FC2ブログ

2019-01

茶道中置点前

10月は衣更えの季節。
学生さんの制服が替わって、衣更えの季節と分かります。 


平安時代、宮中では4月と10月(旧暦)の1日に衣更えが行われていました。
ちなみに今年の旧暦4月と10月の1日は新暦では、
  旧暦 4/ 1 → 新暦 5/15
  旧暦10/ 1 → 新暦11/8

 ※ 11月8日の衣更えではずい分寒くなってからという感じですが、
    調整のため旧暦では同じ月が2回繰り返される閨月があり、このようなことがあります。
    昨年5月が閨月でした。

江戸時代になって衣更えは年4回となり、幕府でも正式な行事として行っていたようです。
着物の種類も増え、衣更えの時期も細分化されました。
夏冬年二回の衣更えでは、暑すぎたり寒すぎたりということでしょう。
江戸時代の衣更えの日は今年の新暦では

  旧暦 4/ 1 → 新暦 5/15
  旧暦 5/ 5 → 新暦 6/1 8
  旧暦 9/ 1 → 新暦 10/ 9
  旧暦 9/ 9 → 新暦 10/17

明治時代になり、役人の制服を洋服に改め、6月、10月を夏服冬服の衣更えとしました。
やがて学生から一般の人まで、この衣更えが定着してきたようです。



和服では単衣(6月・9月)・ 薄物単衣(7~8月)・ 袷(10~5月)と変わります。
茶道で着物を着ることが多い私。
3日の朝は冷え込んだものの、日中は気温が上がり袷ではちょっと”暑い”かな・


10月になり茶道は中置と云うお点前があります。
だんだん暖かさが恋しい時季。
風炉をお客さまの方へ寄せ、水指は勝手付(お客さまと反対側)へ置きます。


今日の稽古場では中置薄茶点前と、五行棚で濃茶点前をしました。
主菓子は、ハロウインの季節でカボチャの焼き菓子。

IMG_5905.jpg

IMG_5906_201810031828178fa.jpg

IMG_5908.jpg

IMG_5909.jpg



五行棚の五行は、天板と地板の中に陰陽五行の
木=棚・炭、 火=炭、 土=土風炉、 金=釜、 水=釜の水が置かれます。

木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ
やがて水が木を生じる・・・・・この繰り返しです
これを宇宙と例え、お茶室は小宇宙と考えられます。



薄茶は中置運びで。

お菓子・水指・お茶碗と菊尽くしになってしまいました。

IMG_5910.jpg
干菓子は小菊の和三盆

IMG_5914.jpg

IMG_5913_2018100318240015d.jpg
薄茶碗は柴菊


お床の掛け軸は話題の「日々是好日」
   (亡き樹木希林さんの茶道がテーマの映画「日々是好日」が間もなく上映されます)
お花は野葡萄を頂いたので添えてみました。

IMG_5901_2018100318281373a.jpg

IMG_5904_201810031828154c2.jpg




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/1838-f10f05da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に オカメインコと2人?暮らしです(セキセイインコはお星さまに)
茶道が主になりつつも 広く浅く 好きなことを楽しんでいます
ブログは日々の備忘録として

興味のあること
☆お茶(茶道裏千家)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・
☆低山歩き・冬は歩くスキーなど・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます