2017-08

晩秋のカムイヌプリを歩く

摩周湖の外輪山の端にそびえる857mの摩周岳。
アイヌ民族の人々はカムイヌプリ(神の山)と呼んでいる。

010_20111031081428.jpg


その山に、晩秋の色濃くなった日曜日に登ってきました。
行程14,5㎞。
距離はあるけれど高低差は300mほど。
山登りというより緩いアップダウンの路を、トレッキング感覚で歩きます。

摩周湖を見ながら、東の摩周湖第一展望台登山口から左回りで南を越え西の摩周岳に向います。
登山口8時20分出発です。

005_20111031081429.jpg 006_20111031081429.jpg 008_20111031081428.jpg
                               摩周湖を左に巻いて行きます


キレイに笹が刈られ歩き易い路です。
摩周岳が見え隠れ、葉も落ちた晩秋の路をどんどん進んで行きます。

016_20111031081428.jpg 017_20111031081427.jpg 095_20111031082049.jpg


第一展望台3,1キロ地点から視界が開け摩周岳が近付きます。
西別岳も前方にくっきりと姿を現わしました。

023_20111031081535.jpg 039_20111031081534.jpg 029_20111031081535.jpg
                   V字形に摩周湖が見える処      前方に西別岳


登山口から1時間ほどの3,9㎞地点。
平坦な道から歩いて来た道、前方の路を見ながら少し休憩。
お天気は下り坂、遠くは霞んでいますがまだ蒼い空が見えています。
さぁ、あと1時間ほど、右に西別岳前方のカムイヌプリに向って足を進めます。

045_20111031081534.jpg 044_20111031081534.jpg 050_20111031081648.jpg
                   歩いて来た道を振り返る   摩周岳がぐんと近づきます


西別岳分岐から左手摩周岳の路に入ります。
葉を落した背の低いミヤマハンノキ・ダケカンバのトンネルで少し山らしくなってきました。

054_20111031081648.jpg 053_20111031081648.jpg 058_20111031081822.jpg
  

頂上まで300m地点。
ここからかなり急登です。
カムイヌプリが荒々しい姿でそびえています。
どんどん登りましょう!

060_20111031081821.jpg 068_20111031084208.jpg 067_20111031081821.jpg
                                       荒々しいカルデラ壁


空が開けました!
山頂でしょうか・
登山口から2時間10分ほどです。

071_20111031081821.jpg   082_20111031081820.jpg


素晴らしい!
こんな景色が広がりました!!

076_20111031084921.jpg


山頂からは約7,000年前の巨大噴火を思わせるカルデラ壁。
ゴツゴツした山頂岩場。
神の山ですね。

079_20111031081944.jpg


私もケルンに石を一つ積んで手を合わせました。
摩周湖の深い碧色に吸い込まれそうです。

077_20111031081944.jpg 091_20111031081943.jpg 085_20111031095531.jpg
 

遠くは霞んでいますが、晩秋の摩周岳からの風景を堪能です。
30分ほど風景を楽しみ下山です。

092_20111031081944.jpg 081_20111031081944.jpg 
 知床方面             西別岳方面


気温は10度に満たないくらいですが、歩くには良い気候。
12時近くになりお陽さまが陰って、湖も碧さが少なくなりグレー色になってきました。

100_20111031082048.jpg 097_20111031082049.jpg 098_20111031082049.jpg
                    朽ちてきたサビタの花        エゾフユノハナワラビ


12時30分、登山口着。
素晴らしい眺望と無事の山歩きに感謝です。

帰りは川湯温泉で汗を流し、賑わっているレストランに寄り道です。
家に着いた16時半ころはすっかり陽も落ちて。
日の短い晩秋の一日でした。
スポンサーサイト

コメント

一緒に登った気分~♪

日曜日は私も登山・・・・というか山歩きでした
このところ気持ちのいい秋晴れが続き 気温も高くて家にいるのはもったいなくなるね
カムイヌプリという山は実家の近くにもあって何度か登っているけれど、こんな神々しい山ではないわ
摩周岳って初めて知りましたv-263
こんなに景色を堪能できる山なのね
最後を登り切った時のご褒美の大きいこと
ハマナスさんご一行の歓声が聞こえてきそうだわ
一緒に登った気分を味わって・・・最後の急登は息切れでした
晩秋の蒼い景色を堪能させていただきましたv-354
フユノハナワラビ 私も見たわ 青々と元気がいいね

カムイヌプリですね!!展望台から見る光景とは全く違っていて、驚きました。
道東では珍しいタイプの鋭い稜線がカッコイイですね!!カルデラ壁のダケカンバが風雪に耐えながらも、ねじれたり、裂けたり、曲がったしながらもたくましく成長している姿は心を打たれます。サビタも枯れてきていますが、きっと種子を飛ばしていてまた来年も美しい花を咲かしてくれるでしょうね。素晴らしい写真をどうもありがとうございます!

またまた晴れ渡った摩周湖で、ハマナスさんは晴れの摩周湖を一人占めしている感じじゃないですか。 相変わらずブルーが透き通っていて爽やかで、ハマナスさんにとってはハイキングなのでしょうが、充実されたでしょうね。帰りの温泉と食事もうらやましい。

もしかして…

この時期になっていいお天気続き。
摩周湖に青空は最高ですね。
こんな風景はやはり人間はヨソモノで神々の住む大自然といいましょうか
神秘的で神々しいものですね。
きっとすごいエネルギーをもらって帰られたことでしょう。(んん??なんか宗教みたい(笑)??)
お一人で出かけられたのでしょうか?
相変わらずの行動力に驚くばかりです。

環さん こんにちは♪

小春日和が続いていますね。
雪もないし、山歩きには丁度良い気候。
摩周湖からいつも見える山、気になっていた山です。
西別岳からの縦走も出来るのですが、一山づつ。
最後の300メートルはかなりの急登。
頂上に立つと一面見渡せて感激でした。
摩周湖の水の色はいつも深い青色で綺麗ですね。

doutou-walkerさん こんにちは♪

展望台からはどこが山頂かな?と思っていました。
向って右の端なんですね。
山肌はとても険しい感じです。
山頂も狭くて切り立った崖が迫り、少し怖いです。
風が強いことを思わせる樹木の姿でしたね。
サビタの花も道々にたくさんありました。
神聖な山”という思いがしました。

ゆうしゃケンさん こんにちは♪

晴れていると摩周ブルーがとっても鮮やかです。
>摩周湖を一人占めしている
いえいえ、この日は同行者もおりましたし、数組のパーティーが登っていました。
一人占めしているような写真ですね^^;
川湯温泉にはオシャレなカフェレストランが結構あって、この日は評判の店で贅沢にビーフシチューなど。

miyさん こんにちは♪

良いお天気が続きますね。
7,2㎞の往復は結構ハードでした。
帰りがちょっと早歩きだったかな?
外食するつもりで、おやつを控えていたから?ハハ・
摩周湖を真上から見下ろした感じで、神秘的でした。
この日は初めて歩く山なので、同行者ありです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/383-a29e6d6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます