FC2ブログ

2019-04

ドキュメンタリ-映画「生きとし生けるもの」

IMG_6896.jpg



"北海道で、ただ今を生きる様々な命"と題して上映された、動物たちの姿を観て来ました。
野生動物を撮り続けている「今津秀邦」監督の作品です。
素晴らしかったですね。
先ず、8万羽のマガンが塒を飛び立つ映像には圧倒されました。
動物たちの生き生きとした姿が、見事に捉えられています。

アオダイショウが泳ぐ姿を始めてみました。
野鳥を狙ってアオダイショウが泳ぐ、それを上から狙う猛禽、アオダイショウが水に潜る、野鳥が逃げる。
なかなか出遭えない場面ですが、この映像を撮る瞬間は緊張したでしょうね。

私も自然に触れるのは好きであちこちで歩きますと、野生動物たちとの思わぬ姿との出逢いがあります。
子ぎつねとの出逢いは、いろいろな動作が面白いです。


映画終了後に、野鳥の会オホーツク支部支部長・川崎康弘氏のコーディネートにより、獣医師竹田津先生・
今津秀邦監督とのトークショーがあり、こちらは楽しいお話を聴くことが出来ました。

IMG_6889.jpg

IMG_6894_20181118103324597.jpg



例えば、キツネが獲物を土に埋める、野鳥やリスが餌をあちこちに埋めて隠す動作があります。
動物たちは結構忘れてそのままになることが多いらしい。
無駄な事をしていることが多いという。
人間にも当てはまると云うことで、このお話には大笑いです。

私も無駄なものを集めたり、無駄なことをしているなぁ~
竹田津実氏によれば、それで良い、今を一生懸命生きれば良い、と云うお話を聴けました。
そして、”一日一度は外に出て下さい”ということばで締めくくられました。



スポンサーサイト

コメント

ハマナスさん こんにちは~

芸文でこんな映画会があったのですか
トークショーが楽しそうでしたね。

6日の仁頃山は久しぶりだったのですね。
自分は7日と11日に行きましたが
これで今年はもう終わりかなと思います。
久しぶりに冬にも行きたいとも思っていましたが
寒くなってきたらやっぱり億劫になってきました。
でも9月から張り切って今年は22回登れたので満足です。

プー太の父さん こんにちは♪

迫力ある動物たちの映像と、トークショーも楽しかったですよ。

仁頃山に限らず、山行はとっても疎らになってしまいました。
行った山全部数えても10回少々。
もう少し歩かないとね・
プー太の父さんは、仁頃山だけでも私の倍以上は登っている・
だんだん億劫になって来て、いけませんぬ。
寒さにめげず歩かなくては・

こんにちわ。野生の動植物には興味も尽きないですね。
特に動物は思いもしない行動をとったりしますね。でもその場面を撮ろうとすれば長時間の待機が必要ですから、素人にはなかなか難しく、偶然を撮るのみですね。
冬を生き抜く動物たちを思うと、いつも涙が出そうになります。人間は贅沢だなぁといつも思うのです。

野付ウシさん こんにちは♪

野山を歩いていると、思わぬ動植物たちとの出会いは嬉しいものです。
偶然の出遭いですね。
ただその一瞬を懸命に生きている動物たちを見ると、心が熱くなりますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/1861-80545c9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に オカメインコと2人?暮らしです(セキセイインコはお星さまに)
茶道が主になりつつも 広く浅く 好きなことを楽しんでいます
ブログは日々の備忘録として

興味のあること
☆お茶(茶道裏千家)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・
☆低山歩き・冬は歩くスキーなど・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます