2017-10

美しい帆船

8月4日から8日まで、紋別市に寄港している帆船「日本丸」。  
その美しい姿から"太平洋の白鳥"と言われています。
洋上に帆を張って浮かんだ姿は美しいですね~

untitled_20120805195114.jpg
ー日本丸HPよりー


普通、洋上でないと見られない帆を張った帆船。
4日(土曜日)・13時から公開のセイルドリル(帆張訓練)が行われるというので
興味津津、ちょっと見学に行って参りました。

紋別市に着いた正午前には既に入港しておりました。

070_20120805195203.jpg

032_20120805195113.jpg   073_20120805195203.jpg
セイル前の姿 複雑なマストです      ガリンコ号も歓迎


セレモニーの後、セイルドリルが始まりました。
詳しい説明のアナウンスと供に、訓練生により帆が張られて行きます。
今回の訓練生は、「国立清水海上技術短期大学校」生110名ほどだそう。
うち、女子学生が8名ということでした。

031_20120805195113.jpg   080_20120805195202.jpg
演奏曲は ♪錨を上げて♪


縄梯子が掛けられたマストに訓練生が登って行きます。
メインマストは船底から55m、高いですね。
勿論、落下防止の綱を腰のベルトに繋いでいるということです。

085_20120805195202.jpg    034_20120805200653.jpg


船の全長は100m。
近くで見ると大きいです。


キビキビとした動作で次々と帆が張られて行きます。

087_20120805195250.jpg 090_20120805195249.jpg 092_20120805195248.jpg
風の抵抗などから帆を張る順番が決められています


1時間ほどと、予定の時間で完了です。
見事でした!

041_20120805201234.jpg

044_20120805201543.jpg


今日は、無風・うす曇り、気温25度、作業には良い日でしょうか・
風を受けて紺碧の洋上を走る姿は、まさに「洋上の白鳥」

112_20120805195319.jpg
完了後 観客に手を振る訓練生      

079_20120805204644.jpg
船首には守り神の女神の像


049_20120805201543.jpg 高台からの全容

美しいですね~

スポンサーサイト

コメント

とても良いものを見てこられましたね。
大勢の若者が息を合わせて帆を張っていく姿,それも美しかったのではないでしょうか。
1つずつ帆が張られ,最後に船全体が白くなる,そんな過程を是非見てみたいです。

ステキ~!

山育ちのmiyにとっては海も船も憧れの的ですわ!
それにしても白い帆を張った姿美しいですね~v-10

Mr.Lonelyさん こんにちは♪

>セイルドリル
面白かったです。
若い学生さんがキビキビと動く姿は微笑ましいですね。
記念撮影の時の笑顔は輝いていました。
洋上でこのような美しい船に乗れると、ワクワクしますね。

miyさん こんにちは♪

見事なセイルドリルでした。
私はこの会場に3時間余りもいて見学していました^^;
面白かったです。
海はちょっと怖い感じもするけれど、見ているのって好きですね。
ガリンコ号で魚釣りの時、揺れて怖かったです!

ふしぎをのせたアリエル号!

ハマナスさん、こんにちは。

見事に美しい帆船ですね!
本当に貴重な場面に立ち会われて・・・ハマナスさんの好奇心と行動力の賜物ですね!

何度かフェリーで津軽海峡を渡ったことがありますが、
船の旅にはロマンがあるように思います。未知の世界が広がるというか・・・
空もそうですけれど、空とはまた違った果てしなさや何ともいえない心細さのような・・・
(泳げないからかな?笑)

こういう帆船にとても憧れていました。
「ふしぎをのせたアリエル号」(リチャード・ケネディ 作 中川千尋 訳 徳間書店)
という本の表紙をすぐに思い浮かべました!
私の大好きな本で、(660ページ位あるのですが)、
毎晩少しずつ子どもたちに読み聞かせしたことを思い出しました。
娘が真似して描いた(表紙の)帆船の絵を、しばらく飾っておりました。

この帆船、(何かの間違いでも・笑)釧路港まで来てくれないかな~
紋別港まで会いにゆきたい気持ちです♪
ハマナスさん、みせてくださいましてありがとう!

帆船、冒険者魂を彷彿させますね。大航海時代、男のロマンです。宝島やキャプテンクック、夢中で読んでました。
日本丸、長崎や門司などにも来ていてやはり大勢の見物客が押し寄せます。揺れる中でのセイリング、私にはできません。命綱つけていても怖いと思う。

スノードロップさん こんにちは♪

1ヶ月ほど前からポスターで見て、行かねば”と思っていたのですよ(笑
このような立派な帆船を見るのは初めて!
帆を張るのは4日のみで、お天気も良くてラッキーでした^^v
近くで見ると迫力ありました~

遥か水平線を見ていると、やはりなにか果てしない想像を描き立てられるというのでしょうか・
海は見ていて飽きないですね。
私も上手く泳げないので水は怖いのですよ^^;
魚釣りの時も怖かった!

>「ふしぎをのせたアリエル号」
この本は存じないのですが、ステキな本のようですね。
お子たちが目を輝かせて聴き入る感じがしてきます。

今回の「日本丸」寄港は紋別開港60年記念行事の誘致に応えて”
ということでした。
行き帰りにコムケ湖に寄りましたが、フラミンゴは見えずi-195

ゆうしゃケンさん こんにちは♪

港に着いて最初に「日本丸」が目に入った時、私も宝島やキャプテンクックを思い出しました。
そんなロマンを感じる帆船ですね。
この日は穏やかな日で、風があったらどうなのかな?と想像しました。
高い処は怖そうですが、訓練生はキビキビと作業をこなしていました。
今年は紋別通いが多い(笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/554-97c3e036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます