2017-08

季節の和菓子

茶道をしておりますと、お抹茶と共に頂くお菓子も楽しみなものです。

6月水無月は、和菓子店にも風情のあるものが並び日本の美意識を感じますね。


青楓

009_20120609125413.jpg
サクサクとしたお干菓子

この時季、アオカエデは涼しげで美しいものです。
そんなカエデをお菓子に取り入れた青楓

青楓
以前延暦寺で観た青楓


落し文

文落し
餡をこなしの葉っぱでクルクルと

オトシブミという虫を連想して作られたもの

オトシブミという虫は葉を丸めて巻物状にする習性があります。
“落とし文”とは、他人に言えないことや秘かに想う恋心を伝えるために、伝えたい人の近くにわざと落した置手紙のことで虫の丸めた葉に似ているところから付けられたようです。
オトシブミのメスは丸めた葉の中に卵を一個生み、卵は幼虫に返ると葉を内側から食べて育ち、尚且つこの揺籃の中で外から守られるというもの。

この虫さんの知恵にも感心しますが、昔人の「落し文」なる感性も素晴らしい!


水無月

003_20120609064655.jpg
外郎に甘い小豆を乗せたもの

そして6月の代表作は 水無月
こちら地元老舗和菓子店では、「氷室」という銘で出ております。

昔ながらの習慣にあやかって、一度ご賞味下さいませ。


スポンサーサイト

コメント

やっぱり!

オトシブミ、やはりmiyの想像通りでしたけど
風流さもさることながらこの中見がどうなっているのかが気になって仕方がないわ(笑)
今よ~くみると…。
このオトシブミはもしかしてこの木型で手作りなのかしら?
青楓のお菓子と延暦寺の画像の対比も素晴らしいです♪

miyさん こんにちは♪

先日お稽古でいただいたお菓子は写真のもので中は小豆の粒あん。
粒あんはお師匠さんの好みで特注だそうよ。
白あんだったりいろいろね。
和菓子は一個一個手作りのようで、菓子器の葉っぱの模様はたまたま。
実際のオトシブミは丸めた葉っぱの中は空洞ですね。
今時季、山に行くとクルクル葉っぱがぶら下がっているわv-410
紅葉も良いですけれど、京都の青楓は風情がありますね。

もう、一年の折り返しと思うと早いわね~

和菓子や日本料理には四季折々の風情が織り込まれていますね。こんな感性は世界でも類を見ない日本の「文化」そのものです。若い人にももっと浸透して欲しいですね。

地球人28号さん こんにちは♪

四季が美しい日本。
そして情緒ある伝統文化。
大切にして行きたいものですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/515-bb2db8d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます