2017-08

風情のある吉野棚で

22日は3月最後の茶道サークル。

吉野棚で其々濃茶・薄茶のお点前をしました。

吉野棚・・・裏千家円能斎の好みで、名妓吉野大夫が好んだ二畳の席の大窓から意匠されたものと伝えられ、桐の春慶塗で、四本柱は吉野丸太の面皮になっていて、勝手付の方に障子をはめ、客付の方に円窓をくった小棚です。勝手付の柱に柄杓釘が打ってあります。炉・風炉ともに用いるが、風炉の時候には障子のところを芦簾に替え使用します。


002_20120324143808.jpg

雪の季節は円窓から障子が、暑い時候には簾が見えて風情のあるお棚です。
何通りかに使えるというのも便利なものですね。


高知からは桜の便りも届き、主菓子は桜の「折り餅」で濃茶を一服。

005_20120324144855.jpg 003_20120324144856.jpg 006_20120324144855.jpg


薄茶は桜流水絵のお茶碗で。

011_20120324144854.jpg 003_20120324144857.jpg 014_20120324145119.jpg

干菓子は頂き物の鈴の和三盆。
甘みと共に口の中で溶けて、お抹茶を美味しく頂くことが出来ます。


道内はまだ雪も多く、桜の季節は2ヶ月近くも先のことですが
季節を先取りでお茶を楽しんだ一日でした。

スポンサーサイト

コメント

久々…

お茶の記事楽しみにしていましたよ~~♪
吉野棚、表にはないけれど季節を楽しむ工夫がステキですよね(*^^)v
一気に季節の変わる時期。
お茶碗の桜が気分高揚ですね!
桜の折り餅、とっても美味しそう~v-10

そうそう、娘さん戻ってらしたの?
かた雪の上を歩いてらしたのが娘さんかしら(笑)?
母娘の二人暮らしになるのですか???
そちらも新しく刺激的生活になりそうですね♪

miyさん こんにちは♪

サークルでは、なかなか変わったお点前もしないものですから^^;
吉野棚はみなさん気合いが入るのですよ♪
桜のお菓子は、温泉地のお土産なんです。
お茶碗の桜は、色が抑えてあって気に入っているんですよ。
4月は何か変わったお点前をしてUPしますね。

娘はね、転勤で1日に赴任して来るんです。
取敢えず同居なので、ウルサクなるわv-395
私は自分のペースを守るわよ~^^v
かた雪の上を歩いているのは、ハマナスなんですからv-415
嬉しくてつい・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/465-6ad64d64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます