2017-10

炉開き

茶道では5月から10月までは風炉。
11月からは炉に変わります。
炉開きは茶道家にとってのお正月。
ひと夏の間に色あせた障子や畳を新しくしたり、初夏に壺に詰めたお茶を口切りし濃茶・薄茶で頂きます。
また、懐石も用意されます。

3日は稽古に通っている社中で、8日は私たちのサークルで略式炉開きでした。

inokomochi_mainimage.jpg

3日 社中で頂いた亥の子餅  黒ゴマをまぶしお餅の中は小豆の粒あん


ー亥の子餅ー
旧暦十月初亥の日の亥の刻<午後9時~午後11時>)に餅を食べると万病を除くといわれ、この餅を「亥の子餅」(玄猪餅とも)といいます。かつては「亥の子餅」を贈り合って祝いました。

 猪(いのしし)は多産であることから子孫繁栄を願う意味もこめられており、七種の粉<大豆・小豆・大角豆(ささげ)・胡麻・栗・柿・糖(あめ)>を混ぜて猪の子形に作られていました。



 『源氏物語』で、亥の子餅が登場する場面があります。

 ・・・その夜さり、亥の子餅参らせたり。かかる御思ひのほどなれば、ことことしきさまにはあらで、こなたばかりに、をかしげなる桧破籠などばかりを、色々にて参れる・・・





サークルの炉開きではお炭手前を省略し、続き薄茶でお茶を楽しみます。
炉の季節はお花は椿が入れられますが、高級品でこちらで調達するのはなかなか大変なことです。

DSCN5906.jpg
最初に床・炉・棚飾りを拝見します。

DSCN5910.jpg

DSCN5912.jpg


点心を頂き続いて、お濃茶のお点前に一同集中します。

DSCN5911.jpg
柿・栗と季節のものを添えます

DSCN5914.jpg


甘いぜんざいの後のお濃茶は、お茶自体の甘さを感じ美味しいものです。
お干菓子を頂きお薄も一服。

DSCN5915.jpg

炉開きの時季は織部が使われます。
今回は香合・蓋置が織部でした。
炭斗は"ふくべ"(瓢箪)を、"3べ"として取り合わせを考え使われることが多いようです。

DSCN5916.jpg


立冬(7日)も過ぎいよいよ寒さも増してくる季節。
暖かく過ごして頂くおもてなしを、茶道から少し学ぶことができるかなと思います。


スポンサーサイト

コメント

こんなのを見ると、日本って素敵だなぁと改めて感じますね♪
ぜんさいとても美味しそうです(^o^)/

maverick07さん こんにちは♪

日本の情緒豊かな伝統文化は受け継いで行きたいですね。
ぜんざいを頂くのも、年に1~2度。
この炉開きの日は必ず作るので、皆さん楽しみにしているのですよ♪

あらら???

お稽古の風景拝見できて嬉しいわ♪
お部屋の全景、ここってあそこですよね(笑)?
床の壁紙に記憶が(*^_^*)
色々思い出が蘇ります!

炉開きステキですね♪
miy家のお茶ごっこにいつも参考にさせて頂き感謝です(*^^)v
我が家では一ヶ月遅れで12月のお稽古で炉に変える予定です。
ところで、ハマナスさんに教えて頂きたいことが…!
いつもの古道具屋でこんなのを見つけました。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/03/91/4fd4a8765d50da60a56956e2caab95c2.jpg
お正月飾りにしてもいいかと購入したのですが
せっかくなら初釜に使いたくって…。
でも扱いが分からず(^_^;)
御存じなら教えて頂けませんか?

miyさん こんにちは♪

サークルは気楽に楽しむお茶なのでテキトーなんですよ。
会場は・そう、あそこです(笑
炉開きは、すこ~し真面目に^^;

miyさん いつも素敵なお道具見つけてきますね~
画像拝見しました。
このお水指、新年には華やかで映えそうですよ。
私もこの手の水指は扱ったことがなく、ちょっと調べてみました。
参考になれば・・・↓
今度、私のお師匠にも聞いておきますね。

以下WEBより---------

手桶水指の扱い。置き合わせは、手を横一文字にして、蓋は割り蓋になっているから、前の方の蓋をとり、向うの蓋に重ねておく。
置き方を、もう少し具体的に説明すると、両手で前の方の蓋をとって、右手を向うに繰り出して回して、丸いほうをむこうにして、両手で向うの蓋の上に重ねる。蓋を閉める時は、この反対に扱えばよいのである。蓋の合わせ目は、上へかかっている方を手前にする。
他に、人差し指を下にして右手で点前の蓋の前の中央をとり、そのまま一手で水指の手を越して、向うの蓋の上に立て、水指の手にもたらせて置く。このときは水指しの手前の方にあったところが上に向くことになる。
もう一つは、右の手で水指しの点前の蓋の中央を取り、水指しの勝手付のほうへ、丸味のあるほうを畳につけて、普通の水指しの蓋を取るようにして置いてもよい。

あぁ~失敗(@_@;)

ハマナスさんごめんなさい。
これ、手桶茶器でした。
http://taikando.shop-pro.jp/?pid=926220
全くわかりませんの(@_@;)
もし御存じであれば教えてくださいませ。

miyさん こんにちは♪

あぁ~、私も早とちりでした^^;
鼻から水指と決めこんで・・

これは四滴茶入れの扱いかしら・
滅多にお稽古に出てこないので、検索してみました。

http://youtu.be/RK7d86C9GPg

この画像は表さんのお点前かと思います。
他にも検索するといろいろありました。
私も記憶が定かでなくてごめんなさいね。

miyさん

四滴茶入れ点前↑
の続きです

http://youtu.be/sKCybHbPalM

ありがとうございます!

さすがハマナスさん!
あちこち検索して文章での扱いを探していましたけど
YOUTUBEにあったとは眼からウロコでした(^_^;)
miyも根気よく検索してみますね♪
ありがとうございます!

miyさん こんにちは♪

どういたしまして。
お役にたちましたかどうか・・
私もしっかりと、身に付くようお稽古しなくては。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/608-e553403d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます