2017-10

新年の仁頃山

元日、時間の空いた午前に仁頃山初歩きでした。
蒼空が広がりとても素晴らしいお天気です。
山は少し風が強く顔がとっても冷たい。

年末から晴れ渡り、今年もご来光を観に多くの人々が登ったようです。
私が出かけた9時過ぎには、賑わいも去り静けさを取り戻した山でした。
尾根に入ると風が更に強く、小鳥たちは避難していたのでしょうか?
聴こえるのは山鳴りと木立の軋む音。
裸の樹木の向こうに蒼い空がとても清々しいです。

DSCN6679.jpg

冬でも多くの人が訪れる仁頃山は歩き易い路が直ぐ着きます。
雪が積もるのを待ちかねて、ショートカット(短縮路)の路も着けられます。
40日ぶりくらいの山歩きで、息も絶え絶え・・・・・

DSCN6681.jpg

きれいに除雪された、冬には有難い休憩ベンチ

DSCN6682.jpg

ショートカットの急登を亀足で

夏路の1,2倍の時間でやれやれやっと山頂。
一人先行されていた女性の方が折り返して行きました。
他は、だぁれもいないです。

DSCN6688.jpg

DSCN6691.jpg
お陽さまの恵みをいっぱいに受ける北見盆地

気温マイナス10度、風強し!
蒼空が眩しい!

寒いけれど20分ほど休憩し、またエネルギーを補給
少しずつ後続の方が見えてきました。

DSCN6693.jpg


下りは引力任せで登りの半分の時間で

DSCN6696.jpg

雪に映った木立の陰がシマシマ模様に。

さぁ~、今年はどれくらい山に足を運べるでしょう・

スポンサーサイト

コメント

あけましておめでとうごじあます。
そちらの元日は、晴天だったのですね。青空と雪景色のコントラストが素晴らしいですね。
仁頃山、夏と秋に2回登っています。「山と渓谷」という全国一の山岳雑誌で、北海道の山紹介を担当して、最初に掲載されたのが、函館から遠く離れたこの仁頃山でした。地元の方々のこの山に寄せる想いに感動しての投稿でした。
機会があったら、冬にも登ってみたいものです。

すっかり雪山ですね〜。
こちらは雪が積もる山が近くにないため、
雪山を歩くという経験が無くてついつい冬場は山から遠ざかってしまいます。
装備も含めて雪山はハードルが高いのですが、
高尾山辺りに積雪した時に少し歩き回ってみたいと思います(^_^)

本年もよろしく

 本年も一層のご活躍を祈念し、心豊かなるブログの展開を楽しみにしています。

sakagさん 明けましておめでとうございます♪

拙ブログにお越し頂きありがとうございます。
元日は良いお天気でした。
風でチリが飛ばされたのか、いっそう空が蒼くきれいでした。

遠く函館から仁頃山に足を運ばれ、また「山と渓谷」にも紹介され、"仁頃山愛好会"の方々にとっては嬉しいことと思います。
冬の仁頃山もまた魅力いっぱいです。
函館は遠いですが機会がありましたら是非!

ポレポレとうさん 明けましておめでとうございます♪

仁頃山は冬でも多くの人たちが楽しめる山です。
12月の大雪でしっかり積もりました。
四季折々に楽しめる山が身近にあるのは嬉しいですね。
真っ白い雪の世界も素晴らしいです。
是非、当地へ!

仁頃山のSさん 明けましておめでとうございます♪

コメント頂きありがとうございます。
久しぶりに仁頃山を楽しんで参りました。
・というか、新年のご挨拶ですね。

本年も宜しくお願い致します。

初登山でしたか。山のオーラが新たな気分をもたらして、心が軽くなったことでしょうね。白銀が目に痛いほどきれいです。

ゆうしゃケンさん こんにちは♪

ご来光を見に夜明け前から登る元気もなく、太陽が昇ってから行ってきました。
寒いほど白と蒼い空が浮き立ちきれいです。
身の方が軽くなって山歩きは有益です^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/641-181c488b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます