FC2ブログ

2019-04

花の山西別岳へ

18日、お天気の回復が遅れていましたがお花を探索するだけならと、山仲間Tosさんと西別岳へ行ってきました。
しかしながら山天予報通りの強風と、摩周湖からのガスが吹き上げて途中撤退です。
それでも目的のチシマセンブリ・ウメバチソウ・トウゲブキなど、お花をたくさん見ることが出来て良かったです。



7時過ぎ、西別岳が前方に姿を現し蒼空も見えてきましたので、良い傾向と期待して林道を進みます。

DSCN9434.jpg


先客2パーティー、準備をして山に向かいます。
出だしの樹林帯は曇り、風が遮ぎられて穏やかです。

DSCN9435_2018081908001439c.jpg

DSCN9436.jpg


気温も10度くらいと涼しく、急登辛い「がまん坂」も快調に登り進みます。
遮るものがないがまん坂は風が強くなってきました。

DSCN9445_201808190724594bf.jpg
ヨツバヒヨドリ越しに太平洋方面


この辺りからお花がポツポツ見えてきます。
風が強く、簡単コンデジではブレブレの写真ばかり、見ずらいことご容赦を。

DSCN9448_201808190725017ba.jpg
風に揺れるモイワシャジン
DSCN9458_20180819072508abc.jpg

DSCN9449_201808190831173cf.jpg
ウラジロタデ

DSCN9456_20180819072505c82.jpg
ナガバキタアザミ

DSCN9457_2018081907250635f.jpg
早速チシマセンブリ

DSCN9454_20180819072503cbe.jpg
ナガホノシロワレモコウがたくさんゆらゆら



がまん坂の終わりはツリガネニンジン、ウラジロタデ、ナガホノシロワレモコウ、モイワシャジン、ヤマハハコなどがたくさんゆらゆら。

DSCN9460_20180819072510260.jpg



この辺りから少し進むと黄色が鮮やかなトウゲブキが眼に入りました。

DSCN9465_20180819084526d99.jpg

DSCN9470_20180819084528893.jpg



斜里岳方面は雲が立ち込めて墨絵のようです。
天候の回復が遅れているようです。

DSCN9459_201808190725091ed.jpg


山頂方向はガスが押し寄せています。
風は強いし、ちょっと嫌な雰囲気。

DSCN9455_20180819084215e0c.jpg


ヤマハハコもたくさん咲いています。
この花が咲くと秋ですね。

DSCN9467_201808190845271c9.jpg


しばらくトウゲブキロードが続きます。
まだまだ見応えありますね。

DSCN9474_20180819085714855.jpg


南西の方面はお天気が回復傾向で青空が見え、少しほっとします。
トウゲブキが咲きなかなか良い景観です。

DSC_0945_20180819092121d05.jpg



お花畑に入り、足元にはたくさんのお花が咲いています。

DSCN9479_20180819085716e23.jpg

DSCN9497_20180819092058dd8.jpg


DSCN9483_201808190857198fa.jpg
ウメバチソウ

DSCN9482_20180819085718a26.jpg
オミナエシ

DSCN9472_20180819084530600.jpg
シオガマギク

DSCN9491_20180819085730005.jpg
アキノキリンソウ

DSCN9504_2018081908573923c.jpg
チシマフウロ


お花たくさんのロードを進みます。

DSCN9493_2018081908573360f.jpg

DSCN9499_20180819085734c4f.jpg

DSCN9492_20180819085731348.jpg

DSC_0944_201808190921194ca.jpg


今回見たかったイチ押し、チシマセンブリがたくさん咲いていました。。
小さなお花に斑点が面白い!

DSCN9507.jpg

DSCN9508_20180819092100069.jpg




尾根筋に入ると、横風が益々強くなってあおられそうです。
先行者に小学生くらいの男の子がいましたが、強風で大丈夫でしょうか・
山頂方向はガスが強風に乗って湧いています。
霧が小雨になってきました。

同行者Tosさんに膝の不調がでてきて、天候も思わしくなくこの辺りで引き返すことにしました。

DSCN9500_20180819094015a7e.jpg

DSCN9505.jpg


急坂「がまん坂」は、膝に負担がかかりますから超ゆっくり下山です。
雨続きだったので、お天気の回復を見込んで登ってくる人が多いですが・
摩周岳へ縦走したいという人がいましたが、お勧めはしませんでした。

DSCN9510_20180819094018575.jpg

DSCN9511_201808190940215c9.jpg

DSCN9515_201808190940224aa.jpg


樹林帯へ入ると晴れ雨。

DSCN9514_20180819094021eab.jpg
ウツボグサ

DSCN9521_201808190940258d1.jpg
ヒメジョオン

DSCN9520.jpg
面白キノコ

DSCN9524_20180819094028c5a.jpg
ニワトコの実


草花ロードも秋色に変わってきました。

DSCN9523_20180819094027312.jpg



ふり返って見ると、ガスに覆われて薄っすらとなった西別岳です。
途中撤退でしたが、見たかったお花がたくさん見られたので良しとしましょう。

DSCN9525_20180819094030e26.jpg


川湯仁伏温泉で汗を流し、美幌峠道の駅でお昼ご飯としました。
美幌峠はやはり霧と強風、寒いです。
峠売店が道の駅に改装され、トイレは超豪華快適、二階休憩所も広々です。
夏休み最終?週末とあって、荒天でも混み混みでした。
バイク旅の人がたくさんおりましたが、お天気に泣かされるお盆の週だったことでしょう。


スポンサーサイト

コメント

こんにちわ。けっこう花が残っていますね。
来年は考えてみようかな?
今日(8/20)雄阿寒岳に登ってきました。昨年行けず、、、今年6月に計画も入院で行けず・・・。よって今日お天気なので行ってきましたが、暑かった!!
何度行っても高度の割にキツイ山でした。花は目ぼしいものはなかったですね。

 お花の山の西別岳、懐かしい山とお花の様子をたっぷりと楽しませて頂ました。

 振り返れば・若き(?)60 O才のころ、西別岳登山で出会った利助さんに、「この山は・どの位のタイムで登るのですか?」と聞いたところ、「1時間位・・」との声が返されたことから、ならば・とばかり・59分で登った記憶を・懐かしんだのです・ョ。
 何ともバカな・山ファンではありました・ネェー。

野付ウシさん こんにちは♪

西別岳は道東ではお花の多い山ですね。
今回はチシマセンブリを見たかったのですが、トウゲブキ・モイワシャジンなどたくさん見られました。
風が強くて(風速20mくらいあったかナ)飛ばされそうでした。

野付ウシさんは昨日の暑い日に、雄阿寒岳だったのですね。
上に出るまで、樹林帯が長くて飽きてきますね。
お疲れさまでした。

仁頃山のSさん こんにちは♪

ご無沙汰しております。
仁頃山へもご無沙汰ばかりです^^;

西別岳はお花がいつもたくさん見られて良いですね。
西別岳の利助さんには一度行き会いました。
今は、後継者の方が登山道の外来種除草をしています。
先日も行き会いました。

>振り返れば・若き(?)60 O才のころ、・・・

タイムってついついこだわって登りたくなったりしますね~
私も今は、時と共にのんびり歩きになってきました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/1812-1db82ab2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に オカメインコと2人?暮らしです(セキセイインコはお星さまに)
茶道が主になりつつも 広く浅く 好きなことを楽しんでいます
ブログは日々の備忘録として

興味のあること
☆お茶(茶道裏千家)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・
☆低山歩き・冬は歩くスキーなど・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます