに囀っています。

コムケ湖・シブツナイ湖にて鳥たちと遊んできました。


DSC_0368.jpg
シブツナイ湖


今は、センニュウ・ヨシキリ類が忙しく唄っています。
容姿は似ているものが多く、囀りで聴き分ける事ができます。

特徴ある囀りは聴き分けられますが、私はまだまだ、そこまでは至っていないのです _ _;


この日一番に聴き分けられたのは、”じょっぴんかけたか”のエゾセンニュウ。
声高らかに青空に響いていました。
しかし悲しいかな、お姿はめったに人前に曝さないのです。
大きな声はすれどお姿は葉っぱの影に。
何故に探せないのでしょうね~

ずい分粘って、チラリと葉っぱの陰に見えました ^ ^♪

DSC_0418_20160612085914312.jpg

ピントが葉っぱや木の枝に合って鳥を捉えられない _ _;
カメラが悪い?



ヨシキリ・ノゴマ・ノビタキ・オオジュリン・ヒバリなどは、草木の上にいて大きな声を張り上げています。

大きくお口を開けて顎が外れそうです。


DSC_0349_20160612090842454.jpg


CSC_0497.jpg
ヨシキリ

強い風で御羽根が乱れている

CSC_0493.jpg


CSC_0476.jpg
ノゴマ


CSC_0486_20160612090541c84.jpg
ノビタキ


CSC_0474_201606120905126a0.jpg
オオジュリン


他にも、カッコウ・ツツドリ・アオバト・ヤマバト・カラ類・セキレイ・ベニマシコ・モズ・サギ・カモ類等、忙しい鳥見でした。


また、鳥たちは子育てに忙しい時期ですね。

CSC_0501_201606120915233db.jpg
ノビタキかあさん

CSC_0495.jpg
モズに見えますが・


アオサギの着地、羽が優雅です。

CSC_0489_20160612091903798.jpg



オホーツク沿線原生花園には、夏の花が咲きだしています。
6月に入り低温傾向で、ゆっくりの開花のようです。
代表花ハマナスを始め、エゾスカシユリ・エゾカンゾウが鮮やかです。

DSC_0301_20160612092013413.jpg

DSC_0439_20160612092016f9b.jpg

DSC_0423_20160612092014ef1.jpg


薄紫色のヒオウギアヤメは気品があります。

DSC_0424_201606120920429ae.jpg
画像が・・・ 手抜き


小さき花の集団、浜ハコベもきれいですね。

DSC_0279_20160612092010c63.jpg

DSC_0282_20160612092011612.jpg



緑は一段と深くなり、木陰のトンネルが気持ち良いです。


DSC_0435_20160612092355c57.jpg
キムァネップ岬への道

DSC_0436_2016061209310834c.jpg
こちらはサロマ湖
DSC_0472_20160612093109a02.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/1360-e500c5e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます