2017-08

晩秋の釧路ーⅠ・ 湿原を歩く

霜月11月に入った1、2日と、霧の街・釧路の友人を訪ねました。
お天気も良く快適ドライブで、寄り道しながら釧路に着いたのはお昼近く。


宿泊先のホテルで待ち合わせ昼食へ。
豪華なお食事を頂いたあとは、友人の車で湿原散策へ向います。

市内中心地からそう遠くはない湿原は、冬支度をした樹木・薄茶色に変わったヨシが寒々しく揺れ、晩秋の色濃くなっています。

018_20111103064626.jpg
 湿原を流れる新釧路川


湿原で夏を過ごした丹頂鶴は人里に戻り始めています。

033_20111104070523.jpg   037_20111103065126.jpg
 ご家族でしょうか・           幼鳥も大きくなりました


展望台のある細岡からは蛇行した川が見え隠れ。
細岡展望台は初めて訪れるところです。

026_20111103064715.jpg
 広い広~い湿原です

030_20111103180613.jpg   025_20111103180613.jpg
                 

水鳥の集まる湖沼。

056_20111103064830.jpg   063_20111103064830.jpg
達古武湖                 塘路湖


湿原の小さな無人駅・たま~に通る一両の電車。

042_20111103064714.jpg 055_20111103064830.jpg 047_20111103064834.jpg
 湿原駅                 細岡駅


釧路湿原といいますと、私は原田康子さんの 晩歌 が思い浮かばれます。
広大な湿原を眺めておりますと、この本のヒロインが彷徨っているような・・そんな錯覚をおぼえました。

020_20111103181426.jpg   041_20111103181426.jpg
                    湿原にお似合いな友人 yumiさん


あちこちと散策をするうちに、晩秋の短い陽は傾いて広大な湿原に沈もうとしています、

071_20111103162939.jpg


うねった川面が陽を浴びて赤く輝いていますね。

124_20111103163154.jpg


夕陽の行く手に広がる雲も幻想的な感じがします。

123_20111103163154.jpg

ガイドをして下さったyumiさん、感謝の一日でございました。

スポンサーサイト

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/385-63906827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます