2017-10

今年のサンゴ草(アッケシソウ)は・

新聞・TV等のニュースでも報道されていますが、今年の網走卯原内のサンゴ草群生地は、とても悲しい姿になっています。
サンゴ草は以前から徐々に後退。
先日立ち寄りましたが、昨年から見ると半減といった感じでしょうか・
草が勢力を増しています。

015_20110916091314.jpg

019_20110916091121.jpg
今年のサンゴ草群生             

DSCF0613.jpg
2006年のサンゴ草群生


014_20110916091120.jpg
こんな立て札が立てられています。

期待して観光に訪れた方には残念なことです。



サンゴ草の群生地はオホーツク沿線には他にも処々で見られます。
それほど広く群生はしていませんが、ゆったり良い景観です。


能取PA付近のサンゴ草 2011,9,12
008_20110916093515.jpg

009_20110916091206.jpg


サロマ湖キマネップのサンゴ草 2011,9,14
100_20110916092617.jpg  

099_20110916092617.jpg   097_20110916092618.jpg

サギなど水鳥も多く観られます
105_20110916092617.jpg  106_20110916092617.jpg
ダイサギ               アオサギ

他に、サロマ湖ワッカ・紋別コムケ湖周辺にも多数群生地あり。
スポンサーサイト

コメント

厚岸草ですか、初めて知りました。赤茶色の花畑が異次元的に感じられて驚きです。最近は侵食されて、絶滅危惧種なんですね。何とか対策立てて欲しいです

ゆうしゃケンさん こんにちは♪

>厚岸草
本家本元の
厚岸では僅かに残るだけと・・
絶滅危惧種ですね。
見事だった卯原内のサンゴ草群落も今年は悲しい姿に!
一方、サロマ湖ワッカ原生花園では、順調に増やしているそう。
卯原内も元のような赤い絨毯に戻ってほしいです。

あっという間に…

この時期のオホーツクの象徴赤いサンゴソウが
あっという間にこんな姿になってしまうなんて信じられませんよね。
自然というものがあっという間に壊れてしまうと言うことかしら…e-263
早く回復してほしいですねv-354

miyさん こんにちは♪

自然の美しい姿がいつまでも”と私たちは願うのですが、そうはいかないですね。
サンゴ草の退化には驚きました。
今年の写真で見えると思いますが、海水が入らないように堤防が築かれています。
サンゴ草って、塩水で育つのでは?
私たち素人でも疑問に思っているところです。
自然の姿を変えるということは、生態に変化を与えると言えるのではないでしょうか・
日本一のサンゴ草群生地、なんとか回復を期待したいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/361-23373b7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます