2017-10

林住期   「五木寛之」著

林住期とは

古代インドで生まれた考え方で、人生を四住期というを四つの時期に区切って、それぞれの生き方を示唆するという思想。
「学生期」・「家住期」・「林住期」・「遊行期」に分けられる。
今は平均寿命も80歳を超え、人生100年も迫っている。
100年を四つに区切ると学生期・家住期が前半50歳。
林住期・遊行期を後半とすると50歳~75歳が林住期となる。
学生期の青少年時代、社会人としての家住期を過ごし50歳を超え定年を迎えると体力も衰えを感じるころ。
人生の後半から始まる50歳から75歳の「林住期」こそ人生のピーク。
この「林住期」をどう生きるか。

このような内容で書かれている。

林住期 (幻冬舎文庫)林住期 (幻冬舎文庫)
五木 寛之

幻冬舎 2008-09
売り上げランキング : 62502

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


五木寛之さんの本は久しぶりに読みました。
今まさに、私の年代が林住期。
私の場合は、考えもあまり深くなく流されるままに人生を送っている。
生き甲斐とは言えないが趣味の茶道が今は半分、その他も好きなことをして過ごす程々の日々。
おまけの日々に感謝しながら気負わず、川の流れのように穏やかに暮らしていけたら・・

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://94182626kk.blog11.fc2.com/tb.php/662-6faf0ee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハマナス

Author:ハマナス
ハマナスの咲く北の大地に インコたちと3人?暮らしです
病(乳がん・8年経過)の苦もなく広く浅く 好きなことを楽しんでいます

興味のあること
☆お茶(茶道)
☆手芸(パッチワーク)
☆映画・本(洋画・サスペンス)
☆スポーツ観戦(主にTVで)
☆野鳥・山野草観て歩き・・・

@リンクフリーです

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます