2017-05

名残りの季節

茶道では、風炉から炉に変わる少しの間を"名残りの時季"として楽しみます。
火が恋しくなり、風炉を畳の中ほどに寄せ中置という点前が行われます。
水はお客さまから遠ざけ、手狭な勝手付きに細水差しを置きます。

中置には、小板・大板・五行棚を使ったお点前があります。
五行棚の五行とは木(板)、火(炭)、土(風炉)、金(釜)、水(釜の中の湯)と云うことなのです。
すべてが、棚の中に治まるのです。

先日の茶道秋季研究会では、「五行棚」でのお炭・濃茶・薄茶の点前が2日目の研究科目として行われました。



扨て、私たちサークルでも10月は、中置と五行棚で名残りの風炉の点前を楽しみました。
小板・大板で、蓋置きを置く場所の約束があります。


小板中置点前で薄茶を楽しみます。
小板の時は蓋置は水指前へ。

IMG_0795_2016101921181420f.jpg

IMG_0793_20161019211811948.jpg

蔦のお茶碗で一服。
IMG_0854_20161021081046550.jpg

IMG_0850_20161019212736b5d.jpg
お菓子は老舗の銘菓 ”ほっちゃれ”



五行棚でも薄茶を楽しみます。
棚の中に「土」の土風炉を入れます。
蓋置は地板左へ。

IMG_0920_201610210713159e1.jpg

IMG_0923_20161021071655f4e.jpg

お点前が終わると柄杓・蓋置・棗を棚に飾り置きます。
いろいろな飾り方がありますが、この日は入り飾りで。

IMG_0855_20161019212740f7a.jpg


IMG_0931_201610210736371a4.jpg
落ち葉掃きのお茶碗で一服

IMG_0932_201610210755405ed.jpg
ツルウメモドキの実がはじけました



お月さまが西の空に消えるころ朝がやってきます。

DSCN9324.jpg


朝の青空も束の間、急な嵐になってしまいました。

IMG_0927_2016102107131836f.jpg


穏やかな夜明けから一転、日中は雨嵐で凄い落ち葉。
各地で雪の情報が流れる中、当地は霰がパラパラで終わりました。
落ち葉掃きに忙しい日々になります。




スポンサーサイト

コメント

五行棚とほっちゃれ

名残の中置、10月だけの設えで季節の移りを感じます。
お道具も一つ一つ素晴らしいですね!
なんといっても「ほっちゃれ」鮭も終わり頃で、お菓子でも楽しめるのは
オホーツクならではですよね。
夫が今年も「いくら」手作りしました。家族も楽しみにしているんです。

yoshie さん こんにちは♪

中置は10月中楽しんで、風炉も終わりです。
お道具は少ない手持ちの中で。
もう炉の季節です。
早いことはやいこと。
炉開きは例年のように、ぜんざいを頂きますよ^^♪

今年は鮭が不漁とかで、生イクラ高いです。
ご主人、マメに作られているのですね。
自分好みの味にできるのが何よりです。
美味しく出来ますように!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/1434-33c72a00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます