2017-10

長緒のお稽古

冬の間親しんだ炉も今月で終わり、5月からは風炉に変わります。
今日はお茶サークルで、ちょっと真面目にお稽古です。


久しぶりに、小習事から長緒(ナガオ)のお点前をしてみました。

001_20120405174719.jpg


紐の扱いがなんとも複雑で、忘れてしまいます。
なかなか流暢には出来ませんね
手先を使う事は、お脳の刺激になって良さそうです。

009_20120405174808.jpg
抹茶が入っていない時・紐休めの結び


茶入れは内海(瀬戸 タイカイ) 仕覆は宝金襴
抹茶を入れこのように結んで飾り置きします。

007_20120405174715.jpg


右上の紐を人差し指で引きますと、するすると一度に解けるから不思議!

014_20120405174806.jpg 016_20120405174830.jpg 008_20120405174809.jpg


紐の始末は2重の輪を作って、時計回りに一度捻って仕覆の中へ。
紐の先が少し出ます。

013_20120405174807.jpg 010_20120405174808.jpg 012_20120405174806.jpg


あとは濃茶常のお点前で。

003_20120405174718.jpg 004_20120405174717.jpg 006_20120405174716.jpg


お菓子は牛肥に白餡。
銘は「野遊び」

005_20120405174717.jpg


雪が融けて早く野点がしたいものです。
山野草が咲くのも待たれます。

スポンサーサイト

コメント

ゆったりと流れる時間

ハマナスさん、こんにちは。
3日連続の過酷な?検査を果敢に乗り越え(大げさかな?)
おいしいお赤飯やお菓子、たっぷりの睡眠で元気を取り戻されたご様子。
私もほっと安心したような気持ちになっています。
きっと結果もだいじょうぶ!

回復後のお茶のお稽古は、「長緒のお点前」というのですか?
今さらながら、お茶の世界の優美さや奥深さを感じながら、
目を点(皿?)のようにして、結び方を見つめてしまいました。
だれが考えたのでしょうねえ~感心してしまいます。
今まで何気なくみていた「こういう袋」にそんな伝統の技が秘められていたなんて!
紐も布も趣がありますね。
「野遊び」というお菓子も、なんてぴったりなんでしょう。
まだ寒い早春の雪の中から顔を出す、せっかちで元気な若芽のようですね!
それに牛肥に白餡、とってもおいしそうです。

ゆったりと時間が流れていた遠い彼方の時代・・・
(いや、お稽古されるハマナスさん?)に想いを馳せてみましたよ。

この紐休めが???

今日はmiyさんとv-460お片付けでした~
いつものことながら手より口がうごいてe-343
名残惜しくもmiyさん雛はお帰りになりました

長緒の紐休めは私覚えていなくて お抹茶が入った状態の結び方でしまってあるんですよ
ハマナスさん、今度我が家にきて結んで行ってくださいネi-236
長緒のお点前は紐の扱いがね・・・・そうそう捻じって入れるんだったね
詳しいアップで納得だわv-354
宝金襴のお仕覆 真っ青で可愛いわ
風炉ももう今月で終わり あっという間だわ
今月は透き木釜を使う予定です

スノードロップさん こんにちは♪

>3日連続の過酷な?検査を果敢に乗り越え(大げさかな?)

私も、造影剤は少し気分が悪くなるので無事に乗り越えた”って感じです^^;
いつもより2時間は多く寝ていたので、やはりダメージはありましたね。
身体に異物が入るんですもの。

私はまだまだ良く分からないですが、茶道のお道具や所作に美意識を感じることがありますね。
お茶の経験のない人からすると、何故にこのようなことを・と思うかも知れません。
でも私たちの普通の生活にも、茶道の心は生かされているような気がします。
>野遊び
菓子銘ですが、京都辺りの季節に合わせますので、
北海道からしますと季節先取りと言った感じですね。
サークルで頂くお菓子も、お当番の方が何を用意するか楽しみなものです。
今日のお師匠さん宅のお菓子は「花筏」
桜の花びらがはらはらと散って、川面に浮かんで流れる様子を思い浮かべて美味しく頂いたのですよ。
こういう銘なども古典から来ていることが多いと思いますが
古(いにしえ)の人々は優雅でありましたね。

環さん こんにちは♪

いよいよお雛さまたちもお休みになられたのね。
たくさん楽しませて頂きましたが、お名残り惜しいことでした。
かぐや姫が月に帰って行った気分v-395

長緒のお点前もね、暫くお稽古をしないと"あれ?結び方はどうだったかしら?"
なんてねi-236
でも、いろいろなお点前は刺激があって良いわね。
今日、師匠宅のお稽古は透き木釜で平花月。
来週の研究会に向け、先輩お弟子さんが盆点てのお点前も。
私たちお客は花筏と風情のあるお菓子で、美味しいお濃い茶を一服頂きました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/473-8aee4916
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます